清洲会議

きよすかいぎ

天正10(1582)年6月27日、
尾張国清洲城において織田信長とその嫡男信忠亡きあと、
織田家の後継者と遺領の配分を決めた織田家臣重役会議。

この会議は柴田勝家の動議で召集された。

参加者は以下の通り―――――

柴田勝家

  『本能寺の変』勃発時、
  北陸方面で上杉景勝方の越中国魚津城を攻囲中であった。


羽柴秀吉

  『本能寺の変』勃発時、
  中国方面で毛利輝元方の備中国備中高松城を水攻め中であった。
  その後、『山崎合戦』で明智光秀を討伐する。


丹羽長秀

  『本能寺の変』勃発時、
  和泉国堺で織田(神戸)信孝の指揮下、四国征伐出陣準備中であった。
  『山崎合戦』では秀吉軍に合流し共に明智光秀を討つ。


池田恒興

  信長の乳兄弟。
  『本能寺の変』勃発時、
  畿内にいたものの動きの取れない状態であった。
  『山崎合戦』では秀吉軍に合流し共に明智光秀を討つ。


織田(北畠)信雄と織田(神戸)信孝は、
お互いに後継者候補と自負し反目しあっていたために、
清洲城には来ていたものの、この会議には出席していなかったらしい。



会議の推移―――――

柴田勝家により信長の後継者として、
信長の三男である織田(神戸)信孝が推挙される。

一方、羽柴秀吉は『本能寺の変』で、
戦死した信忠(信長の嫡男)の遺児で、
信長の嫡孫にあたる三法師(のちの秀信)を推挙。

これに池田恒興が最初に賛同し、
次いで丹羽長秀も秀吉の提案を支持した。

さらに秀吉は、勝家が擁立する信孝は、
神戸氏へ養嗣に出されており
(次男信雄も北畠氏へ養嗣に出されており条件は同じ)
なおかつ三男である信孝が次男信雄を差し置くのは問題であるとし、
三法師による織田家家督相続の正統性を強く主張。

それでも勝家は、
信孝を強く推すことをやめようとはせず、
会議は秀吉と勝家の間で紛糾しようとしていた。

そこに長秀が
「明智光秀を討ったのは秀吉である」と発言。
ここに会議は決着を見ることになるのである。



遺領配分―――――

次いで織田信長と明智光秀の遺領の分配が議題となった。

織田一門の相続は以下の通りに決まった。

三法師には近江国坂田郡と安土城の相続が認められた。

  安土城が再建するまでは織田(神戸)信孝が預かることになった。
  また坂田郡の代官には堀秀政が就いた。


織田(北畠)信雄は尾張国を相続し清洲城へ入る。
織田(神戸)信孝は美濃国を相続し岐阜城へ入る。
羽柴秀勝(信長の子で羽柴秀吉の養嗣)は、
光秀の旧領である丹波国を相続した。

次いで織田家臣への配分は以下となった。

丹羽長秀には若狭国が安堵され近江国高島郡・志賀郡を加増。
池田恒興は摂津国大坂・尼崎・兵庫を加増。
柴田勝家は越前国を安堵の上で秀吉の領地である長浜を割譲される。

  この後、勝家は、
  連携強化を図る信孝の計らいにより、
  お市の方(織田信長の妹)と婚姻することになる。


秀吉は山城国を加増。


以後、秀吉・勝家・長秀・恒興の四人で、
三法師を補佐し政治を執ることを確認し会議は終わる。


ここに秀吉が次の天下人となる下地は完成されたのである。

これは秀吉が清洲会議前に、
長秀・恒興への遺領配分を勝家よりも多くし、
自分への支持をとりつけたからに他ならない。

勝家は後の『賤ヶ岳合戦』で秀吉に挑むが、
その前哨戦ともいうべき『清洲会議』で既に敗れ去っていたのである。

     部はクリックすると説明ページが表示されます。 

 (C) よろパラ 〜文学歴史の10〜