聖言の文字上の意義

 

 

天界の秘義4783

 

なぜなら文字の意義には全般的なものがあって、その全般的のものは容器のようなものであって、真理を、また誤謬を満たされることができるのであり、かくてそれは何ごとでも支持するように説明されることができるからであり、それらは全般的なものであるため、内意以外のいかような源泉からも光を得ないため、比較的明確さを欠いているのである、なぜなら内意は天使たちに対する聖言であるため、天界の光の中に在るが、文字の意義は世の光の中に在るからである、なぜならそれは人間が主から発している光の中へ入ってくる以前の人間のための聖言であり、人間は天界の光の中へ入ったときそこから明るくされるからである。このことから文字の意義は単純な者が内意に入れられるために役立っていることが明白である。