義務感なし、のんびり、気侭、テーマなしの、DIARY

さて、いつまで続くか、齢70歳、しかし、気持ちだけは若い、初老?の思いついた、取立ててのテーマもな く、気が向けば、趣味の写真で撮った画像とともに、意図的に主義主張は盛り込まず、その多くは、生活周辺での平々凡々の情景や出来事、などと、何行かの書き込み・・・。 毎日、書き込む気もないことから、日記とはいささかおこがましいとはいえ、時間をもて余した際、時間の消化と多少の刺激 になればいいかと・・・。 (H19.5.1)

平成20年、2008年、早いもので、残すところ今日一日に・・・。 一年が経つのがますます早く感じるのは、歳のせいなのだろうか・・・、とにかく、月日が経つのが早い・・・。 今年も、相変らずの趣味三昧・・・、一日が長いと感じることがないのは幸せ・・・、一日家にいる時でも、テレビ、などほとんど見ることもなく、何かしらいろいろと・・・(^o^)。 来年も同じペースで、好きなことを、好きな時に、のんびり、気侭な、日々を過ごすことが出来れば・・・と。

今年もいろいろの写真を楽しんだものの、特に、早朝の日の出、夕暮れ近くの落日は、太陽フェチの私にとっては、格好の被写体でもある反面、撮影テクニックには、奥の深いものがあり、思うよう に会心の写真が撮れないものの、それはそれ、それなりに楽しんで挑戦・・・。 いつの日か、満足の画像を・・・! 今年の締めくくりに、何枚かの画像を貼りつけることに・・・。    (H20.12.31)

年の末にあたり、このHPへアクセスいただいた方々に、あらためて、心からの感謝とお礼を・・・。 

良いお年をお迎えください。 来年もよろしく・・・!!!

 
   
今年の花の総括?に次いで、既に、似たようなことを書き込んではいるものの、このHPが釣りをメインとしていることもあって、取りあえずは、今年の釣りのまと めも…(^o^)。 

ホームグランド 【横浜本牧海釣り施設】 への釣行回数、僅かに10回、京浜運河へのハゼ釣り4回、つい最近見つけた極めて近場の釣り掘へ3回、釣り好きの身にとっては、いささか寂しい釣行回数・・・。 特に、このHPが釣り情報を主に立ち上げたものであることから、アクセスいただく釣り愛好者の方々には、釣り関連の更新が少なく、いささか申し訳なく 思うものの、齢70歳、来年も、健康に十分気をつけ、趣味の釣りを続けたいもの・・・。 あの、突然、竿先を強烈にしならせる瞬間の快感は、釣り好きでないと判らないものかと・・・。 いいですねぇ〜、釣りは・・・(^o^)。

釣行回数は少なかったものの、本牧での海釣りでは、コノシロ、カレイ、クロダイ、シコイワシ、カツオ、サバ、フッコ、アジ、など、京浜運河でのハゼ、自然の恵み、を楽しみ、加えて、最近、極めて近距離にあった釣り掘でのヘラブナ釣りにもはまり気味に・・・(^o^)。 

朝霞ガーデン、秋ケ瀬取水堰、などへは、極めて近距離にあるにもかかわらず、今年は一度の釣行もなし・・・(>_<)。 やはり、あの澄みきった青空、紺碧の海、広大な海面、その環境で出会う海の魚、私には海での釣りが最高であることを再認識・・・。 来年も、片道3時間は覚悟のうえ、本牧での釣りの回数を少しでも増やしたいもの・・・!!!    (H20.12.30)

 
今年の花の総括?・・・(^o^)。 花の写真を撮るのも趣味のひとつ、今年も四季折々の花を十分に楽しませていただいた。 埼玉へ住まいを移して以来、花を愛でる場所も新しくなり、 東武東上線沿線での新しい出会いも・・・。 ときわ台駅近くの、1Kmに渡るハクモクレンの並木、巾着田の彼岸花の群生、森林公園でのルピナス、山百合の群生、など、その美しさと群生の迫力には圧倒されたもの・・・。

全部の画像をまとめるには、あまりに多く、上の画像は、今年撮った画像のうちの極く一部・・・。 喜多院の桜、森林公園の蝋梅、紅梅、福寿草、マンサク、雪割草、、与野公園のバラ、敷島公園のチューリップ、大慶寺のボタン、大田の芝桜、足利フラワーパークの藤、館林の躑躅、明治神宮の花菖蒲、町田ダリア園のダリア、など、 この一年に撮った花の画像、数えると切りがない。

花は、やはり、盛りの時期に訪ねるのが一番・・・。 新聞の地方版に 【今、盛り・・・】 の記事を見て、やおら写真機を携えて・・・、がこれからも・・・(^o^)。 花との出会いは、まさに一期一会・・・。 来年も、また、新しい出会いがあるように・・・と。    (H20.12.29)

 
本日外出、やっと用件を終え、遅い昼食をどうしようかと・・・。 また、H20.3.20 にも書き込んだことのある志木駅前の蕎麦屋へ・・・。 普通、蕎麦屋へ行っても、あまりお品書きに載っていない好物の 【蕎麦掻】 が、この店にはあることを知っていたことからでもある・・・。 今回も 【蕎麦掻】 を注文・・・。 前回は撮り忘れてしまった 【蕎麦掻】 の写真を今回はカメラに収めることに・・・。 

普通の蕎麦も結構なものの、かなり前に、初めて出会った 【蕎麦掻】 の記憶に残る美味さと食感に惚れこみ、以来、蕎麦屋に行って、お品書きにこれがあると必ずといっていいほど注文・・・。 しかし、【蕎麦掻】がお品書きにある店は、それほど多くないようで・・・。 当然のことながらお酒も・・・。 今回は、 【本場下関ふぐ酒入荷】 の文字に一杯・・・、しかし、蕎麦には蕎麦焼酎の方が良かったようで・・・(>_<)・(^o^)。 一足早めの年越し蕎麦に・・・(^o^)。    (H20.12.28)

 

今朝の早朝、朝日が昇る直前、昨日はまったくといっていいほど雲がなかったのに比べると、今朝は雲が・・・。 雲のない晴れ渡った日も良いものの、多少の雲がたなびき、まさに姿を見せようとする朝日の光線と、その光線を受けて、茜色とでもいうのだろうか、刻々と変化するたなびく雲の色合いには見ごたえが・・・!    (H20.12.27)
 

この冬一番の冷え込み、寒風も加わり、澄みきった今朝・・・。 午前6時半過ぎ頃、東の空が明らみ始め、ちょうど、その頃、南から北へ、と群れをなして飛ぶ鳥・・・。 この鳥の群れ、毎日、同じルートで目の前を通り過ぎる・・・。 鳩ではなく、野鳥の一種のようである。 巣から飛び立ち餌場に向かうのか、たまたま、朝日の写真を撮ろうとしている前を横切ったところを一枚・・・。   (H20.12.26)
 
今日の15度近くの暖かさから一変、明日から強い寒波が到来するとのこと・・・。 〜とすると、今年の釣り納めを気持ちよく楽しむとすれば、今日しかないかと、既に書き込んだ通り、本牧での釣り納めを断念したこともあって、自転車で僅か5分の 【釣り掘】 へ・・・(^o^)。

この釣り場、発見?してから、これにて3回目・・・、海釣りとはひと味違う釣法にも慣れたのか、はたまた、釣り方がうまいのか(^_^;)、今回もスカリにずっしりの釣果・・・。 今回は12kg /12点をゲット・・・! 中央の画像の棒浮きが、一瞬、水中に消し込まれ、瞬間のあわせにズッシリと竿先から手元に伝わる感触は、海釣りとひと味違うものの、これまた釣りの醍醐味・・・(^o^)。 今年の釣り納めを、思いがけず見つけた 【釣り掘】 でそれなりに楽しみ、また、僅か5分で帰宅・・・(^o^)・(^o^)・(^o^)。    (H20.12.25)

 
昨日書き込んだように、今年の本牧での釣り納めは 【なし】 とすることにしたことから、最後に行った11月21日の釣行が本牧での釣り納めに・・・(>_<)。 

今年の締めくくりの総括を書き込むには、いささか貧弱な今年の本牧釣行、横浜在住の時は、30〜40回近くの本牧への釣行であったものの、やはり埼玉へ住まいを移してからの釣行回数 は激減・・・。 このHPのタイトルが 【横浜本牧海釣り施設釣り情報】 であることからすると、いささか内容の乏しいものになったものの、年齢、釣り場への距離、などから考えると、止むを得ないことなのかとも・・・。

結局、今年の本牧への釣行回数は僅かに10回 (1/5、4/22、5/9、5/22、9/4、10/2、10/20、10/30、11/14、11/21)・・・。 その割には、1月のコノシロ、4月のカレイ、5月の黒鯛、9月のシコイワシ、10月〜11月のフッコ・サバ・カツオ・黄金アジ・・・・、と着実に、それなりの釣果を持ち帰れているのは、 貧果の多いこの釣り場のことを考えると、立派なのかとも・・・(>_<)・(^o^)。    (H20.12.24)

 
   
今年も残り10日をきり、自由気侭の毎日ではあるものの、さすがに師走、何かと結構忙しい・・・。 〜ということもあって、〜というか、あまりに、このところ貧果が続いているようでもあり、思い切って、今年の本牧での釣り納めは 【なし】 とすることに・・・(>_<)。

代わりに、最近になって、その存在に気がついた 【釣り掘】 でのヘラ鮒・鯉釣りで、いささか不本意ながら、今年の釣りを締めくくることにしようかと・・・。  ヘラ 鮒釣りは初めての挑戦、当然のことながら、へら鮒釣り用の釣具は手持ちなし。 釣り道具一式を借りての釣りもできるものの釣り好きの身にとっては、やはりマイ釣り具を持たないと・・・(^o^)。 

既に、竿は、この釣り場専用の竿を購入済み、硬調、2.4m、継数3本、自重65g、加えて、昨日の外出の際、上州屋・新座店で、まずは基本的な仕掛を購入・・・。 なにやら、海釣りとはひと味違う仕掛け・・・。 海なし埼玉、代わりに、湖沼でのヘラ鮒釣りが盛ん、さすがに、埼玉の上州屋、ヘラ鮒釣り専用の釣具が豊富・・・。 

私的には、海釣りが最高!ではあるものの、【釣りは、フナに始まり、フナに終る】 との名言もあることから、 これからの釣り、年齢、本牧への距離、などを考えると、住まいから極めて近距離にある、この釣り掘での釣りが増えることになるかも・・・。 (H20.12.23)

 
今日の本牧海釣り施設のつり場トピックスに 【 しかし、釣れません、いよいよ釣れません・・・ 】 と・・・(>_<)。 この釣り場での釣りが長く、ボウズにも慣れている自分にとっては、さして、この貧果、驚くべき状況ではないものの、今年の釣り納めをいつにしようかと思いつつ、やはりこの貧果には、二の足を・・・。

思い切って、今年の本牧での釣り納めはあきらめて、来年早々の釣り初めとしようかとも・・・。 代わりに、極めて近場に発見した【つり掘】での釣りを今年の釣り納めとするか・・・、それも、なんだか淋しいような気も・・・、迷うなぁ・・・(>_<)・(^o^)。    (H20.12.20)

 

このところ、早朝、朝日が昇る頃には雲のない日が続いていたものの、今日は久しぶりに雲がたなびく清々しい朝に・・・。 朝日の写真を撮るにしても、何もないすっきり晴れ渡った日より、多少、雲があった方が変化があって楽しい・・・。 因みに、上の画像は、朝日が昇る2〜3分前のもの、画面の右側が僅かに朱色 に染まり、見る間に朝日が姿を現わす・・・。    (H20.12.19)
 
今回、同じ日に、2か所の墓所への、掛け持ちのお参り・・・。 1か所の墓所は富士山が近くに見える場所・・・。 富士山フェチにとっては格好の被写体・・・。 しかし、残念なことに雲が絶好の被写体を隠し、いい写真が撮れず・・・。 帰りのバスの後部の窓越しから、やっと顔を見せた富士を撮ったのが左の画像・・・。 さすがに我が家から見る富士とは違い、近距離から見る富士は迫力十分・・・。 周りの 低い山の稜線にも積雪が・・・。    (H20.12.17)
 
毎年、暮れ近くに、お墓参りをすることを恒例に・・・。 今年は、いろいろと忙しいこともあって、例年よりは、少し早めの昨日、今回は、同じ日に、自分の両親のお墓と奥さんの父のお墓 と、2か所の墓所を訪ね手をあわせることに・・・。 2か所のお墓を一日で・・・、ともあって、始発バスで出かけ、帰りは遅くにはなったものの、墓参りを済ませたことで、何やら、気持ちが落ち着き、安らいだ気持ちに・・・。 

私は、空を見上げ青い空を背景に、刻々と、形を変えて漂う白雲の動きを、ただぼんやりと眺めるのが好き・・・。 この日、お参りを済ませ、お墓の上空を漂う白い雲を眺めていると、なにやら、【 ♪千の風に、千の風になって、あの大きな空を吹きわたっています・・・♪ 】 と、あの歌の一節が聞こえてくるような気が・・・。    (H20.12.16)

 

12月14日・日曜日、左画像は、本牧海釣り施設の公式HPのトップページに貼りつけられた早朝の渡り桟橋から沖桟橋への画像・・・。 午前7時10分、開場直後の画像、サバ・カツオフィーバの頃とは様変わりの閑散な釣り場。 7:10、雨、大潮、水温15℃、気温9℃、北の風5m・・・。 それでも渡り桟橋を沖桟橋に向かって歩く釣り人ひとり・・・。 好きなんでしょうねぇ〜、釣りが・・・。

さらに、公式HPに 【14:30、朝からの冷たい雨は止んできましたが、風が冷たく、釣果もしぶい】 と・・・。 今年も残すところ僅か、今年の本牧での釣り納めをいつにしようかと・・・。    (H20.12.14)

 
釣り堀発見・・・(4)   昨日の釣り掘りでの釣りは 、初冬の陽が程なく沈む頃、納竿。 本牧での海釣りであれば、約3時間はゆうに掛かるものの、この釣り場、自転車で約5分で帰宅・・・(^o^)。 

私は、本来、どうも川・湖沼の魚はあまり好きになれず・・・(>_<)。 以前、時々、通っていた 【朝霞ガーデン】 や、近くの秋ケ瀬取水堰での釣りもこのところ殆んど行かなくなっている。  しかし、【釣りは、フナに始まり、フナに終る】 の名言があることから、この奥の深い釣りに嵌るかどうか・・・(^o^)。 私的には、 海釣りから遠ざかった時の、釣りの感覚を忘れないように、この釣り場を利用するつもりなのですが・・・(^o^)。    (H20.12.13)

 
釣り堀発見・・・(3)    前回は、試し釣りで僅か1時間・・・。 好きなんですねぇ・・・、釣りが・・・(^o^)、今日は、さっそく、半日・5時間で本格的に挑戦! 結局、50cm近い鯉を筆頭に、中型の鯉、ヘラブナ、併せて10数匹、結構楽しめる・・・(^o^)。 釣った魚は重量を検量し、1kg/1点で、それに見合う金券が発行される。 因みに、この日の釣果重量は10kg /10点を獲得・・・(^o^)。 竿は、硬調、2.4m、継数3本、自重65g。

帰り際に、管理人からのコメント・・・、【冬場の鯉・鮒はあたりが判りづらく、最初の僅かなあたりであわせるのがポイント 】 とか、ついつい海釣りの感覚で、ウキが消しこまれるのを待って・・・、の今日の釣り、最初に、聞いておけば、さらに釣果があがった筈、惜しいことをした・・・(>_<)。    (H20.12.12)

 
 
釣り堀発見・・・(2)   本当に、何故、今まで気がつかなかったのだろう・・・(>_<)・(^o^)。 こんなに、住まいから至近距離にあった 【釣り堀】 の存在を・・・(^_^;)。 年配の方々や若い衆も交り、のんびりと釣り糸を垂れている様子は、私の本来の海釣りとは、かけ離れた釣りとはいえ、釣り好きにはたまらない・・・。

さっそく、翌日、試し釣りに・・・。 好きなんですねぇ、釣りが・・・(^o^)。 半日釣っていても、入漁料は1000円と僅か・・・、この日は、他にも用件があることから、約1時間の釣り・・・。 初めての挑戦ともあって、タナの調整、餌の硬さ具合の調整、など、下調べをしていたこともあって、実質、釣りをした時間は30分足らず・・・。 冬場で魚の活性が落ちているとはいえ、結構型のいい、綺麗な魚体のヘラブナを2尾ゲット・・・! それなりに強い引き込みを体感、ちょっと嵌るかも・・・(^o^)。 海釣りから遠ざかった時の気晴らしの釣りには、格好の釣り場かも・・・! 

右端の画像は、常連さんの釣果・・・、ちょっとスカリを引き上げて写真を撮らせてもらった・・・。 釣り上げた魚の重さで、点数が発行され、この釣り場での、いろいろの支払いに利用できるとのこと・・・。 好きな時に、好きなことを、の環境の身にとっては、この釣り堀、【年中無休】 であることも嬉しい・・・(^o^)。    (H20.12.11)

 
 
釣り堀発見・・・(1)   釣り堀発見!!! しかも、住まいから歩いて10分足らずの距離に! この地 (志木市) に住まいを移して約2年、以前近くに釣 り堀があったとは聞いていたものの、既に閉鎖と聞いていたこともあって、それじゃ、仕方なかんべぇ・・・と、以来気にもしていなかったところ、昨日、自転車で初めての道を走っていたところ 【 つりぼり 】 のノレンを発見・・・(^o^)。  住住まいから、僅か10分、こんなところに、こんな釣堀が・・・(^o^)・(^o^)・(^o^)。 何故、今まで気がつかなかったのだろう・・・(^_^;)。 子供用の金魚池も・・・。

それほど大きな釣り堀ではないものの、鮒と鯉が釣れるとのこと 。 釣り堀へ通うのが本意ではないものの、本牧への釣りが、遠くなった今、釣りの感覚を思い出すには格好の場所かも。 いささかの気晴らしに なりそう・・・(^o^)・(^o^)・(^o^)    (H20.12. 10)

 

昨日の夕焼けの富士・・・。 富士山の右方向に沈む夕日の光線が山頂にかかり、ちょっと幻想的 (^_^;) な画像に・・・。 見る間に、太陽は 沈み、くっきりと富士のシルエットが・・・。 朝の富士と比べると富士の輪郭・コントラストが明確に・・・。 これから冬場に向かって、朝富士も、霞みが少なくなり、コントラストのいい画像が撮れるのでは・・・と(^o^)・(^o^)・(^o^)。    (H20.12.8)
 

今朝の富士山・・・。 今日は日曜日、多少の風が吹き、空気が澄んでいたのか、いつもよりは綺麗に見えたものの、まだ、真冬のようにクッキリとは・・・。 300mmの望遠レンズ使用、 その所為か、画面に霞みが残る。 いつ見ても富士山は雄大・・・。 太陽フェチに次いで、富士山フェチにも・・・(>_<)・(^o^)。    (H20.12.7)
 
相変わらずの太陽フェチ・・・(>_<)・(^o^)。 今日の夕日、このところ日の入りは午後4時半前後・・・。 落日の速さは早く、見る間に山裾に・・・。 その日、その日によって、夕焼けの色合いは様々、今日の夕焼けは、かなりオレンジ色が強め、目で見る感じとほぼ同じ色合いが撮れたようで・・・(^o^)。 下のパノラマ風の画像の左端は富士の半身・・・。    (H20.12.6)
 
昨日、パソコンにトラブル発生・・・(>_<)。 インターネットへの接続が不能に・・・。 それなりの時間を要したものの、原因は、無線LAN機器であるらしいことに・・・(^_^;)。 無線LAN機器の環境のチェック、据付場所の移動、機器接続個所の再セット、などでインターネット回線復帰・・・(^o^)丿。  自力で解決出来たことにホッと・・・。 〜といっても、無線LAN機器の位地を僅かに動かしたことと、パソコンと無線LAN機器との各接続プラグを抜き差ししただけのこと なのだが・・・(^_^;)。 根が文科系、パソコン関連のプラグの抜き差しにも、かなりの勇気 と度胸が必要、まずは、自力でトラブルの原因を究明・解決出来たことを良しとすることに・・・(>_<)・(^o^)。  (H20.12.5)
 
左右の画像は、昨日貼りつけたそれぞれの画像の原画・・・。 この頃の画像ソフトはなかなか優秀なものがあるものの、修正した画像の色合いには、やはり不自然さを感じる・・・。 

実際に目でみる美しさは貴重、それらをカメラに正直に収めるのが大切・・・。 人為的なテクニックを使うのは、あくまでも邪道な手段 、自然の美しさに優るものはない・・・。     (H20.12.3)

 

昨日の書き込みに関連・・・。 冬場の朝焼けは、まさに自然の芸術、この画像は実際に過去に撮った画像をもとに、画像ソフトでコントラストを強く、明るさを弱めに設定して出来上がった画像・・・。 実際の色合いとは異なる・・・、遊びでつくった色合い・・・(>_<)。 

以前、もっと鮮やかに濃かった日があったものの、残念ながら撮り逃したことを思い出した・・・。 秒単位で色合いが変化する。 いつの日か、見事な色合いの朝焼けを撮りたいもの・・・。   (H20.12.2)

 
相変わらずの太陽フェチ・・・(>_<)・(^o^)。 上の画像は、今朝の、日の出直前、白み来る地平線・・・。 もう少し早い時間には濃紺と濃いオレンジ色の帯びが重なり合う瞬間がある。 しかし、まさに僅かな時間、その日、その日、朝焼けの色、雲の流れ、など同じでないのは面白い・・・。

日の出の太陽の画像は、このところ、絞り優先(AV)、太陽が顔を見せるに従い、絞りを開放から徐々に絞り込み・・・。 しかし、太陽の光に影響され、太陽の周りが黒っぽく写ったり、白っぽく写ったり・・・、難しい・・・(>_<)。    (H20.12.1)