青春時代の尾瀬 奥日光から尾瀬へ昭和31年夏
(奥日光湯ノ湖(湯元)から金精峠、菅沼、丸沼、四郎峠、大清水を経て三平峠、尾瀬沼、燧ヶ岳、温泉小屋、尾瀬ヶ原、八木沢道
 又は長沢新道(どっちの道を登ったか不明)、富士見峠、富士見小屋、アヤメ平、富士見小屋、富士見下、戸倉へ)

oze_annai.JPG

当時の「尾瀬コース案内図」を由紀子さんと38年に尾瀬へ行かれた友達の斉藤さんが保存されていたので、お借りして掲載しました。

この「尾瀬コース案内図」から私たちが尾瀬を目指して歩いたほぼ全行程を確認することが出来ました。私にとって貴重な案内図です。

トップページを経由しないで、ご訪問の方はトップページへどうぞ

画像 名前 メモ
昭和31年尾瀬No01 中禅寺湖 湖畔 歌ケ浜 31年夏
尾瀬へのスタート地点
昭和31年尾瀬No02 湯の湖湖畔の湯元キャンプ場
ここを起点として昭和30年代は、
大勢の人が金精峠を越へ、
白根山や尾瀬沼、尾瀬ヶ原へと
山や峠を登っていった。
昭和31年尾瀬No03 湯の湖から登り
金精峠に到着
当時は登山道しかなかった。
現在はどんな風景になって
いるのでしょうか。
昭和31年尾瀬No04 菅沼No1
ようやくたどり着いた菅沼。
次の菅沼No2と同じフイルムからプリントされたようですが、裏表が反対になっているようです。No2が正しいようですが、確認がとれていません。
昭和31年尾瀬No05 菅沼No2(古泉さん提供)
昭和31年尾瀬No06 八町滝(私のメモの名前)
片品村のホームページによると、丸沼の紹介ページで八丁滝を経て菅沼に出られると書かれている。
http://www.vill.katashina.gunma.jp/marunuma/marunuma.html
昭和31年尾瀬No07 今では地図にも載っていないようですが
菅沼、丸沼を経て大清水へ行く途中の
四郎峠付近と思います。
同行の同級生と私
最前列にいるのが高校生時代の私です。
昭和31年尾瀬No08 四郎峠 (古泉さん提供)
前の写真では自信がなかったのですが
一緒に行った同級生と01年3月19日に
4十年ぶりくらいに再会し、この写真を借りることが出来た。彼は四郎岳と書かれた標識が下に落ちていたので、それを持って写真を撮ったとのことです。この標識には四郎岳まで2Kmと書かれていることから
ここは、間違いなく四郎峠です。
前の写真では反対方向が大清水を経て尾瀬と書かれています。
昭和31年尾瀬No09 尾瀬沼の朝
昭和31年尾瀬No10 尾瀬沼に浮かぶ渡し船No1
昭和31年尾瀬No11 尾瀬沼と船No2
昭和31年尾瀬No12 尾瀬沼と船No3
昭和31年尾瀬No13 沼尻からナデツ窪を登り燧ガ岳
山頂へ
眼下に見える尾瀬沼
昭和31年尾瀬No14 燧ガ岳山頂にて
左手前の私(高橋)と同級生(古泉さん)
この写真をホームページに掲載したことを
了解してもらおうと自宅へ行き、No08四郎峠の写真を貸してもらった。
このホームページが縁で
お互いに元気で再会することが出来ました。
昭和31年尾瀬No15 尾瀬ヶ原
当時は木道が一部しか
なかなかったようです。
昭和31年尾瀬No16 尾瀬ヶ原にて
足を何処におろしたらよいのか、
迷っているようです。
昭和31年尾瀬No17 尾瀬ヶ原
夏で水がなかったのでしょうか
昭和31年尾瀬No18 この写真では分かりにくいのですが、
真ん中の同級生頭の上の方に山小屋が
写っています。竜宮小屋でしょうか?
昭和31年尾瀬No19 アヤメ平の池塘No1(古泉さん提供)
昭和31年尾瀬No20 アヤメ平池塘No2
池塘の近くまで踏み荒らされています。
私もその一人だったのではないかと
思うと、植生の復元に努力されている
皆さんに
お詫びと感謝の気持ちで一杯です。
自然を守ることの大切さを思い
アヤメ平の写真二枚を掲載しました。