還暦・退職 そして 第二の人生!!

  平成14年3月29日(金)  めでたく? 還暦!!

  今日で60回目の誕生日を迎えた。と言うより迎えることが出来た・・・!!

  有り難いことである。

  子供の頃に ♪♪ 村の渡しの船頭さんは、今年60のおじいさん・・・♪♪ と良く歌った事も有り、
  「60歳と言うことはお爺さんなんだ」と思っていましたが、いざ自分が60歳を迎えた今、体力も気
  もまだまだ若いと自分では思っています。

  でもこれは自分だけの欲目で、目も少し遠視になり髪の毛も白髪が増えて、良く見ればやはりりっ
  ぱなおじいさん・・・・(^_^;

  今日の日が来ることは当然解っていたことなので自分にはごく普通の誕生日だが、家族からのプ
  レゼントが今までになく高価なのは、やっぱり還暦を祝ってくれているんだ・・・(^_^)

  窓の外は今年は早くも桜が満開だが、後何回もこの桜を愛でたいと思っています。


  平成14年4月3日(水) 外来 PSAが 0.037だった・・・。

  前回に採血していた結果が出た。 PSA 0.037だった。

  インターネットのいろんな方のホームページでは以前より、高感度PSAが採用されておられるようで
  したが、私のお世話になっている医大では、前回まで0・5以下は測定されませんでした。
  だからいつも、「0.5以下です・・・」との事でした。

  今回初めて0.037と聞いて、何だかホッとする様な嬉しい気持ちになりました・・・(^_^)

  「でも、いつか耐性の組織が出来、この数字が上がって来るのでしょうね・・・」と聞いてみました。
 
  主治医は「ここまで下がれば時期を見てホルモン治療を一時止めて、耐性の組織に油断をさせ、数
  字が上がってくれば改めてホルモン治療をすると、再度効果が出ますから・・・」と言われた。
  
  今後は必要以上に細かい数字が出るので、余り数字に振り回されないようにして行きたいと思う。

  
  こうしてキーを打っている間にも、ガラス窓越のベランダに桜の花吹雪が舞い落ちています・・・・


  平成14年4月10日(水) 定年退職!!

  3月29日の誕生日で60歳になり、本日4月の10日付で定年退職となった。

  思えば40年間勤めさせて頂いた事になる・・・。

  親より、妻より、誰よりも長い間、会社と一緒に生活をして来た事になる。

  不況の出口さえ見えないこの時期、定年退職出来る自体が本当に有り難い事なのに、先日の送別
  会には、米寿を過ぎた会長が出席して頂き、勿体なく思いながらも大変感激しました。

  今まで、多くの送別会に出席してきましたが、会長が来られた事は一度も有りませんでしたので・・・。

  今日までの長い会社生活で得たのもを基盤に、これからも悔いの無い人生を送りたいものと思いま
  す。

  文字通り第二の生活で、当分はいろんな手続きで大変のようですが、これからは今まで余り出来て
  いなかった、家族と一緒の生活をエンジョイして行きたいと思っています。

  その為にも健康だけは全ての基本になるので、今まで以上に努めたい・・・。

  ps
  当分はこのまま家にいる事になるが、今までの仕事が無い分時間が有り余る・・・・(^^ゞ
  たまたま2月にADSL(ブロードバンド)が開通したので、時間を気にせずインターネットが楽しめ良かっ
  た。

  
  平成14年5月1日(水) 外来

  毎月一度の外来も何だかおっくうになってきた・・・・(^_^)
  
  こんな事を思えるのは贅沢だろうか?
  何と言っても、苦痛に耐えているときは、こんな事は有りえないのだから・・・(^_^)
  
  毎回LH-RHを左右交互に射って貰っているが、今回は右に射ってもらう。
  今まで幾種類もの注射をして貰ったが、この腹部注射は一番痛くなく楽な注射だ・・・(^_^)

  今回は自分の事では余り問題がないので、ホームページを見て頂いた方からの、メールで気になっ
  た事の質問をした。

  余談ですが今まで沢山のメールを頂いていますが、今回初めて外国在住の方からメールを頂きまし
  た。
   
  改めてインターネットとパソコン通信(12年余来、今でも続けています・・・)との違いを再認識する。

  主治医からお聞きして今回感じた事だが、他人から断片的に聞いた事と、実際の流れとはかなり大
  きな相違がありるので、早とちりしないであくまで、全体的に把握する事が大事だと言う事が良く解っ
  た。

  例えば同じ病気での手術一つにしても、その症状によって手術が出来る場合、出来ない場合が有る。

  又、手術が出来る場合の方法にしても、Aの方法、Aの方法は無理なのでBの方法、と言うように個々
  の患者のいろんな状態によって、全てが違って来る言う事を、良く把握しておく必要があるようだ・・・。

  別の言い方をすれば、手術のやり方で病気の度合が解るという事か・・・・!!

  
  平成14年6月28日(金) 間欠療法開始

  先月のPSAの結果が出た。 PSA=0.029 当然LH-RHを使用中だが・・・。
 
  主治医に以前から気になっていた「間欠療法」についてお聞きした。
  
  主治医は、「間欠療法はPSAが幾つ下がれば始めるとか、幾つに上がれば再開するとかの決まり
  は無く、一般にまだ確定的なものは出ていない現状だ。
  学会では間欠療法にする方が、耐ホルモン性の癌が出てくるのが遅くなると言われている・・・」との
  事でした。

  その上、前立腺癌は特に治療時の個人差が大きく、何時何をどうすれば良いのか、はっきいりとは
  解らないとの事。

  結局、私はPSAもこの所低い状態が続いているので、もう十分に始められるとので、早速今回から
  間欠療法を開始した。

  来月PSAを検査し、あと2ヶ月毎の検査で様子を見る事にしました。
  又、PSAが上昇しはじめLH-RHの再開は「標準の4になった時にしましょう」と言われた。

  素人の私には、前立腺の有る普通の人には、確かにPSA=4は標準だが、前立腺の無い私には少
  し当てはまらない気がしてならない・・・。 次回にでもお聞きしよう・・・・。

  私の近況ですが、LH-RHの副作用で時々急に汗が出る位で全く好調です。

  定年後の全ての手続きも終わり、テニスやカメラを持って草花さがしや、小さな旅行をしています。
  
  でもこの通り健康なら、その内に何かをして働きたいと思っている・・・。


  平成14年7月6日(土) 癌発見記念日


  今日は当マンションの理事懇親会だ。
  
  ちょうど2年前の7/9の懇親会が、突然の「閉尿」になった日だ。
  だから天気なら、2年前のあの日と同じように午前中にテニスをし、午後に懇親会で大いに飲み歌
  おうと思っていた・・・(^^♪

  もっともこの所毎日梅雨空で、特に天気予報では危なかったのだが、朝には結構良い天気になった。
  朝から3ゲーム意識的にハードにやった。
  午後の懇親会は思いっきり楽しく過ごし、約2時間後にめでたく何の問題も無く放尿できた・・(^^♪
  今まで何とも無かったので良くて当然だが、やはり一つの節目として気になっていた・・・。

  健康と趣味を兼ねての20年来の週2回のテニス。
  
  又、全くのボランティアながら選挙で選ばれての理事(135戸、理事長、長期修繕計画委員含む)を
  20年余、微力ながらやらせて頂いて来たことが、あの日のテニス+理事懇親会が重なった事で突然
  の「閉尿」となって、癌の所在を教えてくれたのだと思って、テニスと理事会に感謝しているのです。

  あの日の閉尿が無ければ、前立腺癌に全く気付かず、やっと気付いた時は既に骨等に転移してしま
  い、痛み等で診察した時はもう全身に転移してしまった後だったりしたらと思うと、今でも恐ろしい思
  いです。
  
  これからも主治医は勿論、テニス仲間、理事等マンションの住民、勿論家族には感謝の気持ちを忘
  れず、少しでも恩返しをして行かねばと思っています。

  
  平成14年7月24日(水) 検尿コップに石が・・・・!!


  今日の予約は9時半だった。 何時もの事だが早い時間の予約の時はやはり長時間待ちになった。
  
  何時ものように検尿を取りに行ったが、朝の小便から余り間がないので、「オシッコが出るかなー 」
  と思いながら、待っているとやっと出てきた・・・・(^_^)

  所が途中で一寸変な感じと思った途端、カシャと言う音がして持った紙コップに何かが入った。

  一寸見た感じでは茶色の糸の塊のように見えたが、良く見ると4〜5mmの金平糖の様にトゲの
  出た、全体的に丸い茶色の物体だった。

  硬そうで(直接触った訳ではないが・・)コップを振ると、カシャカシャとコップに擦れる音がした・・・。

  すぐに「きっとこれは腎臓結石だ」と思った。
  と言うのは、手術前の残尿エコーの時、「左腎臓に4mm程の結石が有るが、先ず問題は有りませ
  ん・・・」と聞いていたのです。

  結石の大きさにも依るのだろうが、生まれて初めての目出度い? 結石が、こんなに簡単にましてこ
  んな時に出るなんて、やはり運が良いと思うべきだろうか・・・・(^^ゞ

  主治医も喜んで? 「早速成分検査に出しましょう」と言って、弾丸型の透明容器に入れた。

  念のためとエコーを撮ってもらったが、やはり前回の画像と見比べると、白い丸が完全に無くなって
  いた。
  
  又、毎年春に受けていた健康診断が退職で出来なくなったので、今回のPSA検査と同時に、肝臓、
  血液、血糖等とって貰うようにして頂いた。

  それにしても今日は暑く神戸は、7月としては観測史上初めての暑さだったそうだ・・・(^^ゞ

  でも暑くても天気の方が良い、雨ではテニスが出来ない・・・・・(^_^;

  今は大阪の天神祭り、関西ではこの頃が一番暑いと言われる・・・。

  この暑さに負けず頑張ろう・・・。

  
  平成14年8月28日(水) 外来

  本当にこの夏は記録的な暑さで、おまけに雨が全く降らず、我家は未だ大丈夫だが給水制限も広
  範囲に行われている様だ。

  8月も終わりだと言うので、昨日のテニスも36℃の暑さの中だった・・・・(^^♪
  いつも水をかぶった様な汗で、毎回1.6Lのポットを持っていくが、2時間強3ゲーム位で空になって
  しまう。

  前回、退職後出来ていない年1度の、健康診断を補うべくお願いしていた検査結果が出た。

  PSAはさらに小さく0.024だった。2ヶ月ホルモン注射はしていないが未だ数字が下がっていた
  
  肝機能、コレストロール、血糖、そして血圧等辛うじてセーフだった・・・。

  私は元々健康診断では肥満度だけ「3」だったが、退職後又少し太ってしまったので、その事を主治
  医にお話し、「とにかく退職時の体重に戻す・・」事を約束した。

  来月、体重の落ちた所で、もう一度各検査をして頂くようにした。

  私のダイエットは比較的簡単で、ビールを減せば確実に落ちる。。。。
  今までも何回?も、成功してきた。
  
  所がいつの間にか気が緩み?気が付けば又もとに戻っいる。
  これも今まで何回も失敗してきた・・・・(^^ゞ

  しかし、今回は今までの趣味的?なものと違い、健康上の問題なので真剣に家族に公開宣言の上、
  実施する積りです。
 
  早速、今の物より高性能の体重計を購入した。 持続的に頑張ろう!!


  平成14年9月11日(水)  HP立上げ2周年
  

  早いもので今日で、「前立腺癌の治療日記」のホームページを平成12年9月11日起ち上げてから、
  丸2年になります。
  それまでも会社のホームページを作成しており、HPそのものは別に問題有りませんでした。

  ただ、会社の場合は各部所からいろんな依頼があり、大体はそれに沿って作っていたが、自分のHP
  ではすべて自分だけで作らねばならない。

  又、折角作っても誰も見てくれなかったら、これも辛い・・・・・(^_^;

  9月に起ち上げた当時はカウンターも僅かしか上がらなかった。
  それから各エンジンにも登録したせいか、徐々にカウンターの数字も上がり喜んでいた・・・・。

  そして、無理だと思っていたyahooに、幸運にも?平成12年11月10日に登録出来た・・・・(^^♪

  やはりロボット型ではなく、人的登録型のyahooの効果は抜群で、その後は安定してカウンターが上
  がってきた。

  私は、ホームページは常に更新し、いつも新しい内容にする事が、とても必要だと思っています。

  幸か不幸か前立腺癌の疑いから、全摘出手術で無事退院し、少しずつ落着いて来てからは、当然
  余り変化がなくなって来ました。

  この事自体はとても嬉しく少しでも長く続いて欲しいのですが、このままではHPそのものが停滞して
  きます。
  
  これを解消する為に、昨年の1月から何時も楽しませて貰っている、美しく珍しい花や実を載せるよ
  うにして見ました。

  それも今月で1年と9ヶ月、いくら好きな花でも限られた地域で、同じ花をダブらせての掲載では意味
  がないので、毎年毎月新しい花を捜すのも結構大変ですが、これが又楽しいのです・・・・(^^♪
 
  お陰様で今では花の事だけでメールを頂く事も、結構有る様になりました。。。

  2年間で8万2千余のご訪問を頂いた事には、本当に感謝しております。

  どうぞ今後とも掲示板やメールに気軽に書き込んで頂ければと思います。

                                                           合掌


  楽しかった24年ぶりの同窓会  平成14年11月8日(金)

  先月の19日(土)に、前回の中学校同窓会から実に24年ぶりの、同窓会に行って来た。
  ちょうど拉致家族と同じ期間、音信不通だったわけである。
  尤も何人かとは年賀状程度のやり取りは有るが・・・・。

  45年ぶりで(卒業後初めてだ・・)会った人も3人いました。
  それにしても幼馴染とは本当に嬉しいものだ、45年ぶりで会ったオジサンとオバサンが、何の気遣
  いも無く、いつも会ってるお隣の人の様にすぐ冗談が言い合えるのだから・・・。(^_^)
  しかし、既に亡くなられた人も居られ、年の重ねを感じずには居られませんでした。

  会場のホテルでの一泊。 飲み歌いすっかり子供の頃に返ってお互いにはしゃぎ回りました・・・・(^^♪

  「次回の同窓会はこんなに間を空けると誰もいなくなる・・・」との事で、今後は3年を目処に開催する
  事に決めました・・・。
  今回を含め今後も幹事の方には、ひとえに感謝ばかりです・・・。

  さて久しぶりでの同窓会、愛用のデジカメで何枚もの写真を撮って来たが、良く見ると撮った筈の何
  枚かの全員集合写真に、全員写っているのが1枚も無いではないか??
  どの写真にも必ず1〜2人、居ないのである・・・(^_^;

  念の為、当日写真も撮ってくれていた幹事にも聞いてみたが、やはり「1枚も全員揃った写真は無か
  った・・・」 そうだ。
  そこで暇に飽かし? 洒落でPhotoshop を使い、合成レタッチで全員の集合写真を作ってみた。
  額縁で入れてしまうのは、あまりに悲しいので・・・!!

  ただ、当日早退した人の顔が、最終での集合写真に入っているので、レタッチしたのだと知らない人
  は、「これは霊だ・・・!」と、心配されてはいけないので、レタッチの経緯と元の写真2枚を添えて置こ
  うと思っている・・・(^_^)

  まだまだ何回も出席したいものだ・・・。


  平成14年11月27(水) PSAと転移


  昨日も何時もの仲間と楽しいテニスをして来たが、つい先日ゲーム中ふと見ると、外人らしい男性と
  日本人女性が来て、ベンチからこちらのプレイを見ていた。
  
  MTBに乗り普通の靴でジーパン姿だったが、ゲーム終了後にその女性から「主人がスペインのプロ
  プレイヤーだが、ラケットを貸してくれれば、少し打ちたい・・」との事だった。
  名前は聞いた事が有ったように思うが、私は良く知らない名前でした。

  サングラスをかけ背は高いが少し太めの人でしたが、軽く打ってるボールが速く、浮いたボールはま
  ったない。
  特にバックのスライスはツーンと伸び、スーッと滑りさすがだと思った。

  たまたま皆んなバボラットのシープを使っていたのでちょっと驚いていたが、「ベリーグッド、アリガトゴ
  ザイマシタ」と言って手を振りながら帰って行った。
  後から皆んなで、「有る程度本気で(出来れば本気で)サーブだけでも入れてもらえば良かったね・・」
  と残念がる事しきり。。。
  
  そんな事より、先日の外来で気になっていた「PSAと転移」について主治医に聞いた。
  と言うのはよく頂くメールで、「治療を受けていたが、突然骨転移を言われた・・」との内容が結構多
  いのです・・。

  私の「PSAが4の標準値以下でも、転移することが有るのか」との質問に、主治医は「PSAが標準値
  位かでの再発は考えられない。転移する前には必ず数値が上がる・・」との事でした。

  よく考えれば当たり前の事だが、このメールの方達は、PSAの上昇を自分で把握していなかったの
  だろうか?

  
  平成14年12月14日(土)  ホームページご来訪者10万件突破!!


  2000年9月にオープンしたこのホームページのカウンターも、お陰様で今朝100,000件を突破しました。
  
  発病当時、私が途方に暮れて読み漁った、大勢の方のホームページのお陰で、何も解らなかった前
  立腺癌の全体像が、少しずつ見えてきた時の感激は今でもはっきりと覚えています。

  その時に、今後少しでも他の方のお役に立てればと思い、作ったホームページですが、思いも掛けず
  yahooに登録されてからは、順調にカウンターが伸びて来ました。
  それに伴いメールを頂く事も多くなりましたが、私の解る範囲でその都度、出来るだけその日にお返
  事を書いております。

  これも以前私が心配で堪らず書いたメールの、お返事をすぐ頂いた時の感激がとても強かったから、
  今度はその時の気持ちを、ままお返ししているだけの事ですが・・・。

  ご来訪者が2年3ヶ月で10万人を超え、メールやこの8月からの掲示板も予想外のコメントを頂いてお
  りますが、この結果から見て少しは皆さんのお役に立てているのかと思っています。

  私も全摘出手術したものの、残念ながらどうやら再発しているようですが、今後の治療も含めこれか
  らますます増加する傾向の前立腺癌に成られて方々に、少しでもお役に立てればと、その時々の治
  療や薬、検査方法や、痛さ苦しさ等を出来るだけ有りのままに残そうと思っています。

  皆さんもお気付きの事がありましたら、いつでも掲示板でお知らせ下さい。


  平成14年12月19日(水) PSA1.5になる・・


  昨日の外来でPSAが1.5になった・・・(^_^;

  間欠療法に入る今年の6月はPSA0.029、8月はPSA0.024と降下していたが、10月はPSA0.5と成り、
  今月とうとう1.5になってしまった。

  この時点で「元前立腺癌の辺りを、放射線治療でダメ押し治療をして欲しい・・」と頼んでみたが、主
  治医は「今の放射線治療は、患部に針を刺して小さい範囲に強力な治療方法になっているので、標
  的の無い曖昧治療は実際としては出来ない」との事でした。

  そこで取り合えず、早速来週にCTと念の為に、骨シンチの検査予約をした。

  幸か不幸か?  そこで癌が見付かれば、集中放射線治療で根治的に治療を行う。
             
             見付からなければ一応の目処と言われていたPSA4.0を待たず、
             LH-RHを再開する様にした。

  正直な所、ホルモン治療で癌を押さえ込み乍も、それでも抑え切れずやがて1ヶ所ならまだしも、万
  一広範囲で癌が発生するのを待つより、このまま無治療で早期に癌の所在を確認して、放射線治療
  をした方が良い様に思う時が有るのも事実です。。。

  
  平成14年12月30日(月)  天皇陛下が前立腺癌に・・・。


  先日のニュースでまさかと思いましたが、今回のニュースでは、はっきりと前立腺癌確定と発表された。

  今回の素早い結果発表は、天皇陛下自身が科学者で病気をよく理解されている事と、病院側も根治
  の自信が強かったのだろう・・。

  昭和天皇まで一切体にメスを入れた事はなかった事と、恐らく初期なので切開せずにピンポイントの
  放射線治療かと思っていただけに、私達と同じ全摘出手術にされた事に、驚きながらも一種の安堵
  感を覚えたのは私だけでしょうか・・・。
  来月に約1ヶ月の入院治療との事で、これも全く同じようなものだった。

  今まで以上に天皇陛下が身近に感じられるようになると同時に、これを機会に前立腺癌の認識度が
  上がり、より高度な薬や治療方法が開発される事を希望します・・・。

  当然天皇陛下の癌は根治されるであろうし、そうあってもらわなくてはこんな不幸な事は無い。
  手術の成功を心からお祈りしています。

  今年もあと1日で終わりますが、我家では「どちらかと言うと、良い年だった・・」と意見で一致した・・(^^♪

  来年こそはもっと良い年にしたいものだ・・・!!

  皆さん どうぞ良いお年を・・・

  
  
  平成15年1月9日(木)  カソデックスを開始する。

  皆さん 明けましておめでとうございます。
       本年もどうぞ宜しくお願いします。

  今度の外来で年末に行なった、CTと骨シンチの結果を聞きに行った。
  
  予想通りどちらにも異常は見付からなかった。
  癌が大きくなって検査で見付かるよりも良いのだが、私の場合PSAが上昇している以上検査に出な
  いだけで、どこかに潜み虎視眈々と隙を狙っているのだから、余り安心は出来ないのだが・・。

  主治医は
  「検査で解るのは大体1cm位が目処。天皇陛下も手術される様に、一番確実なのは手術だ。
  放射線治療も顕微鏡で見ながら、癌細胞一つひとつに放射線を当てるなら兎も角、大体の場所へ
  の放射線ではまず殺しきれない。
  大きな親株を取っても、小さな芽が一寸でも残れば、それが成長してくるから・・」との事でした。

  今後はPSAが4に上がるまで待たず(上がる事が確認できたので)、早速今日から2週間カソデック
  スを服用し、その後はLH-RHを打つ事にした。

  LH-RHは3ケ月ものが普通になっているそうだ(たった半年休んだだけでもこの変わり様・・)。
  これには固形物と注射(液体)の2種類有るようで、効力はすべて1ヶ月ものと同じで、注射の方が痛
  くないとの事。 
  
  単価は1ヶ月ものより3ヶ月ものが安いとの事なので、不精の出来る3月物の注射にして貰うように
  お願いした。

  昨年6月から開始した間欠療法も、約半年で打ち切る事になった。
  
  自分から進んで行った間欠療法、この事自体が私にとって後何年か経って見ないと、プラスかマイ
  ナスだったのか解らぬが、この半年には全く悔いは無い・・!!
  
  これからは間欠療法のデーターも少しづつ出てくると思うので、良く検討し時期を見て必要なら、又
  始めて見る積りだ。


  平成15年1月22日(水)  LH-RHの再開

  前回1/8日のPSAが1.85だった。
 
  今日からLH-RH(3ヶ月もの)を腹部注射した。 3ヶ月ものは初めてだったが、注射針も今までの物と
  見た目変わり無く痛さも殆ど感じなかった。 今回はより効果を上げる為、2週間服用したカソデック
  スも引続き服用することにした。
 
  主治医も「何れ時期が来れば、再度間欠療法をしましょう」と言われた。
 
  2、3日前から顔がほてるので、鏡を見ると赤顔になっていた。 
  血圧が上がったのかと計ってみたが異常なし。 どうやらカソデックスの軽い副作用らしい。  
  
  一時的なものだと思うが、あまり気持ちの良いものではない・・・。


  平成15年2月7日(金)  バイトと始めて1週間

  昨年4月に定年退社して、早10ヶ月があっという間に過ぎました。
  諸先輩からは、「最初の1ヶ月は多くの手続きで大変だが、それから後は暇で大変・・」と、聞かされて
  いました。

  最初の1ヶ月は確かに慣れない手続きが多く、「定年前後」の解説書を読みながら、一つづつ片付け
  ていけば、どこでも丁寧に教えて頂き、結構楽しく手続きも終えました。
  その後の9ヶ月間もお陰さまで、全く退屈する事も無く過ごす事が出来ました・・・(^^♪

  退屈せずに済んだのはいろいろ有ったと思いますが、先ず長年させて貰っている当マンションの理事
  や長期修繕計画委員会、全くのボランティアでしかも問題が起これば、当然矢面で解決をしなくてはな
  りません。 マンションも私同様、築後30年を迎え補修改造、特に今年は車椅子用のスロープを新設
  等で結構良く動きました・・。

  又、テニスの方も以前と全く同じ曜日に、四季を通じて変わらぬメンバーでテニスと「減らず口テニス」
  を楽しみ続けております。

  又、退屈しなかった大きな要素に、今の私には離す事の出来ないパソコンが有りました。
  たまたま昨年2月にADSLが開通した事も有り、4月からの稼動簿(パソコン利用の使用簿ソフト)は、
  大幅にUPしています・・・(^^♪

  所でこの10ヶ月決して家にばかりいた訳では有りませんが、当然現役の事とは比べ物にならない時
  間、妻と一緒でした。

  よく、「主人の退職後は奥さんが大変・・」と言われるので、私は出来るだけ妻に迷惑をかけないよう
  にと、毎朝遅くない決まった時間に起き、現役の頃は休日なんかに良くしていた、テニスの後の昼食
  時のビールで良い気分での昼寝などしていましたが、この300日間一度の昼寝もしていませんでした。

  これは決して意地になってした事ではなく、結果的にこうなったのですが・・・。

  食事の方でも元々私には、食べ物に好き嫌いが全く無いので、何でも妻の作ってくれたものを喜んで
  戴いています。 勿論妻は料理上手ですしので、家庭でも外食でも不味いと思った事は殆ど有りませ
  んが、これってもしかして立派な味音痴かも・・・??

  所が前述の、「主人の退職後は奥さんが大変」とは、「毎日家にいる主人の、我儘に手間がかかる事
  が困る・・」のだと思っていたが、実際はそうではなく、どうやら「毎日主人が家にいる事自体が困る・・」
  と言う事らしい、と気が付きました・・・(^^ゞ

  そんな悟りを聞いた矢先、たまたまお誘いが有った所に今月からバイトに行き始め、あっという間に1
  週間が過ぎました。

  このバイト、私にはいろんな条件が言う事無しで、新しい仲間や先輩、又慣れない通勤にも小気味の
  いい緊張感を味わっています。

  この300日、ネクタイを締めた日は殆ど無かったが、ネクタイにスーツを着ると何となく落ち着くのは、
  長年会社勤めをしてきた男の悲しい習性でしょうか・・(^_^)

  そんな訳で、ここの掲示板には今までの様に昼間には無理で、夜にならないとコメントは書けないと思
  いますが宜しくお願いします。


  平成15年3月1日(月) PSAとマウンティングバイク

  2月から始めたバイトもあっと言う間に1ヶ月が過ぎた。
  私には全てに好条件なのだが、ただ一つ気になる事が出来た。
  
  在職中の40年間はずっと社用車での通勤で、しかも近い所だったので毎日NHKの朝ドラを見てから
  でも十分でした。

  所が今回のバイトは距離こそ殆ど変わらないものの、公共交通機関か自転車に決められているの
  で最初の何日間かはバス通勤だったが、バスの場合どうも時間通りに来ない・・。と言っても7〜8分
  で次のバスが来るのだが、寒いのとバス停で待つのに慣れて無く?他の先輩に聞いた所、私よりず
  っと遠い距離からでも(私で約20分)皆さん自転車で通勤しているとの事でした・・。また「自転車で来
  てもバス通勤として交通費は出る・・」らしいのです。何の事はない、バスの待ち時間を入れれば、む
  しろ自転車の方が早いのです。
  
  所が私の自転車はマウンティングバイク。それも色も派手、タイヤも太くイカツイ奴しか無いのです。
  案の定、自転車通勤当初何人もから「良く走りそうやなー。それ息子さんの自転車? ゴッツイ自転車
  やなー」等、さんざん言われました・・・(^_^)

  病気前は階段降りや土手飛びなど、かなり危険な事もしていたが、最近は週2回のテニスの往復時
  に近道のため長い階段を乗り降りる位でした。
  
  又、時折車輪を外して自動車に積む為、荷物台も付けられない・・。だから通勤バックはショルダー
  式のバックにして、斜め掛けして自分では佐々木小次郎気分で乗っているが、女房には「熊が弁当
  箱を担いで走っている様だ」と言われています・・・(^_^)  残念ながら当っていそう!!

  尤もサドルはこの病気後、尿道に負担の掛からない様に尿道部、前後の中心線部の無い(空いた)
  サドルに交換しています。主治医にも自転車の事は了解を貰っていますが、全摘出手術をした現在、
  既に前立腺は無いので自転車は問題ないとは思いますが、正直少しは次回のPSAを気にしている・・。
  血液検査は3/19日だから、検査結果は4/16日だろう。


  平成15年3月29日(土) 嬉しさも中ぐらいかな誕生日


  今日は私の61回目の誕生日です。
  
  昨年の誕生日は還暦で定年、退職等初体験の事が多く一種感激と言うか戸惑いましたが、今回は
  別にこれと言う事は無い様です。

  最近マウンテンバイクの盗難で新しく購入した、中古マウンテンバイクな型は古いが、高級品だった
  ので、それに合う部品を交換修正した所、予想外で本体購入費と同額の費用が掛かってしまい、家
  族からひんしゅくを買っている事も有り、今回は何も要らないと事前断りを入れている。恐らく満場一
  致で承認される事と思う・・。

  尤も昨日は妻と巨木見学時にノンビールでご馳走のお祝をしてきたし、今日テニスから帰ると娘が
  花束を買ってくれていた・・(^^♪

  とわ言え、本心ではこうして発病前と同じ様に健康そのものでテニスも楽しめ、月15日の楽しいバイ
  トもさせて頂き、何の不都合も感じないままで、今年もバルコニーから花見が出来る事自体が、どん
  なに幸せな事かと感謝の毎日です。

  願わくはこのまま誰にも迷惑を掛けず、生活できる日が一日でも長く続いてくれる事を、祈っている毎
  日です・・。


  平成15年4月16日(水) PSAが0.031に・・。


  今日はホルモン治療の間欠療法後、ホルモン治療を再開して、最初のPSA結果が出る日である。
  
  普通の場合は、私はホルモン治療がとても良く効く体質の様なので、余り心配はしないが、今回は自
  転車(MTB)に乗る時間が、バイトの関係で大幅に増えており(1週間換算で過去20分間、現在420分
  間)、前立腺に負担の少ない、それ様のサドルを使用しているとは言いながら、どうしても会陰部を刺
  激するので、主治医には承諾を得ているとは言いえ、それが裏目に出ないかと正直心配だった。

  結果は今年の1/22に(ホルモン治療の間欠療法開始後約7ヵ月後)、PSA1.85でLH-RH(3ヶ月もの)
  を再開し、3/12採血の結果が(PSA1.85から49日後)、今回のPSA0.031であった。

  昨年の6月、間欠療法は「まだ当院では例がない・・」と言われる中、言わば私のお願いで始めた間欠
  療法だったが、今日の主治医は「PSAが下がって良かったね。時々注射を止めて、癌を薬に慣れさせ
  ない様に、この方法を取り入れた方が良い様だ。又時期を見てやっても良いと思う・・」と言って頂いた。
  
  帰り際、「先日、先生が出ていたテレビを見ましたよ。H医大と言うだけでも見てしまうのに、主治医が
  出て呉れていると、とても嬉しかった・・」と言うと、「そうですか、私は見れなかったが・・・」と、まんざら
  でもない笑顔で見送ってくれました・・・。  先ずは良かった ホッ 


  平成15年5月6日(火) ゴールデンウイークも終わって

  2003年を迎え2月からバイトを始め、良い仲間も大勢出来て、花が咲き始め新緑がいっぱいになった
  と思うと、早くも5月になっていた・・。

  PSAも何とか落ち着き良い滑り出しだったが、一つ嫌な出来事があった。 通勤にも使い大事にして
  いたマウンテンバイクが、このマンションの駐輪所で2つの鍵を壊されての、盗難に合った事だ。

  約4年間大事に使いフレーム以外は殆ど自分に合わせて部品交換し、たった一台しかないマウンテ
  ンバイクに仕上げていたのに・・・。 今でも各部品の色や形は当然、何回か「これはもうダメだ」と諦
  める程、怖い転倒した時に付いた幾つかの、フレームの傷の場所さえはっきりと覚えている・・(^^ゞ

  通勤の為、仕方なく娘のママチャリを借りて見たが、重量やペタルの重さに今更ながら、MTBの素晴
  しさに勝てなかった。しかし今度こそ盗難を避ける意味で、中古品にした方が良いだろうと、得意の?
  オークションで、運良く勿体ない様な良いMTBが安く手に入り、馴染みのバイク屋さんでも絶賛されま
  した。

  所がこのMTB、バイク屋さんの話では「年数こそ経っているものの、前のものよりずっと良いMTBなの
  で、その手のプロにまた間違いなく狙われるから、必ず家に入れて置くおくべきだ」と言われ、家族に
  も叱られてから、毎日狭い家の中に持ち込んでいます・・・(^^ゞ
  先日も30km程走ってきたが、サドルに馴染んでいないからか、お尻が痛かったもの新鮮だった・・(^_^;)

  ゴールデンウイークと言いながら、MTBの事ばかり書いてしまったが、息子も帰省してくれたし、天気も
  良くテニスや公園にも行けたし、元気で食事にも行けたし、特別なイベントは無かったが、平凡これ良
  しと言う事だろう・・・・・。


  平成15年5月14日(水) 血糖値が変だった・・!

  3月の外来時に採血した血液検査の結果を先月(4月)教えて貰った時、「血糖値が220になっている」
  と言われ驚いた。尤も突然の採血だったので当日朝食は取っていたのだが、主治医は「饅頭を死ぬ
  ほど食べても160位なので220はどう見ても高い。次回朝食抜きでもう一度調べてみましょう。今までの
  検査でもこんな高い数字が出ていないので、次回の結果で何らかの対策を考えましょう」と言われてい
  た。

  そこで気になっていたリュープリンの副作用を改めて見て見ると、沢山の副作用の中に血糖値の増加
  も有ったので、当然副作用の件も考えられるが、万一副作用としてもこれに(リュープリン)代わる薬が
  あるのだろうか・・? この薬は止められないし、その上糖尿病にでもなれば大変だ・・!!

  今回は診察前に採血を済ませ、長い待ち時間後の(よく受付に”予約しているのに何時間も待たされ
  て、これでは予約の意味がない”ともっともな?文句を言っている人がいる)診察で、早速今回の血糖
  値を聞いた。

  結果は105! 前回の220は、実に倍以上の数値だったのだ・・。
  
  現実にこんな事もあるんだ!! 
  結局、数値が良くても悪くても一回の検査ではなく、トータル的な数値が大事と言う事だろう・・。
   
  主治医は「過去の数値から見ても、又血糖値以外に重視している別の数値(名前を忘れたが白血球
  の中の糖の数値。急には増減せず過去のトータル的な血糖値を示すらしい)も、正常値なので心配は
  要らない・・。肝機能も大丈夫です」と言って頂いた。

  先ずは一安心でした・・。

 
  平成15年5月28日(水) 主治医が米国研修に・・

  お陰様で時々ホットフラッシュ(急な発汗)は有りますが、身体もバイトもすごく快調!!
  特に週2回のテニスも、何だか気味が悪いほど?好調です・・・(^^♪

  所で先日、通院しているH医科大学より電話があり驚きました・・。
  これは又、大変な事でも?と電話に出ると、「あなたの主治医のK先生が、研修の為2ヶ月ほどアメリ
  カに行く為、7月のLH-RH注射は代わりのY先生になります・・」との事でした。

  3ヶ月に1度の腹部注射なので、それはどの先生でも構いませんが、「帰国後は元のK先生にして欲
  い・・」と、電話で約束しておきました。

  何と言っても医学の、特に前立腺癌はアメリカでの癌患者男性罹患率第1位の国なので、治療方法
  も優れている国である。 (だからアメリカだったのであろう・・・)

  例え短い?2ヶ月ぐらいとは言え、泌尿科での専門医だから十分な知識と技術を持って帰国されると
  思っています。

  注射は3ヶ月に1度だが、診察は随時なので帰国ご診察が再開されれば、出来るだけ早い時期に行っ
  みる積りです・・・(^_^)

  画期的な治療法が有ったりして・・・^^;
         

  平成15年6月6日(金) 
アクセスカウンター、日当てクイズにご応募下さい!!

  皆様のお陰でこのホームページのアクセスカウンターが、現在185,000を超えました。

  2000.9月にオープンしてわずか2年9ヶ月で、こんなに多くの方に見て頂けるとは、想像もしていません
  でした・・。 本当に有難うございました。

  このホームページが私自身の励みになり、それが少しでも皆さんのお役に立て、こんなに多くの方の
  後押しがあればこそ、これからもパソコンの打てる状況が維持出来る限り、私の現状を記載していく
  積りです。

  どうぞ今後ともご指導ご鞭撻の程、宜しくお願いします。

  
  所で、レギュラーメンバーさんのご提案で

  「アクセスカウンターが200,000突破は何月何日か?」の月日当てゲームを致しますので、こぞってご
  応募下さい。
 
       「アクセスカウンター20万当てクイズ!」
 
            応募方法 》

           
お1人   2口まで

           〆切日   6月30日

           応募    掲示板に 「アクセスカウンター20万当てクイズ」 
                  名で掲載して下さい。  
                  
                ※ 応募は  @ 突破日  ○月○日、  A ハンドル名
                  をご記入下さい。
  
           賞品    極薄謝進呈(当選者全員)
       
           発表    アクセスカウンター200,000突破日の翌日、掲示板にて
                  発表します。



  平成15年6月30日(月) パソコン災難・・・顛末記

  6月17日にパソコンを入院させ、今日でやっと何とか使えるようになった・・・(^^ゞ

  この10何年間かでパソコンから離れたのは、1ヶ月の手術入院の時だけだったと思う・・。
  他にも趣味は有るとは言いながら、今更ながら私の生活に中に根深く入り込んでいた事に気がつきま
  した。

  今までも大抵の故障は自分で解決してきましたが、今回のそれはハードなのかソフトなのか解らなく、し
  かも止まってしまわずに、よぼよぼの状態で動くから返って対処し難かった・・・。

  17日にプロの技術師さんが来てくれ、1時間半ほど内外面から見て貰ったが、結局解らず終い。
  2週間の約束でおまけに「直るかダメか解らない・・」と言って引き上げてもらった。

  てっきり直ると思っていたが、26日に「責任持てる修理は出来ない」との電話が入った。

  何のために今まで待ったのかと悔やみながら(出来れば安く済ませたかっただけ・・)、早速27日大阪
  日本橋に行って(車で30分ほど)に新しいパソコンを購入した。
  以前のパソコンも当時最速のものだったが、今回のは比べものにならないほどのスペックの物だった。

  実感としてはそんな速くなかったが、今はインストールばかりで、いずれ画像やそれなりの処理時には
  きっと速いのだろうと思っていたが、有ろう事かこのパソコンもだんだん不調になって来た・・・・^^;

  きっとシステムだろうと思い今まで入れたアプリケーションを捨て、システム復元で購入時のままに戻し
  てみたが、今度は処理の遅いこと・・・。きっとDVDかハードディスクが可笑しいのだろうと、販売店に電
  話して、症状を言って「とにかく急ぐので初期不良交換して欲しい」と言っても、「こちらでパソコンのプロ
  が検査してではないと何ともいえない」と言うばかり。

  結局昨夜、販売店に持って行き、この調子では検査預けでまた3日ぐらいはパソコンなし・・と思ってい
  たが、1時間ぐらい掛かって調べたあとで、「本当は2,3日預かりたいが急いでいるようなので交換し
  ます」と言って、新しいパソコンに増設のメモリーや私が入れていたボードも入れて、認識まで確認し
  てくれたのには感謝した・・・(^J^)

  幸い昨夜はウインブルゾンも休みだったので?はじめからセットアップが出来た・・・。
  この何とも長かった2週間でやっと目処が立ちました・・・(^^♪
  
  たまたま今日は30日、カウンター20万クイズの締切日に間に合い、良かったと思っています。
  今までパソコンの買い替えは故障で買い換えたことは無かったので、いつでもきっちり動いてくれる物
  と思っていたが、病気と同じである日突然やって来るようです・・。

  皆さんも個人データだけは必ずバックアップしておいて下さい・・・(^_^)

  
  平成15年7月9(水) 外来、去勢術の効果

  今日の先生は何時もの主治医とは違い3番診察室の先生だ。 多分一度も見てもらったことがない・・。
  主治医は今アメリカで研修中である。

  LH-RH注射が3ヶ月目になったので注射の必要があったので、今日の外来になったのです。

  先生は「確か初めてですね・・」と気さくに話しかけて頂け、あかるい感じの先生で助かりました・・(^_^)

  注射の段になり「それでは打ちますよ」と言われたので、じっと我慢して構えていたが全く注射の感じが
  せず、その内に「はい終わりました。揉まない様にして下さい」と言われました。
  「もう終わったのですか?全く痛さが無かったのですが・・」と言ったが、先生は笑ったいました・・。

  いくらなんでも、まさか空打ちは無いだろう。こんな高価な薬の空打ちは困る・・・・(^_^)
  念の為? よる風呂の前に貼ってくれていたバンドエイドを剥がすと、真ん中に少し血の跡があったの
  で安心した・・・(^_^)

  疑問に思っていた「ホルモン治療で効果がなくなった後での去勢術は有効か?」と言う事を、来月は主
  治医に聞けるのだが、今月は別の先生なのでこれ幸いと聞いて見ました。

  答えは「選択肢の一つだが、よく解らないがどうも余り効果が有るとは思えない」との事でした。

  効果に個人差が有るとは言え、今までも何人かの先生のお答えを教えて頂いた限り、余り(殆ど)期待
  は出来ない様な気がしてきた・・・^^;

  無理も無い、良く考えてみるとLH-RHも去勢術も、どちらも男性ホルモンを抑える」事に他ならないのだ
  から・・・。

  勿論来月の外来では主治医に、今回の血液検査でのPSAも含め、もう一度聞いてみる積りです。


  平成15年7月21日(月) カウンター20万クイズ結果発表

  レギュラーメンバーさんの発案で、6月6日に打ち出しましたカウンター20万クイズの結果発表です。
  
  打ち出し日6月6日で、応募締切日6月30日でした。
  その結果8人の応募を頂き、どうも有難うございました。

  応募日の最短はottchさんの7月21日、最長ははなちゃんの10月3日でしたが、結果的に20万達成
  日は7月19日でした。

  残念ながらピタリ日の特賞(19日)は出ませんでしたが、副賞の一番近い日を当てられたのは、ご
  存知 四国は新居浜市の論理派ことottchさんでした。

  ottchさん、どうもおめでとうございました。
  早速かねて発表しておりました、極々々薄謝をお送りさせて頂きますので、ご小(笑)納下さい・・・(^^ゞ

  当初は、20万はおろか「こんな素人のホームページ、見て頂ける人がいるのだろうか?」と思いなが
  らの起ち上げでしたが、2年10ヶ月で20万突破させて頂いたのは、間違いなくレギュラーメンバーさん
  始め、皆さんのご支援の賜物と心から感謝しております。 

  ご参加ご協力どうも有難うございました。

  パソコンが打てる限り、更新を続ける積りですので、今後ともどうぞよろしく!!


  平成15年8月6日(水)  主治医がアメリカ研修を終えて

  今日は主治医のアメリカ研修の帰国後、初めての診察だった。
  予約も遅れるのを予期して14時だったが、いつもに比べ余り待つ事はなかった・・。

  お陰様で先月の血液検査でのPSAも問題なく、アメリカでの研修のお話しを聞いてみた。

  日本人は主治医だけで、他は皆んな外国の人ばかりだったそうで、会話や食事に苦労したと笑って
  いた。

  研修は聞いた名前を忘れてしまったが手術方法だったそうで、私の手術の時の様に沢山腹を切らな
  いで、他の腹部手術の様に、腹にいくつか穴を開けて、器具による手術の研修だったそうです。

  切らずに手術が出来れば良い事ばかりのようですが、主治医の説明では腹を膨らませるため炭酸ガ
  スを沢山入れるので、血管が塞がったり循環器系統に不都合が起きる恐れがある。また全て器具で
  出来ない所も有るので、どうしてもある程度の切開は必要との事でした・・。

  又、例の?「ホルモン治療が効かなくなった時の、去勢術は有効か?」の質問をしたが、以前にも私
  が推測した通りで(7/9に記載)、「去勢術の代わりにホルモン治療をしているので、ホルモン治療で効
  かなくなってしまえば、去勢術と同じ効果なので、全く効果は無い」との事でした。

 
  平成15年10月8日(水) ホルモン治療と更年期障害

  LH-RH(3ヶ月もの)の注射をしに行った。
  たまたま、この夏主治医が2ヶ月ほどアメリカに研修に行かれた腹腔鏡手術で、先日来新聞を賑わし
  ている、東京慈恵会医科大学付属青戸病院の、事件のお話になったが、「危険な方法なのできちんと
  資格を持った医師がいないととても危険だ」と言っておられた。

  こんな事件があると、医師側も患者側からも、ますます手術が制限されて来るのではないでしょうか・・

  また、ここの掲示板でも話題になっていた、男の更年期障害とホルモン治療について聞いてみたが、や
  はり「強制にホルモンを遮断するので、起きても不思議は無い。そこから鬱になる事も有る・・」との事で
  した。

  PSAと肝機能の為採血をした。
  主治医はPSAも「0.0以下の数字は上がっても下がっても心配無用」と言われるが、やはり少しでも下が
  る方が嬉しい・・・。
  
  今日は比較的空いていた。 ひどい時は予約時間から3時間も待たされるのだから・・・^^;


  平成15年10月16日(木) 天皇陛下のがんの指標が微増。 宮内庁


  <以下原文のまま>
  前立腺がんを治療するため1月に前立腺の全摘出手術を受けた天皇陛下の血液検査で、このがんの
  指標とされる前立腺特異抗原(PSA)が微増傾向にあることが分かった。宮内庁が16日、発表した。
  会見した金沢一郎皇室医務主管は「数値は非常に低く、早急に処置が必要なレベルではない。測定を
  続け、推移を見守りたい」と話した。

  金沢主管によると、天皇陛下のPSAは、最近の検査で1ミリリットルあたり0.1ナノグラムにも満たな
  い「小数点以下2ケタ」というごく低い数値ではあるが、微増の傾向を示しているという。

  金沢主管は「がんの転移とか再発ではなく、直ちに何らかの措置を必要とするものではない」と述べ、
  「回復は順調」と説明したが、一方で「万一、数値が大きくなった場合は、早めに手を打って完治を狙
  いたい」と語った。

  天皇陛下は前立腺摘出の際に、切除した断面を電気メスで焼く処置を受けており、同主管は「PSAは
  前立腺以外からも出る可能性があるが、残念ながら、いくつかの細胞が焼き切れていなかった可能性
  もある」と述べた。

  また、陛下が12月23日に70歳の古希を迎えることを指摘し、来年以降は宮内庁としても過密な日程
  や長時間の行事を避けるなど、負担を軽くする策に取り組む必要があるとの見方を示した。

  まだ状況が未確定な段階で発表したことについて金沢主管は「陛下は日頃から真実は真実として皆が
  知っているべきだとのお考え」と説明し、陛下の意向を踏まえていることを示唆した。

  天皇陛下は16日夕、メキシコのフォックス大統領が滞在している元赤坂・迎賓館を訪問し、元気な姿を
  見せた。 (10/16 22:00)

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  宮内庁にしては今までに無く具体的発表なだったので、原文を記録しました。

 >金沢主管は「がんの転移とか再発ではなく、直ちに何らかの措置を必要とするものではない」と述べ、
 >「回復は順調」と説明したが、一方で「万一、数値が大きくなった場合は、早めに手を打って完治を狙
 >いたい」と語った。
 
  この「万一、数値が大きくなった場合は、早めに手を打って完治を狙いたい」と語ったそうだが、この早
  目の手とはどんな治療なのか、ここを具体的に知りたいものだ・・。
 
  
  平成15年11月26日(水)  初めての耳鳴り・・・


  骨シンチの予約とPSAの為の採血に行った。
  
  実はこれとは別に今回の診察の折り、聞いて置きたい事も有ったのです。
  それは先日パソコンを触っている時、目の前のパソコンのタワーケースの辺りから?ジーかツーとかの感
  じの甲高い蝉の鳴声の様な音が聞こえて来たのです・・。

  最初はハードディスクかDVDの回転する音だと思っていましたが、気が付けばトイレに行っても聞こえ
  ているではないか・・(^^ゞ

  自分なりに調べた結果、これが耳鳴りだろうと言う結論になりました。
  耳鳴りの原因は、老人性のもの、高血圧からのもの、薬の副作用からのものと幾つも有るようです・・。

  この私の耳鳴り、良く観察すると?
 1、鳴る日と鳴らない日が有る。
 2、鳴る音が比較的大きい時と、小さな時、また全く鳴らない日が有る。
 3、当然静かな時は良く聞こえ、賑やかな時は解らない事が多い。
 4、テニスの時は(激しい運動時)静かな時でも、鳴っていない。
   
  実際は殆どの時は忘れてしまっている位なので、別にどうと言う事は無いのですが・・・。

  私の考えではどうも薬(LH-RH)の副作用のように思うのです。

  そこで先生に聞きました。
  主治医は、「確かに副作用には耳鳴りも有る」との事でした。
  念のために血圧も測ってもらったが正常でした。
  
  家でも時々計っているがデジタルのものなので、やはり血圧は先生に腕に空気袋を巻き、シュパシュ
  パされながら聴診器で測ってもらうと、妙に安心します・・(^_^)

  
  ホルモン治療中の方も多いと思いますので、LH-RH(リュープリン)の副作用の資料を、アップして置
  きました。

                  《LH-RHによる前立腺癌の副作用》
 肝臓 LDH上昇 黄疸,AST(GOT),ALT(GPT),γ−GTP,AL−Pの上昇  
 内分泌系 ほてり,熱感 頭痛,顔面潮紅,めまい,発汗,性欲減退,インポテンス,女性化乳房,睾丸萎縮,会陰部不快感  
 筋・骨格系   関節痛,骨疼痛,肩・腰・四肢等の疼痛,歩行困難 筋肉痛,骨塩量の低下  
 皮膚   皮膚炎,頭部発毛  
 泌尿器系   頻尿,血尿,BUNの上昇  
 循環器   心電図異常,心胸比増大  
 血液   貧血,血小板減少  
 消化器   悪心,嘔吐,食欲不振 下痢  
 過敏症   発疹,そう痒  
 投与部位   疼痛,硬結,発赤等の注射部位反応 膿瘍  
 その他   浮腫,胸部圧迫感,悪寒,倦怠感,口唇・四肢のしびれ,体重増加,知覚異常,難聴,耳鳴,発熱,総コレステロール上昇,トリグリセライド上昇,尿酸上昇,高カリウム血症,血糖値上昇 脱力感