阿久原牧
官牧の種類 (本庄市史 通史編 Ⅰより)

牧の字義は馬城まきで、「令義解りょうのぎげ」には 「かう園也」とあり、牛馬の放養飼育地という。
馬は古代においては水上の舟とともに、陸上唯一の交通機関で、軍事上からも必要不可欠のものであり、 その他官馬・駅路乗用の駅馬・伝馬等の確保のため、官牧の制を定めている。大宝の厩牧令きうぼくりょう の中に、うまや 条以下十三カ条にわたり、牧馬養成その他について細かな規定があるが、
延喜式によれば、牧は御牧みまき(勅旨牧ちょくしまき)・ 諸国牧しょこくまき近都牧きんとうまきの三種に分かれていた。
えんぎしき【延喜式】
 平安中期の法典。五〇巻。延喜五年醍醐天皇の命により藤原時平、忠平らが編集。延長五年(九二七)に完成。弘仁式、貞観式以降の式を取捨し、集大成したもの。康保四年施行。
 (が律令の施行細則を記した法典であるところから)堅苦しいことを言う人をあざけっていう語。古文真宝。*太平記‐三五「あら見られずの延喜式や」
●御牧(勅使牧)
御牧は左右馬寮  そ  う   ま  りょうに属し、東国に二十三か所置かれた。 内訳は甲斐国かんいのくに三・信濃国しなののくに十六・上野国こうずけのくに九・武蔵国むさしのくに四で、武蔵国では石川牧・小川牧・由比牧・立野牧であった。御牧の官人は牧監または別当があり、甲斐・信濃・上野は牧監が任ぜられ、 武蔵は別当が任じられた。
御牧から左右馬寮への貢馬こうばは、毎年甲斐国六十疋・信濃国八十疋・上野国五十疋・武蔵国五十疋と定められている。国司は、毎年九月十日に牧監武蔵国は 別当と共に、牧に臨んで馬を検印し、四歳以上の用に堪えるものを選びこく、武蔵国の場合は立野牧二十疋・他の三か所の牧で三十疋、計五十疋を馬帳に記し、翌年八月に牧監、別当らがこれを引き連れて貢上した。
上記武蔵の御牧のいちについては、埼玉県史はのこされた地名や自然条件などにもとづいて論究し次のように推定している。
石川牧   神奈川県に属す久良岐くらき郡(石川郷・本牧郷あり)

由比牧   東京都に属する多摩郡(由比郷あり)
小川牧   東京都に属する多摩郡(小川郷あり)
立野牧   埼玉県北足立郡(浦和・川口市にかけて、大牧・駒形・立野などの地名が遺されている)
御牧から貢進された馬は、駒牽こまひきといって日を定めて、天皇が紫宸殿し しいでんまたは仁寿殿じじゅでんで親覧する 儀式が行われ、そのあとは左右馬寮や廷臣などに配賜はいしされたが、この天皇の貢馬御覧は宮中の年中行事として、後世までも永く行われた。

 

こまひき【駒牽・駒引】(「こまびき」とも)
1 中古、毎年八月中旬に、諸国の牧場から献上した馬を天皇に御覧に入れる儀式。 天皇の御料馬を定め、また、親王、皇族、公卿にも下賜された。もと、国によって貢馬の日が決まっていたが、のちに一五日となり、諸国からの貢馬も鎌倉末期からは信濃の望月の牧の馬だけとなった。秋の駒牽。《季・秋》
2 中古、毎年四月二八日(小の月は二七日)に、武徳殿で天皇が馬寮の馬を御覧になった儀式。天皇が前庭を通る馬を御覧になり、その後で舞楽の演奏、饗宴などが行われた。五月五日の騎射の準備。《季・夏》
3「こまひきせん(駒牽銭)」の略。
4すみれ(菫)」の異名。
こまひき‐うた【駒牽歌】馬子が馬を引きながらうたう歌。馬子歌。
じんじゅ【仁寿】(「論語‐雍也」の「知者楽、仁者寿」による語。仁徳のそなわった者は心静かな生活をおくっているから寿命の長いものが多いの意から)
ししんでん【紫宸殿】内裏正殿。神明造りの殿舎で南面し、中央に一八段の階があり、その前方左右に桜と橘(たちばな)の木が植えてある。殿内の中央には御帳台があり、 その後方に賢聖障子(けんじょうのそうじ)をもつ。即位、朝賀、節会(せちえ)などの公式の儀式を行う。南殿(なでん・なんでん)。前殿。ししいでん。
じじゅうでん【仁寿殿】平安宮内裏殿舎の一つ。内裏の中央にあるので中殿、清涼殿の東にあたるので東殿ともいう。もと天皇の常の座所であったが、 のち常の座所は清涼殿となり、ここでは、内宴、相撲、御遊などが行われた。じんじゅでん。

●諸国牧
諸国牧は、兵部省の所轄に属していた。延喜式兵部省の条によれば、諸国馬牛牧は、駿河・相模・武蔵・安房・上総・下総・常陸・下野・伯耆・備前・周防・長門・伊予・土佐・筑前・肥前・肥後・日向の十八か国に所在して、 馬牛・牛牧・馬牧が三十九か所置かれていた。武蔵国では、桧前馬牧ひのくまうままき神埼牛牧かんざきうしまきの二つが置かれていた。埼玉県史では、桧前馬牧 ひのくまうままきの位置を児玉郡美里町駒衣附近に推定している。このことは那珂郡郡家の所在地であった古郡ふるこおりや、万葉集に出ている曝井ばくい の遺跡と称する場所が近くにあるためである。また、神埼牛牧の位置については、地名や地理的条件から考えて、南埼玉郡内牧村(春日部市)の辺を推定している。又、山川出版社『埼玉県の歴史』では、原始・古代のうち武士団の興起の項で、 勅旨田と勅旨牧について述べ、其中で「神埼牛牧は東京都牛込の地が考えられている」と述べられており、昌平社『郷土史事典・埼玉県』でも「神埼牛牧は都内牛込の地とされ、」と述べられている。
近都牧きん  とう  まき
近都牧は、都の近くに設けられた官営の牧場で、摂津・近江・丹波・播磨の四か国に六ヶ所置かれた。『延喜式』左右馬寮の条には、摂津國鳥養牧(烏下郡)・豊嶋牧(豊島郡)・為奈野牧(河辺郡)は右馬寮が管理し、近江國甲賀牧(甲賀郡)・丹波國胡麻牧 (船井郡)・播磨國垂水牧(賀茂郡)は左馬寮が管理して、諸国から貢上された馬牛をこれらの牧場に放し飼いにし、朝廷の諸行事の必要に応じて用いられる旨が規定されている。
阿久原牧
牧阿久原まきと伝承されている地域は、児玉郡神泉村上阿久原地区と同村下阿久原地区にまたがっている。神泉村は阿久原村・矢納村が合併して、昭和二十九年九月に村政を施行したものである。上阿久原村と 下阿久原村は元来一つの村であった。阿久原牧と伝えられる場所は一か所ではない。夏の牧と、山を越えたところには冬の牧と呼ばれる場所が数か所伝えられ、また牧場に従事する牧官の居住地があった。このような夏・冬の牧場がある例は他にも見られ、 信濃国(長野県)埴原牧場では放牧地と冬期間の繁飼場があったことが研究されている。
夏の牧
阿久原牧と一般に呼ばれている地帯は夏の牧と伝えられている。春から秋にかけての放牧地と牧に従事する管理者などの居住地がここにあったものと推定される。上阿久原・下阿久原地内の北西部にあたり、東の御嶽みたけ山 から南の横隈よこぐま>山(593.6㍍)に連なる山に囲まれ、北側と西側は神流川の切り立った崖で区切られている。神流川の対岸は群馬県鬼石おにし町である。牧の推定地域は、 上阿久原地内の字「寺内」「木下」「日向「門野」「小倉」「林」、下阿久原地内の字「中尾」「平」「幹沢」「扇平」「池尻」「秩父瀬」などの地域で、東西1.5キロメートル、南北は中央部で約0.7キロメートルの範囲であると考えられる。牧は、 横隈山北側の山麓やまふもとにあり、ゆるやかな北向の傾斜地で標高一五〇メートル前後である。牧の南西端にあたる部分(「寺内」)は、神流川の岸際まで山が迫って絶壁となり、人馬が通ることができない 自然の柵となっている。これは、北東端の「秩父瀬」の北部でも同様で、山が神流川岸まで続いていた。このように、牧は山と川に囲まれ孤立した位置にあり、「秩父瀬」からろ、やぐら峠を越え児玉郡稲沢村(児玉町) へ至る道と、「池尻」から杉の峠を越えて小山川(身馴川)沿いの道を利用したようである。南の尾根から牧の中を流れ、神流川に落ちる沢がある。沼尻沢、幹沢、坊沢、小倉沢、中沢などで、そして、馬場まんば とか馬洗いとか牧に関係あるような場所の呼び名もある。
下阿久原には駒形稲荷神社が祭られている。
由緒には
延久元年(1069年)三月武蔵守児玉維行の創立にして 左記の二社と共に武蔵三所の稲荷と称とせられ 阿久原牧の守護神にして児玉一党 の信仰厚く 昔時 源平合戦のとき東兵駒形に祈りて 一の谷軍功多かりしことは坂東神霊記に詳なりとある。また秩父瀬には、児玉党の祖、有道氏を祀る有氏神社がある。
冬の牧
冬の牧と伝えられる地域が、南の横隈山の向こう側(南側)にある。山腹の西あるいは南に向いた狭い平地を利用している。上阿久原の「住居野」「久能沢」「大平」と、下阿久原の「住居野」「久能沢」付近である。この付近は上阿久原と 下阿久原の飛地が複雑に入り込んでいる。

軍記 武蔵七党上巻(川又辰次編)P175

「阿久原」児玉郡神泉村下阿久原、古代武蔵國に於ける牧場(官牧)神流川に沿った緩傾斜の台地、承平三年(九三三)勅旨牧として設置される。「大日本地名辞書」
今渡瀬と合わせ、若泉と改める。太駄おおだの西、神流川の峡谷の東岸に居り、鬼石町(上州緑野郡)に対す。児玉を去る二里。中条氏児玉黨考云。児玉黨基をはじめめたる根本の地、 所謂武蔵牧の一になる。政治要略、児玉郡の阿久原勅旨牧の地は、現に上下阿久原村存り、同村に有氏明神を祀り、新編武蔵風土記にも見ゆ。有氏とは有道氏の省語にて、有道氏の祖を祀りたるの例、伝わりて今に至れるは、何よりの明証にて蓋、上世敬祖の遺法也。
「風土記稿」
上阿久原村、東は下阿久原村、南は秩父郡金沢村、西北は神流川を隔て上野國緑野郡譲原、鬼石の二村なり。丹生神社、村の鎮守にて、般若寺持、寺は地徳山、薬師を本尊とす。下阿久原村 東は上稲沢、太駄の二村、西は上阿久原村、 北は渡瀬村及び神流川を隔て、上野國緑野郡鬼石村、南は秩父郡金沢村。
駒形神社
矢納入口から鬼石行バスにのり、神泉村役湯前下車、南の山なみに向ってゆくと約一五分で、飯盛山(三四五)のふもとにある駒形神社につく。同社には紅白一対の 木製の馬がまつられていて、古くから阿久原の牧の守護神とされてきた。阿久原の牧は秩父の石田牧とともに、九三三(承平三)年勅旨牧となり、ここの別当として有道維行が勢力をのばしたところだ。阿久原全体の林野は放牧調練に適し、 貢馬と多数の駿馬を産出して、児玉党の祖となった有道氏をはじ騎馬と長じた関東武士の生成の一基盤をなした、平安末期以降、これらの武士たちの活躍が、戦史を語る物語としていまに伝えられている。」
阿久原牧址
神泉村教育委員会で懇切な説明をきいた上で蒟蒻畑の間をゆくと赤い屋根の神社が在る。出征者のあげた祈願の木札が多数に見られた。その前に高い牧址の碑が立っている。彫られてある文字を抜書すると、「此の阿久原牧は「政治要略」に。 承平三年四月二日。後延元年間有道召□武蔵守維行別当となり、子孫其の職をぎ大いに繁栄し遂に児玉党として起る。此の地神流川の清流を繞らし、地勢、牧場に適し、今に馬出立野住居野内野番場等、数々縁故の地名あり、 其中央に駒形明神祀られ、二つ山の岩上には駒形稲荷、秩父瀬には児玉党祖を祀る有氏神社存し、官牧の遺構歴々徴するに足る」とある。社は山腹から続く杉林のはずれにあって伸びている木と草の中をかき分けて辿るのである。飯盛山は三角形にとがった形の 美しい山である。この辺り適地であろう蒟蒻畑が非常に多い。今、消毒の最中である。消毒は年に四回はすると云っておられた。「歴史散歩」駒形神社をあとに、きた道を神流川に向ってもどり、秩父線バイパス右側の丘の上に駒形稲荷がある。 有道維行の建立と伝える。一六九五(元禄八)年三月秩父大宮からここに参詣した水戸光圀が、和歌一首を詠進したという。「阿久原の牧の稲荷に鈴かけて、いななく駒に勇む武士」の歌碑がたっている。」
駒形稲荷神社
細い急坂を登った丘の上である。石のほこらが高く積まれた石の上に在り、まっ白い幣のある注連が飾られていた。社には馬二匹の彫刻がある。水戸光圀の詠進歌は文学博士河野省三書であり、碑は大きな自然石である。 幹沢川にかかるのは文殊院橋。同名の寺があるからであろう。「歴史散歩」駒形稲荷からさらに神流川にそってくだると有氏神社につく。児玉党祖有道銀行をまつり、毎年一〇月二九日に盤台行事がある。この行事は裸まつりといわれ、氏子が裸になって赤飯 を盛った大盤台をかつぎ、声をかけながら参詣者に投げつける。赤飯をいただいた者は、災難・難産の災厄がないといわれる奇祭だ。」神社へは二度の参詣であるが、神域は前と変っていなかった道路が途中まで見違えるほど広くなっているので、この工事が進むと、 有氏神社の境内が著しく狭められるのではと気にかかる次第である。史蹟 阿久原牧址(児玉郡若泉村)阿久県牧は朱雀天皇の承平三年四月勅旨牧となりて、良馬を出し史乗有名なり、其牧址は今児玉郡若泉村大字上阿久原下阿久原の地にして、 総面積五百七拾壱町六反五畝六歩あり、上武国境を流るる神流川の南岸に位置し、山は南に高く、川は西北を廻りて流れ、地勢東西に長く、南北に□く草よく茂り渓水所々に流れて牧場に適す、今も小字に立野、内野、番場、馬出、政所、平、林、小倉、 神山等称する所あり、馬出、番場等は往昔おうせき牧場当時の練馬なるべく、政所は役人等の住みし所ならん。又白馬背、駒形等の小名あり、舊様の名残と認めらる。殊に牧の別当たりし有道宿弥惟行の墳墓と伝ふる所に 神祠かみほこらあり、有道神社と称す。又高山駒形稲荷と云ふ所には、ruby>石祠いしほこらに牝牡二疋の馬を彫刻しありて里人今も崇敬し居れり。上稲沢村 東は中稲沢村、南は河内村、 西は下阿久原村、北は渡瀬村なり。丹生にぶ社、上中下稲沢村の鎮守とす。満福寺持、寺は神明山大日院と号す。本尊大日を安ず。(風土記稿)

田島三郎著 児玉黨出自考より抜粋。

児玉郡神泉村大字下阿久原字秩父瀬産土神の有氏神社については、『新編武蔵風土記稿』には「有氏ありうじ明神社祭神詳ナラス」とあるが、この神社は、地元の人々によって「アリッツァマ」と呼び慣わされて来たことから、 この「有氏」は「有道」姓を称した児玉党を祭った神社であるといわれている。此処に至り最後の決め手として大切にしていた、この有氏神社について申し上げることにするが、古代より行って来た祭礼の運営を特定の家柄が頭家(とうや)で行うことの非を理解した 字の主立によって、貧富も家柄も超越して、頭宗(祭事執行の責任者)の選出をしようとなり、家並み等も配慮抜きにした、氏子全員による抽選会を行ったのが正徳三年(一七一三)、それ以来何人も抽選順位通りに現在も頭屋を行っているという全く珍しい運営である。 また祭典に欠かせない盤台行事(埼玉県指定無形文化財)、祭典当日の神餞物も頭家の勝手には出来ないとされ、すべて祭典会議の決定に依ると言う(本書「資料編」参照。)。
尚、古い仕来りの一つにしとぎ(しとぎ)を神前に供えることがある。これはお供え餅や、鏡餅と違った形で、奇麗とか、威厳を見せつけようとするものではない。神社の祭典行事については、それぞれの神社の仕来りから通常 決められた形式以外に祭事、神織物に珍しいものもある。神泉村、下阿久原宇秩父瀬の有氏神社はその一社であろう。神饌物の中に粢という通常の神社で祭典の折り、欠かす事の出来ないお供えと同じ要素と考えられるものであるが、かつては、 処によって使っていたそうである。近次その例を見なくなった由にもかかわらず有氏神社は、正徳三年以来の記録と共に現在、お供え、を使う事なく旧来のまま粢を神饌の一つとして供えている。こうした珍しいお供え物に大きく興味を持ち暗示ともなって 『広辞苑』に頼った処〔神前に供える餅の名、古くは米粉を清水でこね長卵形としたものを称した。後世は糯米もちごめ(もちごめ)を蒸して少し搗ついて餅とし楕円形にして供えた、しとぎ餅〕とあった。
祭典当日お年寄りからお聴きした話と大分違うし、有氏神社で初めて見たり聴いたりした供え物であることから、有氏神社の正しい伝承を正確に知る必要を感じ、日を改め古老の方三名を煩わせ次のような結論をつかむ事が出来た。 有氏神社へお供えする粢は、祭日の前夜頭家(とうや・祭り当番の家で仕来り通りうるち米五合を清水で)良く洗い綺麗な水に浸して置き、祭典の朝良く水を切って、曾ては両親の居る家の息子だけで米を臼に入れ、 米を押し潰すように搗いたそうであるが、現在では手が揃わないのでそんな堅苦しい事は止めて、手助け出来る皆さんで搗くそうである。生米が餅の状態になると、卵形に二十四個つくり、二つの膳に形を整えて入れ、神饌物と併せお供えするものであるが、 『広辞苑』の米の粉ではないところに粢本来の姿が考えられ責重なる歴史を知ることが出来た。こした粢奎の作り方は、『広辞苑』による作り方は、そして材料となるお米それぞれに大きな差があることで、『広辞苑』のような大きい辞書を作る時でも、資料収集の折り、 近代になり神社祭典形式が形骸化した大きな神社よりの資料であったのではないかと考えると、古代神社の尊厳を感じないわけにはいかない。尚、粢を一二個づつ二つの膳に入れる習わしの根拠となることをお伺いしたところ、その事は昔からの行いで聴 いていないとの答えであったが、一人の古老は「粢は戦に出る時の早く言えば携帯口糧こうりょうだったと親父に聴いた事があるね」と。「そうですか、それではあの盤台行事も何かいわれがあるんですか」 と伺ってみると、「あの赤飯は梗米うるちまいで作るのですよ、俺が子供の頃父達がお祭りの用意をする時話していたが、児玉党が出陣する時、梗米なら何時でも有るから、それを使って赤飯にして出て行ったら勝戦だったので、 その縁起が例になったのだといってたね」。このように大きな物語を秘めた有氏神社は、下上阿久原あぐはら の産生神とはまったく異なったお祭りを今日に伝えている。このことからも、今から二九〇年も前に祭典行事の責任者 を決めていたという記録の古さを知ることが出来る。いずれにしても、上、下阿久原の産生神二神に春日神社系の神名の無いことは、先に申し上げた建武元年に庄四郎左衛門尉長家が藤原伊周の末裔とした系図書が偽りのものであり、そのときに最も大切な児玉党 の発祥の地である阿久原牧の地を等閑にしたことを示す動かすことのできない証しであると申し上げることができる。むしろ、有氏神社のような有道氏を奉斎した由緒古き神社が認められることは、児玉党の出自のよって来るところを今日に伝えていると云えよう。
しとぎ【粢・〓】神前に供える餅の名。古くは米粉を清水でこねて長卵形としたものを称したが、後世は、糯米(モチゴメ)を蒸し、少し舂(つ)いて餅とし、楕円形にして供えた。 しとぎ餅。和名抄一三〉→〓―‐つば【粢鍔】→〓―‐もち【粢餅】
しとぎ‐つば【粢鍔】粢餅状の楕円形の鍔。
こう‐りょう【口糧】‥リヤウ兵士一人分の糧食。「携帯―
下の写真
上の段左三枚目まで、有氏神社(田島氏の写真)、四枚目 国道から撮った有氏神社の全景、五枚目 掲示版
中段の写真一枚目 鳥居、二枚目 秩父瀬神流パーク公園の川沿い、三枚目 二枚目と同じ所、四枚目 有氏神社境内の温故知新の碑、五枚目 有氏神社碑
下段の写真一枚目、二枚目、四枚目、五枚目 有氏神社の境内、三枚目 裏手の神流川から撮った写真   

     




関越自動車道の本庄児玉ICで降り、国道462号に入り、児玉町長浜町・仲町に向けて、児玉図書館(文化会館)・二の宮金鑚神社前を経由、新宿(しんしゅく)の交差点で左折、県道22号に入りる。 有氏神社・パーク公園に向けてあくまでも直進。右側にまず有氏神社、次に100メートル先に神流パークが現れる。児玉ICから約15.6キロメートル。これを約500メートル~1キロメートル過ぎると、信号に出くわす、直進・・・上阿久原、下阿久原、右折直ぐの左側のところに 石段があり、高さ5,6メートルの小さな山というか、わずか10坪程度の広っぱに、水戸光圀が詠んだ句碑、駒形神社の祠がある。右折直進は橋を渡り群馬県にはいる。