回路図入力サービス


弊社では回路図入力(清書)サービスで支援致します。
対応している回路図CADは「Altium Designer」または「Orcad Capture 9」です。
「Altium Designer」では回路図入力から基板設計までを一環して対応致します。

「Altium Designer」で回路図清書
AltiumSCH化することでAltiumPCBとの連携も取れます。
これらの工程を示すことで別のCAD資産の「Altium Designer」への乗り換えできます。
「Altium Designer」初心者への移行作業のトータルサポート(SCH/PCB)も致します。
CAD操作は理解していても部品をどのように登録運用するか、特殊な表示方法など
意外に知らないTipsがあります。

シンボル作成は手動以外にスクリプトで基本的なラインや円弧、四角形を配置することや
直接的にSOPやQFPでピン数を指定するだけで作成することも可能です。

「SolidWorks PCB」にて書かれた回路図も読み込んで修正可能です。
当然ながら「SolidWorks PCB」のPCBデータも読み込みおよび修正が可能です。

「Orcad Capture 9」で回路図清書
元々「Orcad Capture 9」で回路図作成していたのでこちらでの清書も致します。
意外とAltiumPCBとの親和性もあるのでREF番号のバックアノテートも可能です。
「Orcad Capture」の回路図を「Altium Designer」に変換し編集することも可能です。

フリーソフトの回路図
定番のフリーソフトでも回路図のやり取りしています。
具体的には「水魚堂」の生データで回路図を貰う場合もあります。
回路図修正やネットリスト出力も添付して貰わずに自社で行っています。

原図と納品資料
原図はPDF以外に手書きスキャン資料、「EXCEL」、「POWER POINT」に貼り付けた
画像などにも対応致します。
正確に処理するために部品表があればそれも添付願います。
通常は納品する回路図はA3が一般的です。
それより広いサイズにするのかページ分割することも可能です。

図面枠、タイトル枠の作成
CAD乗り換え時に必要な会社独自のボーダー・タイトル枠の作成も致します。
右下のタイトル枠内にグラフィックや画像を入れることも可能です。
単純に作成しても実務に則していないと見栄えや使い勝手が悪いので経験が必要です。

コンポーネントのサイズ
会社によってシンボル(コンポーネント)のサイズが違っております。
アナログ回路で込み合っている場合はそれに対応し、小さめのシンボルを作成します。
このようにバランスのとれたシンボルを作成することで美しい回路図に仕上げます。

部品表とフットプリント
会社の事情に則した作業にて適切な部品表が出力できるようにシンボルを作成します。
この部品情報により生成した部品表の後加工が減るので重要な点です。
AltiumSCHではAltiumPCBとの連携でフットプリントの設定も重要です。

回路図最終チェック
作成した回路図は目視と消しこみだけではなくネットリストを使用できるなら比較し
接続情報以外に、細かい項目も専用ユーティリティを使用してチェック致します。

作成価格表
図面作成価格は65-75円/ピンぐらいを目安としてください。
(ご要望による難易度で変化します。)
回路図とその回路図内で使用したライブラリ付の価格です。
(併せて弊社の標準ライブラリも添付)

回路図作成費はピン数で変化するので下記の価格(1ページ分)は目安です。

SCH関連作業
内容
名称
費用(参考)
回路図 A3 回路図作成費、ライブラリ付 30,000円
回路図 A2 回路図作成費、ライブラリ付 50,000円
タイトル枠 A3用 図面枠、タイトル枠作成費用 15,000円
タイトル枠 A2用 図面枠、タイトル枠作成費用 25,000円