SOPHIL's HP


[CONTENTS]

PLATE1_4 net price mail sh
[DOWN LOAD]

PLATE_A_C pdf1 pdf2 pdf3
[LINK INDEX]

自身のブログ
基板設計CAD支援Blog

旧ブログ1
プリント基板設計支援Blog

旧ブログ2
CAD支援ソフト探索2

k-suguro さんのブログ
プリント基板設計

t-sugiuraさんのHP
チェダークリーク

HDL:ヒューマンデータ様のHP
ヒューマンデータ


[TOPICS]
後処理で3D化対応致します

[NOTE]


Feb. 23 2017





 このホームページはプリントパターン設計会社SOPHILが回路設計者が自らパターン設計業者へ
設計依頼ができるようにと開設したものです。



[業務内容]

プリント回路基板のパターン設計を主な業務としております。
主に「Altium Designer」、「P-CAD2002/2006」にてパターン設計をしております。
設計実績としてアナログ回路のパターン設計の方に重点を於いております。
営業エリアは長年過ごしていた関東地域と九州とさせていただきます。

メールだけで打ち合わせが可能なように複数の資料を作成して対応しております。
3DCADを導入し基板設計と平行して実装済みの3D図面も同時に作成します。
その3DPDFの図面はこちらにて。

[設計資料]

下記の書類を提出していただくと対応がしやすいかと思います。
1. 回路図面(手書きまたはORCADなどのSCHデータ)
2. 部品表 (ORCADの場合は不要)
3. ネットリスト(手書きの場合は不要) NET変換可能なSCH CAD
4. ラフレイアウト図(要望される場合)
5. 基板外形、配置禁止エリア等を指示した図面
6. 特殊部品のみ外形等の図面


[納品資料]

後日、CD-Rにて納品する設計資料は下記のものとなっております。
1. ガーバーデータ、図面のPDFファイル、回路図、部品表をCD-Rにて
2. 上記資料の印刷図面
3. シールドケースなどを使用した場合はその機構図面
4. 3DPDFや3D関連資料、部品実装後の3Dレンダリング写真など

パターン設計実例のPDFファイルなどはこちらにて。


[設計価格]

3DCADを併用しておりますが一般的な価格にてご奉仕致します。
例としてSOP16PのICを20個使用しているアナログ回路で標準的な基板であれば
16ピン x 20 x 100円/ピン = 32,000円 ぐらいの設計費になります。

設計費用の概要は価格一覧表をご覧ください。
具体的なお見積もりはこちらのフォーマットにて。


[設計器材]

次の SOFTWARE & HARDWARE を使用して設計しております。
SolidWorksとの組合せで3DPDFも作成しているのが弊社の特徴です。
設計後に部品配置図も作成しPDF化して添付しております。
IDF形式をCircuitWorks経由で3D化作業をしています。

こちらのプリント基板設計ガイドブックを参考にしてください。
またプリント基板設計基準書も追加しました。
フットプリント作成基準書をアップしました。

[3D化作業]

他社で設計された基板データの3D化作業も致します。
「Altium Designer」ファイルにSTEP部品の埋め込みで3D対応させています。
「P-CAD」、「Allegro」、「PADS」のファイルも3D化可能です。
3DCADで作成したものをSTEPファイルにしたDVD-Rの販売もしております。

こちらの記事を参考にしてください。
ブログ内のSTEP部品の販売記事
詳しくはメールにてお問い合わせください。


■ お問い合わせ先 ■

SOPHIL 山口県周南市長穂330番地
担当 : 泉 茂 夫
TEL : 0834-88-0504
E-mail : sophil@mug.biglobe.ne.jp

Copyright (C)2001-2017 SOPHIL All Rights Reserved.