ゲームプログラミングで始める『小学生からエンジニアまでのC言語入門 C++入門』 第2部
緑色(基礎)はC言語基礎の説明で青(ゲーム)はゲームに関する説明です。基礎がわかっている方は、緑色(基礎)は飛ばしていただいても結構ですが、前の各講や各話で説明したことが、それぞれの話の講義の前提になっていますので、順番の通りに読むことをお勧めします。)
第1部へ
第11講 ポインタの学習

第1話 基礎の重要性(基礎)
第2話 ポインタとは?(基礎)
第3話 ポインタの簡単な実例(基礎)
第4話 ポインタの少し高度な例(基礎)
第5話 ポインタと配列の関係(基礎)
第6話 ポインタと配列の関係その2(基礎)
第7話 2次元配列に対応するポインタ(基礎)
第8話 1次元配列を社員(関数)に送る(基礎)
第9話 2次元配列を社員(関数)に送る(基礎)
第10話 配列のアドレスを返す(基礎)
第11話 3次元配列を送ったり返したりする(基礎)
第12話 関数ポインタによって関数をアドレスで操作する(基礎)
第12講 ポインタを利用してテトリスからグローバル変数とグローバル配列を追放する!
第1話 変数のアドレスを送る(基礎)
第2話 グローバル変数xとyをローカル変数に変更(ゲーム)
第3話 グローバル変数mをローカル変数に変更(ゲーム)
第4話 グローバル配列char s[2],k[2]をローカル配列に変更(ゲーム)
第5話 2次元配列をいかにして送るか?(基礎)
第6話 グローバル配列 char chizu[12][27]とchar chizumodosu[12][27]を2次元ポインタに変更することによってローカル配列にする(ゲーム)
第13講 ブロック崩しその1
第1話 ブロック崩しのための準備(ゲーム)
第2話 ゲームモードの切り替え(ゲーム)
第3話 ボールを自動的に動かす(ゲーム)
第4話 ボールを壁で反射させる(ゲーム)
第5話 バーを描き←・→で左右に動かせるようにする(ゲーム)
第6話 バーでボールが跳ね返るようにする(ゲーム)
第7話 ブロックを描く(ゲーム)
第8話 10層のブロックを一気に描く直す(ゲーム)
第9話 ブロックで反射させる(ゲーム)
第10話 床を通り抜けるように変更(ゲーム)
第14講 ブロック崩しその2
第1話 床を通り抜けたらゲームオーバーとする(ゲーム)
第2話 ゲームオーバ画面からエンターキーでゲーム再開、Zキーで初期画面への切り替えをする(ゲーム)
第3話 初期画面からゲーム級を選んでゲームが始められるようにする(ゲーム)
第4話 当たり判定の考え方(ゲーム)
第5話 ブロックを消すには?(ゲーム)
第6話 ブロックに当たったらボールを跳ね返しブロックが消滅するようにする(ゲーム)
第7話 ゲームスコアのカウントと表示(ゲーム)
第8話 ブロック崩しの完成!(ゲーム)
第15講 構造体の学習
第1話 浮動小数点型変数(基礎)
第2話 文字列変数(基礎)
第3話 構造体(基礎)
第4話 構造体配列(基礎)
第5話 構造体を利用した成績一覧表(基礎)




戻る

小学生・中学生・高校生の皆さんは、
是非ともAI時代の生き方・学び方(離任挨拶から)を読んでAI時代の勝利者になり、幸せをつかみましょう!
お知らせ
次のいずれかについて無料指導ボランティアを行います。
@ プログラミング A 読書感想文 B 読書会 C プレゼン
ご希望の方は連絡ください。
※対象
小学生・中学生・高校生・大学生・社会人など、熱意のある方ならどなたでも結構です。
また、個人・
団体を問いません。
※条件
*心から楽しんで頂くこと(笑顔こそが私にとって最大の報酬です)。
*近隣であること。
*私の家に通ってきて頂いてもよいですし、こちらから出向くことも可能です。
*読書感想文指導については、メールとLINEでの指導も可(メールとLINEなら遠方でも可能ですが、少なくても2回は直接会っての指導が前提となります。)。
*高校生以下については保護者が同意して、保護者が依頼すること。
*依頼を受けるかは、本人と面接をして決めます。高校生以下については、面接に保護者の同席が必要です。面接での確認事項は熱意の1点です。
※当方
宇都宮市在住

元県立高校教諭(教科 数学と情報 物理学科出身)
@については、私のすべての各種プログラミング講義(C++・C言語・VB・VBA・Java・Rubyに渡る計31の講義)はGoogleランキングで第1位または上位にランクされています。例えば、2017/08/12現在『VC++ 初心者』で検索したときの第1位から第7位までのすべてが私のサイトのページです。サイトアクセス数は、多い日には1日に2万近くを数えます。
Aについては、国公立進学者が10名程度しかいない高校に在籍していた時代に、その高校の女子生徒を応募総数2万4千の頂点(栃木県読書感想文コンクールの最優秀賞)に導いた経験をもっています。文学自体はそれほど読んでいるわけではありませんが、哲学・社会科学・人文科学については、多数の書籍を読破しています。大手出版社から2回一般書籍の執筆依頼を受けていますし、私の書いた論文が大学の輪読の題材に採用されたこともあります。
Bについては、体験した読書会は500回を超えます。題材は、小説・随筆・哲学書・社会科学書など多岐にわたり、1回(基本2時間)の対象となる範囲も数行からから1冊全部までと多様な幅で体験しています。参加人数についても2人から40数人といろいろな読書会をやってきました。私のもっとも得意な読書会の方法は、超精読です。これは、1行1行解釈していくやり方です。伝説の国語教師といわれる橋本武は、私が超精読と呼ぶスロウ・リーディングによって、公立校の滑り止めにすぎなかった灘校を東大合格者数で日本一に導き、日本NO.1の進学校に育てています。超精読=スロウ・リーディングには、大きな教育的な効果があることは明らかです。ただし、指導は速読・精読を問いません。
Cについては、プレゼン指導は、1500人以上の生徒に行ってきました。プレゼンの条件は、1人15分で、原稿持ち込み禁止としました。さらに、原稿の丸暗記もまったく評価しないことを生徒に伝えました。いずれにしろ原稿の棒読みになるからです。原稿棒読みになるということは、プレゼンターが自分の話す内容を把握していないということです。話し手が自分の話を把握していなければ、当然聞き手の頭に入るわけがありません。話の内容を完全に把握することは、プレゼンターの当然の責任です。年度当初にこれを伝えると、生徒たちは反発しましたが、始めると生徒たちはプレゼンに夢中になり、平日も夏休み・冬休み・春休みも毎日コンピュータ教室に通うようになり、自分が納得いくまでプレゼン作品を作り続けました。実際に、生徒たちは本当に素晴らしいプレゼンを展開しました。そして、自分から学校祭での発表を希望して、職員を含めて約800人を前にして笑顔で自分の言葉で語り、冗談を入れて会場を笑わせながら、生き生きとプレゼンをしていました。生徒の成長は、私に指導力があるからではなく、生徒たちがお互いに切磋琢磨し合った結果です。みんながよい発表をするから刺激され、プレゼンをより磨いたからなのです。生徒たちのプレゼン能力は、先生方が考えているよりずっと高いということを是非とも先生方に伝えたいと思っています。私の指導相手は高校生でしたが、小学生や中学生でもまったく同様であると思っています。
※連絡先
fmut1621@hotmail.co.jp
     
メールへのリンクが貼ってありますが、リンクが開かない場合はお手数ですがアドレスをコピペしてメールして下さい。