義務感なし、のんびり、気侭、テーマなしの DIARY

さて、いつまで続くか、齢70歳を超え、しかし、気持ちだけは若い、初老?の思いついた、取立ててのテーマもなく、気が向けば、趣味の写真で撮った画像とともに、意図的に主義主張は盛り込まず、その多くは、生活周辺での平々凡々の情景や出来事、など、何行かの書き込み・・・。  毎日、書き込む気もないことから、日記とはいささかおこがましいとはいえ、時間をもて余した際、時間の消化と多少の刺激になればいいかと・・・。 (H19.5.1)





今日で4月も終わり・・・、先月3月に発生した巨大地震、発生からひと月以上過ぎるにもかかわらず、この4月も、たびたびの余震、依然、緊張感が抜けなかったひと月・・・。 まだ、今日も余震が続き、当然のことながら、気象庁からも警戒解除の発表もなく・・・(>_<)。 気分一新、明日から迎える5月も、依然、気がかりの日が続く・・・。 我々の制御不可能な自然の営み、逆らわず、ただただ、無難に、鎮静化が一日も早く訪れてくれることを願うのみ・・・。 

近くの新河岸川に、例年の通り、土手から土手へと吊るされた鯉のぼり・・・、今年はすべて新調されたそうで、薫風に泳ぐ姿は美しい・・・。 明日から5月・・・、5月の爽やかな薫風を楽しめる日々であることを願いたいもの・・・。     
(H23.4.30)


ここしばらく、春霞みというか、周辺の景色、富士山はもちろん、東京スカイツリーもほとんど見えないなか、昨日 (4月25日) の夕刻近く、やっと、ぼんやり、東京スカイツリーが姿を・・・。 原画では、中央のような撮れ方にはなるものの、4月9日にも書き込んだ通り、いろいろの画像ソフト機能を使い、それなりに見られる画像に修正したのが、左の画像・・・。

しかし、今回は、ツリーの前を横切る電線がどうにも気になる・・・(>_<)。 志木から東京・墨田区・押上までの間隔に、この4本の電線だけが邪魔をするだけで済んでいるのは不思議なような気がしないではないものの、これが東京スカイツリーの高さによるもなのか・・・? いずれにせよ、いささか邪魔でもあり、見苦しいことから、画像修正ソフト PHOTOSHOP ELEMENT の機能の中、不用な部分を消す 【 修復ブラシツール 】 を使かって削除を試みた画像が右の画像・・・! 邪魔な電線4本が綺麗に削除・・・!!! 背景が単純な一色からの、電線の様な 【 一本の条 】 であることから、綺麗に修復出来たのかも知れないものの、結構利用価値のある画像ソフト・・・!!!     
 (H23.4.26)


このところ夕暮れ時、夕日から差し込む光が印象的・・・。 昨日 (4月24日)、山裾に沈み行く直前の夕日からの柔らかなオレンジ色の光線が、靄った空気に反射し、ちょっと気に入った画像に・・・。 因みに、撮影データは、Tv (シャッター速度) : 1/320、Av (絞り数値) : 5.6、測光方式 : 評価測光、ISO感度 : 125、 ・・・・。 夕日を受けてオレンジ色に反射するさいたま新都心のビル群も、いつもの通り、美しい・・・。     (H23.4.25)


今日は日曜日、久しぶりの快晴、肌に感じる風も爽やか、初夏を思わせる心地よい昼下がり・・・、荒川の土手を散策、広大な河川敷のスポーツ広場で、野球、サッカー、テニス・・・に、若者たちの歓声・・・! 東日本大震災から一か月以上が経過しているにもかかわらず、依然続く身体に感じる余震・・・、依然、深刻な状態が続く原発事故・・・、落ち着かない日々ではあるものの、ひととき、気が休まる光景・・・。     (H23.4.23)


今回の地震騒ぎで、水槽の水がかなり溢れ、集合住宅での水槽を使った魚の飼育には限界を感じ、40年近くの海水魚・熱帯魚飼育を今後断念することにしたことは、4月5日に書き込んだ通り・・・。 生き物との憩いの付き合いがなくなるのは、いささか淋しく、思い立ったオカヤドカリ飼育を実行に移すことに・・・(^O^)。 何より、このオカヤドカリ飼育、水を必要としない事はありがたい・・・。

既に、書き込んだ通り、このオカヤドカリ、昭和45年天然記念物になり、飼育するには、文化庁より捕獲許可を受けた者により捕獲された規定数 (重量?) のオカヤドカリのみが、指定業者により販売されるという、いささかの稀少生物・・・。 昔は、夜店で金盥に入れて売られているオカヤドカリや、釣りの餌にもなっていたことを知ってもいることから、いつのまにやら貴重な存在に・・・(>_<)・(^O^)。

このヤドカリ、夏場にやっと入手出来るのが通常らしいものの、その気になってネットで調べていた販売店から、今年の最初の入荷があったとの連絡が入り、さっそく入手・・・(^O^)/。  取りあえずは、Lサイズを 2匹、Mサイズを 3匹、Sサイズを 5匹を手に入れ、中央の画像の、熱帯魚の水槽を転用したオカヤドカリの住み家へ・・・。 取りあえずは、初めての経験、昼間は、砂に潜りほとんど動きなく、夜間に動き出す習性・・・、この中央の写真を撮った時、購入したオカヤドカリは、ほとんど砂の中・・・(>_<)。 因みに、中央の貝殻は、住み替え用の空の貝殻・・・。 愛嬌のある顔と動作には、癒されるものの、さて、何事にも凝り性な性格ではあるものの、このヤドカリ飼育、長続きして楽しめるかどうか・・・。 いずれにしても、水なしで飼育できるのがありがたい・・・。    
 (H23.4.23)


今日 (4月19日) は、朝から、大気の状況が不安定・・・、朝から、ほぼ終日、厚い雲に覆われ、時折、雨模様にも・・・。 しかし、夕暮れの短いひととき、厚い雲間から夕日が差しこみ、周りの景色が、一瞬、見事に茜色に彩られ、東方向には虹も・・・。     (H23.4.19)


我が家のベランダのプランターから、このところ、春先の新鮮なスナックエンドウや小松菜、などが、時々、食卓に・・・。 プランターでの趣味の園芸でもあることから、極めてささやかな収獲量 (>_<)・(^O^) ではあるものの、スーパーで購入してくるものより、春の香り、食感、など、ひと味違うようにも・・・(^O^)。 近くの園芸店から、ナス、キュウリ、トマト、ピーマン、オクラ、ゴーヤ、シシトウ、など、野菜の苗販売のチラシ・・・、さて、この後は、何で楽しもうか・・・と。     (H23.4.18)


本日 (4月17日)、住まいの広場の一角で、管理組合主催の防災訓練・・・、既に、一年の行事のひとつとして毎年計画されている行事ではあるものの、予想もしなかった今回の東日本大震災もあって、いつもはそれほどの人の集まりはなかったこの行事にも、かなりの参加者が・・・(^O^)。 中規模のコミュニティーではあるものの、住民それぞれが防災に関して関心を持つことは結構なことかと・・・。 毎年、この行事には、志木市消防署からの後援もあり、今年は消防隊員10名近く、梯子車を含む消防車複数台が参加・・・、老人、子供を含め、防災の基本、実地訓練、など・・・。 依然、続く余震、など、消防隊員への質問に、それぞれ役に立つアドバイスが・・・。     (H23.4.17)


依然、余震が続き、地震情報をいち早く把握するために、家に居る時は、机に向かっていても、テレビかラジオをつけっぱなしに・・・。 いささか、そのような生活パターンにも飽きが出始め、気分転換にと、カメラを携えて近くの土手、近くの新河岸川の土手の桜を・・・(^O^)。 何かと、気分的に落ち着かない日々ではあるものの、間違いなく季節は春に・・・、土手に群生する土筆、穏やかに流れる新河岸川沿いに、川面に垂れ下がる満開の桜・・・。 一日も早く、普段の通りに、自然を楽しめる、気持ちにゆとりがもどる日が近いことを願うこの頃・・・!    (H23.4.14)


毎年楽しませていただく、近くの民家の入口にある枝垂れ桜・・・、例年より、少し遅れ気味ではあるものの、今年も・・・。 まだかなり蕾も多く、満開とまではいかないものの、この時期の桜の色合いがベストかと・・・。 昨年は、枝垂れ桜に的をしぼっての桜行脚?、今年は、それほど遠くもないところにある桜の時期には訪れたことのなかった幸手市にある権現堂桜堤、菜の花とのコンビネーションが美しいともあって、今日にでも行ってみようかと思っていたところ、昨日から今朝にかけて、依然、続く余震に落ち着かず断念・・・、今年は、住まい周辺の桜で満足することに・・・。     (H23.4.12)


やっと、ここ埼玉も桜が満開・・・。 埼玉には、ヘラ鮒釣りのメッカとも言われているびん沼川があり、海なし埼玉での釣り愛好者にとって垂涎の場所であるということは知ってはいたものの、海釣り命 でもある私にとっては、釣りではなく、桜の季節に土手に咲き誇る染井桜を背にヘラ鮒狙いの釣り師の写真が絵になるのでは・・・、と。 昨年、未だ、土地勘イマイチのところ、ネットで調べ、電車、バス、を乗り継いで、写真を撮りに・・・。 昨年の 4月7日、この FREE DIARY に書き込み、PHOTO SLIDES にも撮った写真をスライドに・・・。

しかし、今年、住まい近くの荒川の土手が整備され、住まいから自転車で新しい土手を自転車で約15分で、ヘラ鮒釣りのベストポジション 【 砂塚橋 】 へ簡単に行けることが判り、昨日 (4月10日) 行ってみた・・・ ( 因みに、昨年行ったのは、この上流の 【 船渡橋 】 )。 ヘラ鮒釣り場としては、この 【 砂塚橋 】 辺りがベストらしく、桜満開、日曜日ともあって、橋を跨いで、上流、下流の両岸に釣り師、何と 100人 近く・・・。 荒川の土手の整備があったとはいえ、こんなに簡単に行きつけるとは驚き・・・。 

因みに、この釣り場は、住まい近くにある羽根倉橋から、荒川の上流に向かって左側の新しく整備された土手を自転車で約10分、南畑排水機場 ( 洪水時に新河岸川流域の内水をびん沼調整池へと導水し、ポンプによって荒川に強制排水する排水機場 ・ 上画像の右隅 ) の左にある・・・。  例によって、撮った写真を
PHOTO SLIDES に・・・(^O^)。    (H23.4.11)


東京スカイツリー、地震騒ぎ以来、すっきり澄みきった日がなく、ほとんど毎日、右の画像のように、春先独特の霞み越しにぼんやりと見えるのが精一杯・・・(>_<)。 右の画像は、4月4日に撮ったものではあるものの、いろいろな画像修正機能をフル使用して、左画像までに・・・(^O^)。

因みに、適用した画像修正ソフトは・・・、キャノン・ZOOM BROZER・EX・・・編集機能 ( 自動補正・色と明るさの調整・シャープネス・トリミング )、ADOBE PHOTOSHOP ELEMENT7・・・編集機能・画質調整 ( 自動スマート補正・レベル補正・自動コントラスト・カラー補正・カラーバリエーション )、加えて、このホームページビルダー13 の画像効果・特殊効果 ) をフル活用・・・。 

ぼんやりとしか撮れていない右の画像が、取りあえずは、左の画像のように、それなりに見られる画像にまで修正出来る画像修正ソフトには感心しきり・・・。 因みに、この東京スカイツリー、3月18日、完成時の高さ634mに・・・、上の画像は、4月4日に撮ったものであることから、これが完成の高さ・・・。 今回の地震で、東京タワー ( 333m ) のタワー頂上部のアンテナが上から数メートルの部分が曲がったものの、東京スカイツリーは問題がなかったとのこと・・・。     
 (H23.4.9)


やはり春は桜・・・、住まい前の桜並木、まだ5分咲きではあるものの、あと何日かで満開に・・・。 先ずは、見頃の部分を選んでカメラに・・・。 去年は、枝垂れ桜に的をしぼった満足のカメラ行脚?ではあったものの、今年は、東日本大震災や、依然、収まらない余震、などもあって、何となく、今年の桜撮影は気が盛り上がらず・・・、〜ということもあって、今年は出来るだけ近場の桜で我慢しようかと・・・。     (H23.4.8)


昨日(4月6日) の午前5時25分の日の出の画像・・・。 今回の巨大地震発生以来、何となく、日の出の写真を撮る気にもならず、〜というか、気分的な余裕もなかったことから、久しぶりに見る日の出とその撮影・・・。 ひと月近くのブランクではあったものの、日の出の位置が右から左に、かなりの距離の移動・・・。

ここ埼玉へ住まいを移し、以来、5年近く、ベランダから見る日の出、何度か今までにも書き込んだことがあるように、日々、その位置が変わるのに、最初は驚かされた・・・。 結局、この場所からは、一年間に、川口市方面とさいたま市の 約10Km を往ったり来たりしていることになる・・・。 毎年、繰り返される自然の輪廻でもあり、神秘な現象でも・・・。 毎年、変わりなく同じ現象を繰り返しす自然もあれば、突然に、まさに、前触れなしに発生する、今回の巨大地震のような現象・・・、自然との付き合いもいろいろ・・・。   
(H23.4.7) 


私の熱帯魚飼育、海水魚飼育、の履歴は長く、かれこれ40年近く・・・(>_<)・(^O^)。 今まで飼育した種類は数知れず、熱帯魚・海水魚飼育には一家言を持つと自負・・・(^O^)/。 約5年前、埼玉へ住まいを移したことを期に、そろそろ熱帯魚・海水魚から卒業をしようかと思っていたところ、住まいの近くに埼玉でも有数の熱帯魚・海水魚専門店があり、またまた飼育を継続することに・・・。

しかし、今回の巨大地震の揺れに、飼育水槽の水が溢れ、大事には至らなかったものの、マンション住まいでの飼育に限界を感じ、今回は、さっぱりと飼育継続を断念することに・・・。 しかし、生き物飼育、特に、水の中の生物飼育が楽しみでもあったことから、何か、他にないものかと・・・。 そんな時、インターネット検索で、【 オカヤドカリ 】 との出会い・・・(^O^)/。 

オカヤドカリとは、その名の通り、陸上で生活するヤドカリ、昭和45年に天然記念物の指定を受けてはいるものの、毎年、文化庁から許可の出る時期と量を限定しながら、採取と飼育が認められているという生体であり、限られた販売店で入手が可能・・・。 身近に、家庭環境の中でも飼育が可能であり、冬場の温度と湿度さえ管理すれば、神秘的な、そしてユーモラスのある行動が楽しめるとのことで、これから、いろいろと勉強をして飼育に挑戦するつもり・・・。 何より、水を必要としないのが有難い・・・。   
 (H23.4.5) 


H22.3.31 新宿御苑 H22.4.3 新河岸川 H22.4.6 びん沼川 H22.4.8 平林寺 H22.4.8 立教大・新座
昨年の桜の花見時期には、どんな所で桜を楽しんだのだったかなぁ〜と、昨年の花見時期の FREEDIARY への書き込みを見直してみた・・・。 昨年は、結構、いろいろの場所で桜を楽しんでいたようで・・・(^O^)。 上記の他にも 宝憧寺(志木)、黒目川(朝霞)、六義園、などでも・・・。 今年は、いささか薄ら寒い気候が、なかなか抜けず、かなり満開の時期が遅れているようで、上記の画像の花見の時期と比べると、一週間ほど遅れているような気が・・・。 東日本大震災もあって、今年は、あまりお花見の気分にもならないものの、気分転換、満開見頃になれば、近くの桜を写真にと・・・。      (H23.4.4)


横浜には、市民の憩いの場所でもある釣り施設が三ヶ所ある・・・。 ひとつは、私のホームグランドである ( このところ、釣行激減でもあることから、ホームグランドであった・・・、の方が正しいかもしれないものの・・・(>_<)・(^O^) ) 本牧海つり施設、加えて、大黒海つり施設、磯子海つり施設・・・の三ヶ所である。 それぞれの施設が、それぞれ独立したホームページを独自に管理していたものの、この4月を期して、 【 横浜フィッシング ピアーズ 】 を表題として、これら三つの施設をひとつにまとめたホームページが立ち上がった・・・。 まだ、立ち上がったばかりで、内容的にはイマイチではあるものの、今風のスッキリしたレイアウトでもあり、追々、充実されていくことを期待したい・・・。      (H23.4.2)


東北関東大地震が発生した 3月 から、今日から月替わりの 4月 に・・・。 この新しい 4月 を期に、この巨大地震から受けたダメージからの立ち直り、復興に向けて、弾みがでることを願いたいもの・・・。 

この FREE DIARY の 2月1日 に書き込んだことがある、昨年の第60回埼玉県美術展覧会 【 県展 】 で、日本画、洋画、彫刻、工芸、書、
写真 の6部門において 志木市在住者 の、入選した作品をまとめて 【 志木市・県展入選作品展 】 として3月下旬に、一括特別展示が予定されていて、左欄のような ポスター や 招待葉書 まで準備されていたものの、今回の巨大地震発生で、それどころではなくなり、急遽、中止に・・・。 県展入選、志木市市制施行40周年式典での 【 文化功労・感謝状 】 に次いで、入選作品 【 霧の朝 】 に、3度目の晴れやかな舞台が・・・、と思っていたものの作品展開催中止に、ちょっと残念・・・。      (H23.4.1)