被造物

 

 

 

1.創造されたものは有限であり、有限なものは無限なものによってのみ存在することが出来る

2.凡ての物は人間のために創造された

3.何かの役に立たないものはない

 

 

 

 

 

1.創造されたものは有限であり、有限なものは無限なものによってのみ存在することが出来る

 

 

神の愛と知恵44

 

真のエッセとエキジステレはそれ自身また創造されないものであり、創造されたものはまた有限であり、有限なものは無限なものによってのみ存在することが出来るのである。

 

 

 

2.凡ての物はその目的として人間のために創造され

 

神の愛と知恵170

 

 宇宙的な目的、即ち、宇宙の凡ての物の目的は、創造者が創造された宇宙と永遠に連結することであり、そしてそのことは、その中に彼の神的なものがその神的なものそれ自身の中に在るように在ることが出来、かくして住み、宿ることが出来るところの主体が存在しない限り不可能である。この主体が神の住居、邸宅であるためには、それは神の愛と知恵とをそれ自身で受けるように受けなくてはならない、それゆえそれ自身を創造者にそれ自身により高揚するように高揚し、それ自身を神と連結させなくてはならない。この働き返す能力がなくては連結はありえない。この主体が人間であり、人間は自分自身を、自分自身により高揚し、連結するように、高揚し、連結させることが出来るのである。人間はこうした主体であり、神的なものを自分自身により受けるように受けるものであることは前に数度指摘したところである。この連結により主は主により創造された凡ての業の中に現存されている、なぜなら凡ての物はその目的として人間のために創造され、従って創造された物の用は(前の65−68に示されたように)最も外なる物から人間へ、また人間を通して[万物がよって以て発生している]創造者なる神へ度により上昇しているからである。

 

 

 

 

3.何かの役に立たないものはない

 

 

神の愛と知恵172

 

 目的、原因、結果のこの三つのものは創造された一切の物に在ることは、また以下のことからも認めることが出来よう、即ち、最後の目的と呼ばれている凡ての結果は、創造者なる主である最初の者から、人間と彼との連結という最後の目的にさえ向って絶えず継続しつつ、新たに最初の目的となっているということである。最後の目的は凡て新に最初の目的となることは、結果を生み出す力を持たないほどに不活発で死んだ物は一つとしてあり得ないということから明らかである。砂からでさえ、何かを生み出して、遂行する上に助けとなるような物が発散しているのである。