(2001年6月)

カメラ:コニカ・デジタル現場監督

Dsc00013.jpg

久高島行きの船が出る知念村の安座真港。

岸壁に止まってる船(左)は久高島行きの高速船。

他にフェリーもある。

Dsc00014.jpg

高速船で約15分、フェリーなら25分である。

Dsc00016.jpg

久高島に上陸。

Dsc00023.jpg



久高の集落。

港のある島の南部に集落がある。

きれいな集落だった。

 道を聞きたかった。

 しかし天気の良い日中で誰も歩いていなかった。
DSC00026.JPG

Dsc00028.jpg

Dsc00099.jpg

Dsc00038.jpg

集落を外れて北へ行く道

Dsc00042.jpg

 西海岸のウチバーラに整備された遊歩道・ロマンスロード。

 天気が良くてこの付近からの海の眺めが最高だった。

Dsc00122-126(P)-SS30-2.jpg

Dsc00054.jpg

最北端・カベール岬へ向う道

Dsc00130.jpg

 カベール岬。

 「最北端」と呼ぶに値する雰囲気がある。

Dsc00107(P)S-17-30.jpg

東海岸のビーチ。沖合いに長く弧を描くリーフがくっきりときれい。

Dsc00080.jpg

 島には民宿が2軒。

 これはニライ荘。2階の部屋の開けた窓からは遠くのリーフに砕け散るザザァという波の音がよく聞こえた。

 他に最近できたコミュニティーセンターはきれいな鉄筋コンクリート造りで、素泊まりのみで宿泊できるとのこと。

Dsc00078.jpg

夕暮れの漁港付近。

向うは知念半島。

Dsc00095.jpg

 これはイザイホウの様子。

 島に生まれて島の男と結婚した女はみなイザイホウによって神女(ミコ)となるとのこと。

 来年あるはずのイザイホウについて別の2人のおばさんに聞いたら二人とも、「さあ、やるかどうか・・・若いモンがみな島を出ておらんからね」というようなことを言っていた。

Dsc00141.jpg

 西海岸。ヤグルガー嶽の下にある海岸。

 完全プライベートビーチだった。

 最終便が出るまでのんびりと極上の時を過ごした。

Dsc00145.jpg

久高島を去る。

右の方が港と集落。

左端が最北端カベール岬。

沖縄タイムスの特集 : 島を往く・船人くらし(5)

   

Island Scsnea のインデックスへ戻る