義務感なし、のんびり、気侭、テーマなしの DIARY

さて、いつまで続くか、齢70歳半ば、後期高齢者・・・、しかし、気持ちだけは若い、初老?の思いついた、取立ててのテーマもなく、気が向けば、趣味の写真で撮った画像とともに、意図的に主義主張は盛り込まず、その多くは、生活周辺での平々凡々の情景や出来事、など、何行かの書き込み・・・。  毎日、書き込む気もないことから、日記とはいささかおこがましいとはいえ、時間をもて余した際、時間の消化と多少の刺激になればいいかと・・・。 (H19.5.1)





ベランダがにぎやかに・・・! プランターに、僅か、ひと株植え付けたペチュニアがプランターからはみ出るほどに盛り上がり、色違いのミニトマトは、全部で100個近い実がつき、いくつかは、色づき始め、これから食べ頃に・・・!!! 期待のゴーヤは、種類の違ったゴーヤが実り始めたものの、最初の10個近くは、順調に育ち始めてはいるものの、このところ、実がなる雌花のつき方がイマイチ・・・、もしかすると、今年は、あまり期待出来そうにもないのかと、気がかり・・・(>_<)・(^O^)。     (H26.6.29)


人には 【 持病 】 で悩まされておられる方も多いことかと・・・(>_<)。 実は、私には、約30年近くに渡って付き合っている持病が・・・(>_<)・(^O^)。 父も、悩まされていたこともあって、遺伝性の持病らしい・・・。 まったくの不定期に、視野の真ん中あたりに、太陽を直接目にした後の残像のようなキラキラした点が現れ、みるみる内に点は拡大し、ドーナツ状にキラキラ光るギザギザしたノコギリの縁のような、左画像のような幾何学模様が稲妻のようにチカチカしながら、視界の隅にまで拡大し、約30分で視界の外に出て消えて行く・・・。

その間、目を開いているのは、いささか無理があり、大概の場合、目をつむり、この現象が消え去るまで大人しくしているのが常・・・、多くの場合、その後に片頭痛が始まる場合が多いものの、既に、40年のつきあい、それほど頻繁に起こる症状でもなく、忘れたころに・・・という頻度ではあるものの、慣れというものは良くしたもので、この症状を通り過ぎるコツを習得し、それなりに、付き合っている・・。 父からは、文明病の一種・・・と聞かされていたものの、歴とした 【 閃輝暗点 】 という病名があることを知ったのは、約10年前・・・、自分の症状からみて、いささかの我慢が必要とはするものの、付き合うしかないもののようであり、これからも仲良く付き合うしかないようである・・・(>_<)・(^O^)。

実は、今日書き込んだのは、これからが本題・・・(>_<)、約2週間前、まったく別の症状が出て、悩まされているところ・・・(>_<)。 つまりは、左画像のチカチカ光る小さ一片が、常に視野に残り、邪魔だな・・・と思い、視線を変えても、このチカチカ光る浮遊物は一緒に移動し、いささいか、不快・・・(>_<)。 〜ということもあって、久しぶりに眼科医へ・・・。 

屈折、角膜曲率、精密眼圧、矯正視力、眼底三次元画像解析、精密眼底、などなど、徹底的に調べてもらったものの、異常なし・・・の診断・・・(>_<)・(^O^)。 医者曰く、飛蚊症の一種ではあるものの、加齢・老化などによるものであり、心配はなく、白内障も軽度のものはあるものの、心配なし、お歳の割には、なかなか良い目をしてらっしゃいます・・・、と嬉しいような、嬉しくもないような・・・。 消えるか、消えないかは、判断できず、つまりは、しばらく付き合っていれば、慣れて行くでしょう・・・とつれない診断・・・(>_<)・(^O^)。 

このところ、月一回、投薬の手配に訪れる内科や整形外科でも、多少の体調の不具合の問診に、診断結果が、【 お歳だから・・・ 】、で片づけられることがほとんど・・・、齢70歳半ばにして、何とも考えさせられる診断結果・・・! 今日も、まだ、邪魔な、不愉快な浮遊物に悩まされているところ・・・(>_<)、慣れるには今しばらくの時間が必要かと・・・(>_<)・(^O^)。   
 (H26.6.27)


今月、6月9日に書き込み、画像を貼り付けた住まい近くの稲田の様子・・・、前回同様、約2週間経過後の今日の稲田の様子を・・・! 薄緑の稲にも、やや濃さが加わり、順調な生育が今年も・・・!!!    (H26.6.26)


久しぶりに、日の出と落日の画像を・・・!!! このところ、梅雨めいた日が続き、朝日、夕日とはごぶさた・・・ではあったことから、久しぶりの再会・・・(^O^)/。 一日の始まりと一日の終わり・・・、自然の輪廻とはいえ、やはり、朝日、夕日が、それぞれ望める一日は素晴らしい・・・!!!     (H26.6.23)


ゴーヤ、初収穫・・・(^O^)/。 初収穫は出来たものの、今年のゴーヤは、例年といささか違い、これから、どういうことになるのか、気になっている・・・。 毎年、実がつかない雄花が、まず開花し、しばらくして、実のなる雌花が咲き始めるのが通例ではあるものの、今年は、逆・・・、まず、雌花が咲き始めるという、例年の逆・・・。 〜ということもあって、数少ない雄花を見つけ、雌花に授粉・・・、結局、現在、10個ほどが育っている・・・。

しかし、この傾向は、一時期だけで終わり、以後は、雌花は、咲かず、咲くのは雄花だけ・・・という状況が続いている・・・。 いずれは、例年通り、雌花も・・・とは期待しているものの、何やら、まったく気配なし・・・(>_<)。 まだ、夏に入ったばかりでもあることから、例年通り、これからの雌花の開花を心待ちにはしているものの、さて、どうなりますか・・・。 初収穫は、これ以上、放っておくと、味が落ちそうな気がすることから、早めに採り込み、定番のゴーヤチャンプルで・・・、美味い・・・!!!     
 (H26.6.20)


としまえん・あじさい園・・・(2)     やはり、梅雨の時期はアジサイが似合う・・・!!! 日本に自生する野生アジサイ 【 ガクアジサイ 】、【ヤマアジサイ】、 【エゾアジサイ】 を含め、150品種、10、000株のアジサイが初夏を彩り、折から、ひととき通過した雷雲・降雨のお陰で、アジサイらしい鮮やかな夏色をカメラに・・・(^O^)/。 いつもの通り、写真編集ソフト 【 PICASA 】 の写真スライド機能を活用し、スライドショウを・・・(^O^)/     (H26.6.18)


としまえん・あじさい園・・・(1)     練馬区にある水と緑の豊島園にある 【 あじさい園 】 が見頃を迎えているとのこと・・・、6月13日、行ってみた! 前日まで、梅雨模様の日が続いていたものの、この日から、夏日がしばらく続きそうとの予報もあって、朝から、強い日が差し、あじさい撮影には好条件ではなさそうかと思いながらも出かけてみることにした・・・。

私の駅、志木駅から、僅か40分足らずで、豊島園に到着・・・! 到着直前から、快晴の天候が、一転、雷鳴とどろく急変の空模様・・・、そういえば、この日は、大気が不安定で、局地的な雷雲・豪雨の予報・・・、見事に的中 (>_<) したものの、約1時間ほどで雷雲・雨雲は通り抜け、一時的な降雨のお陰で、絶好の、あじさい撮影のコンディションに・・・! あじさいの花や葉が雨に濡れ、この上ない撮影環境に・・・(^O^)/。    
 (H26.6.15)


今年のベランダでの夏場の菜園、いささか、菜園とは大げさではあるものの、ミニトマトが6株、ゴーヤが10株・・・、それぞれ、プランターと植木鉢での栽培 (>_<)・(^O^)・・・。 梅雨到来、連日の梅雨空のお陰か、種類にもよるのか、ミニトマト6株のうち、2株が壱メートルを越す高さにまで・・・!!! まだ、色ずいてはいないものの、トマトが実を結び、既に、50〜60個・・・!!! これからの色づきが楽しみ・・・(^O^)。    (H26.6.13)


パソコンの調子がイマイチ・・・(>_<)。 ちょうど、昨年、6月、思いもかけないウイールス感染・・・、強力なウイールスであったらしく、ベテランの技術屋さんもお手上げ・・・やむを得ず、パソコンの初期化、データ救出、など、高度なテクニックのお陰で、パソコン復活・・・、以来、約1年目に、またもや、70歳半ばの身には、いささか、難解な現象が・・・!

今回は、まずは、ウイールス感染ではないことは確かではあるものの、どうやら、自己判断ではあるものの、HDのお疲れが原因ではないだろうか・・・が、私の診断・・・! 毎日、それなりに、酷使していることもあって、無理もないかとは思うものの、敏速な反応を要求する身には、いささか、動作が緩慢に感じることが・・・。 もちろん、今すぐ、どうこうする必要はないのでは・・・と楽観してはいるものの、突然、ギブアップ状態になることがないように、場合によっては、HDの交換、などを検討しようかと思っているところ・・・。 
( ・・・と、昨日書き込んだものの、いろいろと調べてみると、他の要因が原因しているようでもあるらしいことが・・・、いずれにせよ、しばらく、いろいろと調べてみることに・・・!!! H26.6.11) )

多分、もうしばらく、騙しだまし付き合っていこうとは思ってはいるものの、もし、このFREEDIARYへの書き込みに、しばらく、間隔が開くようなことがあれば、まずは、パソコン修理中かと・・・思っていただければ・・・と。 あまり、小まめにアップを続けていると、余計なことに気を払わなければならなくなるということが良く判る・・・、これからは、出来るだけ、いい加減に・・・とも思っているのですが・・・(>_<)・(^O^)。     
 (H26.6.10)


先月、5月26日に撮った住まい近くの稲田の様子・・・、僅か、2週間で、稲と稲の間隔が、ほぼ見えなくなり、一面が薄緑色に・・・!!! 生物の輪廻転生は自然の法則に従っている・・・とは、いささか、大げさ・・・(>_<)・(^O^)、 とは思うものの、毎年の、いつもながらの、稲の生育過程・・・!!!      (H26.6.9)





関東、梅雨入り・・・、このところしばらく続いていた早くも猛暑・・・と思わせる気候も、梅雨らしい空模様に・・・!!! 朝から、絶え間なく降りしきる小雨に、毎朝の、プランターへの水やりも、今日はパス・・・! 今年の夏場、期待のゴーヤは、摘心も早々に・・・、以後、早くも草丈1メートルを越し、グリーンカーテン完成に向けて、順調に成育中・・・(^O^)/。

加えて、連日、早くも雄花が点々と黄色の花が開花・・・、例年は、この時期、まだ、ゴーヤの実がなる雌花は咲かない筈ではあるものの、今年は、早くも、10個を越す雌花が咲き始め、ベランダでの昆虫類による受粉が期待されないこともあって、毎朝、雄花と雌花への人手による人工授粉を・・・!!! 小まめな処置の功もあって、既に、10個を越える結実、早くも5センチを越えるゴーヤに・・・(^O^)。 左画像に見られるように、ミニトマトも順調に結実、色づくのも、あと僅かで・・・(^O^)/。 今年の夏も、楽しめそう・・・!!!    
 (H26.6.6)


先日、久しぶりに、住まいのベランダから見る東京スカイツリーをカメラに・・・!!! いつもの様に、カメラは キャノン・EOS50D、 レンズ・EF−S18−200mm、 ISO感度:100、 Tv(シャッター速度) : 1/400、 焦点距離:200.00・・・! 撮影時間は、17時27分・・・、空気も澄んでいたこともあって、極めて鮮明に撮りこめた・・・、約30kmの距離があるスカイツリ・・・、ここまで撮り込めれば、満足・・・!!!     (H26,6,5)


第 60 回 入選 第 63 回 入選 第 64 回 入選
第64回埼玉県美術展覧会 【 県展 】 ・・・(3)     6月1〜2日と続けて書き込んだ今年の県展と、その嬉しい連続入選・・・(^O^)/。 結果、県展への公募、5回の挑戦で、3回の入選・・・、今まで、それぞれ、入選した時に、書き込み、入選作品を貼り付けてはいたものの、再度まとめて、入選3作品を上に・・・、サムネイル画像をクリックすれば、拡大画面に・・・(^O^)。

今年の、第64回の画像は、応募規定にある木製パネル張りに収めた作品・・・、因みに、応募サイズはA3ノビ (46.5cmx31cm)、展示寸法は、64cmx53cmの木製パネル張り・・・。 応募サイズは、その他に、全紙 (56cmx45.7cm) と 組写真での応募が規定されていて、勿論、全紙や組写真での挑戦もあるものの、どうした訳か、県展での入選はA3ノビサイズの作品だけ・・・。

県展で入選した3作品は、すべて、住まいから撮った、まさに、省エネ撮法での写真、遠くまで出かける必要もなく、身近に恵まれた被写体がある環境に感謝を・・・!!!   
(H26.6.3)


第64回埼玉県美術展覧会 【 県展 】 ・・・(2)     私の一年に挑戦する三つに限っての写真公募展の先陣をきって、現在、開催中の第64回埼玉県美術展覧会 【 県展 】 ・・・、この 【 県展 】、自治体が主催する写真部門を含む、公募美術展としては、全国のトップクラス、近県のそれらと比べると入選が難しく、毎年、1000作品近くが落選するという、かなりの難関、ハイレベルな、全国最大規模の公募美術展・・・!!!

さて、昨日、6月1日に書き込んだ通り、最初の挑戦、平成22年、第60回に入選、その後、2年間は落選が続いたものの、昨年、平成25年、第63回に、2回目の入選・・・、果たして、今年、平成26年、第64回への5回目の挑戦に、まずは、連続入選は無理と思いながらの挑戦に、まさかの、連続入選・・・!!! とりあえずは、いつも、祝い事に参加してくれるパンチョくんの祝砲を・・・!!!

5回の挑戦で、合わせて3回の入選・・・、勝率6割は、特に、難関の 【 県展 】 からの結果として、立派・・・!!! と、展示会の担当者から、おほめの言葉を・・・(^O^)/。  加えて、【 県展 】 入選、3回で、県展実施母体でもある 【 埼玉美術家 (埼美協) 】 から会員へ推薦される連絡が、後日、【 埼美協 】 より届くはず・・・とのこと、嬉しい3回目の入選・・・!!!    
 (H26.6.2)


第64回埼玉県美術展覧会 【 県展 】 ・・・(1)     また、今年も、5月から7月にかけて開催される、写真公募展・・・、埼玉県美術展覧会 【 県展 】、読売新聞社主催・写壇展、朝日新聞社主催・写真サロン、での 私の写真展シーズン が開幕・・・(^O^)/。 私のポリシーとして、いろいろと、写真コンテストを探して、あれやこれやと応募するのは、良しとせず、一年に三回、上述の、それぞれ、長い歴史を持つ、格調のある三つの公募展だけに限って、応募することに決めている・・・!!!

まずは、その先陣をきって、埼玉県美術展覧会 【 県展 】 が開催中・・・。 平成22年から、公募展への応募を始め、この 【 県展 】 では、第60回の、節目の記念展に、初めて挑戦・・・! 結果、思いがけずの入選に・・・! まさに、ビギナーズラック・・・。 以降、平成23年 【 61回 】、平成24年 【 62回 】 は、見事落選・・・(>_<)、 そうは簡単に行かないものと悟りを開きつつも、昨年、平成24年 【 63回 】 での挑戦に・・・、嬉しい2回目の入選・・・!!! 今年、平成26年、【 64回 】、 連続しての入選は、まずは無理かと思いながら、初挑戦から5回目の挑戦・・・、さて、今回、如何なりましたかは、日を変えて、報告の書き込みを・・・(>_<)・(^O^)。     
 (H26.6.1)