宮古島・池間(いけま)島・来間(くりま)島


宮古島は沖縄本島の南西約270kmに位置し、この間に島は無い。

日本列島から台湾、中国大陸に向う渡鳥にとって一番の難所であるという。

面積は約140km2で人口は約5万人弱。

宮古島にはきれいなビーチが多い。

全体的に平らな島で山らしい山が無くサトウキビ畑を中心としたなだらかな風景が広がる。

宮古島の北側には八重干瀬(やびじ)という日本最大のサンゴ礁群が広がっておりとてもきれいである。

また宮古島周辺には地形の変化に富んだダイビングポイントも数多い。

戦争の被害はあまり受けていない。


池間島は宮古島の最北端から池間大橋で結ばれている小さな島。

面積は約2.6km2で人口は850人くらい。

集落は一つで漁村である。

島の中央部には池間湿原があって貴重な生態が確認されているそうだ。

他の島とは信仰が異なり最近まで風葬の習慣もあったという。

今は眺めのよい池間大橋を通って恰好のドライブ先になっている。


来間島は宮古島の南西部に浮かぶ小さな島で、この島も宮古島と来間大橋と結ばれている。

面積は約2.8km2で人口は200人足らず。

集落は一つでそこ以外はほとんどサトウキビ畑である。

橋があるから簡単に渡れるが本当にのどかな島である。

宮古島に接する北東部の海岸は高さ40mほどの断崖になっていてここにある竜宮城展望台は眺めがよい。

ナガマ浜というきれいなビーチもあるらしい。

(2001年8月)

カメラ:オリンパス・C3030Z(デジタル)

P7280020.jpg

平良港

P7280010.jpg

西里通り

P7280096.jpg

P7290162.jpg

P8010438.jpg

西里通り周辺は飲み屋が密集する地域が多い。

P7280015.jpg    P7280014.JPG

 人頭税石。この背丈になったら税を課せられたとして有名な石だが看板を読むと不確かであることがわかる。

P7280013.JPG

 ドイツ船博愛記念碑。

 明治6年、ドイツ商船が上野村沖で遭難したのを助けたお礼にドイツ皇帝が送った大理石の碑。

 平良市内の狭い路地沿いに建っているが、当時はここから平良の港が見渡せたらしい。

P7280019.jpg

漲水御嶽。

ここには絶えず地元の人が信仰に訪れていた。

P7280017.jpg

漲水石畳道。

漲水御嶽から続いていた石畳道の遺構。

P7280025.jpg

 仲宗根豊見親墓。

 巨大石造建築物として有名とのこと。

 仲宗根豊見親は15世紀末から16世紀初めに宮古の首長を務めた人物。

P8010431.jpg

 パイナガマビーチ。

 平良港に隣接する市民ビーチだが港に近いだけあって水質はあんまりきれいではない。

P7300242.jpg

マリンターミナル。

ここから伊良部島への船が出る。

P8010439.jpg

マリンターミナルの内部。

P8050171.jpg

大和墓。

P8010433.jpg

 久松五勇士の碑。

 日露戦争の時にバルチック艦隊が宮古沖を通過したことを5人の男がサバニを駆って石垣島まで伝令に走った。この5人を称えた碑である。

 当時、宮古島には通信手段が無かった。

P8010435.jpg

 久松みゃーか(巨石墓群)

 14世紀〜16世紀ごろ造られたと言われる巨石墓が久松周辺に4基残っている。

 仲宗根豊見親のころに石造建築物が著しく発達したとのこと。

P7280028.jpg

平良市総合博物館。

P7280034.jpg

博物館内部(ストロボ使用禁止・・)

  P7280031.jpg

 どっかの集落で毎年行われる泥を塗りたくる行事を再現したもの。

P7280036.jpg

有名な砂山ビーチ。

小さいビーチだがとてもきれいで雰囲気がよい。

P7280027.jpg

宮古島の内陸風景。

P7280029.jpg

 宮古島は山らしい山が無く平坦な風景が広がる。

 東部へ向って徐々に標高が高くり海岸も断崖となるが、やはり山は無い。

P7290100-0960.jpg

P7290102.jpg

P7300228.jpg

サトウキビ畑の中の道を行く。

P7300229.jpg

牧場もあるが夏で暑いので牛は出ていない。

P7280048.jpg

西平安名崎先端から後を見たところ。風力発発電機が何基も見える。左に見える橋は池間大橋。

P7280047.jpg

西平安名崎先端から見た池間島の全景。

P7280077.jpg

 池間大橋の付け根付近から宮古島北海岸を見たところ。

 東に向って徐々に断崖になっていく。

P8040167.jpg

池間大橋の夕暮れ。

池間島に陽が沈む。

P7290104.jpg

比嘉ロードパークからの眺め。

P7290106.jpg

浦底漁港。

P7290108.jpg      P7290110.jpg

新城海岸。

P7290117.jpg







吉野海岸

P7290113(p1-3).jpg

P7290123(p1-2).jpg

東平安名崎へ向う。

P7290133(p1-2).jpg

東平安名崎灯台上より島側を見たところ。

P7290135.jpg

東平安名崎灯台上から岬の先端を見たところ。

台風の影響で波が荒かった。

P7280090.jpg

東平安名崎の夕暮れ。

P7280095.jpg

灯台が点灯する。

P7290140.jpg

 保良川ビーチ。

 こじんまりしててプールも併設するファミリー向けビーチ。

P7290139.jpg

海宝館。珍しい貝もいっぱい。

P7290142.jpg

南海岸のムイガー断崖。

台風の影響でド迫力。

P7290145.jpg

イムギャーマリンガーデン。

P7290146.jpg     P7290147.jpg

上野ドイツ文化村。ドイツ商船遭難救助とドイツ皇帝からの感謝にちなんで上野村に作られている。

P7300231(p1-4).jpg

与那覇前浜。宮古で最も美しいとも言われる白い砂の長いビーチ。沖には来間島が見える。

P7300238.jpg

東急リゾートの与那覇ビーチ。

P8050172.jpg

 八重干瀬へシュノーケリングに行く船。

 観光会社やダイビングショップなど、八重干瀬へのツアーを行っているところは多い。

P8050174.jpg

砂山ビーチ沖。

P8050246.jpg

狩俣集落沖。

P8050177.jpg

西平安名崎。

P8050179.jpg

池間大橋をくぐって北の八重干瀬を目指す。

P8050181.jpg

左に池間島の東海岸を見る。

P8050183.jpg

八重干瀬付近に到着。

P8050217.jpg     P8050185.jpg

八重干瀬は巨大サンゴ礁群で、とても広い範囲に多くのサンゴ礁が点在する。

P8050187.jpg

 八重干瀬のサンゴ礁はさすが見事だった。

 沖縄本島周辺のサンゴはほとんど壊滅状態というのにここではこれほど見事なサンゴが見られる。

P8050195.jpg

P8050198.jpg

P8050200.jpg

P8050206.jpg

P8050216.jpg

P8050220.jpg

P8050223.jpg

P8050230.jpg

P8050233.jpg

P8050237.jpg

P7280060.jpg

 池間大橋を渡って池間島へ行く。

 これは池間大橋から宮古島側を見たところ。

P7280061.jpg

 池間大橋から見る池間島。

P7280058.jpg

 池間島からはピラミッド方の大神島もよく見える。

P7280076.jpg

池間大橋の池間島側。

P7280062.jpg

池間島の漁港。

P7280065.jpg

池間島の集落

P7280067.jpg

外周道路。

P7280066.jpg

灯台。

P7280068.jpg

灯台付近の海岸に降りた。

静かでひなびた海岸。

P7280072.jpg

 池間湿原。

 特に観光用に整備されていないので中の方まで見ることはできない。

P7290148.jpg

来間大橋を渡って来間島へ。

P7290150.jpg

来間大橋の展望台からの眺め。

1995年にできたばかりの橋。

P7290151(p1-2).jpg

竜宮城展望台からの眺め。対岸の宮古島を見たところ。対岸は与那覇前浜である。

P7290153(p1-2).jpg

竜宮城展望台から見る来間島の集落。

P7290156.jpg

夕暮れが訪れる。

   

インデックスへ