受肉した神

 

1.マリア・ワルトルタ

2.マザー・テレサ

3.グリニョン・ド・モンフォール

 

 

 

1.マリア・ワルトルタ

 

 

マリア・ヴァルトルタ「手記」抜粋/天使館/P218

 

 受肉したなのだから超完全であり、罪の汚れがなく聖であるから十全であり、損傷、あるいは恥辱となるいかなる障害もなく、その体に残る五箇所の傷跡は栄光の宝石でこそあれ、不名誉なマークではなく、として『』であり、至聖なる人間としては『栄光に満ち満ちる者』であるがゆえに光り輝くイエズスは、タボル山上でそうであったように、肉、衣服、髪は白く見え、とこしえの祭司メルキゼデク(詩篇110・4)であるから長裾のスータンを着ている。すなわち、そのようにによって直接に、神的に叙階された永遠の教皇であるから金の帯を締め、としてそうであったように万人の前に姿を現わし、各自は、その方がに対する従順により、万人に生命を与えるために死を味わったがゆえに、栄光極まり無き者であることがわかるだろうし、至福な者たちは彼を見て歓喜するだろう。

 

 

 

マリア・ヴァルトルタ「手記」抜粋/天使館/P221

 

神で在り続けながら、死すべき肉をとり、人となった御言葉のうちの完全極まりない、唯一の一致。

 

 

 

マリア・ヴァルトルタ/私に啓示された福音/6巻上/381.2/P230

 

聖なる方、神の受肉の顔である。

 

 

 

 

 

2.マザー・テレサ

 

 

マザー・テレサ/ドン・ボスコ社/わたしはあなたを忘れない/P60

 

神のたいへんな謙遜さを見てください。全能の神が幼子として来られたのです。

 

 

 

3.グリニョン・ド・モンフォール

 

 

グリニョン・ド・モンフォール/聖母マリアへのまことの信心/山下訳/P191

164

 

 考えてもごらんなさい。すべての人のために、また一人びとりのために、神のみまえに恵みを得たマリアが、ある人にとって、神との一致の大きな恵みを見いだすためのじゃま者となっているということは、とうていあり得ないことです。神の恵みに満ちあふれているマリアが、そのご胎に神が受肉されたほど密接に神と一致し、それほど神に変容し尽くされたマリアが、ある人にとって神との完全な一致へ妨げとなっているとは、とうてい考えられないことです。