義務感なし、のんびり、気侭、テーマなしの DIARY

さて、いつまで続くか、齢70歳半ば、後期高齢者・・・、しかし、気持ちだけは若い、初老?の思いついた、取立ててのテーマもなく、気が向けば、趣味の写真で撮った画像とともに、意図的に主義主張は盛り込まず、その多くは、生活周辺での平々凡々の情景や出来事、など、何行かの書き込み・・・。  毎日、書き込む気もないことから、日記とはいささかおこがましいとはいえ、時間をもて余した際、時間の消化と多少の刺激になればいいかと・・・。 (H19.5.1)




June 24, 2015 July 29, 2015
毎年、住まいのすぐ近くにある農家の稲田の観察・・・(^O^)、今年も、厭きもせず、その成育過程をカメラに・・・!!! 昨日、ほぼ、一ヶ月目の稲の様子・・・、薄緑だった頃と比べると、稲穂がつき始め、全体が薄黄色に・・・(^O^)/。 いつもながら、野鳥避けに薄いネットが張られ、台風、など、何事もなければ、例年通り、8月の半ば頃に刈り取りかと・・・! 今年も、新米が楽しみ・・・(^O^)/。    (H27.7.30)


志木市花火大会、2015・・・(3)     今年、2015年、5年に一度開催される志木市民花火大会・・・!!! 花火の打ち上げ場所が、荒川の河川敷、住まいから、極めて近距離・・・、打ち上げの日は、隅田川花火大会と同じ日・・・、こちらは、いささかの距離があるものの、住まいのベランダの真正面に、見えることから、この日は、まさに、花火三昧・・・!!!

取りあえずは、まさに、目の前に繰り広げられる我が志木市の花火に集中することに・・・(^O^)/。 凄まじい炸裂音をも楽しみながら、趣味の写真での撮影を・・・!!! 花火の写真は、私にとっては難しい被写体・・・、いままでも、快心の花火の撮り込みには恵まれなかったものの、近距離からの撮影・・・。 5年前、初めての試みに、花火の撮り方がイマイチ把握出来ていなかったこともあって、いささか、悔いが残る撮影結果・・・、因みに、撮影データは、マニュアルフォーカス (MF)、モードダイアル (M)、シャッター速度 (Bulb 5秒〜)、絞りF11、ISO感度200・・・。

前回、いささか悔いが残った撮影ではあったものの、今年は、思い切って、カメラまかせに・・・。 撮影モードを 夜景モード に設定での撮影・・・、シャッタ速度が、2秒〜 とカメラが感知することから、手ぶれには十分気をつかっての撮影・・・、前回の悔いが残った撮影を考えると、今回は、それなりに、見られるものに・・・(^O^)/。 例によって、PICASAの写真編集ソフトを活用しスライドショウを・・・!!!  約2時間の真夏の光と音の饗宴を満喫・・・(^O^)/   
 (H27.7.27)


志木市花火大会、2015・・・(2)     昨晩、天気にも恵まれ、いささか、蒸し暑さはあったものの、無風、絶好の花火打ち上げ日和・・・(^O^)、住まいから、僅か、500メータ程の近距離、荒川の河川敷が花火の打ち上げ場所、住まいから、居のままに見る花火、まさに、特等席での観賞・・・(^O^)/。 目の前に展開する、正二尺玉をメインに大型花火や華やかなスターマイン、など、約5000発・・・、すさまじい炸裂音、など、夏の風物詩を満喫・・・!!!     (H27.7.26)



志木市花火大会、2015・・・(1)     このHP・BLOGへ、常々アクセス、いただいている方々へ、今年の夏のご挨拶・・・、【 暑中お見舞い申し上げます 】 を・・・!!! 住まいのある埼玉県、人口は、7、300、000人、市の数40は都道府県で最多、その中のひとつ、志木市に住まって、早くも9年目に・・・! 人口73000人、面積は、日本の市の中で7番目に小さいものの、住まい近くには荒川が流れ、武蔵野の面影をが各所に残り、隣街に住まいする息子家族との往来も極めて便利、東京圏のベッドタウンとして充実・・・、現役を引退し、十数年・・・、まさに、のんびり、気ままに、好きな時に、好きなことを・・・を生活信条としている私には、願ってもない環境・・・(^O^)/。

その小さな市に、今年も、夏祭りの季節が・・・!!! 市内各所で、既に、真夏の夜を賑わせるお祭りが・・・!!! 特に、今年は、東上線沿線で随一といわれる正二尺玉をメインに大型花火や華やかなスターマイン、など、約5000発が打ち上げられ、10万人以上の人出がある志木市の市民花火大会、このところ、5年に一度開催されるようになった志木市民花火大会が、明日、開催される予定・・・(^O^)/。

嬉しいことに、花火の打ち上げ場所が、住まいから、僅か、500メートルもない、荒川河川敷・・・、住まいのベランダが、まさに、特等席に・・・!!! 5年前に経験した、まさに、目の前で、大型花火が楽しめ、その炸裂音の素晴らしさを体感・・・、幸い、明日の夜は、天気予報では花火日和・・・、楽しみである・・・!!!     
(H27.7.24)


今朝、早朝8時、富士山ライブカメラの忍野村カメラから見た富士山・・・! ここ数日の本格的な夏の暑さの到来もあって、残雪は、頂上近くに僅かに残るのみ・・・。 すべての残雪が消えさり、夏の富士の山肌になるのもあと僅か・・・!!!      (H27.7.21)


約10年前に購入した外付けハードディスク (右画像) ・・・、このところ、空き容量が少なくなってきたこともあって、新しい機種 (左画像) に交換・・・!!! さすがに、家電製品の進歩は素晴らしく、10年前に購入した時は、それなりの仕様のものを入手したと思っていたものの、各所に新しい性能が組み込まれ、大きさも 2/3 のサイズに小さくコンパクトにまとめられているだけではなく、容量も、GB 単位が TB 単位に・・・(^O^)/。 

従来のハードディスクには、主に、趣味の写真を収納していたこともあって、今までに撮り込んでいた写真は、古い機種に、そのまま、バックアップ用として残すことにし、新しいハードディスクは、十分過ぎる容量があることから、これら従来撮り込んでいた写真をコピーし、新ハードディスクにも移行・・・!!! 移行に要する時間は、撮りためていた写真の枚数が、10万枚を軽くオーバーしていたこともあって、かなりの時間がかかったものの、TB単位の容量があることから、驚異的な余裕・・・(^O^)/。 これからも、気兼ねなく、趣味の写真が収納出来ることに・・・!!!  
 (H27.7.20)


2013 / 07 / 07  17:30
2015 / 07 / 18  18:43 2015 / 07 / 19  04:42 2015 / 07 / 18  18:43
久しぶりに、虹が・・・!!! 昨日、午後7時前、浦和から新宿あたりを起点として天空に円弧を描く大型の虹・・・、さっそく、キャノン・一眼レフで狙ったものの、あまりに虹が大きすぎて撮り切れず・・・(>_<)。 下段画像、左右画像、虹の左右の端を撮り込むのがやっと・・・! 因みに、上段の画像は、二年前に撮り込んだ虹の全景・・・、昨日の虹と比べると、両端の立ち上がりの角度がかなり違うのが判る・・・!!!

虹の大きさが、その時、その時の気象環境で違うことが判る・・・(>_<)・(^O^)。 因みに、上段画像の虹は、遠景撮影に効力を発揮する FUJIFILM一眼レフ・FINEPIX HS30EXRで撮った画像ではあるものの、昨日の虹は、この機種を使っても全景が入り切らず、端から端までを撮り込むことは断念・・・(>_<)。 極めて短時間に消え去る虹ともあって、結構、慌てた数分間・・・(>_<)・(^O^)。 下段画像の中央は、二日連続、昨日に続いて、今朝早く、気がついた虹、ものの何分かで消滅・・・。     
 (H27.7.19)


住まいのベランダ、プランターのバジル、鮮やかな緑色、爽やかなバジルの芳香を楽しみながら、ピザに・・・!!! スーパで買った、400円足らずの安価なピザ一枚・・・、バジルのお陰で、なんとなく、ピザらしいピザに・・・(^O^)/     (H27.7.18)


昨日の午後、いつもの通り、何気なく空模様の変化を、住まいのベランダから・・・(^O^)。 ベランダから見て、東南方面、新宿方向に発生した小さな雲が、見る間に成長・・・、住まいに向かって一直線・・・(^O^)/。 ちょっと、面白い雲の流れを撮ってみた・・・(^O^)。  (H27.7.16)


第46回 第49回 第50回 第51回
第51回写壇展・・・(3)   平成22年、第46回に初めての写壇展・公募展に応募、初挑戦で写壇賞受賞、以来、第47回、第48回、は受賞ならずではあったものの、第49回から今年の第51回の受賞まで、3連勝・・・、合わせて、4回の受賞・・・、勝率、7割近く (6.666)いささか、出来過ぎの結果が・・・(^O^)/。

これら受賞作品を見直してみると、すべて、住まいのベランダから撮った空の模様の変化・・・、まさに、省エネ撮法・・・(>_<)・(^O^)。 基本的には、公開審査で作品の評価が行われるとはいうものの、最終的に決定権のある、中段左にある、読売写真大賞・事務局長・横山氏の感性が、私の感性と、たまたま、合ったことからの結果なのかも・・・(^O^)/。    
 (H27.7.14)


第51回写壇展・・・(2)   既に、何度も書き込んでいる通り、平成22年から挑戦している、6月から8月にかけて開催される写真公募展、6月の県展、7月の読売新聞社主催・写壇展、8月の朝日新聞社主催・写真サロン、の三か所に限っての応募・・・、今年、初戦の応募では、既に、3回の入選に恵まれた県展であったものの、、残念ながら、入選せず・・・(>_<)。 

二番手の写壇展では、三連勝、四回目の受賞・・・、応募を始めて以来、6回の挑戦で、4回目の受賞・・・(^O^)/。 いささか、出来すぎの結果、昨日、7月12日、展示会の最終日に出席、入賞者への授賞式・・・も!!!   
 (H27.7.13)


沖縄あばし グリーンカーテン完璧! 島娘
既に、何度か書き込んでいた今年のゴーヤ・・・、右側の画像、島娘、は既に何度か収穫してはいたものの、左側の画像、沖縄あばしは、雄花ばかりが咲き、雌花がさっぱり・・・という現象が続いていたものの、僅かではあるものの、いくつかの雌花が咲き、見る間に成長、昨日、初収穫・・・(^O^)/。 

見た目は、島娘と比べても、然したる変わりはないようにも思われるものの、今回収穫した2本のうち、一本は、かなり細長い形状・・・、ゴーヤ独特のブツブツの出方が、島娘と違いがあるような気が・・・。 しかし、味の比較では、島娘のゴーヤ独特の苦みは薄いものの、沖縄あばしは、かなり、ゴーヤ独特の苦みが強いような気が・・・。 いずれにせよ、夏の味覚、毎日の食卓を楽しませてくれている・・・(^O^)/。     
 (H27,7.7)


写壇賞受賞 ・ 雨のカーテン
第51回写壇展・・・(1)   平成22年から、毎年、6月から8月にかけて、挑戦を始めた写真公募展への応募・・・、埼玉県展、読売新聞社主催・写壇展、朝日新聞社主催・写真サロン、の三つの公募展に限って応募していたものの、既に、今年で6年目に・・・!!! 因みに、今年、県展は65回目、写壇展は51回目、写真サロンは31回目、をそれぞれ数える、特に、県展は、県内最大の公募展美術展、通称 【 県展 】 と呼ばれ、自治体が主催する公募美術展としては、全国的にみてもトップクラス・・・、ハイレベルな公募展・・・、加えて、写壇展、写真サロンは、大手新聞社が主催する、それなりの歴史を有する著名な公募展・・・!!!

それぞれ、難関の入選、入賞の厳しい公募展ではあるものの、県展では、60回、63回、64回、写壇展では、46回、49回、50回、写真サロンでは、30回、それぞれ、入選、入賞、を獲得、思いもしない好成績が続き、さて、今年は、如何に・・・とは思っていたものの、まず、6月に開催された県展・・・、63回、64回に続いての3連勝、4回目の入選を期待したものの、そうは、問屋が・・・、残念ながら、入選ならず・・・(>_<)。

さて、次に開催される写壇展は如何に・・・と、諦め半分、期待半分、審査の結果を楽しみにしていたところ、写壇賞の受賞の通知が・・・(^O^)/。 いつものことではあるものの、新聞社主催でもあることから、7月2日に、読売新聞の28ページの一面に、入賞した主な作品と、それぞれの賞の入賞者の名前が掲載され・・・、46回、49回、50回に続いて、今回の51回、3連勝と4回目の入賞・・・、いささか、出来すぎの結果ではあるものの、素直に、喜びを・・・!!!  いつもの通り、嬉しい時にお出ましいただくパンチョくんに出番が・・・(^O^)/

今年の三つの公募展のうち、朝日新聞社主催の写真サロンは、これから、8月に開催予定・・・。 この公募展は、朝日新聞社のみならず全日本写真連盟主催でもあるからか、なかなか、審査員との感性、美的感覚、など、私のそれらと一致せず、この写真サロンでは、30回記念展で準特選を獲得しただけの、僅か一回の入賞のみ・・・! さて、今回は如何なるものかと・・・!!!     
  (H27.7.4)


ベランダのゴーヤのお陰で、このところ、ゴーヤを利用した惣菜が食卓に・・・(^O^)/。 今のところ、今年植えつけた二種類のゴーヤの内、【 島娘 】からのものばかり・・・、もう一種類の 【 沖縄あばし 】 からの収穫はまだ・・・。 ゴーヤチャンプルが手ごろで、簡単につくれることから、ゴーヤチャンプルで食べることが多い・・・!!! 

下段の画像は、昨晩のゴーヤチャンプル・・・。 ゴーヤのわたを取り除き、食べやすい大きさにカット、塩と砂糖でしめた後、水洗いで水気をとり、豚肉、豆腐、卵、ゴーヤをフライパンで、ゴマ油とともに炒め、マヨネーズとカツオ節をふりかけ完成・・・、いつもながらの簡単男料理・・・、新鮮な採り立てのゴーヤの味は美味い・・・!!!    
 (H27.7.3)


19:20
19:00 19:10
今日から7月、早くも今年の後半のスタート・・・!!! 上の画像は、6月末に撮った午後7時頃の夕焼けの画像・・・!!! 今年も、あと半分・・・、さて、どのような雲の変化が楽しめるか・・・、相変わらずの雲フェチ・・・、雲フェチにとっては、毎日が楽しみ・・・、絶好の被写体との、一期一会の出会い・・・、素晴らしいシャッターチャンスに恵まれるようにと・・・(^O^)。      (H27.7.1)