道具

 

 

1.ヴァッスーラ

2.マリア・ワルトルタ(ヴァルトルタ)

 

 

 

 

1.ヴァッスーラ

 

 

ヴァッスーラ/神のうちの真のいのち/3巻P240

‘89・9・4

 

神を信じない人びとに対して あなたを釣りの餌のように用いさせてもらいたい、このすべての犠牲は無駄にはならない ♡

 

 

ヴァッスーラ/神のうちの真のいのち/4巻P32

‘89・11・7

 

わが主よ、どうして綴りに間違いがあるのかどうぞ分からせて下さい?

 

ヴァッスーラ、それは私でなく、あなたの者です。不完全で弱点がいっぱいあるがゆえ あなたを選んだ、私 神は弱い道具を選ぶ 我が力が最もよく発揮されるのは弱さのうちだからです

 

それでも、ときどき知らない単語をお与えになります。

 

そう、必要が生じたなら。 筆記させているが 私の書体だと信じるのは間違っている、

 

では書体がなぜ違っているのですか、主よ?

 

このやり方が気に入っている。 我が知識を書き下ろさせ 彼らと他の者たちにみことばで養うために 我が道具をありのまま その不完全さも弱点もすべてを持った者として用いる。 みことばは しばしば象徴的であるのに、彼らの多くが言葉通りに受け取ってしまうのを知っている、しかしこれも彼らの弱さ、従順と私に対する ♡ 幼児の−ような−信仰 そして私を喜ばせたいという願いを反映している。 試練に遭っても(*) しっかりと立っている人は幸いです。

来なさい 我が子よ、望むように使わせてもらいたい、すべての犠牲は無駄とはならない ♡ 私と一致していなさい、愛があなたを愛している ♡

 *ヤコブ書1・12

 

 

ヴァッスーラ/神のうちの真のいのち/4巻P197

‘90・7・30

 

そう、私の言葉を伝達する道具は貧しく、ふさわしくはない そしてありふれている。 世がつまらない 軽蔑すべき者と考える人びとを 私はまさに選ぶ ― 何らかの場を得ている者を無力とするために(*) 無に等しい者を選ぶのです、知恵は子どもでしかない者たちに与えられ 自らを知者と呼ぶ者たちにではない。 聞きなさい、知恵は徳があり聖であると自ら誇り そう自称する者たちにとっては謎として残ろう、知者の知恵を確かに打ち砕く そして彼らの受ける判決は一層厳しいであろう。 私に向って: 「アレルヤ、アレルヤ」と言える 身分の低い卑しい民を彼らのさ中に残そうと思う。 この民は昼も夜も、夜も昼も、我が天使たちの歌声に合わせて:「聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな、神なる主、万軍の支配者:前ににもおられ、今もおられ やがて来られるかた(**)」と歌う。 彼らを妨げる者はもういないであろう、そのさ中からあの誇る者たちをすべて取り除くからです。

    1コリント書1・28

    *黙示録4・8

 

 

 

 

2.マリア・ワルトルタ(ヴァルトルタ)

 

 

マリア・ヴァルトルタ/天使館/霊のパン第4号/P16〜32

 

わたしのことばを書きとらせた理由/イエズスが口述された福音書の最後の言葉/

 

 

さて、今は? あなたたちはに何か言いたいことがありますか? わたしに話さなくてもいいのです。だがあなたたちの心の中で話し、ただそれをすることが出来るなら、小さなヨハネに話しなさい。しかし、この二つのどの場合にも、わたしがあなたたちのうちに見たいと思うあの正義をもって話しなさい。なぜなら、このキリスト者、この姉妹、のこの道具に対する愛徳を踏みにじって、あなたたちは小さなヨハネを苦しませるからです。もう一度、まことにあなたたちに言いますが、わたしの道具になることは、静穏な喜びではありません。苦労と努力の連続であり、世はに与えたもの、すなわち苦しみを、その弟子たちにも与えるから、すべてに苦しみがあります。少なくとも司祭たち、特に信徒同朋たちは、自らの十字架を担って進んで行くこれからの小さな殉教者たちを助ける必要があるでしょう・・・また、自分自身に語りかけることによって、あなたたちは心の中に傲慢、羨望、不信仰と別の苦情を持ちます。しかし、わたしはあなたたちの泣き言と、醜聞に腹を立てるあなたたちの茫然自失に答えましょう。