本文へスキップ

インザストリームは慶良間諸島・座間味島にあるダイビングサービスです。

IN THE STREAM

TEL.098-987-3020/昼不在です

〒901-3402 沖縄県島尻郡座間味村座間味369

 

海話TALES OF SEA

説教くさい潜りの話


ははは〜〜2002年の末、メールマガジンに書いた日常出来るダイビングトレーニングのお勧め。メルマガ発行したら一気に読者数が激減したいわくつきのメルマガなのだ。やっぱり、『うんちくぎゅちゃぎゅちゃ』は嫌われるようだ・・・

で、嫌われ者は当然、ここに再登場。

まあ、書かれてることはコンスタントに潜っている中級以上のダイバーさんが対象かもね。でもまじでとっても長いけど読んでみて・・・。






!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!〜〜目次〜〜!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!
          ★ファンダイビング★
          ★トレーニングじゃ★
         ★超基本トレーニングじゃ★
!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!


(^_^)v(^_^)v(^_^)〜〜★ファンダイビング★〜〜(^_^)v(^_^)v(^_^)

ファンダイビングの参加条件はオープンウォーターだよね〜〜。
で、あなたオープンウォーター???ホントに??ひょっとしてカード持ってるからオープンウォーターなんて思ってないよね。

当然cカードを保有しておりしかも現在OWレベルのスキルを維持してることがオープンウォーターダイバーだからね。講習でやった事なんて全部今すぐ突然出来て当たり前なんだからね。大丈夫??

講習以来やったこと無いから分からないなんて言わないでよ。それじゃぁファンダイブじゃなくて自殺行為だよ。

カードを保有していることと、あなたがOWレベルのダイバーであることは必ずしも一致しない。あなたは大丈夫??


(^_^)v(^_^)v(^_^)〜〜★トレーニングじゃ★〜〜(^_^)v(^_^)v(^_^)

トレーニングしてますか??練習してますか??昔出来たから多分出来るなんて駄目なのよ。今、確実にできているからいざというときも絶対出来るだろう、が当然なのよ。

だからトレーニングしてますか??
これは上のランクやSPの講習受けろなんて話じゃない。カード何枚持ってるなんてどうでも良いの、潜れるダイバーになればいいの〜〜〜。

『え〜〜プールで練習なんてめんどくさくて行けないし・・・(T_T)』当然当然〜〜〜そんなことやってられないよね。だから、ファンダイビング中に、、60分の間に1〜2分だけトレーニングタイム。

そうそれで十分よ、ほんの少しの暇な時間にトレーニング〜〜〜〜

でも『どうやって??』

では僕が今でもやってることのご紹介。
以下は僕の所属している団体PADIが言ってるわけでもどこかの権威ある団体が言ってるわけでもなんでもない。当然マニュアルなんかにも載ってない。ヒゲおやじが自分のためにやってることのご紹介。後は自分で工夫してみてね。当然自己責任。


(^_^)v(^_^)v〜〜★超基本トレーニングじゃ★〜〜(^_^)v(^_^)v
OW講習の内容はやっぱり必要最低限のこと。ヒゲおやじも今も毎ダイブやってるぞ〜〜〜でも当然練習で事故ったら末代までの笑い物、くれぐれも絶対安全なところでやってね。失敗した時どうするかは必ず考えてから練習してね。そのこと自体がまず練習の第一歩。

もし万が一練習中に失敗したらコントロールされた緊急スイミングアセントで安全に浮上できるところが良いよね。浮上間際の浅いところ、安全停止中とかね。水面に上がるときは息止めないのよ。水面に上がったらBCDふくらまして浮力確保するのよ。これは心に留めておくのよ。水面では何かあったらとりあえず「ふりょくかくほ〜〜」だよね。

!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!
マスククリアーは1ダイブ必ず1回。マスクの脱着も数ダイブ1回はやっとこうね。これ怖いなんて言ってる人意外に多いのよ。怖いという気持ちが無くなるまで練習してね。怖いという気持ちはいざというときパニックの元になるから、、ちゃんと消しとくのよ。

コンタクトで潜ってる人〜〜マスクはずれたら目を閉じてリカバリーだよね。目を閉じると方向感覚などが失われ易いんだから普通の人より更に完璧にちゃんと練習しなくちゃ駄目よ。当然コンタクト無くしても良い状況でやってね、船の下の浅いところ、ロープに掴まりながらなど注意して、でも絶対練習してね。
出来ない人は・・・潜るな!自分のために危ないから潜るな!!冗談じゃなくて潜るな!!!!
マスククリアーはいつでもどこでも完璧に出来ないなら潜るな(=_=)

!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!
レギュレーターリカバリーは、大事だよ。息できないと一大事。
ただ手に持ったまま口から少し離してすぐくわえるだけでも良いから1ダイブに1回、、1秒で済むから、一度は口から必ず離してみること。水面に浮いてるときでも良いから・・・。

ちゃんと水中で完全に手から離すときはオクトパスをもう一つの手に持って確保してから練習してね〜〜メイン取れなかったら練習が一大事になってしまうから、、。オクトパスの作動検査にオクトパスにくわえ直すのも良いよね。オクトパスをくわえてからメインを手から離してリカバリーの練習、これ安全で良い練習なんじゃないの?

普通は手を大きく回してリカバリーするけど手をタンクの方に回してセカンドステージの付け根を探してリカバリーする方法もあったよね。手は届く??他のホースと間違わず一発でつかめる??そんなとき間違えてゲージつかんじゃったら泣いちゃうわよ〜〜普段からつかむ練習よ。体堅いと届かないぞ〜〜。

これもできないなら・・・潜るな(=_=)

!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!
潜ったら一度は必ずウエイトベルトのバックルを締め直そうね。そういつでもはずせる練習代わりに・・・。「水面でのトラブル」や「水中でのトラブルの最後の手段」はウエイトベルトを捨てること。そしたら死んでも浮いてるからね。でもその時はずせない人は死んじゃうんだからね。バックルをさわって『あ〜いざというときにはこれはずすんだなぁ〜〜』と思うだけでトレーニング。思うことがトレーニング。エキジットで船のはしごに捕まったらウエイトはずしてみても良いよね。で、船の人にとってもらう。エキジット楽だな〜〜〜あっ、、うちでは出来ないな・(^O^)・。他の店でやってね(^_^)

!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!
たまには自分のBCDのバックルとかはずして又閉めたりして見なくてもいじれるようになっとこうね。器材の脱着はなかなか練習する機会無いだろうしいきなりその辺でやるとガイドにレスキューされちゃいそうだから(^O^)せめてそれくらい。
船の上とは微妙に場所が違ってるから、さわるだけでもgood。はずすならダイビングの最後にね。だって戻せなかったらそのダイビング不快じゃん。

フィンも水中で自分ではけるよね。お昼休みにシュノーケリングでやってみてね。

!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!
オクトパス、まさかポケットなんかに入れてないよね。いつでも他人が勝手に奪えるようになってるよね。引きずらないようにでもすぐはずれるように・・・市販のホルダーがやっぱり便利かな?僕は1ダイブに2〜3回はさわるな。いつでも人に渡せるように・。

良く『オクトパスは自分の為』って言うでしょ。これは自分のレギュが壊れたときの為って言う意味もあるけどホントは違うのよ。だって普通レギュが壊れてメインのセカンドステージから空気でなくなったらオクトもでない確率高いのよ。エアー切れだったら当然でないわよ。

エアー切れの人が目の前にいてすぐにオクトパスあげられなかったら・・・当然パニックで死にそうなその人は凄い力であなたに抱きついてあなたのセカンド奪うわよ。巻き添え食うわよ。何せあいてはパニックなんだから・・。『あなたに悪いから私その辺でおとなしく死んでるわ』なんて誰も考えないのよ。

『オクトパスは自分の為』これは昔オクトパスが普及してない時代バディーブリージングは、与えたレギュを返してもらえず自分が危ない目に遭うから『死にそうな人を振りきって逃げ見捨てる勇気がない人は他人のためにオクトパスを装備しましょう、それが自分の安全ためです』で使われた言葉。

たまに自分で吸って壊れてないか確かめるのよ。壊れてたら、絶対巻き添え食うわよ。
で、何でおねえ言葉になってるの??

!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!
エアー切れの時の手順、即座に頭に浮かぶよね。今考えてるならもう死んでるわよ。どういう時はコントロールされた緊急スイミングアセントを使うべきで、どういう時他人のオクトパスをとりに行くべきか・・・。忘れてるならマニュアル読み直すべし。ちゃんと持ってるよね、、マニュアル。まさか捨ててないよね。

えっ??手順がわからない??
ははは〜〜あなた死ぬな〜〜ははは〜〜

!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!
最近いつ口でBCDに空気入れました??洗うときじゃなくて水中で、、少なくとも水面で・・・。パワーインフレーター壊れたら必要。エアー切れで水面に上がっても必要よ。できるかなぁぁぁ??オーラルインフレーション。

!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!
パワーインフレーターの吸気ボタンが押しっぱなしになって空気入りっぱなしになったらどうする?これ実は今OW講習の内容に入ってるのよ。昔はなかったけど・・。
少し前のBCDなら必ずいつかこういう事態になる、と言う位よく起きるトラブルだから講習内容に入ったのよ。今でも年に数件はそういうの見るよ。機材トラブルでは一番多いのよ。ちゃんと洗っていてもなる可能性が高いトラブルよ。
ほらどうする??迷ってたら駄目時間の余裕はないぞ、BCD膨らんで水面まで吹き上がってしまうぞ〜〜〜

ほらほらぁぁ〜〜

今ここ読んでいてどうするか分からない人はもう水面に吹き上がってるな。減圧症かな??肺大丈夫かな?

ああ〜〜ぁ・・。
答えは次号のメルマガまでの宿題じゃぁぁ





!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!〜〜目次〜〜!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!
          ★先週の宿題の答え★
         ★ルール破ってるでしょ★
         ★ルールを破るからには★
!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)
!

(^_^)v(^_^)v〜〜★先週の宿題の答え★〜〜(^_^)v(^_^)v(^_^)
まずインフレーターの排気ボタンを押す。これでもうBCDは膨れなくなるでしょ。BCDを経由せずに入りっぱなしの空気は外にすぐ出る。

次に、吸気ボタンを指で引っ張れる機種なら引っ張ってみる。99%ボタンが膠着して押しっぱなしになっているはずだから・・。でも今のは引っ張れないのが多いね、見てみてね自分の器材。

引っ張れない時、引っ張ってもまだ空気入る時、インフレーターにつながっている中圧ホースをはずすのだ。これで空気は当然入らなくなります。これやったこと無い人多いでしょ?今は講習でやるのよ〜〜

もし自分で中圧ホース抜けないときは、排気ボタン押したまま他人の助けを呼びに行く、焦らないでね〜排気ボタン押してる限り大丈夫だから・・・。

練習は、水面で充分。ダイビングの終わりに水面でまずBCDに空気入れて浮力確保してから自分ではずしてみたら・・。まず浮力確保してからね。船の上でタンク背負ってでもまあいいか・・・。

すぐ思い浮かばなかったのにこれ読んで『そんなの出来るもん』と思った人!!その考え方が海なめてるな。今出来るもんじゃなく、現場で2〜3秒で対処が思い浮かぶかどうかが問題。


(^_^)v(^_^)v〜〜★ルール破ってるでしょ★〜〜(^_^)v(^_^)v(^_^)
何気なく慣れてくるといろんなルール破ってるよね。
たとえば・・・

*スノーケル付けずにダイビングしてるでしょ??
*エントリーの時BCDに空気入れないでバックロールしてるでしょ?
*エキジットで水面に上がった時すぐにBCDに空気入れないでしょ?
*たまには息止めてるでしょ??カメラ撮る時、ハゼに寄るとき。

僕も上の4つは普段から絶対守ってないな。
スノーケルうっとうしいし、BCDに空気入れてもすぐ潜るからどうせ抜くんだし、入れてなければ一度水面に上がらないで潜れるし。エキジットで入れたら次のダイビングの時空気入った状態になるからめんどくさいし。

でもOW講習の時にはちゃんとしなさいって習ったよね。
でもここでルールちゃんと守りなさい何て現実味のないこと言わない、その替わりに・・・。

(^_^)v(^_^)v〜〜★ルールを破るからには★〜〜(^_^)v(^_^)v(^_^)
どんなルールも破ったらその分リスクは増えるんだよ。それを破るからにはそれなりの覚悟と安全対策が必要。それ考えてからルールは破るのよ。何も考えずにみんなそうしてるからってやっちゃ駄目だよ。危ないから・・・。ダイビングに限らずルールのできた意味を知らずにそのルールを破るのは単なるあほです。

ルールは、ある危険性を担保するために出来た物、ルールを守らないときはその危険性を別の方法で担保して初めてルールは破れる

!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!
ボートダイビングだと普通はスノーケルなんて使うとき無いよね。
でも万が一、、はぐれてボートの下以外に浮上したら、漂流したら、ボートがなかったら、、、、

あらら〜〜水面移動だね〜〜〜。
そのときスノーケル無いとしんどいよね〜〜でも付けてない人は当然スノーケルなしだね。そのときスノーケルなしでも泳げる自信ある??ちゃんと息継ぎしながら長距離をフィン&マスクだけで泳げる??スノーケルある時と遜色なく泳ぐ自信ある??そんな時誰もスノーケル貸してくれないよ。泳ぐ自信ないならスノーケル付けておいた方が無難だね〜〜。泳げる自信あるなら、、はずしても良いか・・。自己判断・自己責任。

僕も普段付けないけど海外でガイドなしの時や知らないお店の時は付けてるよ。ばらしてBCDのポケットに入れて持っていくときもある。流れのあるドリフトならおいては行かないな。

うちでもし漂流した場合、体力的に弱い人を見捨てることはありませんが、シュノーケルつけていない人のためにほかの人の危険性が増えそうなら、容赦なく捨てていきます。切り捨てます。海なめてる人にはきっちり自己責任とってもらいます。


!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!
エントリーの時BCDに空気入れるのは何故??そこから考えてみてね。

そう、エントリーの衝撃でマスク取れたり、レギュレーターはずれたり、フィン忘れてにエントリーしたり、バルブ開け忘れたり、そんな色々なトラブルもすべてBCDに空気が入ってると死なない。浮くんだもん。でも入れてないと自然には浮かない、自分で水面に浮いて浮力確保しないといけないんだよ。

そういうトラブルの時、トラブルが起きてからちゃんと即座に浮力確保出来るなら空気入れずにエントリーしたって別に危なくないって事だよなぁぁ〜〜ハードなドリフトの時BCDの空気抜いてエントリーしてくださいって言われる店もあるくらいだから・・・。

空気入れずにエントリーするなら・・・。。。
何かあったらすぐBCDのボタン押すんだぞ〜〜無理ならウエイト捨てるんだぞ〜〜とりあえず浮力確保だぞ〜〜と心に念じてからエントリーする。そしてエントリー後すぐにBCDのボタンが探せるか練習する・・押さなくても良い、、たださわって『何かあったらとりあえずこれ押すんだよなぁぁ』って思うだけで良いから、、。
ウエイトベルトもさわる、そして思うの『いざとなったら・・・。』

!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!
エキジットの時も同じ、空気入れないなら入れないで良い。でもBCDのボタンには1回さわってみる、ウエイトベルトのバックルには1回さわってみる。そして、、思うの『いざとなったら・・・。』

最低そういう心構えはするのよ。いざとなってからどうするのか考えたのでは遅いから、先に考えておく。それがルール破る礼儀。

!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!
息止めない〜〜これを破るからにはそれなりの知識を持ってね。
まず、止めても体に支障がない時とやばい時があるよね。

「水深が変わらなければ」・・・止めても良いよね、ホントは。「潜行中」・・・止めても良いよね、スキンダイビングの時を思い出してね。止めてるじゃん。
「浮上中」・・・やばい〜〜超やばい〜〜スーパーやばい。肺の過膨張障害がすぐ起きちゃうぞ。真剣だぞ。

肺は収縮には強い、スキンダイビングでの記録なんて見たら肺の大きさどんなに小さくなってるんだろうね。良く元に戻るもんだね。10mくらいならいける人いるでしょ?肺は半分。でも膨張には『非常に』弱い。これ要注意。

自分が浮いてないと思っても万が一にでも浮いていたら非常に超まずいからルールは『いつ何時でも呼吸は止めない』になっているのだ。

だから破るなら、絶対浮いてないことを自信を持って確証できる時以外は止めないのよ。ほんの少しでも浮いたらすぐ吐くのよ。ちょっと浮きたいから思いっきり息吸って呼吸止めてみようかな?なんて絶対駄目よ。絶対絶対駄目よ。吸い気味の呼吸と吸って止めるのは違うからね。

特に水深の浅いところの方が要注意。同じ1m浮上するのでも浅いところと深いところでは膨張率が違うでしょ??浅いところで息思いっきり吸って止めて浮上したらすぐにでも肺壊れちゃうのよ。

浅いところで写真撮る時うねりがあったら注意してね。体不安定で一気に水面なんてあり得るから。シャッター押すとき息止めるにしても、めいっぱい吸った状態ではなくて半分くらい吸ったところで止めるのよ。肺に余裕を持たしておくのよ。

!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!
まあ、ルール守れなんて僕が言ったら説得力無いし、そんなん面白くないしめんどくさい。ただ何も考えずにルール破る奴は、単なる無知な馬鹿。そんな風にはならないでね。大阪人だって赤信号守らないけど右と左は見てから信号無視するのだ。


!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!
すっかりキャラ変貌のヒゲおやじ〜〜〜〜〜べつに悪いもん食べたわけでもないよ(^O^)(^O^)(^O^)だって暇なんだもん!(^^)!!(^^)!




>!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!〜〜目次〜〜!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!
          ★シュミレーション★
!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!


とらぶった時の対処方法を前もって考えているかとらぶってから考えるか。パニックになるかならないか・・・。
ほんの数秒の考える時間の差。簡単なスキルに対する自信の差。
そんなわずかなことがきっと死ぬ奴と死なない奴の差。

今日はトラブルのシュミレーションをしましょう、対処は前もって考えておきましょう、と言う高尚なお話をこのヒゲおやじがしようとしているのである。ぎゅちゃぎゅちゃうんちくをまだ垂れようとしているのだ。

別にヒゲおやじは壊れてるわけでもヒゲおやじを騙った別人でもない。まあ騙る様な酔狂な輩がいたら会って見たいもんだが。


(^_^)v(^_^)v(^_^)〜〜★シュミレーション★〜〜(^_^)v(^_^)v(^_^)
一つ一つのスキルが完璧に出来てもそれだけでは足りないんだな〜〜
そのスキルをいつどのようにやるべきか分かってないと効果無いんだな〜〜。でも、泥縄で、トラブルが起きてから考えたのでは遅いんだな。ダイビングのシリアスなトラブル下では数秒が命取りになるんだから考えられるトラブルの対処は起こる前にシュミレーションしないといけないんだな。

ダイビング中、一瞬でいいから考えてみて・・・
『今***が起こったらどうしたら良いんだろう?』って・・。そしたらもしそれが実際起こったときすぐに行動に移せるから、数秒間稼げるからその数秒があなたを救うから・・。やるべき事がはっきりしていればパニックに陥らないから・・・。

!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!
***簡単なトラブルのシュミレーションは簡単だよね。***

フィンがはずれた〜〜さてどうしよう??

蹴られてレギュが口からぶっ飛んだ、リカバリーも何かに引っかかって出来ないぞ、さてどうしよう??

マスクのストラップが切れてマスクが無くなって自分で探しても見つからない。さてどうしよう??

コンタクトしていてマスクのストラップが切れてマスクが無くなって自分で手探りしたけど探せない、当然今、目をつぶっているから何も見えない。さてどうしよう??

ガイドからはぐれた、バディからはぐれた、さてどうしよう??

***だんだんシリアスになると***

潜水中、ホースが破裂した、凄い勢いで空気が漏れている。さてどうしよう??

やばいこんなところで残圧〇だ。空気が来ない。さてどうしよう??
(僕はこの想定をしょっちゅうやるな)

!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!

陸上ではなくてダイビング中に1回3秒だけ思ってみて、実際その場にいる他の人やガイド・自分との距離・深度などそのまま使って。

楽勝、浅いから水面に上がればいいじゃんとか・・・。

今ならあの人のオクトパスが近いなとか・・・。

今減圧出てるからなんかあったらあのオクトパス狙おうっととか・・・。

あの人はへたっぴだから遠くのガイドのオクトパスの方がいいな、
だって2次災害起きそう・・・。

げっ、、やばいなぁ今なら緊急浮力浮上じゃんとか・・・。

げげっ、、今減圧出てるのにこの距離だとオクト狙えないジャン、もっと人の近くにいなきゃ・・・。

げげげっ、、今ここで***が起きたら死ぬな・・・。

今みんなと離れているからオクトパス狙えないな・・・。

今はみんなと離れているけどこの深度なら大丈夫・・・。

深場でこれだけ離れていたらやっぱり死ぬなぁぁ・・・

!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!
シュミレーションで死んだときは、ホントはどこにいてればどうしてればどこにいれば死ななかったか?まで考えて生き残るまでやってみてね。





!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!〜〜目次〜〜!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!
            ★だいこん★
          ★レスキューフロート★
          ★なんか水中で音出るの★
             ★その他★
!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!!(^^)!


あ〜〜まだまだ、つづく、ぎゃちゃぎゃちゃ〜〜最後にやっぱり人間なんと言っても形から??投資しても良いかなと思える安全グッズや役に立つのかしらグッズのご紹介。

v(^_^)v(^_^)v(^_^)v〜〜★だいこん★〜〜v(^_^)v(^_^)v(^_^)v
当然持ってるよね。自己管理の最初の第一歩。今ほとんどのサービスでダイブテーブルは使われてないのが実状。従ってダイブコンピューターは必携。安いのなら¥15000〜¥20000で売ってるんだからとりあえず買え〜〜。うちは器材売らないから安い店が知りたければメールで聞いてね。
(自分で売り出すとホントのこと言えなくなるからね)

あっ、、ログ付けにしか使ってない人、減圧不要限界を水中で見てない人は、今すぐOWマニュアルとダイコンの説明書読みなさいよ。意外に多くてびっくりしたけどいるんだなそういう人。ダイコン持ってる意味無いじゃん。捨てちゃえそんなダイコン。
『ガイドさんがいるから・・・』って今思った人は体験ダイビングしてなさい。あなたダイバーじゃないから・・・。

v(^_^)v(^_^)v〜〜★レスキューフロート★〜v(^_^)〜v(^_^)v(^_^)v
呼び方は色々〜〜オレンジの空気で膨らます長い棒。¥3000〜¥5000位かな?これはお勧めです。漂流時の船からの初期捜査には絶大なる効果を発揮します。ホントたかが1〜2mの棒ですが探す側としては非常に効果的です。維持管理も楽だし壊れないからね、でも非常用グッズには大事な要素だから・・・。これは買って絶対損はない。是非購入してください。とりあえず買え!!

v(^_^)v(^_^)v〜〜★なんか水中で音出るの★〜〜(^_^)v(^_^)v(^_^)
昔はみんなナイフもってたのでそれでタンク叩けば良かったんですがね。でも何か水中で音が出せる物は必ず持っておきましょう。これも必携です。いざというときにはとってもありがたいです。でもむやみに鳴らさないでねうるさいから・・・。

ナイフやフック・カナピラの様な金属物、ある程度重量があってタンクをたたけないと駄目よ。差し棒だとなかなか大きな音でないよ。こういうの持っていればそれで十分。

専用グッズ、タンクバンカー・や呼び鈴みたいなの。まあ大概安いからそういうの買ってしまっても良いかな?まあお勧め。

エアーで水中で音が鳴る奴、水中用ホーンブ〜〜ブ〜〜って、まああれば良いんだけどここまでは要らないかな〜〜結構高いしな。それにね〜水中で鳴る奴は水面では効果無しなのよ実は、音が低くて空中では遠くまで聞こえない、水面用のは音が高くて水中では鳴らない。

v(^_^)v(^_^)v〜〜★なんか水面で音出るの★〜〜(^_^)v(^_^)v(^_^)
BCDについてくる笛。これ駄目です。これほとんど聞こえません。上記の水中用ホーンも同様。
昔、以前いた店で学生バイトを海の真ん中に捨ててテストしました。
『あいつなかなか鳴らさねぇなぁ〜やることわかってるのかなぁ〜〜』
ぜんぜん鳴らさないのでしばらくほって置いた後回収に行くと・・・。彼は泣きそうで上がってきました。いくら必死に吹いてもボートが寄ってこないからホントに見失ったのかと思ったらしい。

水面専用のホーンは、非常に良く聞こえます。強風時でもかなりの距離聞こえます。船から人が見えない距離でも聞こえます。これも漂流時には非常に効果的です。ただし1万円近くはすると思います。
さてどうかな〜〜考えどころではありますね〜〜〜。効果はとてもあるんですが・・・。僕は一応御仕事なので持っています。興味がある人は次来たときに僕のを見てみてください。個人的には水中ホーンよりはこちらをお勧めしますね。

又水中水面兼用ホーン、、もありますが・・・。却下です。水面での聞こえ方が専用のとは違います。中途半端。

v(^_^)v(^_^)v(^_^)v〜〜★その他★〜〜v(^_^)v(^_^)v(^_^)v
鏡、水面漂流時きらきら反射で船に居場所を知らせるもの。う〜〜ん、どうなんだろう??個人的には???って感じです。少し波があったら手に持った鏡は波間に隠れてしまうでしょ??
う〜〜〜ん、、って感じ。

海面着色剤、完全漂流時本格捜査が始まった場合、航空機からの捜索には効果を発揮します。市販の物でも良いですがバスクリンでも代用できます。同じ物らしいよ。密封ケースにバスクリン入れて持っ
てるだけでもOKだね。フィルムケースとか・・。
ただしこれは実際はいつ開けるかを考えないと行けませんね。船舶からの捜査にはもう一つです。思っているほど目立たない。船からならフロートの方が目立ちます。また、夜を迎えると当然見えないので翌朝にはその着色した部分と漂流者の位置は ずれてしまうでしょうね。夕方に漂流したら翌朝まで開けない方が良いかもね。
又航空機の捜索がすぐ始まらなさそうな時は、開けるのしばらく待った方が良いかもね。

ライト類、フラッシュライトなどが売ってますね。まあ夜間は目立つんでしょうが、そもそも夜間は捜索されるのかな??普通の水中ライトを遊びのために持っているだけでも夕方の初期捜査には効果的です。昼間もライトもって潜りましょう。その方が楽しいって・・。みんなが持っていてくれるとガイドとしては次の魚を探しに行けるからありがたいしな〜〜〜。
又フラッシュライトはダイビングやさんで売ってるのは12時間程度で消えますが船具屋さんで売ってるのは360時間位ついたりします。値段も変わらない。明るいのをとるか長時間をとるか・・・。



小うるさい話はこれでおしまいです。だってもう飽きたもん。