児玉黨

児玉黨一族
(本庄市史 通史編 Ⅰより転記)
 本庄市や児玉郡には、武蔵七党の一つである児玉党の子孫と言われる家がたくさんある

  阿佐美あさみ浅見あざみ久米くめ児玉こだま庄田しょうた富田とみた平児玉ひらこだま本庄ほんじょう四方田よもたなどの名字が付く家で、家紋を見ると 「団 扇うちわ」や「軍配団扇」など共通したものを使っていることも興味深い。
それぞれの家では、治承四(一一八〇)源頼朝の挙兵の後、頼朝に味方をして、義経や範頼の軍に従い、團扇紋を旗印に先祖が犬活躍したと伝えられている、しかし、児玉党の活躍は、 源平合戦ばかりではなく、その前の保元・平治の乱(一一五六・一一五九)、さらに、遡れば、奥州合戦、後三年の役(一〇八三)にも参加している。源平合戦の後にしても、承久の乱(一二二一)や 南北朝の争い、戦国時代においても、敵味方に分かれたとはいえ活躍している。
児玉党の祖は遠峯維行(伊行)であるが、その先祖については明らかではない。維行、あるいは維行の父・維能が、藤原伊周の子ども、孫の子どもいかれ、また伊周に仕えたともいわれる。 姓は有道で、有貫主とも称せられた。その起源については、不明瞭な点が多く、後でふれるように、系図によっていくつかの説が生れている。しかし、いずれにしても維行が児玉黨の始祖であり、 平安時代末期に朝廷の御牧である阿久原の別当(当時牧の管理者)ににんぜられていたこと、そして、任務が終わってもそのまま土着し、旧児玉郡地域を開発して在地豪族となったというのが多勢の意見である。
維行の嫡流(本家の家筋)は、児玉郡内を流れる現九郷用水関連河川の流域に居住し、その土地の地名を名字(苗字)とした。 塩谷しおや児玉こだま真下ましも今井いまい浅見あさみ富田とみた四方田よもだ久下塚くげつか北堀きたほり牧西もくさいなどの支族がそうである。
維行の庶流である 経行つねゆきは、阿久原牧の経営を引継ぎ、その流れは秩父平氏と結びついた。その子孫は、平児玉を名のり、秩父郡のほか 上野国甘楽郡かずさのくにかんらくぐん鏑川かぶらがわ流域や群馬郡の島川・井野川流域に居住した。 大河原おおかわら片山かたやま小幡おばた奥平奥平/rt>大類おおるい倉賀野くらがの島名しまな多子たこなどの支族がそうである。
弘行の子、つまり維行の孫相行(資行)は、大西郡に居住し、子孫は越辺川流域を開発した。浅羽あさば小見野こみの粟牛田あわうだ小代しょうだい/rt>越生おごせ鳴瀬なるせ黒岩くろいわ岡崎おかざきなどの支族がそうである。

  児玉党の一族は、『武蔵七党系図』によると、次のように五六氏に分かれる。
    有道氏 改藤原
庄(莊・荘) 本庄 東久下塚 西久下塚 若水 四方田 宮田 蛭河 今居 阿佐美
小中山 塩谷 児玉 富田 薦田 長岫 新生 中条 新里 鳴瀬 
黒岩 岡崎 入西 浅羽 堀籠 長岡 大河原 小見野 粟牛田 小代
越生 高坂 平児玉 秩父 興島 吉田 竹澤 多子 小幡 倉賀野
大類 稲島 狛島 片山 新屋 大渕 鳥方 真下 御名 大濱
奥平 白倉 吉島 山名 島名 大河原 牧西
    上記のほか児玉郡には桜沢・平児玉姓を持つ家があり、児玉黨の子孫と伝えられていれ、「軍配団扇」の家紋を用いている。
児玉黨の諸支族
1)真下氏

遠峯 弘行 真下五大夫 弘忠真下太
有弘 弘長 重盛兵右 成胤 成氏 成実
胤氏
□  □ 重親 重延孫太
弘親 弘常中務丞 □ □小太

真下氏の祖は、弘行の子 五郎大夫基行である。所領は現在の児玉町上真下・下真下地内と、それに神川村八日市と、本庄市北共和の一部をわずかに含む地域とみられる。