義務感なし、のんびり、気侭、テーマなしの DIARY

さて、いつまで続くか、齢70歳半ば、後期高齢者・・・、しかし、気持ちだけは若い、初老?の思いついた、取立ててのテーマもなく、気が向けば、趣味の写真で撮った画像とともに、意図的に主義主張は盛り込まず、その多くは、生活周辺での平々凡々の情景や出来事、など、何行かの書き込み・・・。  毎日、書き込む気もないことから、日記とはいささかおこがましいとはいえ、時間をもて余した際、時間の消化と多少の刺激になればいいかと・・・。 (H19.5.1)




今日で5月も終わり・・・、明日からは一年の後半、6月が始まる・・・。 公園の緑も、初夏の薄緑から緑色の濃さが深まり、鬱蒼とした樹木に覆われた公園、ところどころに開かれた公園の一角のベンチでひとときの憩いを楽しむ風景も・・・。        (H25.5.31)


毎年、同じ場所に、今年もまた、【 ゴテチャ 】 の美しい花が・・・!!! 住まいから1〜2分、このところ時々書き込んでもいる稲田の畦道沿いに咲く北米原産の花、和名は 【 色待宵草 】、誰が世話するでもなく、放っておいても毎年、この時期咲き始め、通りすがりの人達が立ち寄って、暫し、この美しい花を楽しんでいる・・・。 今年は、例年より、少し早く咲き始めたようであるが、綺麗である・・・!!!     (H25.5.29)


酒の肴は、自分で作るに越したことはない・・・。 奥さんの料理ではあまりお目にかからない食材で、自分勝手な男料理・・・! 前回同様、男の料理を・・・!!! スーパーで岩手県産・五穀味鶏 (ごこくあじとり) のレバーを発見・・・、レバー好きでもあることから、これをベースに酒の肴を・・・(^O^)。 一般の鶏の飼料は、主に三種類の穀物 ( とうもろこし・マイロ・大豆油粕 ) が使われているそうであるものの、この五穀味鶏は、とうもろこし・大豆・マイロ・玄米・ライ麦と五つの穀物を与えているという・・・。 その鶏から採ったレバー・・・、ひと味違うものかと・・・。 購入価格、252円也・・・!

奥さんの手を煩わさず、酒の肴は自分の技量で・・・(>_<)・(^O^)。 たまたま、その日のNHKの朝の番組 【 あさイチ 】 でニラレバ炒めなるレシピを紹介しており、まずは、忠実に、レシピ通りの手順で仕上げてみた・・・。 もともと、料理は嫌いではなく、加えて、毎日が日曜日の恵まれた環境のなか、込み入ったまとめごと、などの合間の気晴らし、ストレス解消に、自分が楽しむ酒の肴を、自分で作るのは、例え、不味く仕上がったとしても、文句がでることもなく、気楽なもの・・・!

今回使用した、材料、料理の過程、出来あがりの画像を上に・・・。 自分で云うのも如何なものかと思わない訳ではないものの、実に上手く仕上がった・・・。 レバーの臭みもなく、これがレバーかと思う位の味に・・・! あまりの美味さに、残った分に溶き卵を入れて15秒ほど火を通し、ニラレバ丼に・・・ (画像上段の右端二枚画像)。 ニラレバ炒め同様、絶品・・・!!! 酒が進む・・・!!!  独りで楽しむのもいささか・・・、下記にレシピを紹介しておくことに・・・(>_<)・(^O^)。     
 (H25.5.28)
 

鶏レバー・・・200グラム

<下味>
・酒・・・小さじ1
・しょうゆ・・・大さじ1
・こしょう・・・少々
・かたくり粉・・・小さじ2
・ごま油・・・小さじ1

・にら・・・1ワ
・ねぎ、セロリ・・・各2分の1本
・しょうが(すりおろす)・・・小さじ1

・サラダ油・・・大さじ1

<合わせ調味料>
・水・・・大さじ2
・砂糖・・・小さじ2
・しょうゆ・・・大さじ2
・酒・・・大さじ1

・酢・・・小さじ1

作り方 ( 二人分 )
  • レバーを氷水に約5分間つける。紙タオルなどで水けを拭き取り、そぎ切りにする。血のかたまりや筋は、このとき取り除く。
  • にらは4センチ長さ、ねぎは縦半分に切って斜め薄切り、セロリは筋をとって斜め薄切りにする。
  • レバーを をボウルに入れ、下味の調味料を加えて軽くもみ込み、冷蔵庫で30分間以上おく。
  • フライパンにサラダ油を熱し、レバーを平たく並べて入れる。 まずは片面を2分間ほど焼き付ける。
    薄く焼き色がついたら裏返し、同じように焼き色がつくまで焼く。
  • しょうがのすりおろしを入れて香りを出し、にら、ねぎ、セロリを加え、サッと炒める。合わせ調味料を加え、にらがしんなりするまでさらに炒める。仕上げに酢を加える
 


今日は奥さん外出、夕飯はひとりで・・・(>_<)・(^O^)。 男料理の絶好のチャンス・・・(^O^)。 近くのスーパーで安価な牛肉を発見・・・、輸入牛肉ステーキ用 (肩ロース) オーストラリア産とあり、僅か、423円・・・(^O^)。 魚好きでもあることから、このところ、肉食から遠ざかっていたこともあって、いささかの食指が・・・。 輸入牛、肩ロースではあるものの、極めて安価・・・、安いものを、美味く食すのが、私の主義?、失敗しても、ひとり夕飯の、男料理・・・、例え、不味くても、言い訳をする必要はない・・・(^O^)。

多分、肩ロースでもあり、硬い肉であることは承知のうえ・・・、なんとか美味く食せないかと・・・。 無料で提供されていた食用牛脂を入手、ロース肉に包丁で切り込みを入れて、牛脂を埋め込み、塩、胡椒、このところよく使うイタリアン・ハーブ・ミックスを十分に振りかけ、効果があるのかないのか忘れたものの、何かの料理で試したことのあるようなおぼろげな記憶から、カタクリと生卵を擦り込んでみた・・・。 フライパンで何分か・・・、またたく間に男の料理の完成・・・! 出来たての熱いうちに食すと、結構、柔らかく、美味い・・・! 酒が進む・・・(^O^)。しかし、冷めてくると、擦り込んだ牛脂が白く浮きだし、口当たりが、極めて悪い・・・(>_<)。 ひとり食事の、男料理、そこそこの出来ではなかったかと・・・、但し、出来たて、焼きたてを食べた場合ではあるが・・・(>_<)・(^O^)。       
 (H25.5.25)


5月13日に書き込み、その日の画像を貼り付けた、住まい近くの稲田・・・、あの日から僅か一週間ではあるものの、稲の丈も伸び、薄緑の色も徐々に濃さを増し、畝間の水に写り込んだ農家の屋根も、次の一週間あたりで見えなくなるのでは・・・。 稲の成長は早い・・・(^O^)。 (H25.5.21)


埼玉・与野公園 バラ園・・・(2)     昨日も書き込んだ通り、住まいを埼玉・志木に移してから4回目の与野公園の春薔薇観賞、前日の局地豪雨による花弁へのダメージ、加えて、今年は例年に比べ盛りが早かったこともあって、写真に収めるにたる美しさを保っているものが、少なく、いささか、残念・・・。 〜ということもあって、この与野公園で、過去に撮った春バラの画像を含めて、いつもように、写真編集ソフト 【 PICASA 】 を使用してスライドショーに・・・(^O^)。 

色によって様々ではあるものの、一般的な、バラの花ことば 【 清新美、愛、恋、美、乙女、秘密、無邪気、愛情、さわやか、等など 】 ・・・。 毎年、四季折々、いろいろな花々との出会いはあるものの、やはり、花色、姿形、香り、などから、バラは、花の中の女王、豪華な気分になれ、その上品さ、気品、などから、ちょっと大人の花と言えるのでは・・・、私の好きな花のひとつ・・・!!!     
(H25.5.19)    


埼玉・与野公園 バラ園・・・(1)     ほぼ毎年、どこかのバラ園で春の薔薇を楽しむのがいつものこと・・・。 今年は、近くの与野公園あるいは東京・神代植物園、いずれかの春バラを・・・、と思っていたものの、昨日、住まいから、小一時間の距離にある与野公園へ行ってみた・・・。 与野公園のバラ園は開園が明治10年、100年以上の歴史のあるバラ園・・・、バラの種類 140種、バラの本数3000本・・・。 既に、埼玉・志木に住まいを移して以来、今回で、4回目の与野公園での春バラ観賞・・・。 

今日 (土) から明日 (日) まで予定されている 【 ばらまつり 】 の混雑を避けて、一日前に・・・との思惑があったものの、前日、大宮周辺の局地豪雨、公園のある与野も、いささかの影響があった様子で、かなりの数のバラが雨の影響を受けてか、いささか花弁の多くが傷ついていたのが残念・・・。 いつものように、写真編集ソフト PICASA を使用して、後日、バラの花をスライドショーに・・・と(^O^)。  
  (H25.5.18)


Vol.17 Vol.18 Vol.19 Vol.20 Vol.21
今年の1月24日に、Vol.16 までを書き込み以来の 淀川長治 映画の世界 名作DVDコレクション・・・、既に、Vol.24 までが刊行・・・。 実は、このシリーズ出版は全部で、40刊の予定・・・、一括予約の手もあったものの、本屋で購入も出来ることから、発刊の度に本屋で購入する方法で手に入れていたものの、住まいのある志木の本屋で入荷しないことが度々、ついには、入荷もなくなり・・・(>_<)。  〜といっているうちに、数刊が手に入れないままに・・・(>_<)。

通販で調べたところ、本屋での販売価格とまったく同額 (一刊/990円)、送料無料で、発注日の翌日配送であることに気がつき、通販 AMAZON を通じて、昨日、未購入分を発注、今日の午前中に受け取ることが出来た・・・(^O^)/。 便利になったものである・・・!!!

因みに、今回添付されていた DVD は、Vol.17 肉体と悪魔、アンナ・クリスティ  Vol.18 ポーリンの冒険、ガリバー旅行記  Vol.19 拳銃無宿、カンサス騎兵隊  Vol.20 会議は踊る、ヴァリエテ  Vol.21 痴人の愛、ならず者 ・・・。 淀川長治の選んだよみがえる名作・・・、それぞれが楽しみであるものの、既に、入手しているものも、観たのは、まだ、僅か数本・・・(>_<)。 暇なようで、暇でなく・・・(>_<)・(^O^)、クラシック映画の素晴らしさを、楽しむ時間がなかなかとれないのが問題・・・(>_<)・(^O^)。    
 (H25.5.16)


このところ、五月晴れが続いてはいるものの、日本列島広く高気圧に覆われ、ここ埼玉も気温がぐんぐん上昇し、春先の涼しさから一転、早くも熱中症に注意を・・・の警告も・・・。 このところ、気象が極端から極端に移行するのが気にもなる。 住まいのベランダから見る空の変化、雲の流れ、雲の湧き上がる様子は、既に、夏場に入ったような気配すら感じるこのところ・・・。      (H25.5.14)


住まい近くの水田に、今年もまた田植えが・・・。 見慣れた田植え機 ( Rice Transplanter ) で整然と幾何学的ラインで苗が植えつけられている・・・。 昔見慣れていた、腰を曲げて一条、一条手植えで植えつけていた田植えとは大違い、便利になったものである・・・。 この水田の所有者と懇意になっていることもあって、この水田から育った米を購入していることから、毎年、成育していく稲の過程に関心を・・・(^O^)。     (H25.5.13)


今朝は、朝から五月晴れ、風も爽やか、気温も穏やか・・・、住まいから見えるさいたま新都心のビル群もくっくきり鮮やかに、手前の荒川の土手の青葉、若葉が目にしみる・・・。 久しぶりに、飛行船が所沢方面から飛来、ゆっくりとビル群の上空を・・・。 すがすがしい季節、風薫る5月の空に、飛行船・・・、なんとなく気も軽く・・・(^O^)。     (H25.5.12)


昨日、所用で北浦和へ・・・。 所用を済ませ、北浦和公園でひとやすみ・・・(^O^)。 この公園、北浦和駅西口から徒歩2分、埼玉大学の移転に伴って、その跡地を公園として整備された場所・・・。 

公園内には、埼玉県美術展覧会、通称、【 県展 】でも知られる、県立近代美術館、彫刻広場、音楽噴水、徒渉池、疎林広場、自由広場、ステージ、楷楓亭、浦和伝統文化館、などがあり、折からの、五月晴れ、五月の薫風、五月の新緑、を楽しみながらベンチでの一服、癒されるひととき・・・!    
 (H25.5.11) 


EPSON PM-G850 EPSON EP302
インクジェットプリンターが寿命?に・・・(>_<)。 2006年に購入した エプソン製PM−G850 、使用期間約7年近く、よくぞ酷使に耐えてくれたかと・・・。 趣味の写真のプリントへの活用が主なものではあったものの、いろいろのまとめごと資料のプリント、等などに重宝・・・。 排インク吸収パットの吸収量が限界、プリンター本体が既に生産終了していることもあって、交換部品の供給も終了・・・。 新品に交換はやむなしかと・・・。 

因みに、EPSON曰く、プリンターの寿命は、約5年、10,000〜20,000ページ だそうで・・・。 プリンター本体の価格は一万円と僅か・・・、純正インク (6色) の価格が約五千円であることを考えると、本体の価格は極めて安い・・・、加えて、最初に使用するインクカートリッジ6色付いての価格がである・・・! 消耗品で利益が出ることになっているのかとは思うものの、極めて安く手に入る・・・。 EPSONのダイレクト通販を通じて購入、昨日、午後に注文し、今日、午前中に配達・・・、極めて迅速な対応に驚きを・・・!    
 (H25.5.8)




モグリ釣り カゴ釣り モグリ釣り
メバルの姿造り シコイワシの煮付 コノシロの薄造り
アナゴ丼 ウミタナゴの潮汁 カサゴの唐揚げ マゴチの刺身
クロダイ寿司 クロダイの刺身 クロダイの茶漬け クロダイのゴボウ添え煮付
シマダイの姿造り サバの味噌煮 サッパ寿司 カレイの煮付
本牧海釣り施設の魚レシピ・・・(2)     今日は、GWの最終日・・・、釣り場は午前7時50分に 【 入場規制 】、駐車場も 【 満車 】・・・(>_<)。 相変わらず、休日、祝日の釣りは大変なようで・・・(>_<)・(^O^)。 休日の最終日、長かったGW休日、のんびり自宅で、パソコン検索、釣り情報ネット散策、などで息抜きされれば如何と・・・。 昨日に続いて、本牧海釣り施設で出会った海の幸のレシピをいくつか・・・(^O^)。

この釣り場での最大のターゲットは黒鯛・・・、ヘチ釣り、フカセ釣り、モグリ釣り、カゴ釣り、など、釣り方はいろいろ・・・。 私のゲットした黒鯛は、ほとんど、この釣り場独特の冬場の 【 カゴ釣り ( 画像上段中央 ) 】 で・・・(^O^)。 道糸に片天秤を直結、金属製のコマセカゴを取り付け、潮の流れを計算し20号以上の錘を付け、置き竿にして、ただ、ひたすら強烈なあたりを待つ・・・といった釣法・・・。 もうひとつ、この釣り場独特の釣り方として、夏場、橋脚あたりにたむろする黒鯛を狙って上半身を桟橋金網の下にもぐり込むようにして釣る釣り方【モグリ釣り ( 画像上段左右 ) 】 もあるものの、その姿勢から頭に血がのぼることもあって、とても私には出来ない釣り方・・・。

黒鯛は、どのように料理しても美味い・・・! 釣りたての黒鯛、刺身は、もちろん、いろいろなレシピで楽しませてもらったもの、昨日貼り付けたパエリアの具材としても楽しめた・・・! スーパーではお目にかかれないウミタナゴ、サッパ、シマダイ、コノシロ、など、この釣り場でしかお目にかかれない魚も、工夫次第で美味しくいただける・・・。 サッパなんざぁ・・・、と釣り捨てて帰るご仁も多いようではあるものの、岡山地方ではママカリと呼ばれる魚、南蛮漬けや寿司の種にも合う・・・! 海からの恵み、大切に食することが釣れてくれた魚への感謝かと・・・(^O^)。 いいですねぇ〜、釣りは・・・!!! GW期間、アクセス件数が増えることを意識しての釣り関連情報でした・・・(^O^)・(^O^)・(^O^)。     
(H25.5.6)


茹で蛸 シコイワシの天ぷら カレイの刺身
アジの刺身 アイナメの姿造り サバの干物 クロダイの潮汁
シコイワシの塩焼き シコイワシのつみれ団子 シコイワシのさんが シコイワシの刺身
クロダイのパエリア スズキの刺身 茹でシャコ サッパの南蛮漬け
本牧海釣り施設の魚レシピ・・・(1)     釣った魚を捌き、食卓にまで用意するのは、私の役目・・・(>_<)・(^O^)。 釣った魚は、食するのが礼儀としていることもあって、これまでに、いろいろの魚を、いろいろなレシピで・・・。 釣った日か、翌日には食することもあって、新鮮さは保証付き・・・(^O^)。   クロダイ、カレイ、アジ、カレイ、スズキ、アイナメ、などの刺身も絶品、この釣り場でよく釣れるシコイワシ、てんぷらにして、揚げたてのホクホクした食感は最高・・・!!! 2回に分けて画像を貼り付けてみようかと・・・。     (H25.5.5) 


お帰りいただいたサメ
お帰りいただいたエイ アナゴ、2尾・・・(^O^) 何かに似ているシャコ
皮はぎ前、包丁を入れたカワハギ タコ、茹で蛸にして酒の肴に・・・ 肝パンパンのカワハギ 太さ、牛乳瓶大のクロアナゴ
サバのラインナップ 側面逆位のマコカレイ (右) 黒鯛にかじられた釣りエサ 美しい斑紋のアイナメ
やはり、GW期間、このHPへのアクセス件数が増えるのは毎年のこと・・・、今年も多くの方からの訪問を受けている・・・(^O^)。 しかし、既に、書き込んでもいる通り、釣り場への疎遠から、釣り情報の更新が、さっぱり・・・。 折角のアクセスに、釣り関連の情報が書き込めていないのは申し訳なく・・・(>_<)。 写真が趣味のひとつ、釣行には、必ず、カメラを携帯・・・、出会った魚の写真は必ずカメラに・・・。 〜ということもあって、アクセスのお礼に、この釣り場で撮った面白そうな画像をいくつか貼り付けてみた・・・(>_<)・(^O^)。     (H25.5.4) 


クロダイ ウミタナゴ シマダイ メバル スズキ・フッコ・セイゴ シロギス
シコイワシ ホウボウ コノシロ シリヤケイカ イシモチ サバ
今日から5月・・・、なんとも、歳の所為か、月日の経つ早さには、今更ながら驚かされる・・・。 日々、無駄のない、充実した、意義のある過ごし方を、これからも過ごしたいもの・・・。 今、問題は、一番の趣味であった海釣りが、住まいから距離ができたことから、いささか、疎遠になっていることだけが、つらいところ・・・。 既に、書き込んだ通り、横浜まで、東上線〜副都心線〜東横線を、乗り換えなしに使えることが出来ることになり、釣り場への足が便利になったのはありがたいものの、このところ、いささかの足腰の年相応の衰えに、昔のように、何の気兼ねもなく、思い立った時の釣行・・・とはいかなくなったのが悔しい・・・。

私のホームグランドであった 【 横浜本牧海釣り施設 】 の
釣果状況 が毎日更新されるのをチェックするのが、楽しみの日課のひとつ・・・! 今年のゴールデンウィークも前半が経過・・・、毎日、画像入りで、その日の釣果が貼り付けられるの観るのが楽しみ・・・。 海釣り施設のHPから、GW前半の釣果のうち、主なものの画像を拝借したものが上の画像・・・。 釣果の匹数はさておき、この釣り場で釣れる代表的な魚が勢ぞろいしているのは嬉しい・・・! 因みに、私の過去の釣行で、上の画像の魚種、後述の魚種、ほとんどすべてとの出会いがあったことを、懐かしく思い出す・・・(^O^)。

上の画像の他に、カレイ、アジ、カサゴ、アイナメ、アナゴ、マゴチ、シャコ、タコ、ボラ、メゴチ、メジナ、シマイサキ、ハゼ、サメ (>_<) ・・・などなど、匹数には多い少ないはあるものの、この時期にしては、魚の種類は多く、十分に海の恵みを堪能できるのでは・・・。 このGW期間の混雑だけは、いささか・・・、ではあるものの、潮風と海の香りを楽しみ、大型旅客船、大型貨物船、など行きかう船舶を眺め、釣りを楽しむことは素晴らしいこと・・・。 GW後半も、天気に恵まれ、自然からの恵みを感謝しながら、日頃のストレス解消に、この釣り場は、格好の場所かと・・・(^O^)/     
 (H25.5.1)