細川政元

ほそかわまさもと (1466〜1507)

略伝

室町時代。

足利幕府管領職。

従四位下。
右京大夫。

幼名は聡明丸。
父は細川勝元

誕生した翌年には日本を根底から揺るがすこととなる
応仁文明の乱』が勃発している。

文明5(1473)年には父である勝元が死去。
聡明丸は細川高国の後見を得て、僅か7歳の身で、
摂津国・丹波国・讃岐国・土佐国の守護に就任し、
細川家の家督を相続したのみならず、
東軍の総司令官となるのである。

文明6(1474)年、山名政豊(持豊の子)と会見し、
和睦停戦を成立させる。

文明10(1478)年になり、
足利義政から偏諱を受けて「政元」と名乗る。

文明18(1486)年、管領職に就任。

政元が政治的な野心を表面に出すようになるのは、
延徳元(1489)年に第九代将軍である足利義尚が死んだことに始まるようである。
これを受けて足利義視・義材父子が上洛し将軍職就任の動きを見せる。
しかし政元は第八代将軍足利義政と共に次期後継将軍として、
足利政知の子で出家していた天竜寺香巌院の
清晃(還俗して足利義遐)の擁立を画策。

政元はかつて義視・義材父子が東軍から西軍に寝返ったことを恨み、
義政は義視が義材の後見として力を持つことを恐れたのである。

一方、その動きに対抗したのが畠山政長である。
政長は義政の正室である日野富子が義視と連携していることを受け、
富子の後ろ盾を得て義材を擁立し遂に将軍職に就けることに成功する。

こうして第十代将軍となった義材は次第に将軍権威の回復を図り出すものの、
義視と富子が仲違いするなど徐々に雲行きは怪しくなる。

そんな中、明応2(1493)年、義材は幕府軍を河内国へ動員する。

畠山政長は河内国の守護であったが当時の河内国は、
畠山基家(義就の子)の実効支配下に置かれていた。
このために政長が義材に頼み込み込んだ上で、
河内国の平定を目論んだものであった。

政元はこの軍役に細川軍を幕府軍に参加させなかった。

また幕府軍に参加している守護大名たちの軍勢も、
この河内出兵が畠山氏の私戦であることに嫌気が差しており、
戦場での戦意は一向に上がることはなかったのである。

この機を政元は逃さなかった。

河内方面で合戦が繰り広げられている最中の3月に、
政元は突如として清晃を自邸に入れて還俗させて擁立するのである。

なお注目すべきは清晃の擁立に当たり、
政元は元服前の将軍宣下の前例について、
時の治部卿に対して確認を取っていることである、
この時、過去に源実朝らの前例があったことを確認している。

さらに京にある義材・政長の関係箇所に兵を送り、
悉く占拠してしまったのである。

その上で内衆である安富元家らに細川軍を率いさせ河内国への出兵を命じ、
その勢いをもってして義材と政長を攻囲し閏4月に政長を戦死させ、
義材を将軍の座から引き摺り下ろし捕虜としたのである。

その後、義材は脱走し、上洛復帰の運動を起こすが、
これに対して政元は義材と通じているとして、明応8(1499)年には、
比叡山を焼き討ちし根本中堂等を灰燼に帰すなど、
徹底して武断的な対応を執っている。

こうして政元は義遐を将軍職に就けるのである。
しかしながら政元は義遐の元服において烏帽子親となることを拒み、
また文亀2(1502)年に義遐が左近衛中将に叙された際にも反対している。
そこで義遐は「義澄」と改名後に政元に五箇条の批判を突きつけ出奔するが、
朝廷の復職の詔勅により復帰することとなる。

同じ頃、朝廷は政元に対して後柏原天皇の即位式の費用の支出を命じたが、
政元は「天皇は別に即位式を行わなくても天皇である」として、
全く取り合わず無視する有様であった。

このように将軍を将軍として扱わず、
朝廷の意向すら意に介さず権力を独占した政元であったが、
皮肉なことに自らの後継者が存在していなかったのである。

このために文亀2(1502)年に九条家から九郎(のちの澄之)を養子に迎える。
細川京兆家の家督を公家が相続することとなったのである。
これには内衆である香西元長や薬師寺長忠らや、
他の細川家からの反発が出ることとなる。

そこで文亀3(1503)年になると細川阿波国守護家から、
改めて六郎(のちの澄元)を養子に迎える。

このように政元が後継者を二人も立ててしまったために、
一枚岩を誇った細川京兆家家中は「九郎派」「六郎派」に分裂し、
互いにいがみ合う状態になってしまうのである。

永正元(1504)年、九郎が元服し、
将軍である足利義澄から偏諱を受け「澄之」と改名する。
これを澄之による家督相続の動きと危険視した摂津国守護代である
薬師寺元一が叛乱を起こし政元に引退し家督を澄元に譲渡するように迫るが、
遂に未遂に終わってしまうのである。

さら事態が激変するのは永正3(1506)年のことである。
 (注)当サイト内にある記事・画像等の無断複写及び転載は固くお断りいたします
この年、澄元は摂津国守護に就任し、澄之は丹波国守護に就任した。
これらの守護補任は政元が両者のバランスを取ったものであったと見られる。
そして政元は澄元の後見を三好之長に任せたのである。

ただでさえ阿波国守護家出身ということで、
細川京兆家との繋がりも薄いところに加えて、
阿波国守護家の重臣が澄元の後見となったことで、
内衆たちは強い危機感を持つようになる。

このために澄元を支持して来た香西元長や薬師寺長忠らは、
澄之支持に乗り換えるのである。
 (C)よろパラ 〜文学歴史の10〜
そして永正4(1507)年6月。

政元は自邸の風呂場に居たところを、
香西元長と薬師寺長忠の軍勢に襲撃されて、
あえない最期を遂げてしまうのである。

それは栄華を誇った細川京兆家の崩壊の始まりであった。

《関係略図》
 細川義春━━━━━━━━澄元━━━━━┓    (阿波国守護家)         ┃                     ┃  細川勝元━━━━━政元┳澄元 ←━━━┛             ┣澄之 ←━━━━┓             ┗高国 ←━━━┓┃                     ┃┃  細川政春━━━━━━━┳高国━━━━━┛┃             ┗晴国      ┃                      ┃                      ┃  九条政基                ┃   │(前関白)             ┃   ┝━━━━━━━━━━澄之━━━━━━┛   │  武者小路隆光の娘

細川政元は、あの勝元の子として生まれ、
細川京兆家の後継者としてその未来は輝かしいものとなるはずであった。
だが現実は細川京兆家を分裂へと導いてしまったのである。

その原因はひとえに政元が、修験道に異様に懲りだし、
その中でも特に超能力を身につけようと考え出し、
政治を顧みなくなったからと言われている。

永正4(1507)年に丹後国へ出陣した際には、
そのまま奥州へ修行の旅に出ると言い出しているほどである。

この頃の政元については不思議な話が残され、
ときどき政元は術を使い空中を自在に飛び回ったり、
あるいは空中に浮かび上がってそのまま浮かんでいたという。

このような術に凝っていたからか女性も全く側に近づけようとしなかったために、
実子に恵まれることもなくやむなく迎えることとなった養子を巡って、
家中は分裂し自らの命を落とすこととなったのである。
 (注)当サイト内にある記事・画像等の無断複写及び転載は固くお断りいたします
なお最期の瞬間の政元は空中を飛ぶために、
身を清めているところであったという。

 (C)よろパラ 〜文学歴史の10〜
現実政治の世界から超越したところに自分を置いてしまったのが、
細川政元という人物ではなかったろうか。

     部はクリックすると説明ページが表示されます。

年表
父:細川勝元。

<文正元(1466)年>
 誕生。

<応仁元(1467)年>
 正月18日、『応仁文明の乱』勃発。

<文明5(1473)年>
 5月11日、細川勝元の死去により家督相続。

<文明6(1474)年>
 4月3日、山名政豊と停戦成立。

<文明10(1478)年>
 11月、「政元」と改名。

<文明18(1486)年>
 8月、管領職、就任。

<長享元(1487)年>
 管領職、再就任。

<延徳元(1489)年>
 3月26日、足利義尚、死去。
 4月14日、足利義視・義材、上洛。

<延徳2(1490)年>
 7月、管領職、再就任。
 7月5日、足利義材、将軍就任。

<延徳3(1491)年>
 8月、幕府軍、近江国へ出陣。

<明応2(1493)年>
 2月15日、幕府軍、河内国へ出陣。
 3月20日、『明応の政変』(4月22日説あり)。
 4月28日、清晃、還俗。
 閏4月25日、畠山政長、戦死。
 6月29日、足利義材、京から脱出。

<明応3(1494)年>
 12月20日、管領職、再就任。
 12月27日、足利義遐(のちの義澄)を将軍に擁立。

<明応5(1496)年>
 5月20日、日野富子、死去。

<明応8(1499)年>
 延暦寺、焼き討ち。

<文亀2(1502)年>
 7月12日、足利義遐、従四位下・参議・左近衛中将。
 7月20日、足利義遐、「義澄」と改名。
 8月4日、足利義澄、出奔。
 8月6日、朝廷から足利義澄に復職の詔勅が出る。
 9月、九条政基の子・九郎(のちの澄之)を養子に迎える。

<文亀3(1503)年>
 5月20日、細川義春の子・六郎(のちの澄元)を養子に迎える。

<永正元(1504)年>
 9月、澄元派、叛乱。

<永正3(1506)年>
 2月、澄元、摂津国守護に就任。
 4月、澄之、丹波国守護に就任。

<永正4(1507)年>
 4月、丹後国一色氏討伐戦。
 5月、帰京。
 6月23日、殺害される。法名・大心院雲関興公。

 (C) よろパラ 〜文学歴史の10〜