設計支援ソフトウェア


弊社では基板設計に関連したソフトウェアを自社開発しています。
「Altium Desigener」のScriptやEXCELマクロなどです。

EXCELマクロの利用
パターン設計に着手してすぐに必要なのがネットリストの修正です。
自社のフットプリント名への差し替えや存在しないフットプリントの有無。

パターン設計中に必要なネットリスト同士の記述内容の比較をするマクロなど。
似たようなフットプリント(型番)同士は目視と消しこみでは見落としがちです。
文字列のどの部分から異なるのかを文字の色やセルの背景色で視認させます。
ピックアンドプレースファイルなどの小数点などの加工も便利です。

ネットリストから部品表を作成する「部品表修正マクロ・プロフェッショナル版」を作成し
運用中です。
支給された部品表との違いをチェックする時にこのマクロは有効で重宝がられています。
パターン設計後に必要なSTEPファイルの検索と特定フォルダへの保存作業も
マクロで自動化を実現しています。

スクリプトの利用
「Altium Desigener」ではDelphi、Visual Basicによるスクリプトが作成可能です。
AltiumSCHではVCC、GNDなどのパワーポートを配置するスクリプトを使用中です
SOP、QFPを作成するスクリプトは使用頻度が高くなっています。
ラインや円弧や四角形などのプリミティブを配置するスクリプトも便利です。

AltiumPCBではグリッド設定などの支援プログラムをショートカットキーに割付済です。
使用頻度が高い定番のフットプリントをスクリプトで形状を作成しています。
利点はメカニカルレイヤや設計基準を自社用にカスタマイズ可能な点です。

フットプリント作成用をまとめた 「Altium Designer用スクリプト集」 はこちらです。

ユーティリティ
DelphiスクリプトでPCB動作中でなくても利用可能なものはEXCEL上で動作
するように移植したり、VBで単独動作のExeファイルとする場合もあります。
文字列置換をする秀丸エディタ用マクロなどの作成も行っています。
AltiumSCHのバックアノテートをOrcadに反映するなどの作業もしています。

EXCELで作成したマクロの記事をこちらに掲載してあり、記事の下側には
URLも記載しているので、ダウンロードも可能です。
「Altium Designer」で通常はできない機能もスクリプトなどで実現できる場合も
あるので、断念せずにご相談ください。


ソフトウェア価格
ジャンル
内容
価格(予価)
SCH系 EXCELマクロ(一式) 20,000円
PCB系 EXCELマクロ(一式) 40,000円
ユーティリティ 秀丸マクロ・単品(要相談) 15,000円
ユーティリティ EXCELマクロ・単品(要相談) 20,000円


これはデフォルトが縦のSOP(8〜56P)のフットプリントを作成するDelphiスクリプトです。