荘園

しょうえん

日本の荘園は

 1) 8〜9世紀の荘園制度
 2) 10世紀以後の荘園制度    に大きく分けられる。



 1) 8〜9世紀の荘園制度

  ■律令体制下、貴族・寺院らによる中央集権的な土地の支配。

  古代日本では私有地として屯倉(天皇家)、田荘(豪族)があった。
  しかし大化改新により私有地が全廃される。
  改新では国民に土地は「口分田」として制限付きで支給された。
  (ただし貴族・寺院の別荘、墓地、宅地の私有は許可された)

  政治が安定し人口増大と共に土地不足が深刻化する一方で、
  口分田はあくまで国家の土地であり私有化できないため
  農民層の労働意欲も低下し生産能率も低下の一途であった。

  そこで養老7(723)年、三世一身の法を制定。
  一定の私有は認めたものの一向に効果があがらなかった。
  そして天平15(743)年、墾田永世私財法を制定。
  このことにより一気に貴族・寺院などの富裕層による土地の私有が進む。

  田畑からの年貢の徴収量は増加することになったが
  農民層に水田が充分に行き渡ることはなかった。

 2) 10世紀以後の荘園制度

  ■律令体制からの脱却、地方の土地所有者と中央権力者との接近。

  時代が推移すると共に荘園を所有していた貴族・寺院に翳りが見えてくる。
  その隙をつくかのように地方の豪族による土地所有が進んだ。
  また地方の農民も独立し荒地を開墾する勢力が出てくるようになってきた。

  豪族たちは国家からの税の取り立てを逃れるために
  中央の貴族に進んで土地を「寄進」した。
  困窮していた貴族たちは地方豪族の土地を「荘家」として庇護した。
  ここに寄進地系荘園が成立する。以後全国に及ぶこととなる。

  この寄進地系荘園は
  名義上は中央貴族たちの土地であるが
  所有・経営の実権は地方豪族のものであった。

  こうした混乱を避けるために
  延喜2(902)年「荘園の停止」が令せられた。
  その後も、しばしば「荘園整理令」が出される。

  これらの荘園の性格が大きく変わるきっかけが「不輸不入権」である。

  信仰の対象である寺田・神田のみに「不輸不入権」が設定されていた。
  しかし、その後、「不輸不入権」は乱発されていく。

  荘園の国家認定手続        「立券荘号」
  「立券荘号」による荘園       「官省符荘」
  地方国司による税免除の荘園   「国免荘」

  「税免除の荘園」が時の権力者に乱発され
  もはや国司が立ち入ることさえできない「不入権」が確立する。

  12世紀には正作田(荘園主の田)、公事田(農民の田)と呼ばれる。
  そして農民層が分化し上層は武装化し武士となる(大名田堵)。
  下層は下作百姓となり新しい主従関係ができてくることになる。

  大名田堵はより大きく強い棟梁と結びつきを深めていく。
  文治元(1185)年、守護・地頭の設置により
  武士による土地の蚕食が公認のものとなる。

  以後、貴族の力は衰退し
  織田信長の「指出」、豊臣秀吉の「太閤検地」により
  荘園制度は完全に消滅する。

 (C) よろパラ 〜文学歴史の10〜