白血球数(WBC)の分類
好中中
 桿状核球
 
7.5%(2〜13)
 分葉核球
 
47.5%(38〜58.9)
好酸球
3%(0.2〜6.8)
好塩基球
0.5%(0〜1)
単球
5%(2.3〜7.7)
リンパ球
36.5%(26〜46.6)
正常値。
括弧内は絶対値で、
単位は×100個/μl
好中球増加
(60%以上、7500個/μl以上)
感染症(肺炎敗血症など)、血液疾患
(骨髄性白血病など)、悪性腫瘍膠原
(慢性関節リウマチなど)、神経疾患
(脳出血脳腫瘍脳梗塞など)、分泌
性代謝疾患
(痛風など)、消化器疾患
(肝硬変末期など)、腎不全中毒
ワクチン接種
ストレスなどでみられる
数値です。
好中球減少
(40%以下、1000個/μl以下)
血液疾患(再生不良性貧血急性白血
など)、感染症(栗粒結核チフスなど)
肝脾疾患(肝硬変脾機能亢進など)、
内分泌疾患
(バセドウ病など)、薬剤投与
放射線障害などでみられる数値です。
好酸球増加
(5%以上、700個/μl以上)
アレルギー性疾患(気管支喘息など)、
血液疾患(慢性骨髄性白血病など)、
寄生虫疾患皮膚疾患悪性腫瘍の転
好酸球増加症候群などでみられる
数値です。
好酸球減少
(2%以下、100個/μl以下)
診断的意義は少ない。
諸種感染症(腸チフスなど)の初期血液
疾患
(悪性貧血再生不良性貧血など)、
内分泌疾患(クッシング症候群)、ストレス
などでみられる数値です。
好塩基球増加
(2%以上、150個/μl以上)
アレルギー疾患(蕁麻疹)、血液疾患(
性骨髄性白血病
真性多血症本態性
血小板血症
など)、慢性炎症性疾患(
瘍性大腸炎
)などでみられる数値です。
絶対的リンパ球増加
(4000個/μl以上)
生理的(小児期)、急性感染症および急
性中毒症の回復期
(百日咳結核など)、
血液疾患(リンパ性白血病リンパ腫)、
内分泌疾患(バセドウ病)などでみられる
数値です。
相対的リンパ球増加
(40%l以上)
血液疾患(再生不良性貧血急性白血
など)、感染症(栗粒結核チフスなど)
肝脾疾患(肝硬変脾機能亢進など)、
内分泌疾患(バセドウ病など)、薬剤投与
放射線障害などでみられる数値です。
リンパ球減少
(25%以下、100個/μl以下)
急性感染症の初期リンパ組織の破壊
(悪性リンパ腫結核)、血液疾患(再生
不良性貧血の重症例
)、全身性エリテマ
トーデス
免疫不全(先天性免疫不全症
候群
AIDS)などでみられる数値です。
単球増加
(7%以上、1000個/μl以上)
感染症(活動性結核肺血症など)、
血液疾患
(単球性白血病慢性骨髄性
白血病
など)、慢性疾患(慢性肝炎など)
原虫病(マラリアなど)でみられる数値
です。
単球減少
(3%以下、300個/μl以下)
診断的意義は少ない。
重症敗血症悪性貧血などでみられる
数値です。
白血球のはたらきは、外的の侵入に対して防御することです。
白血球の中にも何種類かあります。
一般的に末梢に流れている白血球は五つに分けられ、それぞれのはた
らきがあります。
白血球にはさまざまな種類がある

一つ目は
好中球です。
好中球には、細菌などの外的を貪食(どんしょく)して、それを殺すはたら
きがあります。
二つ目は、
好酸球です。
好酸球はアレルギー疾患の原因となるヒスタミンなどを分泌したりする
ので、アレルギー反応と関係しています。
三つ目は、
好塩基球です。
好塩基球は、真菌や寄生虫などの感染に対して抵抗を示すといわれて
います。
今あげた好中球、好酸球、好塩基球の三つをあわせて、顆粒球とよぶこ
とがあります。
顆粒球は、体に侵入してきたすべての異物や細菌などを攻撃する、非
特異的な防御反応にかかわっています。

四つ目は、
単球です。
単球は、いろいろな外敵を貪食して、それを抗原としてリンパ球に認識
させる、いわゆる抗原提示細胞としての働きが中心です。
最後、五つ目は
リンパ球です。
リンパ球は、いわゆる免疫反応をになう細胞です。
リンパ球は、さりに大きく分けて三つあります。
一つは、
Tリンパ球です。
Tリンパ球は、細胞性免疫と呼ばれる反応をおこして、他の免疫反応を
抑制します。
二つ目は、
Bリンパ球です。
Bリンパ球は、外敵に対する抗体をつくります。
三つ目は、
ナチュラルキラー細胞です。
ナチュラルキラー細胞は、癌細胞やウイルスに感染した細胞を殺すはた
らきがあります。
数だけでなく割合も重要

白血球数の正常値は一立方ミリメートルあたり4000から8000個です。
白血球の検査の場合には、単に増えた減ったというだけではなく、中の
成分の割合が重要です。
好中球は50〜60%、好酸球は5〜10%、好塩基球は1〜2%、単球
10%前後、
リンパ球は10〜30%がふうつです。
ただし、人それぞれ個性のようなものがあります。
個人ではそれほど割合の変化はありませんが、人によってバランスは
だいぶちがっています。

白血球の増える病気でいちばん頻度が多いのは、
感染症です。
細菌ウイルスなどの感染などによって、体の防御反応が活性化され
て白血球が増えます。
頻度は少ないのですが、非常に重大な疾患は
白血病です。
リンパ球が増える場合を
リンパ性白血病、それ以外が増える場合を
髄性白血病
といいます。
白血球が減る疾患には、ある主のウイルス感染や自己免疫疾患があり
ます。