義務感なし、のんびり、気侭、テーマなしの DIARY

さて、いつまで続くか、齢70歳半ば、後期高齢者・・・、しかし、気持ちだけは若い、初老?の思いついた、取立ててのテーマもなく、気が向けば、趣味の写真で撮った画像とともに、意図的に主義主張は盛り込まず、その多くは、生活周辺での平々凡々の情景や出来事、など、何行かの書き込み・・・。  毎日、書き込む気もないことから、日記とはいささかおこがましいとはいえ、時間をもて余した際、時間の消化と多少の刺激になればいいかと・・・。 (H19.5.1)




昨日は、東京の夏の風物詩、隅田川の花火の日・・・。 昨年、住まいのベランダから撮ったのが左の画像、今年も、いい写真をと期待・・・。 しかし、ちょうど花火の開始時刻に近づいた頃、住まいのある埼玉・志木の上空は、一天にわかにかき曇り、真っ黒の雲に覆われ始め、竜巻襲来を思わせる突風が吹き始めたかと思う間もなく、土砂降りと雷が・・・。 今まで明るかった周囲も、真っ暗に・・・。 

ちょうど、花火会場にあたる東京スカイツリーの方向は、左端の画像を撮った時は、まだ、晴れているようではあったものの、僅か、4〜5分でうす暗く・・・。 花火を撮るような状況ではなくなり、今年の花火撮影は断念・・・。

今朝の新聞には、開始間もなく土砂降りの雷雨となり約30分で中止に・・・、とあり、この隅田川花火大会が始まって以来、はじめての中止だそうで・・・。 花火を楽しみに、隅田川両岸に集まった見物客は78万人とのこと、自然現象とはいえ、生憎の天候に・・・(>_<)。     
(H25.7.28)


上の画像は、今朝、午前7時過ぎ、富士山ライブカメラ、三つ峠から眺めた富士山・・・。 左画像は、6月半ばの富士山、僅かに雪が頂上付近に残ってはいたものの、今朝の頂上にはまったく雪は見えず、まさに、夏富士・・・。

今年6月、世界文化遺産に登録された富士山、富士山フェチにとっては朗報・・・。 日本の宝、富士山を世界の宝として、未来に引き継いでいくための活動に、関係者の英知を集めて全力で取り組んでいただくことを願いたいもの・・・。 左の画像は、昨年末近くの冬の富士、美しい山である・・・! 住まいから見える富士山も、今日は朝からの曇り空に姿が見えず、富士山のライブカメラを介して今日の富士山を・・・。  
(H25.7.27)


前回、7月12日に、書き込み、その日の画像を貼り付けた、定点観測?の住まいから一分の稲田の稲の変化、僅か2週間で、御覧のように、稲穂が、既に、重たげに傾き始め、稲丈も1メータ近くに・・・。 稲の生育の早さには驚かされる・・・。 既に、スズメや野鳥から稲を守るネットも稲田全体に張り巡らされている・・・。    (H25.7.26) 
依然、このホームページの書き込みのアップロードが不安定が続く・・・(>_<)。 FFFTPソフトを使ってアップロードを従来通り行っていて、とりあえずは、いつもの通りの手順で、【 ファイル一覧の取得は正常終了しました 】 との表示が現れるものの、実際は、アップされていない・・・。 しかし、しばらく、パソコンを使用せず、何時間か後に、パソコンを起動すると、従来通り、アップが出来ているという状態が続いている・・・。

何か、セキュリティソフト、などが干渉しているようにも思えるものの、まだ、原因は究明されていない状態が続いている・・・、何が原因なのだろうか・・・? 修理業者に頼むとしても小一万の出費になることもあって、だましだまし使ってはいるものの、気持ちのいいものではない・・・、この書き込みのアップも、多分、一回ではすんなりとは行かないことかとはおもうものの、取り立てて、急ぐこともないので、のんびりとアップされることを待つことに・・・(>_<)。


恒例の夏場のプチ家族旅行・・・(4)      今年は、早めの恒例夏場の家族旅行・・・、天候にも恵まれ、猛暑、酷暑ではなく、心地よい夏本来の日に恵まれ、宿の前に広がる海辺の雰囲気を満喫・・・。 ドイツフェチ(^O^)の私への気配りか、東京ドイツ村への立ち寄りも・・・。 広大な敷地に、ドイツ的雰囲気もそれなりに・・・(^O^)。 園内を車で自由に点在する催し場所への移動が出来て、足腰にいささかの高齢者?にとってはありがたい・・・(>_<)・(^O^)。 

点在する子供向けの遊戯施設では、ただただ、孫娘達の元気さに圧倒された夏の日・・・。 広々とした園内では混雑もなく、遊戯施設利用の待ち時間もない・・・という、まさに、ドイツ的環境?の中での数時間・・・(^O^)。 帰り道も、ほとんど渋滞もなく、東京スカイツリーを間近に眺めながら、千葉〜東京を快走、すいすいと住まいのある埼玉へ・・・(^O^)/。 孫娘達は、そのまま、爺様、婆様の住まいで二泊・・・、孫娘達にとっては、満足の夏休みのスタート・・・(^O^)/。      
 (H25.7.25) 


恒例の夏場のプチ家族旅行・・・(3)      旅の楽しみは食事・・・、沈み行く夕日が周囲を茜色に染め、穏やかな波音を聞きながらの夕食は至極のひと時・・・。 このところ、定番になっているバイキング・・・、部屋に運ばれる食事を畏まって頂くより、孫と一緒に、あれやこれやと選びながら食するのも楽しいもの・・・。 今回は、それぞれの惣菜やデザートが、小鉢にこじんまりと選りわけてあったのは、高齢者にはありがたい配慮・・・、宿の気配りに感謝・・・! 満足の夕食・・・!!!     (H25.7.24)      


恒例の夏場のプチ家族旅行・・・(2)      釣り好きを配慮してくれての宿選び、宿から僅か1分、での釣り場・・・(^O^)/・(^O^)/・(^O^)/。  L字型の内側を船停まりに利用する全長100メートルほどの小堤防・・・、朝夕には釣り人もチラホラ・・・。 よく知られた釣り場ではなく、のんびりと楽しめる釣り場・・・。 原則的には、停船側、内側の釣りは禁止、主な釣り場は堤防上から海側への投げ釣りが主流・・・。

約2メートルの高さ、幅1メートル足らずのコンクリート壁を這い上がっての外側への投げ釣りは、70歳半ば、このところ、足元が、最近とみに、心もとないこともあって、残念ながら、あきらめ、L字の先端から、投げ釣りとサビキ釣り、竿2本で・・・。 しかし、投げ方向は、岩場が多いのか、根掛かりの連続、サビキ釣りは回遊魚の影が薄くイマイチ・・・。

かなりの期間、釣行を、ご無沙汰していたこともあって、釣果はいざしらず、釣りの楽しさを思い出させてくれた今回の釣行・・・(^O^)/。 しかし、思い出しはしたものの、釣り糸の結び方を忘れていたのには驚いた・・・(>_<)。 釣れなくても釣りは楽しい・・・、本牧海釣り施設への復帰を、あらためて考え始めた、今回の釣行・・・!!!    
 (H25.7.23) 


恒例の夏場のプチ家族旅行・・・(1)     例年、孫娘達の夏休みを利用して、ここ数年、恒例にしている夏場のプチ家族旅行・・・。 今年はどこに・・・と楽しみにしていたところ、例年通り、息子家族が決めてくれた今回は、千葉県、館山・・・。 埼玉から僅か車で2時間の距離、 宿泊するホテルは、富士山、南アルプス、三浦半島などが一望という、全室オーシャンビュー、天然温泉の宿を足場にしたプチ旅行・・・。  

宿から極めて近くに、プールと海水浴場・・・、嬉しいことに、宿の目の前に、堤防・・・、ちょい投げで魚釣りが楽しめる・・・、海釣り命の身には願ってもない環境が・・・(^O^)/。 この時期、幸い、夏場の台風の発生もなく、このところ続いていた酷暑、猛暑、も一休み、夏休み早々の時期を選んでくれたこともあって、まだ、混雑もほとんどなく、実に良いタイミングでの旅行に、楽しめた・・・(^O^)/。  
 (H25.7.22)  


本格的夏到来・・・!!! 住まいのベランダから眺める抜けるような青空を背景に、湧きあがる積乱雲、夏である・・・! 私は雲が好き、目的もなく、ただ、何も考えず、ぼんやりと雲の動きを眺めているこのひと時が、たまらなく好きである・・・。 見る間に、積乱雲は、姿を変え、別の形に・・・。 好きである、雲の変化と動きが・・・(>_<)・(^O^)。     (H25.7.19)


第49回埼玉写壇展・・・(3)      応募数、約500件、応募規格は全紙、A3ノビ、組写真、四つ切・・・。 授賞式終了後、読売新聞東京本社、読売写真大賞事務局長・横山 聡氏が展示された入選応募作品の主だったものを講評・・・。 この応募展に参加した写真愛好者達が、耳を傾ける・・・。 

さて、応募写真コンテストは、一年に、県展、読売新聞社主催・写壇展、朝日新聞社主催・写真サロン、の三つの応募展に絞って参加していることから、今年は、幸い、県展・入選、写壇展・写壇賞受賞・・・と二つの幸運が・・・。 さて、あとひとつ残る写真サロンの結果や如何に・・・。 写真サロンの開催は8月半ば・・・、これに、何らかの受賞が授与されれば3連勝・・・、さて、如何に・・・。 結果は、8月半ばにご報告できるかと・・・。     
 (H25.7.18)


暗中模索・・・(>_<) 試行錯誤・・・(>_<)
依然、このホームページへのアップロードが不安定・・・。 いつもの通り、簡単にアップロード出来る場合と、何度も手順を繰り返し、やっとアップロード出来る場合とがあり、いささか、不愉快・・・。 使用しているファイル転送ソフト 【 FFFTP 】 は、1997年に曽田純氏が作成、発表された代表的なファイル転送ソフト、無料で提供されていることもあって、私を含め、ホームページを作成されている方々にとって、貴重なソフトかと・・・。 今まで、数年、問題なく使用できていたこともあって、今回のトラブルへのショックは大きい・・・。

インターネット検索で、同じようなトラブルへの解決策が、いろいろと指示されてはいるものの、70歳半ば、文科系・・・(>_<)・(^O^)にとっては、このようなトラブルに出くわすと、いささか難儀・・・。 解決策を、ひとつひとつ試してはいるものの、まだ、以前のように、一回でスパッとアップロードが出来ないのは、悔しい・・・。 まだ、しばらく、暗中模索、試行錯誤が続く・・・(>_<)。 さて、この書き込みは、一回でアップできるかどうか・・・!!!    
 (H25.7.17)


埼玉写壇会長 牧野氏 第49回写壇賞 (CLICK)
読売写真大賞事務局長 横山氏 第46回写壇賞 (CLICK)
第49回埼玉写壇展・・・(2)     嬉しいことに、県展での二回目の入選に次いで、写壇展でも二回目の 【 写壇賞 】 を受賞・・・!!! 今回の応募作品は全紙 ( 54.5cm x 65cm) 、西日が沈む直前の僅かな時間に、湧きあがっていた夏雲に染まるオレンジ色の西日・・・、題名も 【 西日に染まる夏雲 】 と・・・(^O^)。 一回目の写壇賞は、第46回の 【局地豪雨】 ( 中央下段 )・・・、それぞれ、住まいのベランダから撮った写真、居ながらにして格好の被写体との出会いがあるのは有難い・・・。

写壇展の応募作品審査は、読売新聞社、読売写真大賞事務局長・横山 聡氏 と 読売新聞さいたま支局長・福井仁法氏が担当され、作品搬入後、公開審査で行われる・・・。 埼玉写壇会長・牧野氏から表彰状と副賞 (上段・右のクリスタルオーナメント) が授与・・・(^O^)/   県展、写壇展、と続いて、私の作品への評価は、素直に嬉しい・・・! 例によって、パンチョくんからの祝砲アニメーションを左に・・・(^O^)。    
 (H25.7.16) 


第49回埼玉写壇展・・・(1)     先月開催され、私の作品が、2年ぶりに入選した埼玉県美術展覧会・県展に次いで開催された、埼玉写壇・読売新聞の主催による第49回埼玉写壇展、県展同様、埼玉での写真愛好家にとって、評価の高い公募展でもあり、今回は第49回という、第63回の県展に次いで、長い歴史を持つ写真展でもある・・・。 今年も、450人近くが応募・・・(^O^)。 

2年前から、毎年、県展、写壇展、写真サロン、の三つの応募展に限って挑戦・・・、既に、初挑戦から2年が経過・・・、今年、3回目の挑戦、県展での入選に次いで朗報が訪れるかどうか・・・。 3年前から始めた公募写真展への応募、やはり、挑戦するからには、入選、受賞、など、評価を受けると、弾みがつく・・・。 しかし、毎年、これは・・・、と思う作品で応募するものの、なかなか、審査される委員さん達の審美感に一致させるのは難しい・・・。 さて、今年の結果は如何に・・・。    
 (H25.7.15)


ホームページビルダー13 Thinking Cat  (>_<)・(^O^) ホームページビルダー17
既に、購入から5年近く経過のホームページ作成ソフトにトラブル発生・・・(>_<)。 いつもの手順で、更新をと、書き込んだページのアップロードが出来ないというトラブル・・・(>_<)。 既に、【 17 】 が販売されていることもあって、私の使用している 【 13 】 へのサポートは、2011年12月で終了・・・(>_<)。 

あぁでもない、こぅでもないと、暗中模索、試行錯誤の結果、ほぼ丸一日を要したものの、なんとか、やっと、今、アップロードが出来るまでに・・・!!! 70歳半ば、後期高齢者の文科系にとっては、サポートもなく、自力での解決には時間と必要以上に頭を使う・・・、まぁ、ボケ防止には役に立つかとは思うものの、疲れる・・・(>_<)・(^O^)。     
 (H25.7.13)
直ったと喜んだものの、また、他のページで同じようなトラブル・・・、どうも、完全に直っていないようで・・・(>_<)。 更新が、しばらく途絶えても、パソコントラブルによるものと、お気づかいなく・・・(>_<)。


July 12, 2013
May 21, 2013 June 8, 2013 June 25, 2013
ほぼ2週間間隔で、住まい近くの稲田の稲の成育の定点観測 (>_<)・(^O^)・・・。 前に撮った日から、2週間が経過したこともあって、住まいから1分 (^O^)、定点と決めている場所からの画像を上に・・・。 2週間前に比べて大きな変化はないものの、稲の緑がやや黄色く見えるのは、早くも稲穂が出始めていることから・・・。 この稲田から成育した米を、我が家では、買って食していることもあって、これから刈り入れまで、台風など、自然の影響が、米の成育を邪魔しないようにと願う気持ちは人一倍のものが・・・(^O^)。      (H25.7.12)


このところ、35度を超える猛暑・・・、積乱雲が湧き始めたかと思うと、夕方近くには決まったように、またたく間に驚どろ驚どろしい雲にくずれ、見てる間に周囲が暗くなり、あちらこちらで稲妻と雷と落雷、激しい雷雨が日課のようになっている・・・。 去年の夏に撮った積乱雲、雷雲、落雷の画像を貼りつけてみた・・・。

今年も、それぞれ、期待の光景が撮れればと楽しみに・・・。 ほぼ、毎日、落雷が続いているものの、なかなか、撮りこめない・・・。 雷は自然現象、どこで光るか誰にも分からない・・・。 つまりは、狙って良いショットを撮るのはかなり難しい。 既に、三日続いて、夕刻の雷に挑戦してはいるものの、まだ、一枚の成功もない・・・(>_<)。 だからこそ、撮れた時の嬉しさや喜びはひとしおのものが・・・。   今、ちょうど午後4時過ぎ・・・、今日も、秩父方面が曇り始め、雷鳴も・・・(>_<)・(^O^)。      
 (H25.7.10) 


住まいのベランダから撮った画像が続く・・・(>_<)・(^O^)。 昨日の日の出・・・、7月6日に貼り付けた午前4時半頃の画像とほぼ同じ時間帯での画像・・・。 その日、その日の周囲の環境でそれぞれ違った早朝の景色が撮りこめるのは楽しい。 この日は、薄っすらともやった周囲環境、モヤに霞んだ日の出の太陽、しばらくは目視も可能、太陽の輪郭もそれなりに綺麗に写し撮ることが・・・。     (H25.7.9)


昨日、夕刻近く、極めて短時間ではあったものの雨と雷・・・。 雨が上がってしばらく、西日のお陰で虹が・・・。 短時間ではあったものの、主虹 ( しゅこう、しゅにじ )、と副虹 ( ふくこう、ふくにじ ) を揃って観ることが・・・(^O^)/。 因みに、前者は 【 一次の虹 】、後者は 【 二次の虹 】 と呼ばれる自然現象だそうで・・・。

当然のことながら、写真に撮り込もうと、キャノン一眼レフ・EOS50D と FUJIFILM一眼レフ・FINEPIX HS30EXR でベランダから・・・! 全景を取り込むには、虹の位置が近すぎ、EOS50Dでは、端から端までが入りきらず、HS30EXRで、やっと全景を撮りこむことに成功・・・!!! 極めて短時間に消え去る虹ともあって、結構、慌てた数分間・・・(>_<)・(^O^)。 

因みに、撮影データは、Tv ( シャッター速度 ) : 1/900、Av ( 絞り数値 ) : 4.0、ISO感度 : 100 ・・・。 残念ながら、くっきりとまでに鮮明な虹色ではなかったことから、これくらいが精一杯だったようで・・・(>_<)・(^O^)。 副虹まで、ぼんやりではあるものの、なんとか撮りこめたのは嬉しい・・・!!!    
 (H25.7.8)


今日、梅雨明けの発表があった関東甲信越・・・、各地では猛暑日となり、2007年8月16日に記録した40.9度の記録を持つ熊谷のあるここ埼玉も、住まいのある志木市は、それほどではないものの、やはり、夏場の暑さにはきびしいものが・・・。 なんとか、今年の暑さも切り抜けられるようにと・・・。 梅雨空も去り、今朝は、久しぶりの朝焼け・・・、午前4時半に撮った朝焼けの雲が美しい・・・!      (H25.7.6)


横浜本牧海釣り施設を私のホームグランドにしていた頃、釣り場近くにあった 【 横浜の釣りエサとチャーターボートの店 ・ SEAWOLF 】 では釣りエサを始めとして、店長には、釣りに関するアドバイスをもらったり、いろいろとお世話になった・・・。 チャーターボートの船長でもある、SEAWOLFの店長は、釣りのベテラン・・・、上段左画像は、今年の6月半ばの釣果・・・(^O^)/。 相変わらず、元気で活躍の様子・・・! ( 店長さんへ・・・ 許可なく、画像を貼り付けたこともあって、もし、問題あればご一報を・・・! )

上段中央、下段の画像が、SEAWOLF所有のチャーターボート 【 海狼号 】・・・。 竣工間もない頃、招待され、本牧の海を自由自在、船長の抜群の操船テクニックのもと、釣り場を求め、魚の食いのよさそうな場所を探し回る、機動性のある釣法に魅了されたことを思い出す・・・。 齢、70歳半ば、後期高齢者の域にあることから、足腰も、いささか年相応、踏ん張りが利かなくなっている今、気軽にボートでの釣りが出来そうにないのが、いささか、残念・・・!!!

今回、釣り雑誌 【 つり情報 】 の 7月15日号、No.837号 に、【 チャーターボート で楽しむ横浜ナイトゲーム 】 の見出しで、SEAWOLF の懐かしの海狼号での釣りの記事と写真が載っているという情報を入手、さっそく、近くの書店で手に入れた・・・。 雑誌に載った写真と記事が下段左右端の画像がそれ・・・。 埼玉へ住まいを移して以来、本牧の釣りから遠ざかって早くも数年が経過、SEAWOLF、海狼号・・・、懐かしい・・・!!!    
 (H25.7.3)


昨日、午前中に撮った画像と、ほぼ同じ写角で、午後8時過ぎ撮ったものが上の画像・・・。 灯りに浮き上がるさいたま新都心のビル群の夜景も美しい・・・! 因みに、撮影データは、Tv ( シャッター速度 ) : 0.5 sec、 Av ( 絞り数値 ) : 5.6、 ISO感度 : 3200 ・・・。    (H25.7.2)


今日から、7月、早くも、今年の折り返しに・・・。 薄曇りではあるものの、住まいの北側に見えるさいたま新都心のビル群と手前の荒川土手と河川敷を背にして見える緑が目に鮮やか・・・。 散策、ジョギング、自転車で駆ける人、など、行き交う人の姿ものどかな初夏の土手・・・。   (H25.7.1)