空腹時血糖(BS)
単位:mg/dl(1デシリットル中に含まれるグルコースの重さをミリグラムで測ったものです)
70〜110mg/dl未満 正常値
60mg/dl以下
(高度の低下)
インスリン・経口糖尿病薬の使用反応性
の低下(ダンピング症候群)
で多くみられる
数値です。
膵β-細胞腫インスリン自己免疫症候群
下垂体機能低下症肝腫瘍アルコール性
低血糖
糖尿病(T・V・W型)などの可能
性もあります。
110mg/dl以上
(軽度の上昇)
インスリン非依存型糖尿病インスリン依存
型糖尿病
境界型耐糖能異常で多くみら
れる数値です。
胃切除後甲状腺機能亢進症急性膵炎
慢性膵炎膵腫瘍異常インスリン血症
療生高血糖
食事摂取後の可能性もありま
す。
126mg/dl以上
(空腹時血糖、中等度の上昇)
糖尿病で多くみられる数値です。
200mg/dl以上
(随時血糖、中等度の上昇
インスリン非依存型糖尿病インスリン依存
型糖尿病
で多くみられる数値です。
400mg/dl以上
(高度の上昇)
糖尿病糖尿病ケトアシドーシス非ケトン
性高浸透圧性昏睡
でみられる数値。
空腹時の血液中に含まれるブドウ糖の量を調べます。

一般の検査前夜の夕食後から絶食し、翌日の朝食前の空腹時に検査します。

空腹時血糖値が
110〜125mg/dlの場合は「境界型」と診断され、ブドウ糖負荷
試験
を行いさらに詳しく調べます。

ブドウ糖負荷試験では、75gのブドウ糖を溶かした液を飲み、2時間後血糖値が
200mg/dl以上
であれば「糖尿病」と診断されます。

また空腹時や食後にかかわらず、任意の時間に血糖値を調べる随時血糖検査で、
血糖値が
200mg/dl以上の場合も「糖尿病」と診断されます。

空腹時血糖値が基準値を上回る場合には、「糖尿病」のほか、「
膵炎甲状腺機能
亢進症
」といった病気も疑われます。
またある種の血圧降下薬やステロイド薬の服用で、高くなることもあります。

基準値より低い場合は「副腎機能低下症肝硬変」などが考えられます。
また、空腹時血糖値が50mg/dl以下というように極端に低い場合は「
インスリノーマ
という「
膵臓腫瘍」が疑われます。
血糖の値は食事をとると大きくかわるので、一般的に空腹時の血糖で検査します。
糖尿病の人の場合には空腹時以外に測ることもありますが、健康診断では朝食前
の血糖値を検査します。
空腹時血糖の正常値は1デシリットルあたり70から110ミリグラム前後です。
糖尿病学会の基準では126以上が糖尿病とされています。
一般に、120から130以上の人は糖尿病だと考えられています。

糖分をとると血糖値が上がるので、朝食を食べたあとの採血では、糖尿病であるか
どうか判断できません。
食事はもちろんのこと、砂糖を溶かしたコーヒーを飲んでも影響がでます。
前の晩遅くまでお酒を飲んでいても影響します。
したがって、普通の生活をしていて、朝食前の値で検査しなければいけません。

食事をとると、30分後くたいから血糖の値が上がりだし、1時間後くらいにピークとな
ります。
2時間後くらいでかなり下がり、3時間後にはだいたいもとにもどります。
これは血糖が上がると、それが刺激になって、インスリンというホルモンが分泌され
るからです。