悪と誤謬に対して抱かれる恐怖

神を畏れる・聖い恐れ

 

 

天界の秘義1740

 

「ソドムの王が言った」。これは征服された悪と誤謬を意味していることは『ソドム』の意義から明白であり、それは本章で前に示したように、悪と誤謬である。前に(17節に)ソドムの王がアブラムに会うために出て行ったと言われているが、そのことにより悪と誤謬とが服従したことが意味されていて今やそれらが懇願者となっていることが附加されているのである。

 

[2]悪と誤謬とが征服されたこと、または悪と誤謬とがいくたの試練の争闘により征服されること、そのことにより善と真理とが着けられることは、悪と誤謬とがそれにとって代わり、その後その善と真理とは益々確認され、かくして強められるのである。なぜなら悪と誤謬とがかき立てられるのは悪霊どもによっており、それらがかき立てられると、それらは明らかになってくるからである。試練の争闘が長く継続すればする程、悪と誤謬とは益々明白になり、ついにはそれらは憎悪されるようになるのである。

 

[3]そして悪と誤謬とが消散されるにつれ、善と真理とがそれにとって代わり、悪と誤謬に対して抱かれる恐怖が大きなものであればあるほど、善と真理とに対する愛が益々多く主により注ぎこまれるのである。さらに、悪と誤謬とに対する恐怖が大きなものであればあるほど、悪霊どもは敢えて近づかなくなるのである、なぜならかれらはその生命を成立させている悪と誤謬に対する嫌忌と恐怖に堪えることができないで、ときとしてはそれらが近づいてくるのみで恐怖におそわれるからである。善と真理に対する愛が多ければ多いほど、天使たちはその人間とともになることを愛し、また天使たちとともに、天界もその人間とともになることを愛するのである、なぜならかれらは愛のいくたの善と信仰のいくたの真理の中にいるとき、かれら自身の生命の中にいるからである。