「Altium Designer」SCH関連


弊社では「Altium Designer」SCHで運用開始するための支援を致します。

SCHのライブラリ構築
AltiumSCHのデフォルトでは比較的大きなシンボルを配置することとなり少ない部品点数で
図面が一杯になってしまします。
比較的小さくてスマートなシンボルで今後の展開が楽なようなシンボルとそのパラメータの
構築が肝となります。
弊社ではSOP/QFPはスクリプトで作成できるようにしています。
そのスクリプトをカスタマイズすることでサイズなどを微調整可能です。

作成環境の構築
ライブラリがあっても実際の回路図入力作業は難しいし手間でしょう。
端的なパラメータ設定と詳細な部品表出力のトレードオフは難しくノウハウが必要です。

部品として出力するもの以外を描く場合もありますがそれはスクリプトでメニュー化しております。
部品ではないので部品表には載らないけれど意味がある図が必要な場合はこれは重要な機能です。
知られていない機能を組み合わせスピーディな回路図入力が可能なようトレーニングも致します。

会社の資材管理に併せたパラメータ設定にも対応したします。
これをされてない方が多いようで部品表の後加工で苦労されているようです。
部品実装面を「Altium Designer」PCBの情報から部品表にフィードバックする手法も伝授致します。

「Altium Designer」SCHでの回路図入力
別の項目でも触れておりますが、回路図入力だけも受け付けております。

こちらのブログでもAltiumSCH関連の情報発信をしています。