戻る

カタクリの花


=2008年かたくり= 3月28日

 


 

=2007年かたくり= 3月28日

忙しさにかまけて今年はチャンスを逃すかもと思っていたら 友人から「カタクリ咲いているよ」と携帯のメール。
今年も満開の「カタクリ」見てきました。
いつもの散歩道(最近さぼっている)秋川の対岸 滝山丘陵の北斜面にカタクリ群生地がある。自転車で15分のところです。
ここは個人の所有地で地主さんの協力をえて「秋川自然に親しむ会」が20年程前から笹を刈ったり柵をつけたりした努力のお陰で年々数が増えて今年は18,000株に花が 咲いたそうです。(会員がカウンターで数を数えていたので聞きました。05年15,000株 06年は何故か1,500減った)
ここ数年毎年通っている私の目でも今年は数が多いと感じました。

滝山丘陵や秋川丘陵の北面にかつてはカタクリが点在していたが、雑木林が使われなくなるにつれて藪が繁り常緑広葉樹が増えて日陰になりカタクリも減ってきたそうです。 カタクリにマルハナバチがきますが数が少ないので全ての花に受粉していないらしく結実する花は1割程度とか。約30個の種が出て蟻が運んでくれる。芽が出てから7年かかって花が咲く。5月には地上茎がなくなるが、茎は30センチくらい地中に伸びている。東北など北の方のカタクリは大きくて色が濃い。等々「自然に親しむ会」作成のパンフレットからの抜粋です。


=2006年カタクリ= 3月25日

25日(土)家から徒歩30分 知る人ぞ知るカタクリ群生地へ。満開。
その奥の裏山に登る。雑木林の中にシュンランがひっそり咲いていた。

 


 

=2004年かたくり= 4月4日

自宅から徒歩2〜30分ほど 秋留橋(秋川)を渡ったところ 丘陵地の麓のあきる野市切欠(きっかけ)に個人所有の土地にかたくりの群生がある。
前日 武蔵村山市のかたくり見物にも行ったが、人の流れはあきる野の方が少なく穴場かも知れない。

2カ所あるのに最初の群生を見て帰ってしまう人も多い。

中に踏み込まないように柵があるが、私の小さなデジタルカメラでも
こんなアップが出来るくらい柵の間近にも咲いている。
左の写真のように群生地の はずれたところではすぐ道端に咲いている。

全体の写真よりアップの方がかたくりの可憐さが表現できると思いました。



左 あきる野 右 武蔵村山は雑木林の中に


=かたくり群生地= 03年3月28日

  

3月28日(金)
昨日は20度、今日も晴れの春爛漫。
花が一気に咲いています。
都内に比べて5℃は低いあきる野市の桜の開花は、まだ4〜5日かかりそうです。
家から自転車で10分。秋川べりの北斜面にカタクリの群生地があります。
見物の人もそう多くはありません。

初めて地面に腹ばいで写真を写しました。
花の中心がこのような模様があるとは、上から眺めていただけでは分りません。
三脚なしで写したこともあり、殆どがぼやけて写っていた中でこれは私の傑作と自画自賛しています。