(2001年6月)

カメラ:コニカ・デジタル現場監督

Dsc00058-30.jpg

平敷屋港から見た津堅島。

Dsc00062-30.jpg

与勝半島先端の勝連町の平敷屋港。

津堅島も勝連町の一部である。

Dsc00076-30.jpg

 島へ帰る地元の人達。

 本島で買ってきたいろんなものを船に積みこんでいた。

Dsc00082-30.jpg

津堅港に入港。

Dsc00088-30.jpg

津堅の集落。

本島から近いのにここは時間の流れ方が違っていた。

天気がとても良く、日差しが痛かった。

Dsc00090-30.jpg

Dsc00095-30.jpg

Dsc00096-30.jpg

Dsc00105-P30.jpg

 島の海岸のうち南西部だけ断崖になっていて遊歩道がある。途中のニンジン型展望台からは島中がよく見渡せる。

Dsc00118-119P-30.jpg

これは津堅集落を見たところ。

Dsc00124-30.jpg      Dsc00127-30.jpg

これが津堅ビーチ。超穴場だと思う。

Dsc00132-30-t.jpg

 島の北部から浜比嘉島・平安座島方面を見たところ。

 このあたりは海水浴場ではないがとても海岸がきれい。

 広いニンジン畑。

 農作業してる人影は全く見かけなかった。
Dsc00141-30.jpg

Dsc00142-30.jpg

津堅ビーチのすぐ前にある民宿「つけん」。

Dsc00150-30.jpg

 飾りっ気はないがやたら豪華な夕食。

 ステーキ・もも肉・グルクン・イセエビ半分・サザエ壷焼き(小)・ソーメン・ゴーヤチャンプル(小)。

 部屋にはクーラー・テレビ・トイレ・シャワーもちゃんと付いていた。

 これで1泊2食5000円である。

Dsc00147-30.jpg

 夕暮れのビーチ。とても静か。

 夜になると本島の街の灯がきれいだった。

 すぐ向うに見える本島の喧騒とは全く無縁に津堅は満天の星に静かな波の音だけが聞こえ続けていた。

Dsc00152-30.jpg

 朝のビーチ。

   

インデックスへ