義務感なし、のんびり、気侭、テーマなしの DIARY

さて、いつまで続くか、齢70歳を超え、しかし、気持ちだけは若い、初老?の思いついた、取立ててのテーマもなく、気が向けば、趣味の写真で撮った画像とともに、意図的に主義主張は盛り込まず、その多くは、生活周辺での平々凡々の情景や出来事、など、何行かの書き込み・・・。  毎日、書き込む気もないことから、日記とはいささかおこがましいとはいえ、時間をもて余した際、時間の消化と多少の刺激になればいいかと・・・。 (H19.5.1)





8月25日、書き込んだ30分足らずの東京方向に見られた花火・・・、インターネット検索で、【 夏休み!神宮花火ナイター ・ 300発 〜 (新宿) 】 かと思ってはいたものの、どうもそうではなかったようで・・・(>_<)・(^O^)。 花火の大きさから考えると埼玉県内での打ち上げであったようであったものの、結局、どこからの打ち上げは判らず仕舞い・・・。 

上の画像は、その後撮った実際の 【 夏休み!神宮花火ナイター ・ 300発 〜 (新宿) 】 の花火・・・、この花火、夏の催しとして神宮球場での ヤクルト戦の5回裏 に打ち上げられる花火・・・。 試合中の催しでもあることから、打ち上げ数は約300発、打ち上げ時間も僅か4〜5分・・・。 テレビでヤクルト〜広島戦を観戦しながら、打ち上げのタイミングをチェックし、住まいのベランダから撮った画像の一枚を上に、・・・。 中心に輝く花火の場所は神宮球場、左端に東京タワー、池袋のビルの明かり、新宿のビル群の夜景、など・・・、残り少ない夏の情景・・・、因みに、撮影モードは 【夜景モード】、焦点距離 200mm で・・・。     
(H24.8.31)


住まいのベランダから見る東方向、浦和方面に・・・、午前5時に僅か前、日の出直前、茜色に染まる今朝の朝焼け・・・。 例によって、埼玉県の地上デジタルテレビジョン放送、FMラジオ放送を送信する高さ約173メートルの平野原送信所、を中心にシャッターを・・・。 真夏にはあまり見ることがなかった朝焼け・・・、日中の暑さは一向に収まる気配はみられないものの、季節は、着実に秋に移行しているようで・・・(^O^)。     (H24.8.29)


連日、猛暑が収まらず、例年であれば、ここ関東地方、朝夕には秋を思わす気配を感じるのが常ではあったものの、今年はやはり異常気象なのだろうか、夏の暑さが依然続いたまま・・・。 しかし、昨日の夕刻近く、ベランダから見る東方向には相変わらずの積乱雲が起ちあがってはいるものの、真夏ほどの勢いも収まり、白雲の背後の青空もその青さを増し、時折り、肌を過ぎる涼しい風に、秋到来近しを・・・。     (H24.8.28)


残暑が続く・・・。 今日も朝から、早々、30度越え・・・、午後には35度を越えるそうである・・・。 住まい近くの稲田の稲も、7月末近くは、まだまだ、緑一色であったものが、僅か一ヶ月を経過した今日の稲田は、黄金色に変色、稲穂にはびっしりと新米が実り、豊潤の秋の収穫を期待・・・。 8月末から9月初めに、荒川河川敷の稲田を含め、刈り入れが始まる・・・。 この稲田のお米を、この農家から直接購入していることもあって、今年の新米の味が楽しみ・・・(^O^)。     (H24.8.26) 


一昨日の午後8時きっかりに、住まいのベランダのほぼ中央に、そこそこ大きく見える花火と炸裂音が・・・。 あれっ、どこの花火の打ち上げだろうか・・・、と思いながら、いつもの通り、カメラを取り出し、夜景モードで・・・! 約30分足らずで終了となったものの、どこの花火だったのだろうと、後ほどインターネット検索で調べたところ、どうやら、【 夏休み!神宮花火ナイター ・ 300発 〜 (新宿) 】 らしく、今後も、8月28日、9月2日にも打ち上げ予定とのこと・・(^O^)。 そういえば、画像の左下に東京タワーが写り込んでいる・・・! 
打ち上げ総数が 300発 ともあって、僅か20分足らずで終了・・・。 〜ともあって、花火打ち上げ終了後、いつも気になっていた、ベランダの左側に見える夜景を、このところ、夜の景色の撮影に慣れてきたこともあり、ついでに、カメラに・・・(^O^)。     
(H24.8.25)


Vol.5
The Last time I Saw Paris (Elizabeth Taylor) Cleopatra (Claudette Colbert)
【 週間TVガイド創刊50周年記念企画・淀川長治 映画の世界 名作DVDコレクション 】 隔週水曜日販売、一昨日、8月22日に5刊が発売・・・。 このところ、通販を利用して、AMAZONから購入していたものの、今回は、たまたま、外出をしたこともあって、本屋で購入・・・、即手に入ることもあって、これはこれで・・・(^O^)。 〜といっても、AMAZONからの購入は、同じ値段で、発売の2日後には手に入ることもあって、外出の予定がない時に通販は、重宝する・・・。

今回のタイトルは 【 絶世の美女テイラーと絢爛コルベール 】 とあり添付されたDVDは、【 雨の朝パリに死す 】 と 【 クレオパトラ 】 ・・・。 絶世の美女エリザベス・テイラー・・・、には私も異論はないものの、私的にはモントゴメリー・クリフトと共演した 【 陽のあたる場所 】 の頃のテイラーの美しさが一番かと・・・。 第4刊の 【 或る夜の出来事 】 に出演したこともある クローデット・コルベール は知っては (観ては・・・) はいたものの、この 【クレオパトラ】 の彼女は、私の収録ダイアリーにもないことから、初めての出会い・・・、好きな女優のひとりでもあることから楽しみ・・・、しかし、このところ何かと忙しく、初めての出会いはいつになることか・・・。 因みに、エリザベス・テイラーは昨年、2011.3.23 に79歳で、クローデット・コルベールは1996.7.30に92歳で、それぞれ没・・・。 エリザベス・テイラーを偲んで例によって、YOUTUBEから在りし日のテイラーの ピンナップ?動画を拝借・・・。    
 (H24.8.24) 


今日、23日は処暑・・・、暦の上では暑さも収まるとされてはいるが、何だろう、特に、この2〜3日の厳しい暑さは・・・(>_<)。 今日も焼けつくような厳しい残暑の日差しが続いている・・・。  今年の緑のカーテンは成功・・・、収穫が続いていたゴーヤも一段落、今は、風船カズラや、沖縄すずめうり がそれぞれ可憐な実をつけ、特に、沖縄すずめうり は、少し前まで緑色であった実の色が、ここ数日で見事な朱色に・・・(^O^)。 

試しにと、僅か、ひと株を植えただけではあったものの、さすがに南国の植物・・・、つるの伸びの勢いも強く、一枚、一枚の葉の大きさも十分に大きく、僅かひと株とはいえ、緑のカーテンに貢献・・・(^O^)。 食用ではなく観賞用・・・、このところちょっと勢いの落ち始めたいろいろの緑の葉の合い間に、点々と朱色の丸い円形の可憐な実が実るのを観るのは楽しい・・・。     
(H24.8.23)


住まいから見る光景・・・(4)     一昨夕、8月20日、日没から22時まで、 【 ロンドンオリンピック 2012 】 で健闘した日本代表選手に感謝と祝福の気持ちを表すため、当日、東京・銀座で行われたメダリストパレードに合わせて、東京タワーで、5色のオリンピックカラーでタワーをライトアップするという 【 ダイヤモンドヴェール 】 が実施された・・・。

〜ということもあって、住まいから鉛筆大に、辛うじて見える東京タワーを狙って、300mm望遠レンズを使用して撮ったものが上の画像・・・。 何となく、色の違いは見えることは見えるものの、いささか・・・(>_<)・(^O^)。 実際の点灯の鮮やかさは某新聞社から拝借した左の画像で・・・(^O^)。      
(H24.8.22)


住まいから見る光景・・・(3)     8月18日、この日も、例によっての突発豪雨・・・。 しばらく後に、アーチ状の大きな虹が・・・。 鮮明な7色とはいかなかったものの、たまたま、虹の右端がちょうど東京スカイツリーにかかり、なかなかない珍しいタイミング、何枚かをカメラに・・・。 またたく間に虹は右方向に移動し、虹の鮮明度も薄れ・・・。 もう少し虹の鮮明度が強ければ良かったのにとは思うものの、貴重なショットに・・・(^O^)。     (H24.8.21)


住まいから見る光景・・・(2)     次の一枚は、8月17日の午後5時過ぎの雷光・・・。 この日は、栃木・群馬方向が俄かに暗くなり、雷鳴、稲妻、雷光がしきりに・・・。 雷光の撮り方は、まったく素人・・・、本来なら、三脚や特殊フィルターを使用しての撮影が常套手段であるらしいものの、一眼レフカメラを手に持って雷光が現れそうな方向にカメラを向けて一瞬の僥倖を期待・・・。 しきりに、見事な雷光を目にはするものの、シャッターを押すタイミングがずれ、ほとんど雷光が撮り込めない平坦な画像のみ・・・。 なかなか、雷光をカメラに収めるのは難しいことを実感・・・。

僅かに、一枚、撮り込めた後、撮影は中止・・・、〜というのも、見る見るうちに雷雲が住まい方向に迫り、いままでにはない猛烈な雷雨、稲妻、雷の到来・・・(>_<)。 住まいの至近距離にも数発の落雷、凄い光線と耳をつんざく雷鳴、適度なお湿りと雷くらいなら歓迎ではあるものの、最近、度々発生する、何年かに一度の記録的異常気象には、ご勘弁いただきたい・・・。 現役時代、韓国出張中、小高い丘の上にあった技術研究所への打ち合わせ後、なだらかに続く丘陵を麓の街に向かって戻る最中に、猛烈な豪雨と落雷に見舞われ、まさに、迫撃砲が撃ち込まれる中、被弾を避けようと、自動車で右往左往したような、生きた心地がしなかったことを思い出した・・・、この時も、韓国では記録的豪雨と翌日の新聞に・・・。 懐かしい出来事ではあったものの、二度と体験したくない経験、久しぶりに思いだした・・・(>_<)・(^O^)。      
(H24.8.20)


住まいから見る光景・・・(1)     夏恒例の家族旅行を楽しみ、また普段の生活に・・・。 旅行中、楽しめた一期一会の景色には素晴らしいものがあったものの、帰宅後、日替わりで住まいのベランダから観る景色も捨てたものでなく・・・(^O^)。 まずは、8月16日、午前4時53分の朝焼けを・・・。 日の出直前の東方向の地平線から差し込む朝日の光線に、見る見る内に茜色に映える雲・・・、画像修正を一切適用しない、まさに、見たままの画像・・・。 因みに、正面中央の鉄塔は、埼玉県の地上デジタルテレビジョン放送、及びFMラジオ放送を送信する高さ約173メートルの平野原送信所、ロケットのような形をしているのが特徴・・・。     (H24.8.19) 


シロギス ヒイラギ アジ
夏恒例の家族旅行・・・(4)     ホテルから約10分、焼津港の漁船係留用の護岸に漁船が係留されていない場所を利用してチョイ釣りが出来る・・・。 外洋に面しているテトラポット周辺は大物が狙えるものの、昔のような健脚でもなくなっていることもあって、無難な護岸からのサビキ釣りで、ほぼ一年以上ぶりの海釣りを楽しむ・・・(^O^)/。 おそらく、早朝や夕まぐれの時合いを狙えば結構楽しめるらしいものの、ホテルでの朝食、夕食時間も考えて、今回は、昼間の釣り・・・。

サビキ仕掛けの竿先への当たりは、ヒイラギがほとんど・・・(>_<)、内湾や汽水域多い小魚、釣れ始めると厭になるほどかかり、いささか、釣趣を削がれる・・・。 〜というのは、体表に粘液が多量に分泌され、手に触れるとヌルヌルして面倒・・・、写真用に何匹かは持ち帰ったものの、ほとんどをリリース・・・。 短い時間ではあったものの、魚らしい魚はシロギスと小アジのみ・・・。 クロダイ、スズキ、サバ、カレイ、カサゴ、イシモチ、アイナメ、などなど魚らしい魚を、釣りまくっていたことを考えると、いささかの貧果・・・。 〜ではあったものの、久しぶりの海釣りに、このところ遠ざかっていた本格的な海釣りへの思いが・・・。 今年は、何とか、天気が落ち着く秋口には海釣り復帰・再開を考えようかとも・・・(^O^)。 やはり、釣りは楽しい・・・、特に、海釣りは・・・!!!       
(H24.8.18) 


夏恒例の家族旅行・・・(3)    富士山フェチにとっては、ホテルの部屋から居ながらにして見える 朝、昼、夕 の富士山を眺めながらの息抜きは何にも代えがたい至福のひととき・・・。 当然のことながら、それぞれの時間帯によって、変わった顔を見せてくれる富士山を、ほぼ同じ写角でカメラに・・・。       (H24.8.17)    


夏恒例の家族旅行・・・(2)     目の前に広がる駿河湾・・・、伊豆半島方向からのぼる朝日の光を受けて海面に伸びる金色に輝く一条の光の帯・・・【 左画像 】。 陽が昇るにつれ、光の帯は半円形の光のかたまりに変わり、伊豆半島に沿って朝靄も・・・【 右上下画像 】。 埼玉の住まいのベランダから日常目にする朝の光景とはひと味違う、海と朝日のコラボレーション・・・。      (H24.8.16) 


夏恒例の家族旅行・・・(1)    今年は、静岡・焼津を拠点に、夏の息抜き・・・、東京から西へ193Km、新東名を利用して、然したる渋滞もなく、ホテルへ・・・。 ホテルの部屋から眺める、宿泊の何日か、日々変わった顔を見せてくれる夏富士、富士山フェチにとってはたまらない・・・。 空の青と海の青、前面には伊豆半島が・・・。 ホテル専用のテラス前面からは、駿河湾を一望 (左画像) ・・・。 海面の色が何色かに変わって見えるのも楽しい・・・。

孫娘達は近くの海水浴場やホテル内のプールで水遊びを堪能・・・、爺様は、時には温泉に入り、時には、テラスでのんびり、ビールを楽しみ、時には、結構な被写体になる周りの景色をカメラに・・・。 ホテル近くには、焼津港や焼津新港があり、護岸縁のテトラ周りで釣り師達が大物狙いを楽しむ・・・とのこと。 足腰の弱りつつある高齢者には、いささか危険でもあることから、漁船係留の邪魔にならない安全な場所を見つけて滞在中一度は、一年以上遠ざかっている海釣り、久しぶりに、竿をだしてみようかと、釣り道具を持参・・・。 小アジ、など、小魚の釣りが楽しめるとのこと・・・。     
(H24.8.15)


Vol.4
或る夜の出来事 ( IT HAPPENED ONE NIGHT )
一日だけの淑女 ( LADY FOR A DAY )
【 週間TVガイド創刊50周年記念企画・淀川長治 映画の世界 名作DVDコレクション 】 隔週水曜日販売、購入し始めて早くも4刊目・・・。 今回のタイトルは 【 アカデミー賞に輝くキャプラの名作 】 とあり添付されたDVDは、【 ある夜の出来事 】 と 【 一日だけの淑女 】 ・・・。 【 或る夜の出来事 】 は VHSに録画したものは持ってはいるものの、【 一日だけの淑女 】 は初めて見る作品・・・、楽しみである・・・。

共に、1930年代の作品・・・、名匠フランク・キャプラの作品、その他にもオペラハット、失われた地平線、我が家の楽園、スミス都へ行く、群衆、毒薬と老嬢、素晴らしき哉人生、などアカデミー作品やノミネート作品など・・・、私の好きな監督のひとり・・・。

左の動画は、【 或る夜の出来事 】 のなかの有名なシーン、クラーク・ゲーブル と クローデット・コルベール とのヒッチハイクの場面・・・、いつもの通り、YOUTUBEから拝借・・・。 当時のクラーク・ゲーブルは、30歳前半、名作であればこそ、こういった若い頃の姿形がいつまでも繰り返し観ることができるのは、映画のいいところか・・・と。  
   (H24.8.10)


今日は、暦の上では 【 立秋 】 ・・・、毎日、酷暑、猛暑が続くものの、夕方になると、ベランダを通り過ぎる夕風に、何となく秋の気配が・・・。 ベランダから見る東方向周辺が、今、まさに沈まんとする夕日からの西日を受けて極めて僅かな時間、茜色に・・・。 少し前まで白かった上空の積乱雲も、見事なオレンジ色に映え、一期一会の素晴らしい夕焼けに・・・。     (H24.8.7) 


花火大会・・・(2)    昨日、貼りつけたベランダから撮った埼玉・戸田橋の花火大会の花火の画像は横長にトリミングした画像、今回は貼りつけた画像は、花火の高さと東京スカイツリーのバランスを考えて、トリミングなしの標準サイズ・・・。 左の画像は、先日、書き込み、貼りつけた隅田川花火大会の花火と東京スカイツリー・・・。 住まいから約10kmにある戸田橋からの花火と、約30kmにある隅田川からの花火を、それぞれ、スカイツリーの大きさと比較すると、その距離感が良く判る・・・(^O^)。

8月4日に書き込んだように、長時間露光を考えて、モードダイアルを 【 M・Bulb 】 にセットして、撮り始めていたものの、撮影モードを 【 夜景 】 にして撮ってみたところ、花火も、結構、ブレもなく撮り込め、ライトアップのスカイツリーも、それなりに撮り込めることに気がついた・・・(^O^)/。 因みに、【 撮影モード・夜景 】 でカメラまかせで撮った画像の撮影情報には、【 シャッター速度 : 0.8”、Av (絞り数値) : 5.6、ISO感度 : 400 】 との記録が・・・。 小難しい撮影技法を考えずとも、夜の撮影は 【 撮影モード・夜景 】 を適用することで、それなりの画像が撮り込めるようで・・・(^O^)。     (H24.8.6)


花火大会・・・(1)     夏真っ盛り、夏の風物詩 【 花火大会 】 が各地で・・・! 昨晩、住まいの東南方向で、第29回朝霞市民まつり 【 彩夏祭 】 での約7500発、第59回戸田橋花火大会での約6000発が、ほぼ同じ時間に打ち上げ開始・・・。 ベランダから見る朝霞の花火は、残念なことに、ゴルフ場のネットが邪魔になり、ネット越しの観賞・・・(>_<)、しかし、戸田橋の花火は、まさに住まいのベランダの真正面、東京スカイツリーのある方向の僅かに左側に打ち上げられたことから、スカイツリーを右に、花火を左に・・・と満足の構成での撮り込みに成功・・・(^O^)/。 

住まいのある志木市から、戸田市は約10kmの距離・・・、7月29日に書き込んだ隅田川花火大会が約30kmの距離があったことから、今回の花火はかなり近くに見え、花火大会会場から、さらに、約20km後方に位置するスカイツリーを右端に写り込み、スカイツリーの高さより低い位置に小さく写った隅田川花火大会の花火より、遥かに高い位置で炸裂する迫力ある花火をカメラに・・・(^O^)/。    
 (H24.8.5) 


昨晩の午後8時過ぎ、東京方面がそれなりに空気が澄んでいたこともあって、住まいのベランダから、東京スカイツリーのライトアップをカメラに撮り込みを・・・。 例によって、長時間露光を考え、モードダイアルを 【 M・bulb 】 にセット、シャッター速度を5秒に、レンズのフォーカスモードスイッチを 【 MF 】 にして手動ピント合わせに、ISO感度を3600に・・・。 加えて、今回は、300mmの望遠レンズを使用・・・。 結果、取り込んだものが左の画像・・・。

この画像を、ZOOMBROWSERに入力、トリミングとシャープネス調整を100%に・・・。 加えて、画像調整ソフト PHOTOSHOPELEMENT を使用し、自動スマート補正、自動レベル、自動コントラスト、自動カラー補正、で調整、カラー → カラーバリエーションの 【 暗く 】 を2回クリックして仕上がったのが上の画像・・・。 ホームページに貼りつける容量を考えて、幅600ピクセル、高さ400ピクセルに縮小しているものの、パソコンのフルスクリーンで見ると、結構、綺麗な画像に仕上がった・・・(^O^)。    
 (H24.8.4) 


昨日の午後7時近く、住まいのベランダの東方向に赤色の月が・・・。 そういえば、昨日、8月2日は満月の日、いつもは白く輝く月であるのが普通であるものの、時々、このように赤く輝く月も・・・。 

地平線付近の月は、斜めに大気を通過していく過程で、波長の短い青色は乱反射してしまい、波長の長い赤色が目に届くため赤っぽく見える・・・とのこと。 また、高い高度でも月が赤く見える場合もあり、それは、大気中に不純物 (塵やほこり、霧等) が多い時など、同じくこの塵によって青色が邪魔され赤っぽく見える・・・とも。 この日の月のまわりは、なんとなく霞んでいたことから、後者による環境のため起った現象によるものであるようで・・。 因みに、右の月の画像は、別の満月の日に撮った見慣れた白い月・・・。
    (H24.8.3) 


毎水曜日に出店を開く行商魚売り、このところ、食指が動く魚の種類がなく・・・(>_<)。 オッチャン曰く、夏場はなかなか種類がなくてよぉ〜、生魚は、今日はイワシ、カレイくらいしかないんだよぉ〜、と泣きが入る・・・。 〜ということもあって近くのスーパーの鮮魚ブースで 【 イサキ 】 と目が合い購入・・・。 得意の煮付けで・・・(^O^)。 煮付の汁がそこそこ味良く仕上がったこともあって、イサキの淡泊な白身にほど良くしみ込み、男の料理としてはほぼ満点の出来あがり・・・(^O^)/。

YOUTUBE散策中、【 イサキの煮付け・さばき方 】 なる動画を見つけ、左欄に拝借・・・。 この動画をアップされている管理人さんの動画ブログはなかなか面白く、まだ作品の一部しか拝見してはいないものの、男の料理を趣味とする私には大変参考になる・・・。 因みに、このブログ 【 
筋肉料理人の料理チャンネルーYOUTUBE 】 で検索すればアクセス出来る・・・(^O^)/。   (H24.8.2)


今日から8月・・・、今朝の 【 富士山ライブカメラ 】 からの三ツ峠の富士山の雄姿・・・。 僅かに、一条の雪が残ってはいるものの、夏の富士の姿に・・・。 白雪に覆われた冬の富士も見応えがあるものの、赤褐色の地肌が現われた夏の富士、夏の富士はこの色が似合う・・・。 これからしばらくは、富士山に朝日や夕日がかかると、赤富士に・・・、楽しみである・・・。 因みに、赤く染まる富士を、夏は 赤富士、冬は 紅富士 と表現するという・・・。     (H24.8.1)