義務感なし、のんびり、気侭、テーマなしの DIARY

さて、いつまで続くか、齢70歳半ば、後期高齢者・・・、しかし、気持ちだけは若い、初老?の思いついた、取立ててのテーマもなく、気が向けば、趣味の写真で撮った画像とともに、意図的に主義主張は盛り込まず、その多くは、生活周辺での平々凡々の情景や出来事、など、何行かの書き込み・・・。  毎日、書き込む気もないことから、日記とはいささかおこがましいとはいえ、時間をもて余した際、時間の消化と多少の刺激になればいいかと・・・。 (H19.5.1)




11月も今日で終わり・・・、明日からは、今年最後の月、12月、師走に・・・。 一年の過ぎる早さに、ただただ、驚きを・・・! 住まい近くの荒川河川敷や河川敷沿いの土手が、西に傾いた晩秋の陽の光を受けて、茜色に染まったかと思う間もなく、秋の日はつるべ落とし、見る間に、夕暮れどきの薄暗い色合いに・・・。     (H25.11.30) 


平林寺・・・(2)   総門、山門や川越城主・松平信綱の墓、など数々の県指定文化財と国指定天然記念物の境内林のある平林寺、禅修行の専門道場を持つ代表的な禅刹、境内を流れる野火止用水・・・、武蔵野・野火止台地に広がる広大な境内・・・、こんな素晴らしい自然が残っていたのかと、いつもながら、驚かされる・・・。

武蔵野といえば、平林寺・・・、その名残を色濃く残している境内林、武蔵野を代表するコナラ、クヌギ、エゴノキ、イヌシデ、など、紅葉の見頃を迎え、境内全体が秋色に染まる様は、カメラを趣味とする自分には絶好の被写体・・・、いつもながら、奥さんと一緒に、晩秋のひとときを楽しめた・・・(^O^)/。 

例によって、撮った写真を、写真編集ソフト 【 PICASA 】 を使用して、スライドショウに・・・!!! 【 PICASA 】 の、スライドショウへのアップ方法が、当初は、試行錯誤、暗中模索・・・状態ではあったものの、このところ、ほぼ、完全にマスター、まったく、時間も掛らずアップ出来るようになったのは嬉しい・・・。     (H25.11.29)


平林寺・・・(1)    隣の市、新座市にある平林寺 ( 金鳳山・平林禅寺 )、約43ヘクタールにも及ぶ広大な国指定天然記念物 【 平林寺境内林 】 でも知られた武蔵野の面影を残す雑木林、カエデやクヌギの紅葉は見事・・・。 ここ埼玉・志木市に住まいを移して、早くも8年目、ほぼ、毎年、紅葉の盛りに訪れていることもあって、今年も、見頃の時期を楽しみにしていたところ、ネット検索で、今週から見頃との書き込みをを確認・・・!!! 行ってみた・・・(^O^)。

ほぼ毎年訪れていることもあって、まさに、顔なじみになった、同じ場所での再会、確認するカエデ、クヌギ、などの色づき具合・・・、今年も、お互いの健在を確認しながら、晩秋での出会いを楽しむ・・・!!! 毎年の出会いではあるものの、その年、その年の気候の違いで、紅葉の仕上がりも、それなりに歳を重ねた、自分自身のその年の体調の具合も、年々歳々、同じではないのも面白い・・・(^O^)。 例によって、趣味のカメラで撮った写真を後日、写真編集ソフトでスライドショウに・・・!!!     
(H25.11.28)


このところ、朝に夕に、住まいのベランダから目にする空模様、自然が見せる美しい光景に、感嘆しきり・・・。 今朝も、日の出直前、今まさに昇らんとする朝日からの光を受けて、どんよりと覆われた雲と地平線との僅かな隙間がオレンジ色に染まり、雲フェチにとっては、絶好の被写体に・・・!!! 

左の画像は、朝焼けを背景にした東京スカイツリー、このような画像が撮れるのも、秋口から晩秋にかけての空気が澄んだ時に限って撮り込める貴重なカメラ構図・・・!!!    
 (H25.11.27) 


今朝も、また、荒川に沿って、朝霧が発生・・・! 17日に、今年、初めての朝霧を撮り込み、今年の朝霧は、取りあえず、撮り込みに成功していたこともあって、それ以来、小規模な朝霧の発生はあったようではあるものの、それほど、気にもせず・・・(>_<)・(^O^)。

しかし、どうやら、今朝もかなり大規模な朝霧が発生していたらしく、目が覚め、午前7時近くに、ベランダから、まだ、それなりに消えずに残る朝霧を確認・・・。 もう少し、早く気がついていれば、前回に比べて、見応えのある写真を撮り込めていたかもしれず、いささか、残念・・・。

既に、日の出の時間を過ぎ、太陽は地平線のはるか上に・・・(>_<)。 NHK平原FM放送所の電波塔に反射する朝日の光線、手前、荒川の流れに沿って、朝日の光線を受けて、まだ消え残る薄桜色の霧の帯・・・(^O^)/。 左の画像は、薄オレンジ色の霧にうっすらと浮かんで見える東京スカイツリー・・・。 もう少し、早く、目が覚めていればと・・・、残念・・・(>_<)・(^O^)。    
 (H25.11.26) 


Vol.32 Vol.33 Vol.34 Vol.35 Vol.36
淀川長治・映画の世界・名作DVDコレクション、DVD2枚付き、全40巻の刊行予定、昨年の6月の創刊から、隔週水曜日の発売も、残り4巻、今年いっぱいで完了・・・。 淀川長治おすすめ映画80作品、クラシック名画の集大成・・・、マニアックな作品が多く、半数近くの作品が、古典名作を含め、1920年代の無声映画・・・。 映画マニアの私ですら、初めて観る作品も多く、それはそれなりに楽しんでいるものの、まだ、観終わっていない作品が 15作品 ほど残っているのが正直なところ・・・(>_<)・(^O^)

今日は、朝からどんよりと曇った薄ら寒い一日・・・、まとめごとに、一息いれて、時間が出来れば観ようと思っていた 【 戦艦ポチョムキン ・ BATTLESHIP POTEMKIN ・ Vol.32 】 を観賞・・・!!! 1925年制作・ソ連・・・、弱冠27歳の監督・エイゼンシュティンがリアリズム表現と編集技術を駆使、モンタージュ理論を実践した歴史的な映画の教科書・・・とある。 人物の超アップと超ロングショット、俯瞰撮影、移動撮影を巧みに駆使し、見事な編集は、脱帽もの・・・、まさに、よみがえる名作、期待通りの見事な、見応えのある作品・・・!!!  
 (H25.11.25)
戦艦ポチョムキン


住まいの前の遊歩道の桜並木の葉も、すっかり秋色に染まり、僅かな風に、舞い落ち始め、早くも晩秋の佇まいに・・・。 毎年、訪れる隣の市、新座市にある紅葉の名刹・平林寺の紅葉の見頃の時期を、毎日、ネットで検索してチェックしているものの、まだ、見頃には早く、今週の末から12月初めとのこと・・・。 僅か、5Kmほどしか離れていないにも関わらず、紅葉の時期には差があるようで・・・。     (H25.11.24) 


昨日貼り付けたさいたま新都心のビル群を、右方向にパン・・・、 FMラジオ放送を送信するNHK平原FM放送所 にある高さ173mの電波塔 (送信所) まで、秋色に染まりつつある樹林が続く・・・。 天気も良く、綺麗に秋色が鮮明に撮りこめたこともあって、昨日に続いて貼り付けてみた・・・(^O^)。     (H25.11.22) 


住まいの玄関の右方向、北の方角にあたる位置にあるさいたま新都心のビル群、手前の荒川の土手に沿って紅葉し始めた樹林の秋色によく映えて見える・・・(^O^)。 焦点距離 100.0mm、横長にトリミングしたのが上の画像・・・。 隣の街、新座市にある紅葉の名刹・平林寺の紅葉の色づきも、あと僅かで見頃に・・・、毎年、カメラを携え、必ず訪れているものの、今年の紅葉は如何かと、楽しみ・・・。     (H25.11.21)


へらぶな ( 数が少ない・・・(>_<) ) 
アオウオ (くちひげがない・・・) 鯉 (くちひげがある・・・) 
釣り堀 ヘラウキ 釣 果 ( 約3時間 )
住まいから、自転車で約5分の距離に、釣り堀があり、これまでも楽しんだことがあることを何度か書き込んだことをご記憶の方もあるかと・・・。 腕がいいのか?、いつも、簡単に釣れる・・・(^O^)。 時には、どうすれば、そんなに釣れるのですか・・・、との質問にであうこともあることから、釣れない人もいるようで・・・(>_<)・(^O^)。 腕の差でしょう・・・ともいえないことから、時には、釣り方を教えることも・・・(^O^)。

しかし、このところ、さっぱり、足が向かない・・・(>_<)。 釣れる魚が主に、アオウオや鯉・・・、狙ってみたいヘラブナは極めて少なく、いくら釣れても、気がのらないことも一因・・・。 やはり、海釣りが命の私、いささか、川魚とは気が合わないようで・・・(>_<)・(^O^)。 まとめごとも、一段落、天気も良かったこともあって、久しぶりに、魚との合わせのタイミング、引き込みの感覚を楽しもうかと・・・、行ってみた・・・。 

いつもの通りではあるものの、約3時間で、下段右の画像に見られるように、約20匹・・・、ほとんどが、アオウオと鯉・・・(>_<)。 しかし、中央下段の画像に見られる ヘラウキ が水面下にいっきに消し込まれるのに合わせるのは、楽しく、快感・・・(^O^)/。 しかし、やはり、海釣りがいいなぁ・・・、まだ、サバフィーバの余波が続き、相変わらず、ウイークデイでも、それなりの混雑が続いている横浜本牧海釣り施設・・・、ここ埼玉からの釣行、午前10時頃の到着でも、釣り場が確保出来る日が来るのを楽しみに・・・!!!    
 (H25.11.20)


朝 霧・・・(2)   17日に撮った住まい近くを流れる荒川に発生した朝霧の画像を、例によって、写真編集ソフト 【 PICASA 】 の機能・スライドショウを利用し、スライドさせた・・・!  左の画像は、第60回埼玉県美術展覧会で入選した題名 【 朝 霧 】 の作品・・・、同じ場所から、同じような時間帯で撮ったもの・・・。 

今回も、ほぼ、同じような撮影環境で撮ったものでもあり、良く撮れているものがあればと思うものの、いささか、イマイチ・・・(>_<)、なかなか、快心の被写体との出会い、シャッターチャンスのタイミング、など、たかが、写真とはいうものの、気に入った写真に撮り込むことは難しい・・・(>_<)・(^O^)。     
 (H25.11.19)


朝 霧・・・(1)    毎年、11月から12月にかけて、晩秋の時期に、気象条件が揃うと、住まい近くを流れる荒川に沿って朝霧が発生することがある。 この荒川の場合は、冷たい空気が、暖かい水面へ移動してきた時に、蒸気圧の差によって暖かい水面から蒸発して霧になるそうである。 よく気をつけていないと、極めて早朝の現象でもあることから、折角の朝霧を見落とすことも・・・。

今朝は、幸い、奥さんからの 【 霧がでてますよぉ〜 】 で目が覚め、急いでカメラを・・・!!! 午前6時を過ぎた頃から、6時40分までの僅かな時間、日の出前から、日の出まで、例によって、趣味の写真で、朝霧と日の出との競演をカメラに・・・!!! 

因みに、初めて応募した、埼玉県美術展覧会 【 県展 】 の写真公募に応募し、ビギナーズラックか、初応募、初入選、を獲得した作品の題名 【 朝 霧 】 は、同じ場所の朝霧を撮ったもの・・・(^O^)。 まだ、夜明け前でもあり、加えて、朝霧発生の場所から、少し距離もあることから、撮影条件は、難しく、今回は、残念ながら、会心の画像は撮りこめなかったものの、また、撮った写真の何枚かを、後日、写真編集ソフト 【 PICASA 】 でスライドに・・・(^O^)。    
 (H25.11.17) 


毎年、晩秋の頃、一度か二度、見事な夕焼けに出会うことがある・・・。 まさに、一期一会の出会いではあるものの、僅か数分の自然現象でもあることから、油断していると見落とすことが多い・・・。 昨日は、住まいの西に面した窓に、オレンジ色の夕日の差し込みがあり、見事な夕焼けに気がつき、カメラに・・・!!!

住まいから見える富士山の上空を覆う、幾層かの秋雲の帯に、今まさに、沈まんとする夕日を受けて、空全体が茜色に輝き、久しぶりに見る素晴らしい夕焼け・・・。 迫力のある美しさ・・・!!! 例によって、数枚の写真を、写真編集ソフト 【 PICASA 】 に・・・。    
 (H25.11.16)


牡蠣のおいしい季節が・・・(^O^)/。 最近、スーパーでもよく見かけるように・・・! 牡蠣に目がないこともあって、昨日、生食用牡蠣を購入・・・!!! 冬場の牡蠣は身がプックリして濃厚な味わい、栄養も豊富、私の好きな海の幸・・・(^O^)。

牡蠣といえば、現役時代、仕事で訪ねたインドネシア・ジャカルタの屋台で食べた牡蠣が忘れられない・・・。 まさに、簡単なレシピ、溶かされたカタクリ粉の甕に入れた牡蠣に、溶き卵を少し加え、フライパンで強火で炒めるだけの、極めて簡単料理、格好つけた若者が得意げに炒め上げ、僅か1〜2分で出来上がり・・・。 綺麗とはいえない屋台の一角で調理される牡蠣料理・・・、それはそれで、楽しめ、美味い・・・!

〜ということもあって、昨夕の酒の肴に、同じようなやり方で・・・。 ボウルに入れた牡蠣に、塩とカタクリ粉を入れ、400ccほどの冷水を注ぎ入れ、十分に牡蠣の汚れを取り除き、ジャカルタの屋台のあんちゃんの手順通りに完成・・・! スパイスにと加えたニンニクが結構利いて、インドネシアの屋台での味を彷彿させる、男料理の出来上がり・・・、熱燗に合う・・・!!!    
 (H25.11.15)


06:13 14:34 16:18 17:21
昨日、朝から空気が澄んでいたこともあり、住まいのベランダ正面に見える東京スカイツリーが終日くっきりと浮き出して見えたこともあって、時間の経過に従って、同じ写角から、早朝、昼間、夕方、日没後、に撮ってみた・・・。 約30Kmほど距離があることから、ここ埼玉・志木市からは、ちょっと太めの鉛筆くらいにしか見えないものの、焦点距離200mmで撮り、トリミング効果で、上の画像のように、それなりに、〜らしく撮り込めるのは楽しい・・・!     (H25.11.14)


住まいの上空を、鳩が、いずこともなく飛翔し、いずこともなくいなくなる・・・。 時には、100羽近く・・・、二つの群れに分かれたり、合流したり、どこかに鳩舎があるのだろうか、それなりに定期的に飛翔・・・、右へ、左へ、低く、高く・・・。 時には青空を、時には白雲を、背景に、天駆ける・・・、爽やかな飛翔・・・(^O^)。     (H25.11.13)


赤 城 山
榛 名 山
住まいの北側に、極めて天気が良い日に限り、栃木県の日光連山や男体山、さらに、群馬県の赤城山や榛名山が、住まいを移して6年目に、見えることに気が付き、このFREEDIARYの 2012年2月13日、26日、3月3日 に書き込み、撮った写真を貼り付けたことが・・・。 以来、時には、ぼんやりと霞みながら、それなりの山並みを目視出来ることはあっても、写真に収めるほどのものではなかったものの、昨夕、久しぶりに、それなりにカメラに収めることが・・・!!!

それでも、右側に位置する日光連山や男体山は雲に霞み、撮り込むことは難しく、群馬に位置する赤城山と、さらに左側に位置する榛名山の山稜を、取りあえずは、撮りこむことに成功・・・! やはり、ここ埼玉から、群馬との距離を考えると、かなり、澄みきった空気のなかでないと難しい・・・。 上の画像も、焦点距離を200mmに、撮った画像を、トリミングしてみたもの・・・。 これから冬場、空気が澄みきった早朝、さらに鮮明に撮れるかと・・・、楽しみ・・・!!!    
 (H25.11.12)


今朝、住まいのベランダから見る東京スカイツリーの上空から天使の階段が・・・(^O^)。 太陽の位置がスカイツリーのほぼ上空に位置したことと、上空の雲の隙間がそれなりに存在したことからの、ほぼ何分かの現象・・・。 周りの明るさが、既に明るかったこともあって、鮮明には撮りこめなかったのがいささか残念・・・(>_<)。     (H25.11.11)


先週始めの一泊プチ家族旅行、富士山頂の笠雲の写真撮影を楽しんだことは、5〜7日に書き込んだ通り・・・。 日課になっている、毎朝、ネット検索する富士山ライブカメラから見る富士山・・・、今朝の午前10時過ぎの忍野村のライブカメラによる富士山に、今日も、また、ダイナミックな笠雲が・・・! 私の撮った富士山の角度は、宝永火口が望める静岡県側、上の富士山は、山梨県側、忍野村から・・・、それにしても、今朝の笠雲をかぶる富士の御姿はいつにも増して素晴らしい・・・!!!    (H25.11.10) 


とにかく、空の変化をボンヤリと眺めるのが好き・・・(^O^)。 昨夕とほぼ同じ時刻、午後4時過ぎ、昨夕は、茜色の夕暮れであったものが、今日は、どんよりとした初冬を思わせる夕暮れ・・・。 上の画像は、昨夕と違って、ベランダから見た反対側の浦和方面の空模様・・・、休日でもあることから、いつもなら、何機かのパラグライダーの滑空が見られるものの、さすがに、この曇天、薄ら寒さに、一機のパラグライダーも見られず・・・(>_<)。     (H25.11.9)


住まい近くの荒川の河川敷上空で、休日になると、あちらこちらで、色とりどりの翼 (キャノピー) のパラグライダーが悠然と大空の滑空を楽しんでいるのを目にすることが・・・(^O^)。 いつもは、ベランダ側で見ることがほとんどではあるものの、休日を明日に、早くも、今日の夕暮れ時、玄関側、秩父連山方向に、めづらしくパラグライダーが一機・・・。 まさに暮れようとしている山並みを背景に美しいパラグライダーのシルエットが・・・! ちょっと、肌寒くなった今日の夕暮れ、季節は既に晩秋に・・・。       (H25.11.8)


富士山とその周辺・・・(3)   お墓参りを兼ねての富士山周辺散策の一泊プチ家族旅行・・・、ちょうど、山中湖畔、旭日丘湖畔緑地公園の紅葉が色づき、【 夕焼けの渚・紅葉まつり 】 が開催中・・・(^O^)/。 ライトアップの点灯期間は10月27日から11月10日まで・・・、山中湖を前に、600mの紅葉回廊の紅葉した木々は見事・・・。 このライトアップの画像の他に、2合目周辺で撮った紅葉の画像を含めて、写真編集ソフト 【 PICASA 】 に・・・!     (H25.11.7)


富士山とその周辺・・・(2)   富士山フェチ・・・、孫娘達が遊園地で遊んでいる間、爺様は、富士山の御姿をカメラに・・・(^O^)。 この日は、かなりの間、山頂上空に次々と笠雲が発生・・・、分単位で、その形が変わることから、時には、単調な、変化に乏しい絵葉書風の富士山になりがちではあるものの、加えて、宝永火口が望めるこの方角からの撮影・・・、変化のある富士山が楽しめた・・・(^O^)/。

富士山の、富士山らしい、頂上から、裾野近くまで一面の白雪とは、まだ、11月初めでもあり、それはそれとして、十分楽しめた至近距離からの撮影・・・!!! 撮った写真の何枚かを、例によって、写真編集ソフト 【 PICASA 】 のスライド機能を使用しスライドショウに・・・。    
 (H25.11.6)


富士山とその周辺・・・(1)     奥さんの両親が眠る霊園へ、節目の年でもあることから、家族そろってのお墓参りに・・・。 埼玉から静岡県にある富士の霊峰に抱かれた墓苑へは、それなりの距離もあることから、息子の車で、連休を利用して、静岡県・山梨県の数ある観光スポットも楽しみに、一泊のプチ旅行に・・・。

お墓参りが目的ではあるものの、孫娘達の楽しめる観光スポットも多く、何より、富士山フェチの私には、富士山を至近距離でカメラに収める楽しみが・・・! 添付した画像は、富士山の二合目の麓にある遊園地から撮った南東斜面にある宝永大噴火により形成された三つの火口が連なる宝永火口側の富士山の御姿・・・!!!

このところ、頂上の白雪が増えていたものの、この日は、白雪は少なめ・・・、しかし、いろいろ変化する笠雲が連続して頂上あたりに現れ、分単位で変化する雲の流れが楽しめ、例によって、カメラに・・・(^O^)/。 整理した画像は、後日、写真編集ソフト 【 PICASA 】 でスライドさせることに・・・。     
(H25.11.5)


このところ、住まい近くで、貼り付けた画像の花をよく見かける・・・。 下向きに垂れ下がり、ラッパ状の大きく、なんとなく、エキゾチックな薄黄色の、かなりの密度で咲いている・・・。 ネットで調べたところ、ナス科、キダチチョウセンアサガオ属 ( 学名 : BRUGMANSIA )、園芸名でエンジェルストランペット と呼ばれる熱帯花木だそうで・・・。

全草にアルカイドを含み、有毒、口に入れたりはしないように・・・とも。 綺麗な花には毒がある・・・ということか・・・(>_<)・(^O^)。 花言葉は、愛嬌、偽りの魅力、変装、愛嬌・・・。 
(H25.11.2)


グランプリ受賞チューリップ (5種・40球) ユニークパンジー (20株) ムスカリ (20球)
今日から11月・・・! 今年、夏場、グリーンカーテンや100個以上の収穫が楽しめたゴーヤも終わり、毎年楽しむサフィニア・ペチュニア、など、ナス科の花々も盛りを過ぎ、すっかり、淋しくなったベランダに、昨日、このところ、毎年、成功している、国内最大級の園芸センターを持つという 【 国華園 】 の通信サイトへ注文してあった花苗と球根が到着・・・。 出かける面倒さや、店頭で、いろいろと選ぶ厄介さもなく、ネット通販での購入は、極めて便利、加えて、間違いのない活性のいい品が手に入るのはありがたい・・・。

限られたスペースのベランダではあるものの、これから冬を迎えて、緑の少ない時期と、春の目覚めを感じさせてくれる植物として、パンジー・20株、ムスカリとチューリップの球根を試してみることに・・・。 球根大国・オランダから毎年開催される 【 フラワーバルブ・オブ・ザ・イヤー 】 での歴代受賞花・5品種セット、40球が面白そうでもあり、選択、さて、どんなチューリップとの出会いがあるのか、今から、楽しみ・・・(^O^)/。    
 (H25.11.1)