義務感なし、のんびり、気侭、テーマなしの DIARY

さて、いつまで続くか、齢70歳を超え、しかし、気持ちだけは若い、初老?の思いついた、取立ててのテーマもなく、気が向けば、趣味の写真で撮った画像とともに、意図的に主義主張は盛り込まず、その多くは、生活周辺での平々凡々の情景や出来事、など、何行かの書き込み・・・。  毎日、書き込む気もないことから、日記とはいささかおこがましいとはいえ、時間をもて余した際、時間の消化と多少の刺激になればいいかと・・・。 (H19.5.1)





千鳥ヶ淵緑道で満開の桜を楽しんだ後、東京駅の生まれ変わった赤レンガ駅舎を見て帰ろうとの予定ではあるものの、その前に、千鳥ヶ淵の反対側にある靖国神社へも・・・。 靖国神社には、幕末の嘉永6年 (1853) 以降、明治維新、戊辰の役(戦争)、西南の役(戦争)、日清戦争、日露戦争、満洲事変、支那事変、大東亜戦争などの国難に際して、ひたすら 「国安かれ」 の一念のもと、国を守るために尊い生命を捧げられた方々の神霊が斉しくお祀りされています・・・とある。 境内には、約600本の桜があり、折からの桜満開の時期、ウイークデイにもかかわらず、大勢の参詣の人々が・・・。

明治の初めに作られたという全国有数の名園 【 神池庭園 】 に早くも散り始めた桜の花びらが美しく、池面に浮かぶ花びらと悠然と泳ぐ鯉の様に思わずシャッターを・・・。 左の画像は、毎年、気象庁が東京の桜開花を発表する根拠にしている桜 (ソメイヨシノ) の標本木・・・。 因みに、今年の東京の桜の開花日は3月16日であったようで・・・。     
 (H25.3.31)



千鳥ヶ淵緑道・花見・・・(2)     例によって、画像編集ソフト PICASA のスライドショウ機能を活用し、千鳥ヶ淵緑道を散策しながら撮った写真を上に・・・。 東京・都会のど真ん中での花見は初めてかも・・・。 この周辺には、皇居を始めとして、靖国神社、日本武道館、北の丸公園、東京国立近代美術館、神保町古書店街、半蔵門、などが至近距離に・・・。

加えて、東京駅も地下鉄を利用すれば、僅か、5分・・・。 東京駅の丸の内駅舎、通称 【 赤レンガ駅舎 】 、丸ドームをともなった創業時の姿に戻す復元工事が完了して以来、まだ、生まれ変わった赤レンガ駅舎を見ていないことから、桜見物の帰りに立ち寄ってみることに・・・。    
 (H25.3.29)


千鳥ヶ淵緑道・花見・・・(1)     東京のさくらの名所、千代田区・千鳥ヶ淵・・・、毎年、いろいろな場所でのお花見を楽しんではいるものの、やはり、一か所くらいは、今まで行っていない場所での花見を加えたいもの・・・。 千鳥ヶ淵周辺の桜が見頃ともあって、この周辺は、現役時代、仕事で通り過ぎることはあったものの、さくらの季節に、さくらを愛でるため出かけたことはない・・・。 住まいの志木から一時間もかからず、さくら見物のスタート駅、九段下駅に・・・。 千鳥ヶ淵周辺一周、2.6km、約50分、ソメイヨシノやオオシマザクラ、約300本近くが満開・・・! 周辺のさくらとお濠に浮かぶボートが格好の被写体に・・・。     (H25.3.27)


桜、ほぼ満開・・・! 今年の桜の開花は予想外に早く、先週の土日が見頃ではあったものの、桜の名所の混雑は半端ではなさそうなこともあって、土日を避けて、今週早々のお花見を考えていたところ、生憎、今日、月曜日は終日曇天が続きそうで、今日以降の晴れた日を選んで、今年の桜を、楽しんでみようかと考えているところ・・・。

それでも、まずは、それほどの混雑もない、住まいから近く、志木市役所を境にして新河岸川と柳瀬川の合流する地点にほど近い場所にある 【 いろは親水公園 】 の土手の桜は如何に・・・と、昨日の午後、ブラリと散策・・・。 毎年、必ず、桜の時期には、訪れるこの公園、このところ、護岸工事が行われている様子であったことは知っていたものの、実際は、単なる護岸工事ではなく、この公園周辺一帯の 【 水辺再生100プラン 】 という名目の志木市の計画だったそうで、昨年と比べて、公園や桜土手の周りが驚くほど綺麗に整備されていることにはびっくり・・・。 落ち着いた環境で、散策を兼ねて、お花見が楽しめるのはありがたい・・・。       
(H25.3.25)


東横線と東京メトロ副都心線の相互直通運転開始への初利用と彼岸の入りのお墓参りに、3月17日に横浜方面へ・・・については、既に書き込んだ通り・・・。 その帰り路、久しぶりに、元町・中華街へ・・・。 日曜日ともあって、混雑は予想通り・・・。 

このところ、時々利用している、画像編集ソフト 【 PICASA 】 の機能に、いささかの疑問点があって、現在、調べている最中・・・。 〜ということもあって、今回、中華街で撮った写真を、機能確認のためスライドショウに・・・。 PICASAによる写真の管理方法に、まだ完全に理解出来ていないところがあり、依然、模索中・・・。 いずれにせよ、スライドショウへの利用方法は問題はなさそうで・・・(^O^)。     
 (H25.3.21)


3月16日、東横線と東京メトロ副都心線の相互直通運転が開始、これにより、渋谷から副都心線を経由して、東武東上線、西武有楽町線・池袋線までがひとつの路線として結ばれることに・・・。 所用時分の短縮、乗り換えなし、など随分と便利に・・・。 何より、私の駅、東武東上線・志木駅 から、横浜まで、乗り換えなし、というのが有難い・・・! 私の釣りのホームグランド 【 横浜本牧海釣り施設 】 まで、嵩張る釣り道具を気にしないで、乗り換えなしで近づけるのは何より・・・。 移動中の混雑、乗換えの不便さ、重い釣具の持ち運び、などに、億劫さを感じ、海釣りから遠のかざるを得なかった後期高齢者近い私にとっては、これを機に、本牧復帰も・・・!!!

相互直通運転が開始した3月16日の翌日、3月17日は、私にとって節目になる祝い事もあったことから、報告を兼ねて、春彼岸、彼岸の入りの昨日、志木〜横浜間、直通運転を利用して、お墓参りに・・・。 今までの、乗り換え、などの不便さが払拭されたことは有難い・・・。 お墓参りを終え、久しぶりに、元町・中華街を楽しみ、散策後、始発となる 横浜高速みなとみらい線 の元町・中華街駅から、特急川越行きに乗り、みなとみらい線〜東急東横線〜東京メトロ副都心線〜東武東上線の各路線間を、乗り換えなしの小一時間、ひと眠りの間もなく、私の駅・志木駅に到着・・・、便利になったものである・・・(^O^)/。     
 (H25.3.18) 


昨日の強風が治まり、今朝は曇天ではあるものの、午後には天気が回復し、晴れ間も・・・との予報・・・。 久しぶりに白い雲が浮かび、これから、日々、春めいた日が続きそうで・・・(^O^)。 今年の桜の開花は去年より大幅に早まり、13日には九州で既に開花が始まり、関東は3月17日の開花予想・・・(^O^)。 今年は、どこの桜を写真に・・・!     (H25.3.14)


今日、3月13日、ここ埼玉、最大瞬間風速で20メートルを越す強風が吹き荒れ、関東地方南部では列車の運休が相次ぎ、空の便も乱れ、東京・埼玉県境の荒川にかかる笹目橋近くでは、学生の練習するボート8艇が強風にあおられて、転覆しそうになる・・・、など、大荒れの天候に・・・。 住まいのベランダから眺める荒川の土手方面も、いつもの穏やかな日の見晴らし (下段画像) が、一変、砂ぼこりにかすみ、一面、茶褐色に・・・。     (H25.3.13)


寺・観梅・・・(2) 宝憧寺で撮った写真を、さらに何枚か・・・。 上段の画像は、例によって、新しく手に入れた FUJIFILM FINEPIX HS30EXR の 【 ぐるっと360°】 のパノラマ機能、画角120°で左から右へとパンしながら撮った画像・・・。 この時期、境内で目を引くのは、この古木の右には紅梅もあるものの、いささか盛りを過ぎ、訪れる人の多くは200年の樹齢の白梅の古木に感嘆の声を・・・。 

下段左端の画像は、古木の中に入って上を見上げたもの、梅の木に抱かれているような、妙な感覚にも・・・。 この寺院、桜の季節には、しだれ桜でも有名・・・。 12体の菩薩と不動明王 (下段・右端) の上に満開のしだれ桜が垂れ下がる光景は、写真の構図としても面白く、あと、何日か後のしだれ桜の見頃の頃が楽しみ・・・。    
 (H25.3.12)


寺・観梅・・・(1)    またまた、早春の梅の花に関する書き込み・・・(^O^)。 大宮第二公園への観梅後の翌々日の昨日、住まいから、歩いて行ける距離にある、名刹、古節刹というに相応しい、落ち着いた雰囲気を醸す 【 宝 幢 寺 】 の白梅を愛でに・・・。 ほぼ、毎年、訪れてはいるものの、今年は、見頃がかなり遅れたようで、この日が、ほぼ満開・・・(^O^)。  樹齢200年、住まいのある志木市でも良く知られた白梅の巨木も、見事に満開・・・!

例年、この梅の木の幹あたりにもぐりこむと四方から蜜蜂の羽音が唸るように聞こえることを楽しみにしていたものの、今年は、ほとんど蜜蜂の姿をみかけることなく、いささか、拍子抜け・・・(>_<)、なぜなのだろうか・・・? そういえば、いつもは、木の中心部分にもぐりこむと、芳しい梅の香りが漂うのが常であったものの、今年は、梅の香が、いささか、弱く感じ、その所為なのだろうか・・・。 自然界の微妙な変化がもたらした蜜蜂不在・・・。

因みに、境内の説明板に 【 この寺院は、正式には、地王山寶幢寺と称し、江戸期には醍醐三宝院を本山としていたが、明治27年から京都智積院を本山とする新義真言宗智山派となりました〜 】 と・・・、京都育ちの自分には、いささかの親しみを感じたりして・・・(^O^)。     
(H25.3.10)   


大宮第二公園・観梅・・・(3)      この日撮った写真、例によって、写真編集ソフト 【 PICASA 】 を使用してスライドショウに・・・。 以前にも、何度か書き込んだことがあるように、小さな花が集まって花木を構成する被写体をうまく撮り込むのは、なかなか難しく、今まで満足いく写真が撮れたことがない私・・・。 やはり、今回も満足の写真には程遠く・・・(>_<)、〜ではあるものの、何枚かを・・・(^O^)。     (H25.3.9)


大宮第二公園・観梅・・・(2)      この梅林、昭和57年から昭和59年にかけて造成され、大宮公園地区環境保全協議会から県に寄贈されたものだそうで、紅梅150本、白梅350本、枝垂れ梅20本、主な種類としては、紅梅では、八重寒紅梅、鹿児島紅、大盃、紅牡丹、白梅では、冬至梅、野梅、雪月花、白加賀、玉牡丹、枝垂れ梅では、紅枝垂、曙枝垂、宇治の春、白滝枝垂、珍しい梅として、白梅の一種で花の萼片が薄緑色をした緑萼と花弁が退化して雄しべが剥きだしの茶筅梅があります、と案内板に・・・。 紅梅、白梅、枝垂れ梅、それぞれ、見頃が1月〜3月と分かれていることもあって、一度の観梅では、すべての梅の満開、見頃の時期に合わせることはむつかしいものの、今年の気候のお陰なのか、それぞれをそれなりに楽しめたのはラッキ・・・かと(^O^)/。    (H25.3.8)


大宮第二公園・観梅・・・(1)     今年も、早春の梅の香りをもとめる季節に・・・。 横浜に住まっていた頃は、近くの鎌倉で、鎌倉のたたずまいに最も似合う、清楚な梅の花を愛でる毎年ではあったものの、ここ、さいたまへ住まいを移して以来、さすが、花のさいたま、いろいろの梅の名所に恵まれ、越生梅林や森林公園、をはじめ、毎年、年替わりで、違った梅の名所で春の訪れを楽しんでいたものの、今年は、住まいから、小一時間、まだ一度も訪れていなかった 【 大宮第二公園 】 での梅の花を楽しむことに・・・。 45種類、約520本の梅が咲き誇る梅の名所、毎年、梅の開花期には梅まつりが開催され、たくさんの人で賑わうとのこと・・・。 訪れた日は、ウイークデイでもあり、人出もそれほどでもなく、ゆっくりと春の訪れを楽しめた・・・。 

今回は、愛機・キャノン一眼レフEOS50Dの他に、最近購入した FUJIFILM FINEPIX HS30EXR の試し撮りを兼ねて携帯・・・。 因みに、上段の画像は、HS30EXR のスーパマクロ機能で、1cmの至近距離での接写、下段の画像は、【 ぐるっと360°】 のパノラマ機能の画角120°で左から右へパンして撮った画像、合成機能を使用し合成箇所を気にすることなくパノラマ画像が即撮り込めるのは楽しい・・・。 これからは、この HS30EXR の出番が増えそうな気が・・・(^O^)     
(H25.3.7)


一昨日、メル釣友 MR.Nさん から、千葉県銚子・九十九里沖で獲れた スズキ から、国の基準値を越える放射性物質が検出された〜、との情報が・・・(>_<)。 さっそく、【 千葉県銚子沖・スズキ・放射性物質検出 】 の項目を打ちこみ、ネット検索・・・。 既に、かなりの件数の検索結果が・・・! それぞれ、千葉県農林水産部によると、今月14日に銚子・九十九里沖で獲れたスズキから、国の基準値を越える放射線物質、130ベクレルの放射性セシウムが検出され、出荷を自粛・・・の情報に関連した内容が・・・。

このページにも、既に、1月21日と5月14日に書き込んだ、今回の東日本大震災に端を発した 【 福島原発事故 】 に起因する放射能汚染が、刻々と本牧を含む東京湾に迫りつつあり、既に、専門家による、左画像の黄色部分で示された 
2年2か月後の東京湾汚染 への信憑性が裏付けられるような今回の事例・・・。 今月の11日で、震災後2年に・・・、学者・識者の 2年2か月後の東京湾汚染の予想 が正しければ、既に、書き込んだように、今年の 本枚復帰 に水を差されたような今回の、千葉県にまで迫りつつある放射線汚染の現実・・・。 

スズキは小さい魚を食べることから、放射性物質が体内で濃縮された可能性があるとのこと・・・。 因みに、上の画像は、ある日、本牧海釣り施設で釣り上げたスズキ・・・、このような出会いが、素直に喜べない日が、迫りつつあるようには考えたくないものの、、今回の千葉県沖で獲られたスズキの放射線汚染情報には、考えさせられるものが・・・。
(H25.3.2)
2年2か月後の東京湾汚染予想(黄色部分)


今日から3月・・・、朝から春一番の強い風、これから、日一日、春光穏やかな日が続き、梅から桜へと、例年ながら、季節、季節の花々の変化が楽しめるのは嬉しい・・! 四季の変化のある国に在ることに、あらためて、喜びを・・・!!!

住まいのベランダにも、春の花、チューリップが一斉に芽吹き、加えて、昨年末、通販を通じて購入したパンジー、40株、さすがに、知られた園芸店からの保証付きの供給苗、次から次に、色とりどりの大輪の花弁が・・・、まさに、春到来・・・!!!    
 (H25.3.1)