系図の検討
児玉黨の系譜と系図
(本庄市史 通史編 Ⅰより転記)
児玉から庄・四方田そして本庄及び系図上の弘高と家長・忠家・家経の関係
検討前の系図(通説)
家弘―― 弘高―― 家長(莊太郎)    
忠家(莊三郎) 弘定
高家(莊四郎) 弘長(四方田三郎)
弘方(莊五郎) 弘季(四方田四郎)
弘綱(四方田五郎)
高綱(四方田七郎)

児玉」から「庄(荘)へと移ったのは、家弘の代と考えられる。系図の註記に児玉庄大夫とあり、その子、弘高が庄権守、庄三郎忠家、庄四郎高家、庄五郎弘方と名乗っているからである。 「庄」としたのは、この頃の本宗家の領地が児玉郡のうち、真下・塩谷・富田の地域を庶子家に譲渡としてしまい、児玉郡の「児玉」では意をなさなくなったからであろう。しかし、一般には児玉荘若泉荘の「荘」をつけたといわれている。さて、 系図や『吾妻鏡』などから「庄」の使われ方をみると複雑である。たとえば、庄三郎忠家・庄四郎高家・庄五郎弘方と、庄太郎家長・庄二郎弘定は、兄弟ではなく、叔父と甥の関係となっている。 また庄太郎家長・庄二郎弘定と、四方田三郎・同四郎弘季・同五郎弘綱・同七郎高綱は、兄弟であるのに「庄」と「四方田」となっていることなどであろう。 一般的には、家弘の子たちに「庄」をつけ、弘高の子たちに「四方田」をつけるが、このようにしたのは次のようなことが考えられる。

 

家弘の子・弘高は、庄氏の子であるから、字(通称)を庄権守あるいは庄太郎と称し、二男の何某は庄二郎を称していたと考え られる。 この二人は、軍記物語や『吾妻鏡』などに見られないことが考えられる。 早逝したと考えられる。忠家が庄三郎、高家が庄四郎を称したのは当然である。

弘高の子も庄氏であるから、当然通称も『庄』を冠せ、庄太郎・庄二郎・庄三郎・庄四郎・・・と称することになる訳であるが、三男 以降については問題が起った。つまり叔父の庄三郎忠家・四郎高家・五郎弘方が存命であった。三男以降に庄を名乗らせると、庄三郎・庄四郎・・・が、二人づつ出来てしまうわけである。

そこで、三郎以降の弟たちに『四方田』を冠せ、四方田三郎弘長・同四郎弘季・同五郎弘綱・同七郎高綱を名乗らせた。この場 合『庄』に『た(田)』をつけ『しおだ』とし『四方田』という字を当てたと考えられる。この場合の『四方田』は地名の『四方田』とは別のものと考えられる。

したがって、四方田三郎・同四郎。同五郎は、四方田を名乗っているが、『四方田の地』に居住したとは限らない。

この頃まで『庄三郎』とか『四方田三郎』とかは、どちらかといえば、字に近いものと考えたほうがよいと思われる。 『本庄』を名乗るのは、家長の代であろう。それも、源平合戦が終わった後と考えられる。嫡男の小太郎が『庄小太郎依(頼)家』と称しているからである前の時と同じように「庄」を用いると混乱を生じるため、 子供に(本庄)をつけた。庄家の本家という意味からと考えられる。本宗家はその後、備中国(岡山県)草壁荘地頭職が与えられた。当然、本補地頭としてである。 そして、後にまた「庄」を名乗ることになる。後に、本庄城を築城した「本庄氏」の祖が、これらの誰に比定するのかと言う点になると、明らかにされない。これについては後に「中世末期の本庄氏」の項でふれている。
 弘高は、

弘高は家弘の嫡男である。弘高の代における本宗家の所領は、九郷用水掘下流の現本庄市四方田・北堀。・栗崎・西五十子・東五十子・本庄地内と見馴れ川水田流域の条理水田地帯と推測される。 時期的には、保元・平治の乱から源平合戦の頃の人物であるが、軍記物語や『吾妻鏡』などに記載がみられない。『保元物語』に記述されている庄太郎は、一般には家長としているが、弘高ではないかと思われるふしがわずかながらみられる。 それは、弘高の兄弟が庄三郎忠家・四郎高家・五郎弘方と『庄』を字通称としており、弘方が長男であるのでと称することもあり得ること、そして、この戦に家長が参加したとすると、かなり高齢になることからである。
「保元の乱」と弘高

保元の乱は、保元元年(一一五六)七月二日、鳥羽上皇が世を去った時に端を発したもので、後白河天皇・藤原忠通派と崇徳上皇・藤原頼長派の内部抗争である。
後白河天皇は、源義朝や平清盛などの有力武士を配下にし、 これに対して、崇徳上皇方には源為義・為朝や平忠正などが味方をした。この戦いは、源義朝と為朝の関係、平忠正と清盛などの関係にみられるように、肉親の親子や伯父・甥が敵と味方に分かれて挑んだことになる。保元元年七月十一日、後白河天皇は白河殿に夜討をかけた。白河殿は、 上皇方の京都・鴨川の東側にあたり、祇園の北方にあたるところにある。この時、源義朝は、二百余騎を率いて大炊御門西の川原から、白川殿へ殺到した。『保元物語』(日本古典文学大系)には、この時、源義朝に従う輩の中に『庄太郎』が記載されている。 ところで、家長が実際に保元の乱に出陣できる年齢にあったのか、言い方を変えれば、保元の乱の『庄太郎』は誰であったのかという問題について検討してみることにする。この庄太郎の年齢を推定するのに、記録に見える他の人物を選んで行った。系図において 弘高――家長  を正しいとすると下記のように推定できる。『吾妻鏡』には、承久の乱(一ニニ一)の「六月十四日宇治橋合戦越河懸時御方人々死日記」のなかに、塩谷民部大夫(家経)と庄三郎(忠家)の名がみえる。この戦いを書いた『承久記』(成立年不明)のなかにも、 塩谷民部丞家経と庄三郎が大勢の武士とともに流されて死んだことが記述されている。そこで、まず没年の知られる家経・忠家と弘高・家長との関係から、この四人が保元の乱に出陣できたものかどうか推察しはじめたい。小代氏系図をのぞいた児玉党の系図から、 この四人の関係を示すと下図のようになる。

家弘の系統は「家長」、「弘高」、「忠家」、家遠の系統は「家経」生存確実は太い直線
死亡は太い矢印線 推定は二本の点線

であらわす。

この四人の関係は家経の没年は「有道家時注進熊の参詣道者系図案」(米良文書二)に「家経 民部大夫(承久合戦時於宇治河 死去)年七十一歳」と註記がある。諸系図に同じような註記があるので信憑性が高い。これを逆算すると、久安七年(一一五一)にうまれたことになり 「保元の乱」の時はまだ五歳となり、参戦できない。忠家も「承久の乱」で流死した。忠家と家経は従兄の関係にあり、この場合、一般的に年齢の上下を考えると、忠家の方が家経より前に生まれた可能性がオオキイノデ、「保元の乱」に出陣できそうである。そこで、 仮に忠家が出陣したとし、「承久の乱」に流死した年齢を推定してみよう、それには、「保元の乱」から「承久の乱」までの六十五年間と、保元の乱に出陣した時の年齢を加えなければならない。保元の乱に出陣した時の年齢を十五歳とすると八十歳、二十歳すぎだと 八十五歳以上の年齢となる。この年齢で出陣できるかというと、一般的には否定的である。とすると、忠家が保元の乱に出陣した可能性は少なくなる。さて、家長であるが、忠家は叔父にあたる。この場合、甥の家長が叔父の忠家よりも早く生まれる可能性は少ない。 そこで、家長が「保元の乱」に出陣できる条件は次のことをみたさなければならない。
①忠家より年長でなければならない。
②家経よりも年長でなければならない。
児玉党の系図からは、一般的に見て、どうしても二つの条件をみたすことは出来ない。こうしたことから、庄太郎は家長ではなく別の人物であると考えられる。家長のほか、庄太郎を名乗れるのは家弘である。兄弟が庄三郎忠家・四郎高家・五郎弘方と名乗っているからである。 そして、家弘なら二つの条件をみたすことが出来る。児玉党の系図が、間違いのないものなら、「保元の乱」の庄太郎は家弘としたほうが妥当である。

系図の誤写

一般的にいわれているように、庄太郎を家長にするには、系図の一部に誤写があったとしなければならない。それは、家長が弘高の子でなく、弘高と兄弟とすることである。兄弟となると、上記の二つの条件を満たすことが出来るからである。 つまり、次のようになる。
家長が家弘の嫡子とする説の想定図

検討後系図
家行―― 家弘―― 家長(莊太郎)―― 頼家(莊太郎)
家次
定綱
弘高 弘定
弘長(四方田三郎)
弘季(四方田四郎)
弘綱(四方田五郎)
高綱(四方田七郎)
忠家(莊三郎)
高家(莊四郎)
弘方(莊五郎)

こうしてみると、系図上の実名のつけ方や仮名が、「武蔵七党系図」にくらべてすっきりする。当時の名前の付け方については、「児玉党の名前について」述べてあるので、それを参照されたい。

家長を家弘の子とすると、その兄弟が庄太郎家長・庄二郎弘高・庄三郎忠家・庄四郎高家・庄五郎弘方と同じ通称になる。

<弘高の子が四方田を名乗ることとなる。

「武蔵七党系図」などにみられる家弘  弘高  家長  依家の流れでは、弘高と家長との間に、親の実名の一字が見られない。

家行  家弘  家長  依家としたほうが、親の実名の一字が子に付けられており自然である。

また、庄太郎・庄三郎・庄四郎・・・の仮名が親の代と子の代の二代にわたり不自然である。このようにしても「保元の乱」の庄太郎は、系図を優先するなら、家長ではなく家弘とした方が妥当であり,家長を優先するのであるならば、 系図に誤写があるとしなければならない。
  莊太郎家長

家長は弘高の嫡男で、通称は庄太郎である。是は系図によるが、あるいは弘高の兄で、家弘の子である可能を秘めている。いわゆる源平合戦で児玉黨の旗頭として活躍し、一の谷合戦の時、東木戸にあたる生田の森の戦闘で、 平家の公達本三位中将平重衡が須磨ノ浦の海岸際を逃げてゆくのを追いかけて生捕にする武功をあげた。(「備中 庄家文書」『岡山県古文書集 第一輯』)に所収されている庄家系譜の中には家長の註記としてつぎのように書いてある。武蔵国住人児玉党旗頭、治承五年辛丑 (辛丑)二月七日播州一谷源平両家合戦、始大手ノ大将軍蒲ノ冠者源範頼二相従、平武蔵守朝昌ヲ捕ル、亦一谷平家大手ノ大将軍本三位中将重衡、軍破テ須磨ノ浦傳二落行給ヲ追懸テ生捕ル、頼朝公無類ニ御感アリ、当座二奥州室地庄ヲ賜ル、是平家ヲ追討恩賞ノ始ナリ、其後平家没落、 備中闕国トナリ、家長二賜ル、築猿掛ノ城ヲ築キテ居ル
建久元年庚戌十一月七日二品御入洛、先陣随兵三騎、壹騎別二張替持、一騎甲腹巻行騰、又小舎人童上髪負征屋箭著行騰、各々有前、其外ノ不具郎従廿八番、庄太郎列之、建久五年甲寅三月十日将軍頼朝公東大寺供養、著御南都東南院、随将庄太郎  家長が、一般に言われているように、「保元の乱」に出陣したかという点については弘高の項で述べたが、系譜に記載されていない。系譜にあるのは「一の谷合戦」からである。 家長の註記の最初は「一の谷合戦」で、平武蔵守朝昌(知章と平重衡を討ち取ったことであり、『吾妻鏡』の元暦元年(1184)二月五日の条にも記録されている。系譜にある治承五年辛丑(辛丑)二月七日の年号は誤記である。
五日 甲子(きのえね)酉(とり)の剋(こく)源氏の両將、摂津の国に至る。七日卯の時を以て、箭(や)合(あわ)せの期と定む。大手の大将軍は蒲ノ冠者範頼なり。相従うのは輩・・・・ とあり、このあとに小山小四郎朝政以下、計三十二名が連記され、この中に家長をはじめ、庄司三郎忠家、同五郎広方などがみられる。
十五日の条にも関連記事がある。範頼・義経が一の谷合戦の記録を鎌倉に伝えたもので、本三位中将を生け捕ったことや、義経が敦盛・知章・盛俊を討取った事である。
十五日、甲戌(きのえ いぬ)辰ノ刻に蒲ノ冠者範頼、九郎義経等の飛脚、摂津の国より鎌倉に参著して合戦の記録を献ず。其の趣「去る七日に一の谷に於いて合戦す。平家多く以て命を殞 (おと)す。前の内府巳下は海上に浮かんで四国の方に赴(おもむ)本三位ノ中将をば之を生虜る。また通盛卿・忠度朝臣・経俊以上三人は蒲ノ冠者之を討取る。経正・師盛・教経己上三人は遠江ノ守義定之を打取る。敦盛・知章・業盛・盛俊以上四人は義経之を討取る。この外梟首(きょうしゅ)する者一千余人。 凡そ武蔵・相模・下野等の軍士各大功を竭(つく)す所也。追って注記言上す可し」と。云云
義経が討取ったとあるのは、義経の部下が討取ったことである。
『源平盛衰記』には、家長が重衡を生け捕ったと記朮されている。これに対し、
『平家物語』の「重衡生捕(巻第九)には、家長でなく四郎高家としているが、やはり記録にあるように家長として方が妥当である。
建久元年(1190)源頼朝が上洛した時に、家長はこの行列に加わっている。この上洛は、文治五年(1189)の奥州藤原氏征伐、そして、藤原氏遺臣大河兼任の反乱の鎮圧により、内乱の終止符をうった頼朝が、王朝国家との政治的決着の交渉を行うためであった。   行列の先陣には、畠山重忠以下が三列に並び、其後に頼朝が黒馬に乗って行き、水干の輩が続く、さらに、そのうしろに後輩が続く。その廿八番に、鹿嶋三郎・広沢余三と庄太郎の列がある。行列は十月三日に鎌倉を立ち、十一月七日に入京した。
『愚管抄』には、其時の様子が次のように記されている。
 三騎々々ナラベテ 武士ウタセテ 我ヨリ先ニタシカニ七百余騎アリケリ 後ニ三百余騎ハウチコミテアリケリ コムアヲニウチ水干ニ 夏毛ノムカバキ マコトニトヲ白クテ黒キ馬ニゾノリタリケル
建久六年に源頼朝再び上洛した。二月十二日に鎌倉を立ち、三月九日に入洛した。其時、頼朝に隋兵として、庄太郎の名が見えている。
こうしたことを考え合わせると、家長が勲功の賞として、備中(岡山県)草壁荘地頭職をあたえられたというのも当然であり、とすれば庄氏が本舗地頭として補任されたことになる。
家長には、頼家(依家)<家次・定経・時家・時長の子がある。その子は「本庄」を名乗っている。庄家の本宗ということであろう。居館は市内栗崎地内の「堀の内」と推定できる。

きょうしゅ(ケウ‥)【梟首】>斬罪に処した罪人の首を木にかけてさらすこと。また、その首。さらしくび。
すいかん【水干】水張りにして干した布。2 1で作った狩衣の一種。盤領(まるえり)の懸け合わせを結紐(ゆいひも)と呼んで紐で結び合わせるのを特色とし、縫い合わせたところがほころびないように組紐で結んで菊綴(きくとじ)とし、裾を袴に着こめるのを例とした。地質は布製を本来のものとするが、風流として登(のぼり)や鰭袖(はたそで)に絹の織物を裁ち入れたり、全体に絹を用いたりした。 すいかん‐ぐら【水干鞍】 水干装束のような略装で日常の料として乗用する軽易な鞍の皆具。
すいかん‐ばかま【水干袴】 水干を着る時にはく袴。狩袴に似た裾の短い括(くく)り袴。後世は長袴。