(2001年11月)

カメラ:キャノン・パワーショットA20(デジタル)

Img_0001 -2 -v240.jpg

本部港から出る「フェリーぐすく」。たったの30分で伊江島へ行ける。便数も結構多い。

IMG_0003-v240.jpg

本部港を出てすぐに瀬底大橋を渡る

IMG_0005-v240.jpg

伊江港到着

IMG_0008 -9 -v240.jpg

B&G前の海岸。あいにく天気が悪かった。

IMG_0013 -v240.jpg

伊江ビーチ。

青少年旅行村の中にある。

Img_0006-v240.jpg      IMG_0016 -v240.jpg

島のどこからでも伊江島のほぼ中心の城山を見ることができる

IMG_0031-v240.jpg      IMG_0064-v240.jpg

IMG_0017 -v240.jpg

東部の海岸

IMG_0018 -v240.jpg

   島北東部

IMG_0020-v240.jpg

 島の北部。

 新しい公園「リリーフィールド公園」。

 4月中旬には見渡す限りのテッポウユリが咲き乱れて圧巻とのこと。

IMG_0023-v240.jpg

 「リリーフィールド公園」の少し奥にある「鹿の化石発見地」

 どれが鹿の化石かわからなかったが。

IMG_0026-v240.jpg

 北部にある。約60mの断崖の下に真水が涌き出る「湧出(ワジー)」がある。

 昔は貴重な水源だった。

IMG_0029-v240.jpg

ワジー展望台から東側を見たところ

IMG_0032-v240.jpg

島西部にて発見。

米軍に抗議したもの。

特に島中あげてバッシングしてる訳ではない。

IMG_0034-v240.jpg

米軍補助飛行場。

あくまで補助なようで普段はただの空地。

滑走路を道路が横切っている。

IMG_0035-v240.jpg      IMG_0036-v240.jpg

水納島遠望

Img_0037-2.jpg

ニヤティヤ洞前の海岸。

天気が良ければすごくきれいだろう。

IMG_0041-v240.jpg      IMG_0048-v240.jpg

ニヤティヤ洞。戦時中多くの人が避難したことから千人窟と呼ばれが元々は御嶽である。

IMG_0050-v240.jpg

ニヤティヤ洞付近の海岸。

IMG_0054-v240.jpg

南部海岸

Img_0058-v240.jpg

アーニーパイルの碑。

米軍の有名な従軍記者であったが日本軍の銃弾に倒れた。

IMG_0059-v240.jpg

フェリーターミナル

IMG_0063 -v240.jpg

 伊江港には「ぐすく」と同型船の「いえしま」が停泊していた。

Img_0070-2.jpg

 伊江島のシンボル城山を「たっちゅー」と読むのがツウと思ってたが、それは島外の人が呼ぶ名前で地元の人は「ぐすぃく」と呼ぶのらしい。

Img_0074-2.jpg

 城山は途中まで車で上がれるがここからは急な歩道を上ることになる。

 10分〜20分で上がれる。

Img_0075-2.jpg

途中から下の駐車場とレストハウスを見たところ。

Img_0076-2.jpg

山頂にある伝説の石

 

城山山頂からは360度の展望が開け、伊江島の全ての場所が見える。天然の展望台である。

天気が良ければ本島の辺戸岬方面、伊是名・伊平屋島、粟国島なども見えるらしい。

 

Img_0077 -85 .jpg

城山頂上からの眺め(北東方向)

Img_0077 -85.jpg

城山頂上からの眺め(南東方向)

Img_0085 -88 .jpg

城山頂上からの眺め(南〜南西方向)

Img_0089 -92 .jpg

城山頂上からの眺め(西〜北西方向)

IMG_0095-v240.jpg

駐車場から見た「たっちゅー」

IMG_0098-v240.jpg     IMG_0100-v240.jpg

無人野菜売店

IMG_0107-v240.jpg

島を後にする

IMG_0113-v240.jpg

 本部港に戻って来た。

 これは現在のターミナルだが横に新ターミナルを建設中である。

  

インデックスへ