ステアクラフト 教室作品集

2003 (1~6)

体験の方、継続して作っている方々の作品です。
掲載許可を頂いた方々の作品をご紹介します。
(個人情報保護のため、顔写真は控えております)

HP開設以前に来て頂いた方々の作品は撮影をしていませんでした。
今思うととても残念。
もしご自分で撮影できた写真などありましたら、Eメールでお送り下さい。
掲載させて頂きます。

(体)・・体験教室 (シ)・・シルバー教室


西山 純枝さん(体)
基本の槌目のリング 16号。
下記の白石みゆきさん、佐々木里恵子さんと3人で。
槌目模様、うまくいきましたね(^ ^)。
03/06/29

白石 みゆきさん(体)
基本のメビウスリング 15号。
綺麗なラインが出せてよかったです(^ ^)。
03/06/29

佐々木 里恵子さん(体)
スクリュータイプの少しカーブのついたストラップ。
プレゼントに作られました。スクリューに刻印はやっぱり綺麗(^ ^)。
刻印は燻してくっきりとコントラスト。
03/06/29

茂木 信二さん(体)
メビウスリング 8.5号。
プレゼントに作られました。外側内側ぐるっと刻印を打ちました。
ロウ付けもうまくいきました(^ ^)。
03/06/21

佐藤 剛さん(体)
槌目の18号リング。
厚みが2.5ミリあるのでくっきりとした槌目にしました。
凹は白仕上げのまま、凸は鏡面仕上げです。
丹念な磨き、完璧です(^ ^)。
03/06/14

池田 健一さん(体)
上記の佐藤 剛さんと共に来られました。
メビウスリングにするつもりが、うっかり刻印を同じ面に打ってしまい、
それならば、と、もう半回転捻りました。22号です。
初めて360度の捻りを見ましたが、けっこうボリュームも出ていい感じ(^ ^)。
03/06/14

上田 貢司さん 武田 幸子さん(体)
刻印を斜体風に打ったリングと、銀板をベルトのように巻き込んだデザインのリング。
それぞれの希望のデザインを、交換して作り合う形で制作しました。
武田さんの方が曲げたりが難しくなりましたが、上田さんがばっちりフォロー!
以前、箱根の方でも制作体験をされたそうで、今回はロウ付けにも初挑戦しました。
03/06/07

A.Kさん(体)
彼の誕生日プレゼントにペンダントを制作に来られました。
いろいろ迷われましたが、最初に持っていたイメージをそのまま制作することに。
銀板に太い溝細い溝をヤスリで彫り込み、そこを燻して黒く。
表面は、一度鏡面まで磨き上げ、紙ヤスリで丁寧にこすってマット仕上げに。
ほんとうに手仕上げの作品になりました。
途中「可愛くて、あげたくなくなってきた(^ ^;)」・・(^-^)。
03/06/06

永田 和代さん(シ)
ブレスレットです。
0.8ミリ厚ほどの銀板を6つ切り出し、鏡面、槌目、すり出し、刻印と4種類の仕上げに。
それぞれをシルバーチェーンでつなげて完成です。
パーツが組み上がっていく時は、もうワクワクでしたね(^ ^)。
夏、手首でルーズにゆらゆら。
03/05/31

内野 美夏さん(体)
刻印デザインのペアリングです。
仕上げは両方とも鏡面仕上げですが、
刻印の部分を、ひとつは白いまま、もうひとつは燻して黒くしました。
コントラストが美しい作品になりました。
03/05/27

市丸 鮎子さん 中里 尚太さん(体)
メビウスのペアリングです。17号と8号。
デザインがすぐ決まったのでロウ付けも挑戦。
市丸さんは女性らしいきれいなラインができました。
中里さんは幅7ミリあるため、なましては叩きを繰り返し見事完成。
ボリューム感あるメビウスを作れました。
03/05/24

河辺 圭さん(体)
内側を槌目にし、表を鏡面に仕上げたリングです。
当日夕方の急な予約でしたので少し急ぎましたが、
ロウ付けにも挑戦して、工程すべてに手を掛けられました。
改めてシンプルなものって素晴らしい。
アートクレイシルバーの経験がおありで、磨きはバッチリでしたね。
03/05/17

      
大西 友美さん(シ)
銀の角柱4本で正方形を作り、周りに刻印。
丸カンも銀板を6面体風に丸めてロウ付けしました。
四角は一辺1.7センチほど。プレゼントにするそうです。
03/05/16

       
柏田 理恵さん(シ)
銀の角柱2本でクロスを作り銀板にロウ付け。
全体を燻して古美仕上げにして、クロスだけを浮き上がるように鏡面磨きしました。
天地1.5センチくらい。チェーンも燻しました。
03/05/16

   
菅原 貴房さん 由美子さん(ご結婚記念日制作)
クローバーをモチーフにしたペアペンダントです。右上がお書き頂いたイメージのデザイン画。

作品の右側は銀板にクローバーをロウ付け、
左側はクローバーを切り出した銀板の下にベースの銀板を重ねてロウ付け、
合わせた時、高さが合うようにしました。
初めての切り出しが大変でしたけど、いい形にできましたね。
約5時間で完成しました。
異例の当日予約でしたけど、制作開始の時に記念日と聞いて僕も燃えました。
食事の予約時間、間に合ったかな。
お受けして良かったです。これからもずっとずっとお幸せに(^-^)。
03/05/14

宮崎 朝子さん(シ)
バングル。手首側に透かしを入れ、甲側両サイドには線を削り込んで燻しに。
作品の幅は両エンドに向かって広くなっています。形が繊細でヤスリ掛けに神経を使いました。
3回通っていただいて完成です。
03/05/05

岡村 香奈さん(体)
ペンダントトップ2種。
シンプルなプレートと2ミリ厚のバーを捻ったトップです。
03/04/28

濱田 由樹さん(体) 大内 麻由美さん(体)
アートクレイシルバー経験者のおふたり。
1本の銀を、何度も何度も焼き入れしては叩いて「8」と「6」を作りました。
幅5ミリ、厚さ1.5ミリを横に曲げるのは大変でしたけど、よく頑張りました!
銀本来の粘性が生きましたね。
03/04/19

中村 昌美さん(シ)
バングル。マットと荒磨きのハーフトーン。
制作時間2時間半で仕上がってしまいました。お見事!
03/04/11

吉田 浩実さん(体)
ネーム入りリング(7号)
03/04/10
鎌田 芽衣さん(シ)
折り文のデザイン。紙が破れた感じにアレンジ。
03/04/06

      
      
永田 和代さん(シ)
重ねリング(鏡面&梨地仕上げ)03/03/15


大西 友美さん(シ)
トップ(燻し仕上) 03/03/13
高橋 晴子さん(シ)
トップ 03/03/13

竹内 めぐみさん(体)
リング(14号)
槌目側は鏡面に、平面側は梨地仕上げに。
03/03/08
石川 江理子さん(体)
リング(9号)
槌目と鏡面のツートーン。
03/03/08

柏田 理恵さん(シ)
リング(1号)
ヤスリで擦りだしました。
03/02/25
大西 友美さん(シ)
トップ
折り文のデザインで。
03/02/25
BUCHIさん(体)
槌目リング(14号)
サイドの形状が楽しい。
03/02/23

Y.Sさん(シ)
03/02/17
石を使っての作品は初めてです。
シルバー教室2回で完成しました。お持ちのカンラン石をリングに(6号)。

鎌田 芽衣さん(体) <リング&ストラップ>
03/02/09
人気の槌目の打ち出しですが、凹は白仕上げのまま凸だけを磨き、さらに鏡面とのツートーン。

実島 智子さん(体) <トップ>
03/02/08
写真ではわかりづらいと思うのでちょっと説明。
溶かした銀が圧迫された時の複雑な陰影を表現しました。ふたつにしてペアに。10時間の力作!

谷津 えりさん(体)
槌目リング 03/02/06
手塚 陽子さん(体)
槌目リング 03/02/06

本多 美子さん(シ)
この葉っぱ、可愛いと評判です。
03/02/01
菅原 潤さん(体)
重厚な槌目リング。マット仕上げです。
03/01/28

宍戸 秀一さん(体)
槌目リング
03/01/28
飯島 里枝さん(体)藤森 義明さん(体)
槌目と螺旋のリング。手元側を細目にした槌目リング。03/01/27

Y.Tさん(体) 4号&1号
槌目リングとネーム入りリング。
03/01/26
石川 メグミさん(体)
フリーライターさんです。
『NetRicoh』の取材でいらっしゃいました。
槌目リング
03/01/04