第7講 多次元配列と1次元配列の関係
第4話 第6講第4話の課題を1次元配列によって実現する
011
を1次元配列とデータ生成とデータ表示をすべて2次元for文で実現するコード例

//以下C#を始めるためのお呪い
using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;
//以上C#を始めるためのお呪い
namespace a //初心者はお呪い=決まり事と思い一切気にしない
{
  class Program //初心者はお呪い=決まり事と思い一切気にしない
  {
    static void Main(string[] args) //私は社長だ。
    {
      f();
    }
    static void f()
    {
      int[] a = new int[12];
      Random r = new Random();
      //以下データ生成
      for (int i = 0; i < 12; i++)
      {
        a[i] = r.Next(100);
      }
      //以下行列データ表示
      for (int i = 0; i < 3; i++)
      {
        for (int j = 0; j < 4; j++)
        {
          if (a[4 * i + j] < 10) Console.Write(" {0:d} ", a[4 * i + j]); //1桁の場合
          if (a[4 * i + j] >= 10) Console.Write("{0:d} ", a[4 * i + j]); //2桁の場合
        }
        Console.WriteLine(); //改行
      }
      Console.WriteLine(); //改行
      //以下左右反転行列データ表示
      for (int i = 0; i < 3; i++)
      {
        for (int j = 0; j < 4; j++)
        {
          if (a[4 * i + 3 - j] < 10) Console.Write(" {0:d} ", a[4 * i + 3 - j]); //1桁の場合
          if (a[4 * i + 3 - j] >= 10) Console.Write("{0:d} ", a[4 * i + 3 - j]); //2桁の場合
        }
        Console.WriteLine(); //改行
      }
      Console.WriteLine(); //改行
      //以下上下反転行列データ表示
      for (int i = 0; i < 3; i++)
      {
        for (int j = 0; j < 4; j++)
        {
          if (a[4 * (2 - i) + j] < 10) Console.Write(" {0:d} ", a[4 * (2 - i) + j]); //1桁の場合
          if (a[4 * (2 - i) + j] >= 10) Console.Write("{0:d} ", a[4 * (2 - i) + j]); //2桁の場合
        }
        Console.WriteLine(); //改行
      }
      Console.WriteLine(); //改行
      //以下転置行列データ表示
      for (int i = 0; i < 4; i++)
      {
        for (int j = 0; j < 3; j++)
        {
          if (a[4 * j + i] < 10) Console.Write(" {0:d} ", a[4 * j + i]); //1桁の場合
          if (a[4 * j + i] >= 10) Console.Write("{0:d} ", a[4 * j + i]); //2桁の場合
        }
        Console.WriteLine();
      }
    }
  }
}


第5話の課題は、
      //以下左右反転行列データ表示
      for (int i = 0; i < 3; i++)
      {
        for (int j = 0; j < 4; j++)
        {
          if (a[4 * i + 3 - j] < 10) Console.Write(" {0:d} ", a[4 * i + 3 - j]); //1桁の場合
          if (a[4 * i + 3 - j] >= 10) Console.Write("{0:d} ", a[4 * i + 3 - j]); //2桁の場合
        }
        Console.WriteLine(); //改行
      }
      Console.WriteLine(); //改行
までの部分を1次元for文で実現するです。
ノーヒントでは難しすぎる課題ですから、
ヒントを出しておきます。
改行のタイミングは、第3話の
      //以下左右反転行列データ表示
      for (int i = 0; i < 12; i++)
      {
        
if (i > 0 && i % 4 == 0) Console.WriteLine(); //改行
        if (a[i] < 10) Console.Write(" {0:d} ", a[i]); //1桁の場合
        if (a[i] >= 10) Console.Write("{0:d} ", a[i]); //2桁の場合
      }
      Console.WriteLine(); //改行

        if (i > 0 && i % 4 == 0) Console.WriteLine(); //改行
で良いわけですが、表示内容を左右反転にするのが難問中の難問です。

  j→
   
 ↓  
0 1 2 3
0  0   1 2 3
1 4 5 6 7
2 8 9 10 11

1次元配列の添え字03に、
1次元配列の添え字12に、
1次元配列の添え字21に、
1次元配列の添え字30に、
1次元配列の添え字47に、
1次元配列の添え字56に、
1次元配列の添え字65に、
       ・
       ・
       ・
1次元配列の添え字118に、
に変換できればクリアです。
そんなうまい方法はあるでしょうか。
これを実現するには、
0,1,2,3
4,5,6,7
8,9,10,11

を一方では
0,0,0,0
4,4,4,4
8,8,8,8

に変換し、他方では、
0,1,2,3
0,1,2,3
0,1,2,3

に変換して、
さらに、
0,1,2,3

3,2,1,0
に変換する方法を考え組み合わせます。

組み合わせるのは
0,0,0,0
4,4,4,4
8,8,8,8


3,2,1,0
3,2,1,0
3,2,1,0

です。

0,1,2,3
4,5,6,7
8,9,10,11


0,1,2,3
0,1,2,3
0,1,2,3

に変換するには、%を利用します。
11 % 4 =3
ですね。11を4で割った余りを求めます。

0,1,2,3
4,5,6,7
8,9,10,11


0,0,0,0
4,4,4,4
8,8,8,8

に変換するには、割り算を利用します。

int型の割り算はint型になるのでしたね。



第3話へ   第5話へ

002

初心者のための excel 2016 マクロ VBA 入門講義 基礎から応用まで
vc++ c言語 c++ 入門 初心者 基礎から応用まで
eclipse c++ 入門
魔方陣 数独で学ぶ VBA 入門

数独のシンプルな解き方・簡単な解法の研究
VB講義へ
VB講義基礎へ
初心者のための世界で一番わかりやすいVisual C++入門基礎講座
初心者のための世界で一番わかりやすいVisual Basic入門基礎講座
初心者のための世界で一番わかりやすいVBA入門講義(基礎から応用まで)
初心者のための VC++による C言語 C++ 入門 基礎から応用まで第1部
eclipse java 入門
java 入門 サイト 基礎から応用まで
本サイトトップへ