ステアクラフト 教室作品集

2005 (1~6)

体験の方、継続して作っている方々の作品です。
掲載許可を頂いた方々の作品をご紹介します。
(個人情報保護のため、顔写真は控えております)

(体)・・体験教室 (シ)・・シルバー教室


    
冠城 由季さん(体)
リング。20号。
プレゼントを作りにいらっしゃいました。
作りたいデザインがあるとのことで、見るまではこちらもドキドキ。
数字の「19」を刻み、リングはロウ付けせずに1〜1.5ミリほど間を空けるデザインでした。
「まったくの初心者」と言いつつも工具の扱いにも徐々に慣れ、デザイン画通りにできました(^ ^)。
全体に白マット調に仕上げて完成! 偶然あったケースにもピッタリでした。
05/6/30

    
HEKOさん(体)
リング。11.5号。
プレゼントに作られました。2度目の制作。下記、今村さんとご一緒に。
幅7ミリ厚さ2ミリの銀板に、縦目の槌目模様をつけています。
仕上げは鏡面仕上げ、ピッカピカです。
純銀粘土、ビーズもご趣味なので制作に違和感なし。ロウ付けの楽しさも難しさもしっかり経験!(^ ^)

仕事であるイラストの紹介他、趣味の音楽、手作り等のHPをされてます。
<My Room>
05/6/15

  
今村 信子さん(体)
ペンダントトップ。
幅10ミリ厚さ2ミリの銀板を使い、さくらの花を散りばめました。
全体を白いマット調に仕上げています。
最初、ここにある作品を「買って帰ったほうがいいと思うほど器用ではない」と仰ってましたが、
完成後は「交換もしたくない(^ ^)」
ね? 自分で作ったのが一番!でしょ?(^ ^)
05/6/15

    
永田 和代さん(シ)
ピアス。
プレゼントに作られました。
「L・O・V・E」と月とハートの組み合わせです。長い方が5センチ、短い方が3セントほど。
ひとつひとつのパーツが小さくて作りにくかったですが頑張りました(^ ^)。
着けた一日を生き生き過ごしてもらえたらいいですね。
05/6/12

  
中村 昌美さん(シ)
メビウスリング。
幅5ミリの銀板を使用。
サンプルのメビウスと違い、交差部分を叩いて平らにしたデザインです。
そのために使用銀板の厚さを2ミリにし、はっきり交差の形を出しました。
メビウスでは初めてのデザインです(^ ^)。
刻印は白く、全体は鏡面仕上げです。
05/5/28

  
実希子さん(体)
リング。
誕生日プレゼントに制作です。
幅10ミリ厚さ2ミリの銀板を使い、表面は槌目模様、内側に刻印を入れてます。
特徴は家族の印象の透かし彫り。もうすぐ初めての赤ちゃん誕生なのです(^ ^)。
全体に白マット調に仕上げました。
05/5/20

    
野島 芙実さん(体)
トップ。
モチーフは『石』。
限定商品にある『石』を、オリジナルでプレゼントに作りたいとのご希望でした。
1000度の炎で溶かした銀を石のように固め、削り出しての制作です。
バーナーの扱いが勝負でしたが思い切りよく出来ました(^ ^)。
自然な石の雰囲気になりました。仕上げは燻しと鏡面です。
05/5/18

  
美由紀さん(体)
リング。
下記優子さんとご一緒に。
幅7ミリ、厚み1.6ミリに刻印で花模様をデザインしました。
一部模様がリングから少し外れるくらい大胆にして、
花がリング幅を超えた空間まで感じさせるようなデザインになりました(^ ^)。
全体は白仕上げでやわらかい輝きです。
05/5/2

  
優子さん(体)
ペンダントトップ。
3ミリ角の純銀を槌で打ちながら、形を作り槌目を映していきました。
銀を鍛えながら3本の微妙な曲がりが楽しいですね(^ ^)。
センターのひとつを鏡面仕上げ、両側を優しい輝きの白仕上げにして差をつけました。
05/5/2

  
藤澤 真咲さん(体)
ペンダントトップ。
新井さんとご一緒に、約2年半振りに作りに来ていただきました。
(覚えていてくれてありがとう(^ ^))
幅7ミリの銀板2枚を曲面にし、2カ所でロウ付けして留めました。
表側の銀板には四角形の窪みを作り燻し仕上げに、全体は鏡面仕上げです。
カーブの柔らかさがいいですね(^ ^)。
05/4/30

  
新井 祐治さん(体)
ペンダントトップ。
上記藤澤さんとご一緒に。
ラインをあしらった銀板と、裏面に文字刻印をしたベースの2枚を組み合わせたトップです。
ライン部分と、ベースの銀板を燻し、シャープな印象です。
組み合わせを変えればいろいろ楽しめますね(^ ^)。
05/4/30

  
横内 智子さん(体)
バングル。
幅10ミリ、厚さ2ミリの銀板と、花びらを切り出したパーツをロウ付けして制作。
アーム部分は槌目模様を施してあります。全体に白マット仕上げです。
時間が少し足りなかったですけどなんとか頑張りました(^ ^)。
05/4/6

  
  
永田 和代さん(シ)
ピンブローチ(上段)。
天使の羽です(^ ^)。
羽部分と中心のダイヤを切り出してロウ付け。
ちょっと見えにくいですが、雰囲気を出すため羽の下を擦り出してます。
後ろにピンを付け、揺れるようにガラスビーズを付けて完成です♪
写真を撮る時間が取れなかったので、改めて次回作の時撮影します。
05/2/19

ペンダント(下段)。
上段のピンブローチのデザインでペンダントトップを作りました(中央部分はハート形に)。
こちらのほうが一回り大きく、羽の左右は3.5センチほど。
下につながっているのは溶かして作った銀の球です。
ガラスチャームでいろいろな雰囲気に(^ ^)。
05/3/27

  
Y.Sさん(シ)
タイピン2種。
今までカフスボタンを数種類作ってきましたが、今回はタイピンです。
1ミリ弱の厚さの銀板をデザインの形に抜き、土台となる3ミリ厚の銀に、張り合わせています。
(オーバーレイ技法)。
凹部分は燻し、全体は鏡面仕上げです。
コロッとしてて可愛い!(^ ^)
05/3/24

  
石橋 かおりさん(体)
ストラップ。
銀板には打ち抜いたように裂けた部分を作っています。
ご持参の透明プラスチックを砕いたり、水晶を砕いてみたりといろいろ実験。
最終的にガラスを散りばめて完成(^ ^)。
05/3/19

  
瓜田さん(体)
ペンダントトップ。
サンプルを参考に、自身の感覚で巻きつけました。
幅3ミリ、厚み2ミリの銀材全体に刻印、仕上げは白マット調です。
左右の長さを変えてバランス良く整いました(^ ^)。
05/3/19

    
  
miraiさん/Tさん(シ)
リング&バングル。
昨年に続き、誕生日を記念して制作されました。
上段)Tさん 幅10ミリ、厚み2ミリの銀板に表裏刻印。
刻印部分は燻し、全体は白マット調に仕上げました。色々な刻印を使って楽しい模様です(^ ^)。
下段)miraiさん 羽をモチーフに制作。
羽側は銀板から切り抜き、羽の模様はたがねで彫っています。
羽の後ろで反対側のアーム部分とロウ付け、白マット調の仕上がりです。
やわらかいフォルムで優しいバングルになりました(^ ^)。
05/3/17

    
Y.Sさん(シ)
日差しに様々な色を反射するクリスタルガラスと、ネコをモチーフにした自作の銀粘土。
他にガラスビーズをご持参してオブジェを制作しました。長さは40センチほど。
吊す土台となるリボン風の部分を銀板から制作しています。
プレゼントなので、リボン部分には贈る言葉が刻印してあります。
喜んでいただけたらいいですね(^ ^)。
05/3/11

  
高木 孝輔さん 木村 理栄子さん(体)
ペアリング。
作り合う形で制作です。
幅はどちらも5ミリ、厚みは2ミリと1.6ミリ。白マット調に仕上げました。
刻印に苦心しましたが、「気持ちだぁ〜!」を合い言葉に頑張りました(^ ^)。
05/2/27

  
      
(キャストによるオリジナル作品)
        
M.Yさん(シ)
ペンダント、リング。
ジュエリー学校を卒業された方です。
上段の作品は一部修理を請けてステアクラフトに来られて制作したものです。
中段はM.Yさんのキャストの完全オリジナル作品。
下段はオリジナルです。ワックスで型作りしたものを圧迫鋳造しました。
叫びのようなデザインに、爪部分には今後石が入ります。手のひら側にはチェーンを付ける予定。
完成が楽しみです(^ ^)。
05/2/6

  
石橋 かおりさん(体)
ペンダント。
石の「欠片」をイメージしたトップです。
2つの三角形のパーツは銀板からではなく、銀を溶解して作りました。
凹凸で石の質感を出し、それを損なわない程度に研磨したあと、2つのパーツをロウ付け。
表面はマット調に、凹部分は燻し仕上げにしてあります。
いい質感です(^ ^)
05/1/9