義務感なし、のんびり、気侭、テーマなしの DIARY

さて、いつまで続くか、齢70歳を超え、しかし、気持ちだけは若い、初老?の思いついた、取立ててのテーマもなく、気が向けば、趣味の写真で撮った画像とともに、意図的に主義主張は盛り込まず、その多くは、生活周辺での平々凡々の情景や出来事、など、何行かの書き込み・・・。  毎日、書き込む気もないことから、日記とはいささかおこがましいとはいえ、時間をもて余した際、時間の消化と多少の刺激になればいいかと・・・。 (H19.5.1)




先日の 【アラカブ】 との出会いに続き、また、スーパーマーケットで目が合った魚が・・・(^O^)。 上の魚、【 イトヨリ 】 という 顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜科イトヨリダイ科イトヨリダイ属 という、いささか、長ったらしい分類・肩書を持つ魚・・・。 熱帯魚のような色合いではあるものの、極めて鮮やか、加えて、張りのある黒色の目、体側に走る黄色い帯もくっきり、活きの良い証明・・・! 一期一会、さっそく購入・・・!!! 

インターネットで検索してみると、旬は春から初夏・・・、蒸す、汁 (みそ仕立て、塩味)、唐揚げ (甘酢あんかけ、南蛮漬け)、天ぷら、フライ、ムニエル、刺身などで・・・とあるものの、私の故郷、京都に住んでいた頃、煮付にして食べていた記憶があることから、今回もまた 【アラカブ】 同様、煮付に・・・。 癖のない白身に、煮付けの汁がよくからみ、食味極めて良く、懐かしさを感じる味に・・・、美味!!! 因みに、生息域は房総以南の南日本とあるものの、私の釣り歴での出会いは、まだない・・・。 上の画像、腹ひれ、尻ひれが、下腹部に張りついて撮れておらず、それぞれが撮り込めていれば、なかなか、さらに格好の良い魚に撮れたのだが、ちょっと、残念・・・。     
(H24.4.30)   


本牧 ・ シコイワシ〜イシモチ 本牧海釣り施設 大黒 ・ シリヤケイカ 磯子 ・ メジナ
ゴールデンウイーク開幕・・・!!! 横浜の釣り施設 【横浜フィッシング・ピアーズ】 本牧、大黒、磯子、各釣り場、釣り愛好者や家族連れで賑わいを・・・(^O^)/。 このゴールデンウイーク期間、天候に恵まれ、良い釣果を楽しまれることを・・・! 中央の画像は、今日 (4月28日) 、ゴールデンウイーク初日の早朝、開場前の本牧海釣り施設で開場を待つ長い行列・・・。 毎年のことながら、釣り場は、繁華街並の混雑になるかとは思うものの、くれぐれも事故なく、目いっぱい楽しい釣りを満喫されることを・・・!!!

因みに、三つの釣り場では、黒鯛、ススキ、セイゴ、フッコ、メバル、カサゴ、アジ、シロギス、など、いろいろな魚が釣れてはいるものの、本牧では、シコイワシ、イシモチ・・・、大黒では、シリヤケイカ、磯子では、メジナ、などとの出会いが多いようで・・・(^O^)/。 因みに、私のホームグランドは本牧海釣り施設・・・、以前、イシモチの爆釣に出会ったことが・・・、私の記憶では、投げ竿で、一匹釣れた同じ場所に正確に何度も投げ込み、入れ食いに・・・(^O^)/。 しかし、私の横近くの人にはまったく釣れず・・・(>_<)。 イシモチは、同じ場所を、群れで、移動する習性があり、僅かな仕掛けの投げ込み位置が違っても、釣果に大きな差が・・・。 つまりは、それぞれの魚の習性をいち早く把握し、対応することが、釣りが楽しめる基本かと・・・。 楽しい釣りを・・・!!!     
 (H24.4.28)


今日、ちょっと所用があり外出・・・。 現役時代のように外で食事をとることも少なくなっていることから、昼飯に、蕎麦が食べたくなり、蕎麦屋へ・・・。 妙に、蕎麦がき (掻き) が食べたくなり、お品書きにはなかったものの、頼んだら作ってくれることに・・・(^O^)/。 そういえば、蕎麦がきが、お品書きにない店が多いような気がするなぁ〜、なぜだろう・・・。 酒のつまみにすることが多いことからか、蕎麦 (麺) そのものを供する品書きにはのっからないものなのかも・・・、よくは判らない・・・(>_<)・(^O^)。 

しっとりと滑らかな蕎麦がき・・・、ふわっと口内に漂う蕎麦の香り、美味い・・・!当然のことながら、冷酒を・・・(^O^)。 お品書きの一番人気、石川県の蔵元の大吟醸 【 吉田蔵 】を注文、キリッと冷え、コクがあるものの切れが良く、華やかな吟香が鼻をくすぐり、蕎麦によく合う・・・。 さすが、蕎麦屋厳選の酒・・・、満足の昼食・・・!!!   
 (H24.4.27)  


昨日、近くのスーパーマーケットで、久しぶりに、目に張りのある新鮮な魚との出会い・・・(^O^)/。 釣りを趣味として以来、釣りたての 超新鮮な 魚を食することが多かったことから、スーパーマーケットに並んでいる、いささか、お疲れの出始めた魚に、抵抗を感じることがあったものの、このところの、海釣りから足が遠のいていることから、止むを得ず、そこそこの魚で妥協するという我慢の日々・・・(>_<)・(^O^)。 しかし、昨日の上の画像の魚との出会いは、お互いの目があったような気がする、感動?の出会い・・・(^O^)・(^O^)・(^O^)。

パックに貼られた魚の名前は 長崎・五島産 【 アラカブ 】・・・。 あまり、スーパーには並ばない高級魚・・・。 この魚、関東地方では 【カサゴ】 と呼ばれる根魚、何度か釣ったこともあるものの、この大きさのものには出会ったことがない・・・。  左の画像の艶のある黒目に魅入られ購入・・・。 蛇足ではあるものの、私の奥さんは長崎・五島列島の出身・・・。 魚とは、目が黒く澄み、多くは、動いているもの (つまりは、生きているもの・・・) であるのが当然であるという環境で育ったこともあって、都会へ出て来た当初、スーパーに並ぶ、目に張りがなく、動かない、活きもイマイチの魚達に、しばらく、魚が食べられなかったそうで・・・(>_<)・(^O^)。

魚の鱗と内臓をとり、エラブタを開けてエラを取り出し、味がしみ込み易くするため隠し包丁を・・・。 鍋に、水、酒、みりん、砂糖、醤油、生姜の薄切り、ひと煮たちさせ、魚を入れて、アクをとりながら、落し蓋をのせて、煮詰めて完成、満足の絶品に・・・! 因みに、相変わらずの、男の料理、水アメを入れれば、如何に・・・と試してみたところ、上品な甘さの煮付に・・・!!!     
(H24.4.26) 


桜と入れかわるように、このところ、一斉に咲きだした ハナミズキ ( 花水木 ・ アメリカンヤマボウシ ・ Benthamidia florida ・ Flowering dogwood・・・ ) ・・・、以前は、植物園、などで見かけるくらいであったような気がしていたものの、昨今、住まい近くの街路樹や民家、農家の庭先をはじめ、さすが、花のさいたま・・・、至る所で明るく、目をひく・・・。 上段の左右の画像は、近くの老舗の蕎麦屋の入口に、今年も咲き始めた紅白のハナミズキ・・・、なかなかの巨木で迫力満点・・・。 そもそも、このハナミズキ、アメリカ原産であり、高さは5〜12メートルくらいにまでになるそうで・・・。 ハナミズキと言えば、一青窈 (ひととよう) の歌う 【ハナミズキ】 が私のお気に入り・・・、YOU TUBE から動画を拝借・・・、いい歌である・・・(^O^)。     (H24.4.25)


住まい近くの田んぼに、今年もまた、稲作りの準備が・・・。 数日前までは、カラカラの干上がっていた田んぼに水が張られ、あぁ〜、今年も田植えの時期か・・・、と思っていたところ、昨日、トラクターが入り、田起こし作業が開始・・・。 毎年、変わらない米作り・・・、また、数日が経ち、5月に入れば、田植えが始まる・・・。 この農家からのお米を使っていることから、何か月先の、あの新米の味が、今から楽しみに・・・。     (H24.4.23)


相変わらずの雄大な富士の絶景・・・。 毎朝の検索ルートに入っている 【 富士山ライブカメラ 】 の今朝、午前7時48分の 三つ峠 からのライブカメラからの眺望画像・・・。 富士山を中心にして18個所に設置されているライブカメラ・・・、今朝のこの時間帯に富士山が目視できたのは、僅か、この三つ峠からのライブカメラだけ・・・。 他のライブカメラからは、富士山は雲に覆われて姿が見えず・・・。 富士山フェチ・・・、この三つ峠ライブカメラからの富士山の御姿が、一番のお気に入り・・・(^O^)。     (H24.4.21)


上の画像は、昨日の夕方、太陽が西の山裾に傾きかけた僅かの時間帯に現われた薄明光線、通称 【 天使の梯子 】 ・・・。  春は、晴天が長く続かないことを表して 【 春に三日の晴れなし・・・ 】 という言葉があるように、春先の天候は気まぐれ・・・。 今日も一日、ここ埼玉も、朝からどんよりと重たげな雲に覆われ、薄ら寒い気候・・・。 天気予報によると、これから3〜4日、曇りや雨の日が続くらしく、このような夕暮れの光景は、しばらくお預けになりそうで・・・(>_<)。      (H24.4.20) 


春本番の暖かさに誘われて、住まい近く、歩いて5分の距離にある荒川土手へ・・・。 土手一面、菜の花の真っ盛り、一面、黄色に覆われ、青空と白雲、初夏を思わせるそよ風、写真を撮る人、老夫婦がのんびりと散策、自転車で土手を走る人、心地よい午後のひととき・・・。   (H24.4.18)


このところの、春めいた暖かさに、ベランダーのプランターで育てているレタス類の成育の早さが勢いを増し、見る間に摘み頃に・・・。 油断すると、レタス丈が伸び過ぎ、春先の柔らかい若葉の食べごろを過ぎることもあって、毎朝、どんぶりに一杯のサラダ・・・(>_<)・(^O^)。 緑黄色の健康には良さそうな新鮮採りたて・・・、もう少しの間、楽しめそう・・・(^O^)。     (H24.4.17)


お花見・・・(4)   毎年、近所のお宅の玄関先の庭に咲く枝垂れ桜・・・、今年も、また、綺麗に満開に・・・。 染井吉野の白っぽい淡い桜色もいいものではあるものの、枝垂れ桜の濃い桜色のメリハリのある色合いは、いつもながら感心させられるものが・・・。 桜の木の下から見上げると、まさに、花のシャワーを浴びているような気が・・・(^O^)。     (H24.4.14)


お花見・・・(3)   権現堂桜堤の桜と菜の花を満足しての帰り道、東武野田線沿線にある大宮公園の桜が満開ということをネット検索していたこともあって、立ち寄ってみた・・・。 明治18年、氷川神社の境内に誕生した埼玉初の県営公園、総面積67ヘクタールの広大な敷地内に、約1000本の染井吉野など古木が鮮やかに咲き乱れる県内屈指のお花見スポット・・・。 まさに、満開・・・、古木が多いこともあってか、木の丈が高く、覆いかぶさるような桜花に、ただただ圧倒される美しさ・・・。  住まいから、さして遠くない、近距離にある二つの桜の名所で満開の桜を堪能・・・、満ち足りた一日に・・・(^O^)。    (H24.4.13)


お花見・・・(2)   権現堂桜堤の桜は、長さ約1Kmの堤に沿って咲いていることもあって、その全景を一枚の写真に収めることは難しく、昨日貼り付けた写真は、堤のほぼ中央から左側の画像・・・。 今日、上に貼りつけた画像は、同じ位置から右側にパンして撮ったもの・・・。 これら 2枚 で、この堤の全景が撮れたことに・・・(^O^)。

桜は堤の片側だけではなく、堤の左右、つまり、両側に植えられていることもあって、その桜の本数は、優に 1000本 近く・・・(^O^)/。 右枠のサムネイル画像の上段は、堤の歩道を延々と左右から覆う桜の画像、下のサムネイルは、桜と菜の花を楽しむ花見客・・・。

左の画像は、今日 (12日・木曜日) の 幸手市観光協会の桜・菜の花の開花情報を伝えるHP に貼りつけられた画像・・・。 晴天に恵まれ、青空もくっきり・・・、青空の青色、桜のピンク色、菜の花の黄色・・・の見事な三色のグラデーション・・・、撮り込みたかった画像・・・、行く日が 2日早かったようで・・・(>_<)・(^O^)。  
 (H24.4.12)      


お花見・・・(1)   さいたまの桜が、ほぼ満開・・・、彩の国さいたま、花のさいたま、の標語通り、いくつもの桜の名所があるものの、いままで、紫陽花の時期には訪れたことはあるものの、桜の季節に訪れたことがなかった幸手市にある 権現堂桜堤 を、昨日 (10日・火曜日)、絶好のお花見日和ともあって訪れてみた・・・。 

住まいのある志木から、大宮〜春日部〜幸手まで、バス、電車の乗り継ぎで、約1時間と僅かで到着、権現堂堤には美しい水辺と緑豊かな自然に恵まれ、春の 【 桜と菜の花 】 の競演だけではなく、梅雨の季節には紫陽花、初秋には曼珠沙華でも有名な場所・・・。 約1Kmに渡って続く桜並木の淡いピンク色と、周囲に広がる菜の花畑の黄色との グラデーション は素晴らしいものが・・・(^O^)。 もう少し青空が際立っていれば、三色のグラデーションを撮り込めたられたのにと、いささか残念・・・(>_<)・(^O^)。   
 (H24.4.11)   


最近、夕陽のかもしだす光景が素晴らしい・・・。 一日の終わりに、西方向に、周囲を茜色に染めながら沈みいく夕陽、神々しくも感じるひととき・・・。 この日は、空気が比較的に澄んでいたこともあって太陽光が強く、夕陽そのものを撮り込むことはむつかしく、夕陽からのフレアを左隅に、暮れゆく秩父連山の一部を・・・。 暮れなずむ春の夕暮れのひとこま・・・(^O^)。     (H24.4.9)    


ついに、桜満開・・・! 住まいから約10分、柳瀬川と新河岸川との合流部にある親水公園、約100本の染井吉野が見頃を迎え、ほぼ満開・・・。 最近、河川工事が行われており、すっかり綺麗に整備され、日曜ともあって、近在からの花見客で賑わいをみせている・・・。 なかには、鍋とガスコンロを持ちこんで、何やら美味そうな匂いも・・・(^O^)。 春真っ盛り・・・!!!     (H24.4.8) 


昨日、まとめ事にいささか疲れ、気分転換、住まいの周りをひとまわり・・・。 数日前までは、考えられなかった色彩豊かな春の花々が一斉に開花・・・、桜色、桃色、黄色、白、などなど・・・、素晴らしい自然の可憐な美しさ・・・、散歩した距離 僅か3〜400m に見かけた春の花数種、まさに、【 花のさいたま 】 ・・・。 染井吉野の桜花も、まだ3〜4分咲きではあったものの、ここ埼玉の今日の暖かさから、今週末には満開かと・・・、春到来・・・!!!  (H24.4.6)


今朝、早朝の本牧海釣り施設の沖桟橋前に広がる穏やかな海・・・。 昨日の強風も収まり、またいつもの、大型貨物船、漁船、の行き交う、見慣れた景色に・・・。 このところ釣れている魚は、スズキ、フッコ、ウミタナゴ、シコイワシ、クロダイ、カサゴ、メバル、など、豊穣の海からの自然の恵みを求め、今日も、釣り愛好者で釣り桟橋は賑わうことかと・・・。 私は残念ながら、ここ埼玉から、公式ホームページに掲載される釣果状況で満足?することに・・・。 画像は、公式HP掲載画像を拝借・・・。    (H24.4.4)


一昨日は、春の嵐が終日吹き荒れ、大変な一日ではあったものの、夕刻近く、やっと風も弱まり、風のお陰で空気が澄み渡り、以前にも書き込んだことがある、住まいの北西方向に、日頃はあまり見えない山々が、久しぶりに姿を・・・。 上の大きな画像は、栃木県の日光連山と男体山、右のサムネイル画像は、上から、群馬県の赤城山と榛名山とそれぞれの個々のアップ・・・。 200mm望遠レンズを使用しトリミングすると、結構、近くにあるように見えるのは楽しい・・・。     (H24.4.2)


早くも4月に・・・。 今年は、寒さがなかなか抜けきらず、例年であれば、今頃は桜の開花が各所から知らされていたものの、まだ、今年はいまいち・・・。 しかし、このところの春めいた気候に、これから、続々と、各地から開花の便りが届くことかと・・・(^O^)。 昨年は、東北大震災もあって、余震も続き、気持ちが落ちつかず・・・、〜だったのか、桜の写真もほとんど残っておらず・・・(>_<)。 今年は、気分一新、近くの桜の名所でお花見を十分楽しみたいもの・・・(^O^)。 

このところ、久しく気にもしなかった朝日、最近は、日の出の時間も早くなり、つい2〜3日前、たまたま、日の出の時間に目が覚め、春霞みのなかに昇る朝日に、急いでカメラで数枚を・・・! 霞みの後方で太陽の強い光線がさえぎられ、太陽の輪郭がフレアーに邪魔されず、比較的に鮮明に撮り込める・・・(^O^)。 因みに、撮影データは、Tv (シャッター速度) : 1/250、Av (絞り数値) :10.0、ISO感度:400、焦点距離:100mm・・・。  本格的な春の到来、これから、しばらく、今年の春を十分に満喫したいもの・・・と!!!    
(H24.4.1)