【 よろパラ 〜文学歴史の10〜 日本史人物列伝 】
≫【特集『嘉吉の乱』】≫【日本史人物列伝メニュー】≫【TOPページ】
 足利義教 あしかがよしのり (1394〜1441)
【 寸評 】

 足利幕府第六代将軍。

 六代将軍就任には「籤引き」で決まる。
 がために「籤引き将軍」と揶揄されることになる。

 しかしながら、その政治手腕は強権的で「独裁色」が強かった。

 比叡山を攻撃するなど「足利将軍家の織田信長」である。
 権威を恐れず、関東勢力との戦いに自ら参戦しようとする姿は、
 それまでの将軍の”スタイル”とは異質であり恐怖でもあった。

 その結果、暗殺されてしまい以後「足利将軍」の権威は地に墜ちる。

【 年表 】

 父・三代将軍義満、母・藤原慶子。

<応永元(1394)年>
 6月13日、誕生。

<応永10(1404)年>
 6月21日、青蓮院に入る。

<応永15(1409)年>
 3月4日、得度し義円と名乗る。

<応永26(1420)年>
 11月、天台座主。

<応永35(1428)年>
 正月18日、義持、後継者を決めずに死去。

 管領畠山満家らの重臣は義持の弟たち(義円・義昭・永隆・義承)から
 義持の後継を、籤引きで選ぶことを決める。

 結果、義円が後継に決まる。

 正月19日、裏松義資の邸へ移る。
 3月12日、還俗し義宣と改名し従五位下左馬頭。
 4月14日、従四位下。

<正長2(1429)年>
 3月9日、元服。
 3月15日、参議・左近衛中将、征夷大将軍。義宣から義教へ改名。
      関東公方・足利持氏は祝賀使節を送らず。
 3月29日、権大納言、従三位。
 8月4日、右近衛大将。
 12月13日、従二位。

<永享2(1430)年>
 正月5日、右馬寮御監。
 11月17日、従一位。

<永享3(1431)年>
 12月11日、室町北小路に新第築く。

<永享4(1432)年>
 7月25日、内大臣。
 8月28日、左大臣。
 9月、富士遊覧の名目で駿河の今川範政の館に出向く(持氏、出迎えず)。
 10月15日、侍所別当赤松満祐罷免、後任に一色義貫。
 12月9日、殿上別当、院大別当、淳和・奨学両院別当、源氏長者。

<永享5(1433)年>
 8月9日、右近衛大将、辞任。

<永享6(1434)年>
 2月9日、嫡男・義勝、誕生。

<永享10(1438)年>
 8月15日、岩清水八幡宮に持氏討伐の軍勢集結させる。
 9月4日、左大臣、辞任。
 11月、侍所別当に赤松満祐を起用。

<永享11(1439)年>
 2月、足利持氏討伐。

<永享12(1440)年>
 3月、一色・土岐の両氏を謀略で暗殺。
 3月17日、赤松義雅の所領を没収し赤松貞村、細川持賢に与える。
 9月22日、侍所別当赤松満祐を罷免、後任には山名持豊。

<嘉吉4(1441)年>
 1月、畠山氏の家督を持国から持永に譲らせる。
 6月24日、赤松満祐に謀殺される。
 

≫【特集『嘉吉の乱』】 ≫【日本史人物列伝メニュー】 ≫【TOPページ】

 (C) よろパラ 〜文学歴史の10〜