普通のドッジボール

ゲームの概要
 普通のドッジボールである。ルールは「基本的なルール」を参照。だんだん慣れてきたら
ボールの数を2個にすると運動量は、4倍になる。


留意点など

 最初はコートの外、外野にラインを引いて行った。この線によって、次のようなことが起きた。

1 外野の守備範囲が決められているので、自分の所にボールが来たときに安心して捕れる。
2 外野どうしがぶつかることがないので、ボールの取り合いや強い者だけがボールを捕る
  ということがなくなった。
3 自分の所以外にボールが飛んでも取りに行けないので、お互いにボールの行方を教え合う
  ようになった。(ボールが2個の時は気付かなくて遠くに転がってしまったこともあった。) 
4 内野で当たってしまった子は、同じ所に固まらないで入るように指示したが難しかった。
  弱い子の所に入ってボールを捕る子がいた。

トップページへ戻る