義務感なし、のんびり、気侭、テーマなしの DIARY

さて、いつまで続くか、齢70歳半ば、後期高齢者・・・、しかし、気持ちだけは若い、初老?の思いついた、取立ててのテーマもなく、気が向けば、趣味の写真で撮った画像とともに、意図的に主義主張は盛り込まず、その多くは、生活周辺での平々凡々の情景や出来事、など、何行かの書き込み・・・。  毎日、書き込む気もないことから、日記とはいささかおこがましいとはいえ、時間をもて余した際、時間の消化と多少の刺激になればいいかと・・・。 (H19.5.1)




Vol.22 Vol.23 Vol.24 Vol.25 Vol.26
既に、何度か書き込んでいる、淀川長治・映画の世界・名作DVDコレクション、全40巻、一巻に2枚の古典的名作のDVD、隔週水曜日発売、価格990円・・・、既に、既刊も半ばを過ぎ、後半に・・・。 CG全盛の現代の映画が忘れかけたクラシック映画の素晴らしさ・・・、映画ファンにはこたえられないものが・・・。 既に、手に入れた20数刊に組み入れられた40枚以上のDVDの半分ほどしか、まだ観終わってはいないものの、さすが、選りすぐられた名作ばかり、楽しめる・・・!!! 

今回、上に並べた作品の多くは、無声映画、つまりはサイレント時代に作られた映画、BGMを流しながら字幕でストーリーを楽しむという今からは考えられない映画ではあるものの、それは、それで面白い・・・。 【 散り行く花 】、1919年、サイレント時代のアメリカ映画を象徴するグリフィス監督とリリアン・ギッシュの傑作! 学生時代、京都のどこかの映画館で無声映画特集が企画され、観に行った記憶があり、半世紀ぶりの再会・・・、懐かしい・・・(^O^)/。 まさに、映画ファンならでは共感できるであろう、かなりマニアックな映画が続く・・・(^O^)    
 (H25.6.30)


今年のベランダのミニトマト・・・。 ゴーヤ同様、ネット通販の園芸農園から直送で取り寄せたミニトマトの苗、期待通り、すくすく成長、2メータ近くにまで苗丈が伸び、ついた実の数もそれなりの数ではあったものの、追肥の量の失敗で、見る見るうちに、葉が枯れ始め、つぃた実は、赤いトマト色に熟し始めたものの、ほとんどの葉っぱが枯れ落ち、残った茎に、トマトの実だけがのこるという、いささか、失敗の今年のミニトマト・・・。 教訓・・・、追肥の量はほどほどに・・・(>_<)・(>_<)・(>_<)。 それでも、100個近くのミニトマトは楽しめそうで・・・(^O^)。   (H25.6.28)


住まい近くの稲田、このページの6月8日に貼り付けた画像から、僅か2週間・・・、畝間に見えていた水面も、稲丈に覆われほとんど見えない状態に・・・。 稲丈も30センチを越え、緑の色も一段と濃さを増し、目に鮮やか・・・。     (H25.6.25)


 パソコントラブル・・・(2)     パソコン使用歴、10年以上、そこそこのトラブルは自力で解決してきたものの、初めてのウィールス感染、文科系にとっては自力解決は限界・・・。 とても今回のトラブルは手に負えず、PC修理専門店に解決を依頼・・・、しかし、強力なウィールスであったのか、さすがのプロでも駆除は出来ず、初期化という、一番やって欲しくなかった、購入した時と同じ状態に戻した形でご帰還・・・。

さすがに、初期化された状態でのご帰還にはショック・・・。 ある程度は外付けハードディスクにバックアップは取ってはいたものの、すべてではなく、今まで溜め込んだ資料、データ、画像、など、のデータ救出、復元は、断念も止む無しと覚悟を決めたところ、餅は餅屋・・・なのか、文科系には、信じられないテクニックで、復元作業を開始・・・。 まさに、信じられない復元までに・・・、までは下記に書き込んだ通り・・・。

初期化されたパソコンのご帰還後、プロは約80パーセントの復元を 約2時間 ほどで完了・・・。 主要な部分の復元は完了できたものの、 時間がかかると、費用も発生することから、なんとか自力で元に戻せそうな残り 約20パーセント の部分は、自分で・・・と。 しかし、大きな問題はないであろうと考えての、残りの部分の自力復元ではあったものの、復元完了までに丸一日以上が・・・(>_<)・(^O^)。 

やっと、ちょうど今、ほぼ100パーセントの復元にまで・・・(^O^)/・(^O^)/・(^O^)/  いやぁ〜、疲れた、疲れました・・・(>_<)。 まずは、祝い事には、いつも登場願うことにしている、例の、パンチョくんにお出ましいただき、祝砲を・・・(^O^)/。 それにしても、憎くっきウィールス、パソコンを使い始めて約10数年にして、初めてのウィールス感染、約10日間近くのアレヤコレヤの騒動は、これにて幕に・・・。 ウイールスの怖さと、卓越した技術力を持つ修理技術屋さんの存在、などなど、勉強にもなった、今回のウィールス感染騒動ではありました・・・(>_<)・(^O^)。    
 (H25.6.24)


パソコントラブル・・・(1)     いやぁ〜、参った、参りました・・・(>_<)。 先週末、アメリカから供給されている画像ソフト 【 FLIP ALBUM 】・・・、画像をページに貼り付け、ページをクリックすると、3D形式、立体的にページがめくれるというちょっと面白い ソフト をアメリカから直接、ダウンロードして取り込んだところ、そのソフトに強烈なウィールスが隠れていたようで、ソフトは取り込めたものの、しばらくして、パソコンが完全にフリーズ状態に・・・。

さ〜て、困った・・・、パソコンを使用し始めて、10数年、初めてのウィールス感染か・・・。 完璧にウィールス対策はしていたつもりではあったものの、どのような隙間から侵入したのだろうか・・・。 兎に角、プロに任すしか他に手はなく、PC修理専門店へ連絡・・・。 さっそく訪問してくれた技術屋さんの診断・・・、こりゃ〜、新種ウィールスなのか、なかなかしつこく、会社に持ち帰って時間をかけて駆除対策の検討が必要・・・とのきつ〜い診断・・・(>_<)。

場合によっては、パソコンの初期化 ( 購入した時の状態に戻す・・・ ) が必要になるかも・・・と (>_<)。 結果、3日間の入院?で、昨日、退院・・・(^O^)/。 いささか、【 パソコン命 】 状態の身にとっては、まずは、結果がどうあれ、この迅速な対処に感謝、感謝・・・! 結果、ウィールスの駆除は断念、一番恐れていた初期化の実施に・・・。 バックアップは外付け HD に取り込んでいたこともあって、ある程度の現状復帰は可能かとは思ってはいたものの、今まで、長い間、溜め込んだ資料、データ、などの完全復元は不可能かと覚悟はしていたものの、なんと、今回担当してくれた技術屋さんの抜群のテクニックで、信じられないほどまでの復元が・・・・・・・・・!!!!! 文科系の自分にとっては、考えられない高度なテクニックを駆使し、なんと、ほぼ100パーセント近い復元を・・・!!!

まさに、信じられない復元、一番気になっていた、このホームページの復元も、アップ可能に・・・!!! さっそく、何日か書き込めなかった FREE DIARY の復活・・・!!! このホームページを立ち上げて以来、10年近く、ついに、このホームページとも決別の時が来たかと覚悟はしていたものの、この復活は、素直に嬉しい・・・(^O^)/(^O^)/(^O^)/ 因みに、初期化から、現状復元を可能にしてくれたパソコン修理会社は 【 DEN-DATA 】、パソコン修理・データ救出を専門に、安価・・・、今回の作業、自宅に居たままで、僅か3日で、ほぼ元通りの復元、価格も3万円と僅かで済み・・・、信頼できる店とのつながりが出来たことはありがたい・・・(^O^)/ しかし、何のメリットがあるのか、ウィールスの存在には腹が立つ・・・!      
 (H25.6.22) 


今年のゴーヤ、出来栄えチェックに初収獲・・・! 早くもグリーンカーテンもそれなりに・・・、蔓の長さも2メータを越え、蔓のあちこちに、種類の違ったゴーヤの実がぶらさがりはじめた・・・。 ざっと、数えて、実の付き始めの1センチほどの大きさのものを含めて20個を越えるゴーヤが実り始めた・・・!!! 

実際は、30センチを越える長さまでに育つそうではあるものの、多分、その寸法は、露地植えの場合であって、プランターでの場合は、そこまでは育たないだろうこともあって、あまり待って熟してしまう前に・・・と、まずは試しに、やや、小ぶりではあるものの、初収獲・・・!!!縦半分に切り、スプーンでワタを取り除き、半月切りに・・・。 ボウルに入れて塩で揉み、水で洗い、水気をきり、溶き卵、豚肉、豆腐、を混ぜ炒め、醤油、味醂で味付け、またたく間に、男料理 (^O^)、ゴーヤチャンプルの完成・・・! ゴーヤの食感も、独特の苦みも、OK ・・・、ビールが美味い・・・!!!    
 (H25.6.15)


堀切菖蒲園 (葛飾) ・・・ (3)     いつものように、今回撮った写真をまとめて、画像編集ソフト PICASA を使用してスライドショウに・・・(^O^)。 今回撮った江戸系花菖蒲、それぞれ、似つかわしい名称がつけられており、花と名称を照らし合わせて観賞するのも楽しい・・・。 霧の朝、花物語、加茂川、絵日傘、吉野大夫、御所遊び、江戸錦、江戸小花、浦安の舞、沖津白波、蛇の目傘、などなど・・・。

花菖蒲が咲く期間に合わせ、【 葛飾菖蒲まつり 】 が開催され、周辺地域を大きな会場として、パレードや縁日、歌謡ショウ、バザー、など盛大な催し物が開かれ、町全体が賑やかに彩られる時期でもあり、訪れた日のパレードのなかのひとつ、江戸芸かっぽれの写真もスライドショーに・・・(^O^)。    
 (H25.6.13)


堀切菖蒲園 (葛飾) ・・・ (2)      今まで、いろいろな花菖蒲の名所を訪れたことがあるものの、この葛飾・堀切菖蒲園のように、まとまって江戸系の花菖蒲が観られる名所は少ないのでは・・・。 大別すると、花菖蒲は、江戸花菖蒲 (江戸系)、肥後花菖蒲 (肥後系)、伊勢花菖蒲 (伊勢系) の三系統に分離されるそうであるが、今では、貴重になった江戸系花菖蒲を中心に、江戸時代の有様をしのびながら、観賞できるのはありがたい・・・(^O^)。 因みに、左の画像は、広重の名所江戸百景の64景にある 【 堀切の花しょうぶ 】 、描かれたのは ( 推定 ) 安政4年5月下旬とか・・・。     (H25.6.12)


堀切菖蒲園 (葛飾) ・・・ (1)     6月9日、日曜日、毎日が日曜日の環境にあることもあって、混みあうことが予想される場所には、敢えて、日曜日には行かないことにしてはいるものの、たまたま、所用があって外出・・・。 所用先から、然して、離れていないこともあって、混雑覚悟で、花菖蒲で有名な堀切菖蒲園を訪ねてみた・・・。

堀切の菖蒲園は、江戸名所のひとつとして数えられ、その景観は安藤広重をはじめ、歌川豊国などの錦絵にも描かれている名所・・・。 現在は、周りは住宅に囲まれ、近くには高速道路も・・・。 そんな環境の中ではあるものの、然して広くはない面積約7、700uの園に、200種、6000株の花菖蒲が見頃・・・!!!     
(H25.6.11)


昨日外出、帰路、池袋の東急百貨店の鮮魚売り場でシコイワシを見つけ 【 朝獲れ・・・ピチピチ〜! 】 の売り子の声に惹かれて購入・・・(^O^)。 ひと盛り、僅か283円 ( 帰宅後、数えてみたらキッチリ30匹 ) ・・・ 。 朝獲れ・・・に偽りはなく、左画像にみる澄みきった黒目、鮮度抜群・・・。

このところ、本牧海釣り施設への釣行はご無沙汰ではあるものの、この釣り場で、回遊が始まるとサビキ仕掛けに満艦飾状態で釣れ続けるシコイワシを度々経験していることもあって、久しぶりの新鮮な食材・・・! 頭と内臓を指で取り除き、テンプラに・・・! 揚げたての熱々を食すと、そのホクホク感は、最高・・・!!! ビールが進む・・・(^O^)/。     
 (H25.6.10)


5月13日、5月21日に書き込んだ住まい近くの稲田の様子・・・、5月21日から早くも20日近く、ほぼ同じ写角から撮った今日の稲田の画像を・・・。 僅か、20日ぶりではあるものの、緑の濃さが一段と深まり、ひと株、ひと株の間隔も狭まり、畝間に見えている水面も、次回、撮る頃には、稲丈に覆われているのでは・・・。 稲の成長は早い・・・!      (H25.6.8)


梅雨入り宣言後にもかかわらず、梅雨らしからぬ、雨のほとんど降らない日が続き、既に、本格的な夏のような毎日・・・。 蒸し暑いモヤ〜と霞む中から顔を出す早朝の太陽。 久しぶりに、早朝の太陽を一枚・・・、午前4時半過ぎ、周りの環境が靄っていることもあって太陽からのフレアーの影響もなく、くっきりと輪郭が撮り込めた・・・(^O^)。      (H25.6.7)


6月に入って、各地で鮎の解禁・・・、スーパーでも鮎の姿を目にすることが多くなってきた。 川魚は、そのぬめり感や、何となく泥臭さから、川釣りで釣った魚は、ほとんど食したことはないものの、鮎は別・・・(>_<)・(^O^)。 昨日、天然ものか養殖ものか、定かではないものの、その綺麗な姿に魅入り、酒の肴に購入・・・!

鮎と蕎麦にあれこれと言うようになると、年をとった証拠・・・とも言われているものの、鮎の食し方には一家言を持つこともあって、もちろん、いつもの通り、自分で処理を・・・! ぬめりを十分にとり、串を打って高いところから塩ふりを・・・。 内臓はそのまま、オーブンの火加減を注意しながら焼き加減ベストの状態で食卓へ・・・、香魚とも呼ばれ、初夏の味覚のひとつ、美味い・・・、冷酒がすすむ・・・!!!    
 (H25.6.6)


今年も、グリーンカーテン、ゴーヤの季節に・・・。 ベランダの限られたスペースの一角に、2m x 2m のネットを張って、日除けとゴーヤ収獲を兼ねて、今年は、3種類のゴーヤを4株ずつ、12株を・・・。 昨年、40株のパンジーで成功したことに味を占め、自社農園を持つ園芸通販を介してゴーヤ苗を購入・・・! 

さすが、自社農園から直送の元気な苗・・・、プランターに定植後、一ヶ月も経たない内に、成長・・・、既に、苗丈は2mを越えるほどに・・・。 連日、雄花、雌花の黄色の可愛い花が咲き始め、マンションの上階にもかかわらず、どこからか、蜜蜂が飛来、受粉を助けてくれている・・・(^O^)/。 ゴーヤは雌雄異花、受粉を必要とする植物・・・。 受粉の手助けをしてくれる虫類の飛来は限られていることもあって、虫の飛来がなさそうな時には、人工授粉が必要になる・・・。 

〜といったこともあって、このところ、毎朝、早朝に、雄花と雌花を探して、雄花の花粉を雌花に、ちょんちょんと擦りつけて、授粉のお手伝い・・・(^O^)。 既に、20個近くゴーヤが育ち始めている。 露地植えでなく、プランターという限られたスペースでの育成であることから、スーパーで見かけるほどの大きさにまではならないものの、それでも、毎年、結構、大きなゴーヤを食卓に給することが出来ている。 さて、今年は、何本くらいの収穫となるか、楽しみ・・・(^O^)。    
 (H25.6.5)


第63回埼玉県美術展覧会・県展・・・(3)     写真部門の作品規定は、単写真は、A3ノビ ( 46.5cm x 31cm ) 以上全紙 ( 56cm x 45.7cm ) までとし、展示寸法は 64cmx53cm 以内の木製パネル張り・・・、組み写真はひとつのテーマを一枚の木製パネルにまとめ、展示寸法は、90cmx60cm のみとし、額の使用は不可とする・・・が規定。 出品点数は3点まで・・・。

第60回の初入選後、A3ノビ、全紙、組み写真、などいろいろとサイズを変えて応募したことがあるものの、今回は、第60回の初挑戦、初入選、と同じサイズ 【 A3ノビ 】 で応募・・・で二回目の入選・・・! 一度は、A3ノビ、全紙、組み写真、作品規定の3点すべてで応募したこともあったものの、入選に至らず、3点そろっての落選はいささか・・・ともあって、以来、一点のみでの応募・・・(>_<)・(^O^)。     
(H25.6.3)


第63回県展入選 (迫る雨雲)
第60回県展入選 ( 霧の朝 )
第63回埼玉県美術展覧会・県展・・・(2)     昨日、いささか思わせぶりの書き込みではあったものの、実は、今回、第63回県展に応募した作品に、第60回県展の初入選に次いで、二回目の 【 入 選 】 ・・・(^O^)/。 第61回 と 第62回と落選が続いていたこともあって、第60回の入選が、まったくのフロック (FLUKE)、思わぬ幸運、まぐれ、ヴィギナーズラック かと思い始めていたこともあって、今回の入選は、素直に嬉しいものが・・・(^O^)。

自信のある作品ではなかったものの、参加することに意義あり として応募した作品・・・、住まいのベランダから撮った写真、このところの異常気象によるものなのか、目の前に雨空が広がり、左方向から、激しい雨脚が右方向、東京スカイツリーの見える晴れ間に迫りつつある構図が評価されたのか・・・、いずれにせよ、思いがけない入選に・・・(^O^)/、 例によって、パンチョくんの祝砲を・・・!!!

因みに、この写真の撮影データーは、使用カメラ : キャノン・デジタル一眼レフ・EOS50D、使用レンズ : EF/S18.200mm、シャッター速度 : 1/200、Av(絞り数値) : 8.0、 ISO感度 : 100mm、撮影場所:自宅ベランダから荒川土手方向・・・。     
(H25.6.2)


第63回埼玉県美術展覧会・県展・・・(1)     今年も、埼玉県美術展覧会が開催中・・・。 北浦和にある埼玉県立近代美術館で毎年開催される県内最大の公募美術展・・・、日本画、洋画、彫刻、工芸、書、写真の6部門で、15歳以上、県内在住、在勤、在学を条件に、応募が可能・・・。 通称、【 県 展 】 として、埼玉県民に親しまれ、毎年3万人の美術愛好者が、この美術展を訪れ、4000点を越える応募数に対し、会場の美術館で陳列、展示される入選作品の数は極めて限られており、自治体が主催する公募美術展として、そのレベルの高さから、全国的にみてもトップクラスの美術展・・・!

〜といったこともあり、応募、入選、陳列、展示までに達するには、いささか難関の美術展・・・。 特に、写真部門の入選には、かなりの応募者が公募することから、なかなかの狭き門・・・。 そのような環境にもかかわらず、3年前、第60回の美術展に、埼玉へ住まいを移して以来、初めての挑戦・・・に、なんと、初入選・・・!!! まさに、ヴィギナーズ・ラック・・・!!! ありゃ〜、簡単じゃん・・・(^O^)/ と思って、以来、第61回、第62回と、続けて応募・・・、しかし、そう物事はうまく行かないもの、その後、2回連続で落選・・・(>_<)。 なかなか、審査員の審美感と一致させるのは難しい・・・。 〜そんな、こんな、ではあったものの、参加することに意義ありとして、今年も応募・・・!!! さて、今回の結果は、如何に・・・、後日、報告を書き込むことに・・・。    
 (H25.6.1)