クレアチンキナーゼ(CK)
あるいは
クレアチンリン酸キナーゼ(CPK)
単位:IU/l(CKの量を1リットル中の国際単位で示したものです)
57〜197(男性)
32〜180
(女性)
正常値。
正常値の上限〜500
(軽度の上昇)
急性心筋梗塞心筋炎心外膜炎進行性筋ジ
ストロフィー
多発性筋炎アルコール多飲者
甲状腺機能低下症周期性四肢麻痺
神経性ミオパチー筋強直性ジストロフィー
脳外傷脳梗塞β-ブロッカーなどの可能性も
あります。
500〜2000
(中等度の上昇)
急性心筋梗塞で多くみられる数値です。
心筋炎進行性性筋ジストロフィー末梢循環不全
多発性筋炎皮膚筋炎甲状腺機能低下症
外傷・熱症・動脈閉塞による筋障害の可能性も
あります。
2000以上
(高度の上昇)
急性心筋梗塞で多くみられる数値です。
心筋炎進行性性筋ジストロフィー、悪性高熱症
(サクシニルコリン全身麻酔)、末梢循環不全
多発性筋炎
皮膚筋炎外傷・熱症・動脈閉塞に
よる筋障害
筋型糖尿病の可能性もあります。
CKは、「クレアチンキナーゼ(creatine kinase)」あるいは
クレアチンリン酸キナーゼ(creatine phosphokinase)」といいます。
CKは本来筋肉の中にある酵素です。
したがって、このCKの値が高いということは、筋肉の細胞がこわれたことを意味
します。
CKの値が高くなるものには、筋ジストロフィーというめずらしい病気があります。
筋ジストロフィーは、筋肉が次第に変性、萎縮していく遺伝性の病気です。
はげしい運動でもCKが上昇

CKという検査は、当初筋ジストロフィーに特異的な検査として使われていま
した。
しかし、検査の精度が上がるにしたがって、いろいろな筋肉の疾患でもCKの
値が上がることがわかってきました。
最近の検査の感度では、マラソンなどの非常に強い運動でも筋肉がこわれる
ためにCKの値が上がることがわかっています。
さらに、薬物の筋肉注射でも上がることがわかっています。
心筋梗塞の診断の最も力を発揮

このCKという酵素には、筋肉型(CK-MM)、脳型(CK-BB)、心筋型(CK-MB)
の三つのアイソザイムがあることがわかってきました。
正常な状態では、ほとんどのCKが筋肉から出ているので、90%がCK-MM
で、CK-BBはほとんどみられません。
心筋梗塞のときにかぎってCK-MBの値が上昇します。
そのため、CK値が高いときには、CK-MBが増えていることを確かめて心筋
梗塞を診断します。
また、CK全体の値がどれくらい上がっているかを確認して、心筋梗塞の範囲
を推定します。

心筋梗塞のときには、LDHやGOTの値が上昇したり、赤血球沈降速度が亢進
します。
しかし、CK-MBは心筋梗塞に対する特異性が非常に高く、また心筋梗塞を
おこした直後からCK-MBの値が上がるはじめるので、非常に役立ちます。
心筋梗塞のときに特異的に増える心筋トロポニンTという酵素がありますが、
この酵素は計測するのがむずかしいので、現在は主にCK-MBが使われて
います。

運動や筋肉注射によってCKの値が上がっている場合には、安静にしていれ
ば回復します。
それ以外の場合には、くわしい検査を受けて総合的に判断する必要がありま
す。