義務感なし、のんびり、気侭、テーマなしの DIARY

さて、いつまで続くか、齢70歳を超え、しかし、気持ちだけは若い、初老?の思いついた、取立ててのテーマもなく、気が向けば、趣味の写真で撮った画像とともに、意図的に主義主張は盛り込まず、その多くは、生活周辺での平々凡々の情景や出来事、など、何行かの書き込み・・・。  毎日、書き込む気もないことから、日記とはいささかおこがましいとはいえ、時間をもて余した際、時間の消化と多少の刺激になればいいかと・・・。 (H19.5.1)




低気圧と寒気の影響で、本日朝から関東甲信を中心に雪が強まり、ここ埼玉も朝から昼過ぎまで降雪が続き、あたり一面銀世界に・・・。 今年は、例年と比べると春の訪れが遅く、春の花の開花も、遅れ気味・・・、春告花という別名を持つ梅の花、一輪、二輪とほころび始めてはいるようではあるものの、早春に梅の香をもとめての外出にはいましばらく・・・。 梅一輪、一輪ごとの暖かさを心待しながら、眺める今朝の雪・・・。    (H24.2.29)


2月13日に書き込んだ通り、埼玉に住まいを移して、6 年目にして初めて目にした男体山・・・、以降、それなりに気をつけて、その方向を眺めることが多くなったものの、空気が澄んだ時にしか見られないこともあって、やはり、くっきりと見えることは、まず稀にしか・・・。 しかし、今日は、夕刻、空気が澄んだ僅かな時間に、茜色の夕日を受けて、淡いオレンジ色に染まる男体山と右方向につながる日光連山が姿を・・・。 美しい・・・!!! いつものように、、200mm レンズ使用、焦点距離200mmで撮った画像をトリミング・・・。   (H24.2.26)


海の中にも春が・・・(^O^)/。 このところ横浜本牧海釣り施設で、春告魚と呼ばれるウミタナゴやメバルが釣れ初めており、公式ページの釣果情報にも、釣果匹数が増えている・・・。 上段と下段の中央の画像は公式HPの画像を拝借、下段の両端の画像は私の釣果画像の中からのもの・・・。 

最初に、この釣り場でウミタナゴと出会った時は、春の柔らかい日差しを受けてほんのりと桜色に輝く魚体に、思わず真鯛の幼魚かと思ったほど・・・。 めちゃくちゃ美味しい魚ではないものの、食べ方によっては、そこそこ美味しい魚・・・。 小骨が多い魚ではあるものの、塩焼きや唐揚げ、唐揚げにして甘酢あんかけにしても美味しく食べられ、一度、潮汁にして、結構味わいのある、酒の肴にも・・・。 同じく春告魚と呼ばれる、下段右端のメバル、この魚は、心地よい引き込みが楽しめ、どんな料理方法でも美味しく食べられ、釣れると、さて、どんな食べ方をしようかと、まず考えるほど嬉しい魚・・・。 春到来である・・・!!!    
 (H24.2.24)


H23.2.21 ( 河津桜原木 ) H24.2.21 H23.2.21 H24.2.21
第22回になる伊豆・河津桜まつりが、2月5日~3月10日の期間、今年も開催されている・・・。 昨年、2011年、ちょうど、昨日の2月21日、訪ねていたこともあって、今年は如何・・・、と HP河津桜まつり情報局 をアクセスしてみた・・・。 昨年、訪ねた2月21日は、既に、8分咲から満開に近く、早咲の淡紅色の河津桜を、染井吉野の桜とは、ひと足先に楽しめた・・・。 

しかし、今年は、記録的な寒さの影響からか、例年に比べるとかなり遅れている模様・・・。 まだ、ほとんどが、つぼみか、あるいは一分咲き程度・・・。 昨年は見事な満開を楽しめた河津桜の原木や川沿いの桜も、昨年の様な満開を楽しむには、まだしばらく・・・といったところ・・・。 これからの気温の上昇に伴い、順調に開花が進むとは思われるものの、昨年と比べると、約20日以上の遅れが予想される様子・・・。     
(H24.2.22)


春到来・・・、ここ埼玉、まだ少しは寒さが残るものの、冬ほどの厳しい寒さは遠のき、穏やかな柔らかい春の日差しが朝から・・・(^O^)。 ベランダのプランターのサラダ菜やベビーほうれん草や小松菜が、一斉に食べ頃に成長・・・、プランターに隙間なく緑色の新鮮な若葉が・・・、朝食のサラダ菜には事欠かない・・・。 春が来たとはいいうものの、まだまだ、緑色が乏しい時期、若菜の緑は目に優しい・・・。     (H24.2.20)


ときどき好きな外国映画を・・・(2) 】   2月8日に書き込んだように、VHSテープに撮り込んであった 外国映画 を大整理したこともあって、これを機に、昔懐かしい名作映画や痛快娯楽映画、などを観直す機会が増え、このところ、天気の悪い日や薄ら寒い日、など、気分転換に 一作品・二時間足らず、のんびりと久しぶりの再会を楽しむことも・・・。 生活周辺での平々凡々の情景や出来事、など、撮った写真を貼り付け、短い文章を書き込むことを、この FREEDIARY のひとつの目的とし、義務感なく、のんびり、気侭に・・・ではあるものの、時には、しばらく、書き込む種が切れることも・・・(>_<)。 ~ということもあって、そんな時の穴埋めに、時折、観直したテープの中で、記憶に残る名シーンや見応えのあるシーン、など、例によって、YOUTUBE から拝借した動画を利用させていただき、貼りつけることも・・・(^O^)。

今回は、薄ら寒い今日の天気を払拭するような、理屈抜きで楽しめる痛快傑作西部劇 【 リオブラボー 】 を・・・(^O^)/。 1959年製作、監督は名匠ハワード・ホークス、保安官に扮するジョン・ウエイン、保安官助手のディーン・マーティン、二丁拳銃の若者リッキー・ネルソン、足の不自由な老人を演ずるウォルター・ブレナン、など役者には事欠かない・・・。 相手は10人、こっちは4人・・・の最後の撃ち合いは豪快・痛烈、ディーン・マーティンとリッキー・ネルソンがかけ合いで歌う 【 ライフルと愛馬 】 は何度聞いても嬉しくなる名曲・・・、今日の様なスッキリとしない、外出にはいまいちの日には、持って来いの作品・・・(^O^)。    
 (H24.2.17)


奥さんは早朝から外出ともあって、毎日が日曜日の恵まれた環境ではあるものの、いつにも増して、好きなことを、好きな時に、のんびり、気侭、まったりの一日がスタート・・・(^O^)/。 住まいの南西方向に見える富士山は如何に・・・と。 さすがに、この曇天では、まったく富士山の姿は見えず・・・。 されば、いつもの朝の日課であるパソコンでの検索コースのひとつでもある 【 富士山ライブカメラ  】 を検索・・・。

【 三つ峠 】 のライブカメラからは、中腹から裾野にかけては厚い雲海に覆われてはいるものの、雲海の上には霊峰富士の素晴らしい御姿が・・・(^O^)/。 上の画像は、午前8時を僅かに過ぎた頃のもの、しかし、午前10時半ばに、再度、覗いて視たところ、左の画像のように、富士山頂にも雲がかかり、富士の姿もかすかにしか・・・。 ここ埼玉、今日は一日雨模様に・・・。   
(H24.2.14)


2~3日前、奥さんから変わった方角に富士山のような山が見えますよぉ~、との声が・・・。 取りあえず、何枚かをカメラに・・・。 常時見えている秩父連山のかなり右側に、円錐形の大きな独立峰のような堂々とした山容・・・。 確かに富士山に似てもいる・・・。 撮った写真をもとに、撮った方角の山の存在を地図で確認・・・、結果、栃木県日光にある男体山であることが判明・・・。 パソコンで検索してみると、年に 3~4 回、極めて空気が澄んだ時に、埼玉からも見られることがあると・・・(^O^)/。

埼玉に住まいを移して、6 年目にして初めて目にする男体山・・・、雪に覆われた山容は、高さはないものの、そう言われれば富士山と見間違えてもおかしくはないとも・・・(^O^)。 ~とすると、日光市、中禅寺湖、華厳の滝、戦場ヶ原、などはあの裾野あたりにあるのかと・・・。 望遠レンズ 200mm を使用し、トリミングした画像ではあるものの、これほど鮮明に見えるとは、いささかの驚き・・・(^O^)/。     
(H24.2.13)


一昨日貼りつけた映画 【 カサブランカ 】 の名画面の動画、酒場でのドイツ軍歌・愛国歌 【 ラインの守り 】 とフランス共和国の国歌 【 ラ・マルセイエーズ 】 の歌合戦?は、 【 ラ・マルセイエーズ 】 に軍配が挙がったものの、中途半端に終わったドイツ側には、気の毒なものがあり・・・(>_<)・(>_<)・(>_<)。 映画のシナリオ上での流れであることは、百も承知ではあるものの、【 ラインの守り 】 が完全に聞ききれなかったことには、いささか、消化不良・・・(>_<)・(^O^)。

~というのも、現役を去るまで、資本・技術援助契約を基にして、当時の西ドイツの大手企業との仕事が中心だったこともあって、ドイツへの出張や、ドイツ人スタッフとの親交も多く、ドイツ好きに・・・。 ~ともあって、張り合う気は毛頭ないものの (>_<)・(^O^)、またまた、YOUTUBEから、歌詞付き全曲動画を拝借し、貼りつけることに・・・(^O^)。

参考までに、この曲の第一章の和訳は・・・ 【 雷鳴は轟音を轟かせ、剣は打ち合い大波は立つ、ラインヘラインヘ、ドイツのライン川へ、誰が大河の番人に就くのだろうか、愛する祖国よ穏やかであれ、鉄壁の如く揺るがぬ守り、ラインの守り・・・ 】。 因みに、この曲、京都、同志社大学の カレッジソング としても親しく歌われてもいる・・・。    
(H24.2.10)



ときどき好きな外国映画を・・・(1) 】   久しぶりに、いささか、面倒なまとめごとを・・・。 この FREEDIARY にも、時折書き込んだこともある外国映画、特に、1950年~1960年~1970年 の外国映画にのめり込んだ時期があり、映画館での観賞はもちろんのこと、TVで放映されたこの時期の作品の多くを、今でこそ、DVDやブルーレイの世の中ではあるものの、VHSテープの全盛時代に撮り込んだ作品が、500作品近くに・・・。 一カセットのテープに一作品を撮り込む場合もあれば、 二作品あるいは三作品を撮り込む場合もあったりしたものの、結局、VHSカセットの数が300セット以上にも・・・。

それらが、今回の巨大地震で収納してあった棚からほとんどが落下・・・(>_<)、収拾のつかないまでに・・・(>_<)・(>_<)・(>_<)。 当然のことながら、それなりの整理ラベルは貼ってはあったものの、既に、ウン十年が経過、色あせたりしていたことから、一念発起、VHSデッキ~TVを介してカセットひとつずつ、それぞれの収納作品の確認と、ラベルの貼り換えという大仕事 (>_<)・(^O^) に着手・・・。 既に、VHSカセットも、ほとんど販売されてもおらず、新しい整理用のラベルの購入は無理かと思っていたところ、ネット検索で 【
ラベル屋さん 】 なるラベル専門店を見つけ出し、希望するラベルの入手が実現できることが分かり、がぜん、やる気が起き、かなりの日数が必要にはなったものの、昨日、整理完了・・・(^O^)/。

~といったこともあって、久しぶりに、何度観たか分からない (>_<)・(^O^) ものの、外国映画にのめりこむきっかけとなった 【 カサブランカ 】 をまた・・・(^O^)。 ハイビジョンほどの鮮明さには欠けるものの、BS放送やWOWWOWから録画していたこともあって、それなりに、満足の画質が楽しめる・・・。 

記憶に残る名作には、必ず名場面が・・・。 カサブランカでは、上の動画の場面が、映画史に残る名場面のひとつ・・・(^O^)/。 仏領モロッコのカサブランカで、ハンフリーボガードが扮するリックが経営する店で、ドイツ兵が我がもの顔でドイツの愛国歌 【 ラインの守り 】 を歌っているのに憤慨したポール・ヘンリードが扮する対独レジスタンスの英雄ラズロが、バンドにフランス共和国国歌 【 ラ・マルセイエーズ 】 を演奏させ、店内のすべての客が立ち上がり 【 ラ・マルセイエーズ 】 を歌う名場面・・・。 いいですねぇ~(^O^)/。 500作品以上の撮り込んだ記憶に残るVHSテープ、一日、一本見直すとにしても、一年以上が必要に・・・(>_<)・(^O^)。      
(H24.2.8)


Boeing 747-400 Takeoff Boeing 747-400 Landing
住まいの上空を通過する航空機・・・、朝からの快晴、無風のお陰か、見事な飛行機雲をカメラに収めることが・・・(^O^)/。 これほど長く形がくずれないで撮れた飛行機雲は初めて・・・! 飛行機雲の先端の機体は、高度から考えても、明らかに旅客機のようで・・・、どこに向かうのかは判らないものの、しばし、航跡に魅せられた航空機フェチ・・・(^O^)。

思えば、現役を去り、10年以上、飛行機を利用する機会もほとんどなくなり、海外出張で、離陸に向けて滑走路に向かうジャンボ機の機内で、身体に伝わる離陸に向けてのエンジンの金属的な回転音に何よりの興奮を覚え、左右にゆらゆら揺れる機内、一瞬、離陸準備が整いエンジン全開で滑走路を走りきり、ゆったりと巨体を浮かせ目的地へ向けての離陸の瞬間、見ているうちに箱庭のように小さく見える下界を眺めながら、待ちうけるハードな仕事をひととき忘れ、飛行機を楽しみ、目的地に近づき、着陸に向けて、タイヤが引きだされる音を聞きながら、滑走路に着地・・・、エンジンの逆噴射音を楽しんだあの頃を懐かしく思い出す・・・。 YOUTUBE からボーイング747 の離着陸の動画を拝借、いささか、マニアックな映像ではあるものの、コックピット内部の機器操作、操縦席と管制塔との交信、など、航空機フェチには堪らないものが・・・(^O^)。     
 (H24.2.3)


今日、ここ埼玉は、快晴が続いてはいるものの、冬型の気圧配置の所為で寒気の流れが強く、外は冷たい北風が・・・。 【 富士山ライブカメラ  】 の 富士市内 から見る富士山の画像を上に・・・。 2012.2.2、 12 :41、 気温 -30.0℃、 湿度 74%、 気圧 612.2 hPa ・・・。  崇高な、偉大な、雄壮な、気高い、霊峰、清き、神々しい、神聖な、安定感のある、不動の・・・など、富士を形容する言葉もいろいろ・・・、上に貼りつけた富士の画像には、さて、如何なる形容が相応しいのだろうか・・・。      (H24.2.2)


昨年暮れの、まさに鬼の霍乱・・・、幸い、一過性のトラブルではあったものの、健康の大切さを身にしみて感じもした今年のスタートも、今日から、早くも2月に・・・。  さらに、一層、健康に気をつけて、日々を楽しく過ごせるようにと・・・。 まだまだ、寒い日が続くものの、自然界には、季節に応じた営みが今年もまた・・・。 花の少ないこの時期に、住まい近くの農家の庭で見かける蝋梅・・・、蝋細工のような花びらも美しいものの、周囲に漂う春近しを感じさせてくれる花の香に癒されるものが・・・。      (H24.2.1)