実習風景など

 私が担当・分担している実習の一コマなどご紹介します.

←ヒキガエル君のアタックをクールにあしらう.

基礎地学II/物質及び素材論IV
 1年後期の授業です.例年は座学なのですが,2012年度は試しに下北半島で3泊の合宿形式の野外集中授業をやってみました.

海成段丘砂礫層の基底の不整合.→



←安山岩とハイアロクラスタイトの観察.



チャートを割って放散虫を探す.→



←宿に戻った後は天体観望.天気が悪く,辛うじて月が見える程度でした.



夕食後に気象の授業.圧縮発火器で断熱圧縮を学んでいます(発火の瞬間).→



←レポートの一部として,岩石標本の作成・提出を課しました.


基礎地学実験/地域自然環境応用実習II
 2年前期の実験です.天気図作成や断層砂箱実験,薄片製作・観察などの内業のほか,天体望遠鏡,地層のスケッチ,岩木山での火山観察などやりました.

←弘前近郊でのルートマップ作成.




岩木山で火口の観察→




←岩木山の山頂で,溶岩ドームのデイサイトを観察



狭い薄片室で薄片製作→




地域自然環境基礎実習
 2年前期の実習で,生物分野と合同で一泊二日で出かけます.ここ数年下北半島でやっているのですが,2012年度は初めてキャンプ場でバンガローを借りて泊まりました.

←自炊のBBQです.これも実習です.


学生(+教員)が踊っています.
もちろんこれも実習です.→



←名勝仏ヶ浦で各自ジオサイト・マップ作り.


地学II実験
 おもに地学研究室所属の3年生が,前期の週末を利用して計5日間の野外調査の練習をします.卒論までに単独で野外調査できるようになるためのトレーニングです.2012年度は,3日間は植田が同行,残り2日間は学生だけで調査してもらいました.拡大した地形図を使ってルートマップを作成し,サンプリングや走向・傾斜の計測などします.この結果を使って,後期の「地学実験法II」で,過年度のデータとつなげて地質図・断面図・柱状図を作成したり,薄片を製作・記載して,地学研究室OBの前で発表します.



地質巡検I・II
 おもに地学研究室所属の3・4年生と修士課程の院生が,(最低)3泊4日で巡検します.最近は3月に出かけています.2012年は房総と伊豆大島でした.
←房総はYz氏主催の巡検にジョイントさせてもらいましたm(_ _)m.



三原山にて.みんな溶岩の気持ちになって流れています.→


小学専門理科II
小学校教員免許取得希望学生の3年次選択授業です.地学の担当日には,太陽観察,日時計作り,気象グラフ作成をやっています.

←太陽観察.奥は投影版を用いた黒点観察,手前はHα太陽望遠鏡でプロミネンス等の観察です.



望遠鏡の組立・分解も自力で.→


Topへ戻る