数独 コツ 解き方 テクニック ナンプレ 解法 難問 攻略 法則 無料 ソフト アプリ
テクニック コツ 無料 ルール 解き方 数独 ナンプレ 必勝法 定石 定跡 セオリー 鉄則 法則 解法 攻略 攻略法 アプリ フリーソフト 数独解法プログラム
数独は確定法のみで解ける! 数独は仮定法=背理法を使わず解ける!
初心者のための数独(ナンプレ)入門=数独必勝法の研究サイト
数独を仮定法(仮置き)を使わず、確定したセルだけを埋めていく確定法のみを使う方法の研究

MENU
数独のルール
 数独のルールの説明

基礎研究(数独のセオリー)
 セオリー1 列・行排除法
 セオリー2 ライン可能性絞り込み法
 セオリー3 リスト絞り込み法
 セオリー4 反照列・行排除法
 セオリー5 メンバー確定orリスト絞り込み法
 セオリー6 ライン間接排除絞り込み法=矛盾絞り込み法
 原理1=相補確定の原理⊂1:1対応の原理
 原理2=ライン確定の原理
 研究例題2のキモ

NEW!
詰め数独
 詰め数独とは、決定できるセルを探してそのセルに数字を埋める問題です。理詰めでセルと数字が決定できるので詰め数独です。数独を確定法で解くとは、確定できるセルを一つ一つ発見して数字を埋めていく方法です。ですから、確定法とは詰め数独の積み重ねによって数独を解く作業です。腕がなかなか上達しないと感じている方は、詰め数独を試みてください。
 最初は、ヒントを見ないで考えてどうしてもわからないときは、ヒントを1つずつ見てください。それぞれヒントにおいてもできるだけ、次のヒント使わずに考えましょう。段々力がついていけば、ノーヒントで答えられるようになるはずです。頑張りましょう。
詰め数独その1(4手詰め)
 詰め数独その1−問題
 詰め数独その1−ヒントその1
 詰め数独その1−ヒントその2
 詰め数独その1−ヒントその3
 詰め数独その1−解答
詰め数独その2(3手詰め)
 詰め数独その2−問題
 詰め数独その2−ヒントその1
 詰め数独その2−ヒントその2
 詰め数独その2−ヒントその3
 詰め数独その2−解答
詰め数独その3(2手詰め)
 詰め数独その3−問題
 詰め数独その3−解答
詰め数独その4(1手詰め)
 詰め数独その4−問題

 詰め数独その4−解答

研究例題
研究例題は、問題を白で示し、解答を黄色で示しています。

研究例題1
 研究例題1その1
 
研究例題1その2
 研究例題1その3
 研究例題1その4
 研究例題1その5
 研究例題1その6
 研究例題1その7(セミファイナルステージ)
 研究例題1その8(ファイナルステージ)
 
研究例題2
 研究例題2その1
 研究例題2その2
 研究例題2その3
 研究例題2その4
 研究例題2その5
 研究例題2その6
 研究例題2その7
 研究例題2その8
 研究例題2その9
 研究例題2その10
 研究例題2その11
 研究例題2その12(決着一歩手前)
 研究例題2その13(決着のとき=最終章)

研究例題3
 研究例題3その1
 研究例題3その2
 研究例題3その3
 研究例題3その4
 研究例題3その5
 研究例題3その6
 研究例題4その7
 研究例題5その8(難攻不落城陥落一歩手前) 
 研究例題5その9(難攻不落城の断末魔)

研究例題4
 研究例題4その1
 研究例題4その2
 研究例題4その3
 研究例題4その4
 研究例題4その5
 研究例題4その6
 研究例題4その7
 研究例題4その8(セミファイナル)
 研究例題4その9(ファイナル)

研究例題5
 研究例題5その1
 研究例題5その2

研究例題6
 研究例題6その1

研究例題7
 研究例題7その1

研究例題8
 研究例題8その1

研究例題9
 研究例題9その1
 研究例題9その2
 研究例題9その3
 研究例題9その4
 研究例題9その5
 研究例題9その6
 研究例題9その7
 研究例題9その8

NEW
良問難問数独自動生成アプリVer.3(非対称形)
(CORETMi7(3.4GHz)で平均
ヒント数27:0.77秒 ヒント数25:1.35秒 ヒント数24:2.33秒 を実現
ヒント数によってはVer.2の10倍以上の速度を実現
その結果ヒント数21も2,3分待てば作成可能!
さらに、Ver.2の問題に比べれば美しさが断然上です。)

良問難問数独自動生成アプリVer.4(対称形)

良問難問数独自動生成アプリVer.2(非対称形)
(ヒント数を指定できるようにしました。
CORE
TMi7(3.4GHz)で平均
ヒント数27:1.29秒 ヒント数25:3.58秒 ヒント数24:9.69秒 を実現
時間がかかりますがヒント数19も作成可)

NEW
数独のシンプルな解き方・簡単な解法の研究

NEW
数独の100%の問題を確定法(背理法を使わないで解く方法)
のみで解く確定法数独解決ソフトVer1完成
#排除
(井桁理論)を追加
ニコリ『”数独の父”鍛冶真起が教える難問数独』や成美堂出版『ナンプレ ザ・ワールド200超難問』最終問題を含む55題(実験範囲)を確定法のみで解きました。実験した範囲は55題ですが、おそらく『”数独の父”鍛冶真起が教える難問数独』の全108題と『ナンプレ ザ・ワールド200超難問』の全200題はすべて解けるものと思われます。確定法数独解決ソフトの完成を宣言します。
そして、確定法数独解決ソフトVer.1のエンジンを積んだ良問難問数独自動生成アプリVer.1が完成しました。新次元難問数独自動生成ソフトVer.1は残念ながら28%の割合でトライアンドエラーを使わないと解けない問題を作成していましたが、良問難問数独自動生成アプリVer.1は100%の確率で確定法のみ(理詰めのみ)で解ける問題を生成します。
確定法数独解決ソフトVer.1が証明するところによるとニコリ『”数独の父”鍛冶真起が教える難問数独』や成美堂出版『ナンプレ ザ・ワールド200超難問』などの良問数独は、排除原理と1つの方法によってすべて解ける!・・・です。排除原理は、
ライン排除・ライン反照排除・1:1対応確定排除・ブロック排除・#排除の5つです。方法は、セルリスト絞り込み法です。1:1対応確定排除の中で最もよく使う原理は相補確定(2on2)排除の原理です。
ですから、ライン排除・ライン反照排除・相補確定排除・ブロック排除・#排除セルリスト絞り込み法によって99%の数独が解けます。1:1対応確定の一種である3on3まで使うならおそらく100%の数独が解けます。

 2011年12月より数独の必勝法の研究を始めました。まだ、研究の途上であり仮説でしかありませんが、数独は仮定法を使わず、確定したセルを順に埋めていくことによって、解答を作成できると考えています。もちろん、セルの数字を仮定して進めていって矛盾したらその数字を捨てるという方法も有力な方法ですが、仮定法を使うとミスを起こす確率が高いという問題があります。出来たと思ったら、列や行などに数字の重複があり、ちょっとの手直しではどうにもならず結局すべて消しゴムで消してやり直しの経験をお持ちの方は多いと思います。やはり、ミスを少なくするためには確定したセルだけを埋めていく方法を採用すべきだと思います。確定したセルだけを埋めていく方法を確定法と呼べば、私の仮説は確定法だけによって数独は解けるということになります。以下、セオリーを研究する基礎研究とそれの応用である研究例題によって仮説を証明していきたいと思います。
 尚、このサイトの基本方針を示しておきましょう。基本方針は、1ステップ1内容です。一気に複数のセルを決めたり、いくつかのセオリーを組み合わせて結論を導いたりしないということです。将棋に喩えていえば、1手1手解説するということです。叙述は長くなりますが、この講義は初心者を対象にするサイトですので、わかりやすさ優先ということでご了承お願いします。
 もう一つ他のサイトと違う点があります。本やサイトによると、候補が見つかったら小さい数字で書いておくことを推奨していますが、この講義の場合は、3つ連続して繋がっているセルか2つのセル(これは桂馬飛びのように離れている場合も入ります。)に入る数字の候補が見つかったときのみ小さな数字を書き込むです。
パソコンの画面で説明していますが、紙の問題を鉛筆と消しゴムで解いていくことを想定しています。1つの欄(セル)にあまり数字を記入すると、ミスの原因になりまし、かえってわかりにくくなります。行・列・ブロック・ブロック内の3つ繋がりのセル・ブロック内の2つのセル(離れていてもよい)・ブロックを跨いでいるが2者選択のセルを、私は単位と呼びたいと思います。単位に、リストが決まったときのみ小さく記入していき、そして確定したセルを大きく書き、その際に可能性が消えた小さな数字は消すということの積み重ねによって、ナンプレを解くということです。

 本サイトでは、研究例題についてはインターネットや書籍から題材を選んでいます。掲載については、特にお断りしていませんが、大変良問であると認識してのことですし、その書籍を購入することやサイトを見ることをお勧めているつもりですので、了承していただけれればと思います。了承していただけない場合は、お手数でも連絡お願いします。即、お詫び申し上げ掲載から外します。尚、連絡は本サイトのメニューにあるメールからお願いします。一般メールだと見落とす可能性が大きくご迷惑をおかけしてしまうからです。 
* 本サイトにおいては、縦を列、横を行と呼びます。



サイト運営者開発ソフト

新次元難問数独自動生成ソフトVer.1
数独問題作成ソフトVBA版Ver.8
Windows版マルチスレッド対応の数独問題作成ソフトVer.1
(このソフトを動かすには、.NETFrameworkがインストールされている必要があります。マイクロソフトから無料でダウンロードできるMicosoft Visual C++ 2010 Expressなどをインストールすれば、自動的に.NETFrameworkはインストールされます。Micosoft Visual C++ 2010 Expressをインストールするには、MSDN ホームページVisual Studio
(http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/express/)
というページに行ってください。Visual C++ 2010 Expressは、30日の使用期限が決められている試用版ですが、無料の登録を行うことによって、無料のまま無期限で使用できるようになります。)

美しい数独問題を作成するソフト(Windowsマルチスレッド対応版)Ver.2
美しい数独問題を作成するソフト(6題連続作成用)Ver.2
美しい数独問題を作成するソフトVer.2

本サイトでは、しばしば間違いや不適切な箇所を発見したり、よりよき方法を発見する度にすでにアップしてあるページを書き換えています。ですから、一度閲覧したページでも時々再チェックすることをお勧めします。



戻る

NEW!
女子高生NEKOの大発見!=リボン計算(リボン演算)
NEKOが発見したリボン計算(リボン演算)を使えば、2桁同士のかけ算が暗算でできます。また、訓練すれば、3桁×2桁・3桁同士、4桁×2桁・4桁×3桁・4桁同士でさえ、暗算が可能であるかもしれません。少なくとも、2桁同士のリボン計算(リボン演算)のよる暗算と紙を利用すれば、4桁同士のかけ算は一瞬でできます。2桁同士の暗算問題を昔流行った100ます計算の形にして、認知症予防ドリル、小学生の計算力を鍛えるドリルとして売り出せば、売れるのではないでしょうか。女子高生NEKOの大発見のコーナーでは、VBAで作った2桁100ます計算ソフトも扱います。また、VBA入門・VC++入門・Java入門の各プログラミングのページでも2桁100ます計算ソフトを題材として取り上げる予定です。
リボン計算(リボン演算)は夏休み・冬休みの自由研究に最適です。小学生・中学生・高校生のみんなNEKOに負けず研究しよう。君たちの夏休み・冬休みも発見の雨嵐になるかもね。おもしろい結果が出たら、メールしてね。このサイトで取り上げるよ。それから、皆さんぜひNEKOに激励のメールお願いします。メールしたい人は色の違っているメールをクリック。


New!
左脳一辺倒・論理一辺倒・形式一辺倒の現在の数学教育を打倒し、右脳を働かせ、直観と内容を重視する右脳数学へ転回していくための試論
Twitter風にまとめた新右脳数学教育論1
Twitter風にまとめた新右脳数学教育論2
Twitter風にまとめた新右脳数学教育論3

Twitter風にまとめた新右脳数学教育論4