疥癬
疥癬(かんせん)の治療(外用薬)
治療は、下記の薬剤を首から下の全身に塗布する。
感染初期は自覚症状がないが、痒みがなくても家族全員を同時に治療する。
未治療の家族がいるとピンポン感染を起こす。

クロタミトン軟膏(オイラックス軟膏)は殺ダニ効果が弱いので、下記の自家
調剤を外用する。
(1)
ワセリン基材の1%γ-BHC軟膏を首から下の全身に外用し、数時間後に
入浴し洗い落とす。
1週後にもう一度同様に行う。
治癒率はほぼ100%だが、本剤による死亡例が報告されている。
(2)
クロタミトン軟膏と安息香酸ベンジル(試薬)を7:3に混和した軟膏を、
首から下の全身に1日1回、最低2週間連日外用する。
刺激感はあるが安全であり、確実に外用すれば治癒率90%以上である。
(3)
尿素軟膏とフェノトリン含有パウダー(スミスリンパウダー)を1:1に混和した
軟膏を、(2)に準じて外用する。
やや外用しにくいが、乳幼児には刺激が少なく安全である。
家庭での注意として
(1)
毎日入浴して石鹸でよく洗う。
硫黄含有沐浴剤(六一〇ハップ)は殺ダニ効果は余り強くなく、硫黄かぶれ
を起こすこともあるので、上記(1)〜(3)の治療に併用する必要はない。
(2)
下着類や寝間着、シーツは毎日洗濯する。
(3)
舞い似る寝具を日に干す。
(4)
寝室を掃除し、寝具にも掃除機をかける。
(5)
スプレー式殺虫剤の使用は無意味である。