義務感なし、のんびり、気侭、テーマなしの DIARY

さて、いつまで続くか、齢70歳半ば、後期高齢者・・・、しかし、気持ちだけは若い、初老?の思いついた、取立ててのテーマもなく、気が向けば、趣味の写真で撮った画像とともに、意図的に主義主張は盛り込まず、その多くは、生活周辺での平々凡々の情景や出来事、など、何行かの書き込み・・・。  毎日、書き込む気もないことから、日記とはいささかおこがましいとはいえ、時間をもて余した際、時間の消化と多少の刺激になればいいかと・・・。 (H19.5.1)




太陽フェチ・・・(10)     約2か月ぶりの朝日の撮影・・・!!! 僅かな月日で、太陽の昇る位置が、左から右へかなり移動していることが判る・・・。 このまま、右方向に移動を続けてくれると、間もなく、東京スカイツリーの位置まで近づき、スカイツリーと朝日の串刺し合体写真が撮れるのだが、そうはうまくは・・・、あとしばらくすると、朝日の昇る位置が右から左に反転うることになる・・・(>_<)・(^O^)。 自然の摂理とは面白いものの、ちょっと、残念な気にも・・・!!!     (H26.11.30)


住まいの自分の部屋の正面に見える公園の木々がすっかり秋色に色ずき、秋も深まり、晩秋の訪れを感じさせてくれる・・・! 木々の違いによって、それぞれ、色ずく色合いが違うのが楽しい・・・。 折からの、西日を受けて色合いが、さらに、冴える・・・!!! 初冬の訪れも、もうすぐである・・・(^O^)      (H26.11.29)


京都訪問を 5 回に分けて書き込んでいる内に、富士山の積雪が進み、段々、山裾に向かっていた・・・(^O^)/。 上の画像は、今日、午前10時過ぎの忍野村の富士山ライブカメラからのもの・・・! 冬の訪れは、いよいよ本格的に・・・!!!

左欄の画像は、今月4日に書き込んだ富士山の姿であることから・・・、僅か、20日近くで、さらに、富士山らしいお姿に・・・。 右欄の画像は、2〜3日前、頂上あたりにかかった綺麗な笠雲・・・、これから、冬場に向けて、富士山フェチにとっては、富士山から目を離せない日が続く・・・(^O^)/ 
(H26.11.27)


京都訪問・・・(4)      私は、京都の食べ物が大好き・・・、街歩きで、懐かしい京都の食材に出会うと、買う買わないは別として、ついついカメラを向けてしまう・・・(>_<)・(^O^)。 しかし、何といっても、効率的に京都の食材と、間違いなく出会える、400年の歴史のある、京の台所・・・、錦市場に足が向く・・・(^O^)/。

300メートルにもなる商店街、100軒以上の店舗が並び、道幅は4〜5メーター、いつ訪れても大勢の人で賑わい京都の旬の食材や京野菜、京漬物その他、湯葉、鰻、佃煮、蒲鉾、干物、乾物、茶、菓子、寿司、豆腐、など、京都に住まっていた若い頃、食卓で出会った懐かしい食べ物、ほとんどとの出会いがあるのが、楽しくもあり、懐かしくもあり・・・! とにかく、京都を訪ねると、必ずといっても、この錦市場へ・・・(^O^)/。

今まで、何度となく訪れたことのある、この市場・・・、撮った写真も数知れず・・・(>_<)・(^O^)。 何枚かをランダムに選んで、またまた、PICASA画像ソフトを活用し、スライドショウに・・・。 〜ということで、これにて、今回の京都訪問にからめての書き込みを終わることに・・・(^O^)/。    
 (H26.11.24)


京都訪問・・・(4)      同窓会は、いつも、11月に開催されることから、今までも、紅葉シーズンとうまく合致し、同窓会の前後の一日を利用して、京都の紅葉を楽しむことが多かったものの、残念ながら、今回は、うまく紅葉の見頃に合わず・・・(>_<)・(>_<)・(>_<)。

左の画像は、京都の酒屋さんが紹介されている東福寺の紅葉情報から拝借したもの・・・! 11月20日の東福寺の通天橋周辺の紅葉の様子ではあるものの、見頃には、イマイチ・・・(>_<)。 同窓会が15日でもあったことから、今年の紅葉の見頃には早すぎたのは残念・・・。

今まで、その多くは、同窓会出席に合わせて、京都の紅葉の名所での見頃の紅葉を趣味の写真で撮り込んでもいることから、かなり枚数の紅葉の画像があることから、それらの一部を、口直し・・・? にスライドショウでスライドさせてみることに・・・、憂さ晴らし・・・である (>_<)・(^O^)。 因みに、今回、スライドさせた画像は、東福寺、永観堂、三千院で撮り込んだもの・・・! 京都の紅葉は美しい・・・、流石である・・・!!!    
 (H26.11.21)
東福寺・通天橋  11月20日


京都訪問・・・(3)     今回の京都訪問、紅葉の見頃に、やや早いこともあって、紅葉の撮影は断念・・・、久しぶりに、京都タワーから、360°古都の絶景パノラマをカメラに・・・! 紅葉の撮影をあきらめていたこともあって、既に、書き込んだ通り、キャノン一眼レフ EOS50D は携帯せず、軽量のキャノン・パワーショット S−90 のみでの撮影・・・。

100mの高さにある展望室、ガラス窓に貼りつけられた方向案内シールを参考に、東福寺〜伏見桃山城〜伏見稲荷大社〜京都競馬場〜大阪城〜中央郵便局〜京都水族館〜桂離宮〜嵐山〜西本願寺〜仁和寺〜妙心寺〜竜安寺〜金閣寺〜二条城〜東本願寺〜京都御所〜下鴨神社〜修学院離宮〜五条大橋〜知恩院〜清水寺・・・、と右から左へシャッターを・・・!!! 

しかし、残念ながら、展望ガラスを通しての撮影でもあることから、いささか、S−90では力不足・・・(>_<)、いささか、鮮明さがイマイチともあって、スライドショウで画像をスライドさせることは、あきらめることに・・・(>_<)。 何枚か、それなりに撮れた画像をトリミングして上に・・・!!! しかし、久しぶりの、京都の眺望、グルリと 360°は十分楽しめた・・・!!! 良いですねぇ〜、我が故郷、京都は・・・!!!   
 (H26.11.19) 


京都訪問・・・(2)     現役時代、仕事に追われ、同窓会出席など考えもしなかったものの、定年退職後、初めて同窓会に出席、まさに、ほとんどの同窓との約半世紀ぶりの再会以来、さらなる新しい再会を期待しながら、ある時期までは、3年間隔、最近は、年齢を考えて2年間隔で開催される同窓会・・・、余程の用事がない限り出席をすることにしている・・・!!! 

その都度、利用するのが、JR東海ツアーズの企画する 【 ぷらっと・旅 】 ・・・、往復の新幹線指定席とホテルがセットになっているWEB限定のお得プラン・・・!!! 今回も、このプランを利用して、14日〜15日の一泊二日プランで・・・(^O^)/。 折からの紅葉シーズンともあって、ホテルの確保に難儀はしたものの、結局、幸いなことに、同窓会が開催されるホテルである 【 ホテル京阪京都 】 への予約が取れ、上の画像でも判る通り、新幹線 【 京都 】 駅、八条東口より徒歩 1 分というベストポジション ( 上画像の左側のホテル ) にあり、到着翌日、午前11時から始まる同窓会受付にも楽々と・・・(^O^)。

さすがに、70歳半ば過ぎの同窓会、開催ごとに、出席者の人数が減っていくのは、なんとなく寂しく、このところ恒例になった早く逝った学友への黙祷から始まる同窓会に、なにやら神妙になりながらも、今、此処にあり、多くの出席者が京都在住や京都近隣からの同窓であることを考えると、埼玉からとはいえ、いささかの遠路から、出席出来る身体と環境にあることに感謝しながら、懐かしの学友との話が弾む・・・(^O^)・(^O^)・(^O^)。     
 (H26.11.17)    


京都訪問・・・(1)    京都訪問・・・、目的は、同窓会への出席、このところ、故郷でもある京都への旅の回数が減っていたこともあって、久しぶりの京都行きである・・・! 僅か、のぞみで2時間半の距離ではあるものの、生来、外出嫌いの性分もあって、いささか、億劫ではあったものの、久しぶりの同窓との再会を楽しみに・・・(^O^)/。

幸い、天候にも恵まれ、三島あたりでは富士山もくっきりと見え、京都に近く、懐かしの伊吹山が進行方向左側に・・・! 今回は、京都の紅葉の見頃には、あとしばらく・・・、〜ということもあって、紅葉撮影はあきらめ、カメラの重さも考え、キャノン一眼レフ EOS50D は携帯せず、軽量のキャノン・パワーショット S−90 のみで、14日〜15日の一泊二日の旅を楽しむことに・・・!      
(H26.11.16)


7 : 07 am
今朝の早朝、いつもの通り、今朝の朝日は如何にと・・・! 驚きましたぁ〜、一面厚い霧で覆われ、まさに、目の前が見通せないほどの濃霧・・・!!! 左の画像は、午前6時7分の・・・、上の画像は、それから、既に、一時間が経過、太陽もかなり昇ってはいるものの、霧は晴れず・・・、テレビでも、今朝のさいたまの濃霧の模様を放映・・・!!!

テレビからは、11月13日深夜から北関東まで濃霧が発生、さいたま市では、【 放射霧 】 という現象が確認されたとのこと・・・! 因みに、【 放射霧 】 とは、晴れた冬の日、地表面から熱が放射され地面が冷える現象で発生する霧だそうで、地面に水分がある状態で冷やすことで水蒸気が発生する現象・・・とのこと、テレビからの右画像では、埼玉が雲海みたいになっている・・・!!!   
 (H26.11.13) 
6 : 07 am 7 : 20 am


またまた、酒の肴、男の料理・・・! 私のポリシーは、基本的には金のかからない安価な酒の肴、酒があれば、肴は、あくまで有れば良いのであって、酒の肴には金を掛けない主義・・・!!! 新鮮であれば、どんな魚でも美味い・・・!!! 

昨日の酒の肴は、愛知県産、きびなご・・・。 これだけあって、値段は、僅かに、198円、税込みで214円・・・なり (^O^)/。 うろこが無いので捌くのも簡単・・・、頭を折って、そろっと引くと簡単に内臓がとれる・・・(^O^)。 水気をとり、軽く衣をつけ、中火に熱した揚げ油で2〜3分揚げれば、きびなごの唐揚げ、男の料理の完成、揚げたてのホカホカに、レモンをかけて・・・!!! いつにも増して、酒が進む・・・、本体価格 198 円・・・(^O^)・(^O^)・(^O^)    
 (H26.11.11)


秋である・・・! 秋と云えば柿である・・・!! 毎年、場所は違うものの、同じ場所で、それぞれ違った形の柿が実をつける・・・!!! 上の柿は、民家の庭で見かける、葉っぱが、この時期、既になく、柿の実だけが目立つ柿の木・・・。 下の柿は、廃屋の片隅に生る柿の実・・・、毎年、収穫されず、そのまま、鳥などが啄ばむままに・・・、渋柿なのだろうか・・・? いつも、枝がたわむほどの数の実が実る・・・、もしかすると、持ち主が定かではないのかも・・・、毎年、この時期、楽しませてくれる柿の木である・・・。      (H26.11.10)


また、厭きもせず、酒の肴、男の料理の書き込みを・・・(>_<)・(^O^)。 いよいよ牡蛎のシーズンに突入・・・(^O^)、太ったクリーミーな牡蛎が食べられる旬の季節到来・・・!!! 10月22日に、今年初めての殻つきの牡蛎 ( 上画像への挿入画像 ) を食したことを書き込んだものの、今回は、剥き身牡蛎を・・・!

オイスター炒めで・・・! 牡蛎は良く洗い、汚れを落とし、キッチンペーパーで水気を拭き取り、片栗粉をまぶし、フライパンにごま油を入れ、牡蛎を焼き、焼き色がついた時点で、オイスターソース、料理酒、砂糖、みりん、醤油でつくった合わせ調味料を・・・、ものの数分で、簡単男料理完成・・・!!! 美味い! 自分で作ったこともあって文句なしに旨い・・・!!! 酒が進む・・・(^O^)/。    
 (H26.11.9)


昨日、午前6時10分、朝日が昇る方向の画像・・・! もう既に、太陽は地平線から顔を出しているようではあるものの、建物の後方に隠れ、朝日からのオレンジ色の光線によって、建物が浮き出して見え、何やら、幾何学的な光景・・・!!! 因みに、このような、晴れた気象条件では、朝日の光線が強く、例え、朝日が見えたとしても、撮影は難しい・・・(>_<)・(^O^)。      (H26.11.8)


現役時代は浴びるように呑み、酒豪とも言われ、毎日の仕事のストレス発散にと飲み明かした日も多くあったものの、齢、70歳半ばを過ぎ・・・、さすがに、酒量はほどほど、日本酒一合で満足という大人しい酒に・・・! それでも、毎晩の酒の肴は気になる・・・(>_<)・(^O^)。 昨日の酒の肴は、宮城産、殻付きホタテ・・・、殻を開けるのに力が要ることもあって、活きの良さは最高・・・!!! バターと醤油でホタテのバター焼き・・・、美味い・・・!!!     (H26.11.6)


住まいのある埼玉・志木、今朝は早朝から、久しぶりの快晴、晴れた朝の日差しが透きとおる、まさに晩秋の気配・・・(^O^)/。 朝の日課、ネット散策、いつもの通り、【 富士山ライブカメラ 】 から、晩秋の朝の富士山をチェック・・・、今朝は、数ある富士山周辺のライブカメラの内、忍野村からのカメラに映し出される富士山が最高・・・!!! 頂上近くの積雪も定着し、これからは、徐々に麓方向に積雪が増えて行くことかと・・・! 富士山を背景にした樹木の紅葉が美しい・・・!!!      (H26.11.4)


今日から11月・・・、いつものことながら月日の経つ早さを実感・・・! 今年も、海釣りへの釣行回数ゼロに終わりそうな気配極めて濃厚・・・(>_<)。 私のホームグランド 【 横浜本牧海釣り施設 】 への釣行も、東武線〜副都心線〜東横線〜みなとみらい線の直通路線の開通という釣り場に近くまで・・・という利便性の実現にもかかわらず、嵩張る釣り道具を携え、極めて早朝の釣り場への到着でも、土日祝日は当然のこと、ウイークデイまで、入場規制がかかるという最近の釣り場の混雑、などを考えると、毎日が日曜日の恵まれた環境にもかかわらず、齢70歳半ばともなると、いささか、億劫に・・・(>_<)・(>_<)・(>_<)。 

毎年、2〜3回は行っていた秋ハゼの時期の、横浜の穴場でのハゼの釣りも、ちょうどハゼ釣りに絶好の時期に、台風18号、19号の相次ぐ関東直撃もあって、底荒れによるハゼの活性がいまいちの状況が続き、ハゼ釣りは、2〜3時間で、一束越え (100匹) のような、入れ食い状態での釣りでないと、ハゼ釣りにあらず・・・との自論から、なかなか、好条件が訪れず、どうやら、今年のハゼ狙いの釣行も望み薄の状況・・・(>_<)・(>_<)・(>_<)。

〜ということもあって、どうやら今年の釣行は、残すところ2か月あるとはいうものの、なんと ゼロ 回に終わりそうな気配・・・。 しかし、さすがに、根っからの釣り好き、イライラ、悶々、いささかの禁断症状が・・・(>_<)・(^O^)。 ついに、魚からのあの引きの感触が忘れられず、2日前の10月30日、天候も秋晴れ、釣り堀へ・・・!!! 過去にも書き込んだこともある通り、住まいから、自転車で、僅か、5〜6分の距離に釣り堀があり、釣りそのものは楽しめるものの、海釣り命・・・!の自分には、どうしてもイマイチ・・・(>_<)。 〜ということもあって、極めて近くに釣りが出来る環境があるにもかかわらず、最近は、ほとんど行ってはいなかったことから、まさに、久しぶりの釣り掘へ・・・!

半日券1500円を購入、以前購入した自前の釣り掘用の竿と仕掛けで、さっそく、第一投・・・、ものの数分で一尾ゲット・・・(^O^)。 狙いの ヘラ鮒 もいるとは聞くものの、釣れる魚は、鯉、青魚、などばかり・・・(>_<)。 見る間に、ビクに収まり切れないほどに・・・。 左画像のヘラ浮きの僅かな動きに、一気に合わせる快感は、釣り本来のものではあるものの、釣れる魚が海の魚でないことは、自分にとっては致命的・・・、半日券ではあるものの、約2時間で厭きが・・・(>_<)。 やはり、釣りは海釣り・・・、釣り掘りの釣りは、私には向きましぇ〜ん・・・(>_<)。 〜とは言うものの、釣りの腕が落ちてはいなことが確認出来たことは嬉しい・・・!!!    
 (H26.11.1)