CAM編集


弊社ではCAM編集作業も行っております。

ガーバーデータ編集(CAM編集)
CAM350にて旧ガーバーデータ(RS-274D)および拡張ガーバー(RS-274X)を読み込みます。
NCデータも同様にTコードが別になっている古いタイプでも対応可能です。
CAM編集業者で通常は、このような作業はしてくれないので基板設計者が担当します。
しかし、このようなスキルを持つ基板設計者は少ないようです。
このような事情でガーバーインを断る基板設計業者もお見掛けします。
弊社ではそういったガーバーデータにも対応可能です。
塗りつぶしをポリ・リージョンにしたり、複数のレイヤに変換や移動も可能です。
後工程の基板設計CADの作業を考慮すれば、CAM編集側で事前処理していた方が楽です。
編集費用は作業時間で算出するという明朗会計です。

レイヤ合成(CAM編集)
パッドやシルクを別のレイヤの情報で合成や引き算している場合にも対応します。
パッドと別のレイヤの引き算でランドカットとなります。
シルクと別のレイアの引き算でシルクカットとしている場合があります。
レジストとシルクと合成してそれを反転してシルクの面積が多い版にする場合もあります。

CADデータ比較
二種類(基板修正前後の2つ)のガーバーデータを比較することも可能です。
通常は違っている部分がCAM画面のみですがその部分をガーバーデータ化して
再度、ガーバーデータとしてインポートしてPDFレポートにすることも可能です。

DXFデータのインポート
DXFデータは方言があって化ける場合があります。
しかし、ガーバーエディタは英語圏のプログラムなので比較的方言を吸収しやすいようです。
オフセットなどもブロック移動することで処理できます。

改版修正作業
CADデータにしないでガーバーデータ自体を編集して改版する作業のことです。
大幅なブロック移動などが不要でスペースのあるエリアにコネクタなどを移動する場合は
ガーバーエディタで修正することだけで対応が可能でCAD化後の改版よりは安価です。

CAD乗り換え作業
他のCADから出力した回路図を「Altium Designer」で清書する作業も承っています。
AltiumSCH化することで「Altium Designer」ならではのPCBとの連携も取れます。
これらの工程をトータルサポートすることで別のCAD資産(PadsやOrcad、メンターなど)から
「Altium Designer」への乗り換えと移行作業が可能ということになります。


CAM350/DFMSTREAM V11.0


CAM編集に関しては情報が少ないようですが、こちらのブログに参考記事を掲載しています。