漆画展開催中に、ハリウッド・ユナイテッドテレビに出演し、大いに我が藝道を語り伝えた のでした。この出演後にボストン美術館など八箇所を回り、グランドキャニオン、ヨセミテ 渓谷、ナイヤガラの滝などスケッチを繰り返し、次期制作の準備に入っておりました。(こ の作品は後、完成をさせております)

日本文化財漆協会会長・伊藤清三先生曰く「白翁は不可能かと思われし事を堂々と完成して おられ、正に火の玉に比喩される様な人物であり奇跡的漆画である。作品には思想と哲学が あり漆芸術は本格的である。
彼は萬芸の人でもあり創作は余技でなく全て本技である。新しき美術史に一ページを飾る作 家であると確信する。氏の信念、黙々として我が道を行く独創の漆画家白翁を推薦す」と絶 賛されたのでした。

このパサデナ漆画展の間、当地に於いて突然の呼吸困難や発作が連続し、現地の病院ではカ ルテがなく受け付けてもらえず、緊急で日本の病院(国立医療センター)より応急処置の薬 が航空便で送られ、どうにか難を免れたのでした。
年を重ねる毎に白翁の制作活動の間にも、何時も生死に関わる病魔が確実に忍び寄る様にな っておりました。
当時の記に「人生は真実以外に語るもの無し 藝は人なり 心の技こそ藝術の本文なり 永 遠の生命ある作品こそ愛すべし 藝術に国境無く名作に古代も現代も無し 秀いでた名作は 萬人の心の糧なり その真価は心眼を開きて鑑賞あるべし 自ずから知るもの 一藝を極む れば万芸に通ず 過去に於いてこれを実行せる作家は多々あれども、私は本阿弥光悦を尊敬 し、それ以上の作品を完成する事が一生の念願であり、後世に残る作品を制作する事である 。
それ以外に何も無し」とあります。
その事につき以前より「私は過去の作家や作品を色々と研究しまして、東西古今を通じて本 阿弥光悦と言う人を一番尊敬しております。どれ一つとっても超一流であります。光悦が正 宗の名刀について言った言葉がありますが、私にとって富士は霊峰にして犯すべからざるも のありとして、その名刀の気品を富士になぞらえて論じたのであります。そこで私は富士の 真髄を捉えて、そこに魂を打ち込んだならば勝負出来ると信じたく、今もそう信じておりま す。
本阿弥光悦は万芸の達人、学ぶべきである。本格的藝術に流行はない」と語っておりました 。

昭和五十九年東京富士美術館で「富士の名画特別展」が開催され、室町時代の宋元伝来によ る水墨画法で描かれた富士を始めとして、桃山・江戸時代の狩野派、琳派、文人画(南画)、 洋風画浮世絵などを経て、明治以降から現代に至る代表的な富士山画百三十点が一堂に展示 されました。
五百年に亙る富士絵の流れを一堂に展観され雪舟・是庵・俵屋宗達から始まり尾形光琳・池 大雅・橋本雅邦・横山大観・・・・とまだまだ羅列陳列されている最後部に白翁の漆画七十 号「暁の富士」が飾られておりました。
金銀の流れる雲海の中より、光り輝く朱地漆の大写し富士が出現した壮大の構図が、一段と 会場を引き締めても見えました。然しこの大切な期間の真っ只中に、ウイルスや細菌の感染 により気管支炎が悪化、発熱・悪寒・喘息症状悪化が続き血痰も現れており、遂には肺炎を 併発して呼吸困難に陥り、国立医療センターに緊急入院をしております。
病室での白翁は、富士美術館で現代に至るまでの代表的富士展示に、我が魂が選ばれた事実 をこの上なく喜びながらも、寂しく療養を続けざるを終えませんでした。ベッドで静かに詩 文や随筆を重ねる姿は、端から見ただけでは悠然として寂しさは微塵も感ぜず、満足しきっ た姿に映るのでしょうか。
見舞いに来る人達は皆安心して帰りましたが、白翁苦心の作である「暁の富士七十号」が、 偉大なる先達の作品と共に展示されたこの好機な期間中に、只の一度も会場に出向けず動く にも動けぬ作者自身の心身苦悶が、家族には手に取る様に伝わってきておりました。
病室での記に「坐禅して我が作愛し日の暮るる 誇りもて藝は人の糧なるを 漆なる技生き 抜く我は 楽しくもあるかな 藝術花は四季に咲きて散る事ぞなし・・・」とありました。
長き病院での静養加療のお陰をもち自宅にようやく戻る事が出来ましたが、暫くは自宅静養 が続きました。その時の記が残されております。
「風邪をこじらせ肺炎を起こし一時生死をさまよう  退院静養中あるも今だ体調宜しから ず。追憶の日々を過す。独創の漆画を愛しこれを見出し、育ててくださる御仁は世を去りて 姿無し。作品は完成せるも、世に紹介する機会あまり無し。生活意の如くならず  病床に ありて静養中、静かに思う事あり。過去八十有余年の苦闘の日々を・・・」とありました。
制作に生き甲斐を持つ本人として静かに横臥続ける事が辛く、もういても立ってもいられず 、やがて少しずつ制作の準備をまた始めだし、徐々にではありますが制作を始めるのでした 。
16/19P



1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 #
17 18 19 20